著者
萩原 博光
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Science Museum. Series B, Botany (ISSN:03852431)
巻号頁・発行日
vol.18, no.3, pp.83-100, 1992-09

As a result of the examination of 26 interspecific mixtures of 12 dictyostelid species, 12 mixtures showed some irregular phenomena among aggregating pseudoplasmodia. In 6 of them, including a mixture of Polysphondylium pallidum and P. violaceum, mutually overlapping pseudoplasmodia were found. In other 3,including a mixture of Dictyostelium delicatum and D. minutum, secondary pseudoplasmodia of D. minutum were sometimes observed to overlap the pseudoplasmodia of counterpart species. In the other 3 mixtures, i.e., Acytostelium sp.-1 and A. sp.-2,D. delicatum and P. violaceum, and D. microsporum and P. violaceum, abnormal pseudoplasmodia composed by the pairs were found. Such abnormal pseudoplasmodia were found in the mixture of D. delicatum and D. minutum besides overlapping pseudoplasmodia. These findings suggest that 1) P. pallidum may respond to a chemical substance different from the acrasin of P. violaceum, 2) the acrasin of D. delicatum, D. microsporum and D. minutum may be identical with or closely related to that of P. violaceum, and 3) in D. minutum, the acrasin promoting the primary pseudoplasmodia may differ from the chemical substance conducting the secondary ones.
著者
岩崎 仁 萩原 博光 小泉 博一
出版者
京都工芸繊維大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2003 (Released:2003-04-01)

平成15年度は、国立科学博物館植物研究部保管の南方熊楠菌類図譜の調査とスキャニングによるデジタルファイル化をおこない、その結果3,800点余となった。同時に図譜記載英文の調査と翻字作業をおこなった。平成16年度はまず、1901年から1911年にかけて描かれた菌類図譜デジタルデータ130点ほどを中心に、図譜記載英文テキストおよび当時の日記テキストを関連づけて組み込んだ公開用画像データベース(試作版)を構築し、龍谷大学オープンリサーチセンター展示「南方熊楠の森」(平成16年6月7日〜8月1日開催)において一般公開した。南方熊楠旧邸保管の写真類、画像関連資料についてもおおむねデジタルファイル化を終了した。さらに、書簡類および日記についても早急なデジタルファイル化の必要性を感じたため平成16年度の後半はこの作業に力を注いだ。特に土宜法竜との往復書簡については新資料が大量に発見されたこともあり、この作業が今後の熊楠研究に寄与するところは大きいと考える。また、図譜記載英文については現在3,200点ほどについてテキストファイル化が終了したが、その後も京都工芸繊維大学工芸学部と国立科学博物館植物研究部の両者で進行しており、その完了は当分先になる見込みである。インターネット上での公開については菌類標本の所有・管理者である国立科学博物館、平成18年4月に開館が予定されている南方熊楠顕彰館を運用する和歌山県田辺市、および研究代表者の三者で環境を整えるための協議をおこない、龍谷大学人間・科学・宗教オープンリサーチセンターホームページにて公開用画像データベースを近々公開することが決まり、現在その準備中である。このように、菌類図譜デジタルデータは、その範囲を全ての菌類図譜へと拡大した画像閲覧データベースの整備がほぼ終了し、今後はテキストファイルと連携した統合型の南方熊楠データベースへと発展させる予定である。
著者
岩崎 仁 萩原 博光 坂東 忠司 安田 忠典 中瀬 喜陽 土永 浩史 土永 知子
出版者
京都工芸繊維大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

驚異的な「博物学的知識」が南方熊楠の第一の特徴であるが、一方で彼は日本の先駆的自然保護活動家として評価されている。本研究によって、彼の自然保護活動は、熊野地方を対象とした緻密な自然生態系調査、特に1900~1904 年の那智における植物標本採集を中心としたフィールド調査を絶対的な基礎としていることが明らかとなった。さらに、この時期の植物・生態学的な研究活動が、後に形成される熊楠の思考体系全体、民俗学や宗教学的側面にまで深く影響していることがわかった。