言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 5 posts)

安政年間の「武鑑」によれば、五味靱負豊済は山内豊著の次男で、山内容堂(豊信)の実弟らしいです。(コマ番号97/111) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2547070?tocOpened=1 「寛政重修諸家譜」によれば、養家の五味家は山内家の分家で、山内一豊の弟・山内法眼の子の政義が五味姓を名乗ったらしいですね。(コマ番号174/542) http://dl ...
松平長七郎は、村上元三が書いた小説の主人公ですね? 里見浩太朗が主演のテレビドラマも人気がありました。 「幕府祚胤伝」という江戸時代に編纂された書物には、徳川忠長の子として長七という子供がいたことになっています。(コマ番号138/282) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879210/105?tocOpened=1 「世俗伝、有名長七殿者 ...
以下の本には、田沼意次の息子の意知を殿中で殺害した佐野善左衛門政言こそが、佐野源左衛門常世の子孫であると書かれています。(コマ番号304/338) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/959093/302?viewMode= 「政言は今でこそ平武士ではあるが、其祖先は源左衛門常世と云ひ、歴たる家柄であつた・・・」 しかし「寛政重修諸家譜」では ...
江戸幕府が編纂した大名・旗本・御家人の公式系図集「寛政重修諸家譜」には、相良義陽は「よしひ」とふりがなが振られています。(コマ番号362/542) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082718 Wikipediaには参考文献として、二つの古書が「国立国会図書館デジタルライブラリー」から引用されていますが、どちらも「ヨシヒ」「よしひ」とふりがな ...
「寛政重修諸家譜」には以下のように書かれています。(コマ番号241/542) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082718 「はじめ三好山城守康長が許にあり。後豊臣秀次につかへ、そののちめされて東照宮につかへたてまつる。」 佐野綱正はもともとは三好康長の家来でしたが、豊臣秀次が三好康長の養子であった関係で秀次に仕えるようになったらしいで ...

Twitter (8 users, 17 posts, 3 favorites)

高城氏は藤原家支流。 高城胤政の兄 高城胤吉の妻は千葉勝胤の女、 千葉氏は小見胤政 https://t.co/TVH7NOgIpP (63枚目)と同じく桓武平氏。 椿井文書?の藤原胤政 https://t.co/P1iypkrXTC 椿井政隆作系図の中御門胤堯(最後) https://t.co/QN1SFiWKVj 椿井政堯まさたか https://t.co/rV3uHX3NZS https://t.co/pC7YSCKLLJ
興福寺元衆徒中御門系圖(写) 中御門家最後に「胤堯」 https://t.co/GHmd4DxpWa 。 寛政重修諸家譜の椿井家最後に西城の御書院番 「政堯まさたか」 https://t.co/7CM04OU5qJ 。 先祖に光圓堯深房。 偶然かな?それとも偽作された椿井文書なのかな? https://t.co/sC6IAr8xuc
@baneon 興福寺元衆徒中御門系圖 https://t.co/3C5lbeBUiO は 中御門さんの名前に『寛政重修諸家譜・第222』 椿井文書の椿井政隆と同じころ生まれた 【椿井政堯まさたか(寛政五年十二月二十一日(*1794/01/22)26歳で家継)】 https://t.co/7CM04OU5qJ の「堯」の漢字が多用されてますね
寛政重修諸家譜(1812年) https://t.co/7CM04OU5qJ に寄せて 『平群姓正嫡椿井家系図』を 偽書・椿井文書作者の椿井政隆(1770-1837)は書き、 椿井萬次郎の墓を立てた遠縁の木津の今井家等がそれを引いて 『諸系譜』を書いたかもしれないのに https://t.co/6llwKMvCvF 書いたのかもしれないのに。
寛政重修諸家譜,第5輯(1812年) で掲載されているのは 馬部氏が偽書椿井文書著者椿井政隆作『平群姓正嫡椿井家系図』を根拠に 1770年生まれとした椿井政隆(1770-1837)と同じ頃生まれた 寛政五年十二月二十一日(*1794/01/22)家を継。時に二十六歳と書かれた 椿井政堯まさたか https://t.co/7CM04OU5qJ
寛永諸家系図伝(No.121,藤原氏 癸8のp.52から) https://t.co/2EiChg89QJ では 椿井氏の家紋は裏菊か栄螺。 寛政重脩諸家譜では十六裏葉菊か栄螺か下り藤(藤原氏傍流だし) https://t.co/cataxUrEY6 。 馬部氏が見た椿井萬次郎の墓の家紋は? 椿井文書椿井政隆がこの流れなら一致するはず。
馬部さんの椿井文書の 椿井政隆(1770-1837) 「平群姓正嫡椿井家系図(『椿井文書』p.19)」の 椿井権之助 政隆は (1770/6/18-1838/01/21) 「寛政重修諸家譜 https://t.co/7CM04OU5qJ 」の椿井政堯(マサタカ)は1770年頃生まれ 「諸系譜 https://t.co/6llwKMvCvF 」の 椿井権之助政隆(~1841/01/18) https://t.co/R8Db73dIqY
「平群姓正嫡椿井家系図」(椿井文書19頁)の政隆 椿井権之助のお誕生日 明和七庚寅年五月廿五日(*1770/6/18)は、 「寛政重修諸家譜」の椿井政堯(マサタカ)と生まれ年は同じじゃないかな 「寛政五年十二月二十一日(*1794/01/22)家を継。時に二十六歳」。 偶然かな? https://t.co/7CM04OU5qJ https://t.co/sRLDSquhZ7
寛政重脩諸家譜に椿井政堯まさたかはいる https://t.co/7CM04OU5qJ 。 1794/1/22に26歳で家督相続だから生まれたのは1769年かな? 馬部さんの椿井文書の椿井政隆は1770年生まれだからほぼ合う https://t.co/W9gel1bFWf https://t.co/1WLqezUA2e
@shibizou 系図だけで良ければこの家系は旗本なので寛政譜にも掲載されています https://t.co/QN2AkPAUkb ただ、諸家系譜を端折って(というか幕府側が精査して正しいと思われる事象のみ)寛政譜に掲載されていますので、諸家系譜の方が面白みはあるのかなと思っています
@Wakiya_Teishu 今起きました(笑) 鋠蔵の名前を見たときにはふるえましたねえ。 さて、この家系ですがwikiの記述が正しいのであれば宇都宮戸田家の分家の旗本で家臣というよりは別家となっていると思われます。 寛政譜 https://t.co/YfAwXTPQAH つづきます。
@sakurai_history ちょっとだけ補足 旗本の桜井氏については寛政重脩諸家譜にでている。(Wikiにも書いてあるけど) https://t.co/LGErPVPgHY
@Wakiya_Teishu https://t.co/PG8HCAIzXe その名前の人が寛政八年に没しています。大番組です。幕臣は良く通称を継承するので、戸田新蔵の名前は受け継がれたのかも知れません。
信濃藤四郎と松平肥前守 候補2 鍋島忠直 元和8年に松平姓を賜り同時に肥前守に任命されている 寛政重修諸家譜 第823巻 https://t.co/nvOZHBd1iX https://t.co/tnUsLHFIJ3
@seabuki たしかに相良氏は、始めのほうから既に「頼」シリーズがおられたようですな  https://t.co/0gtpPjVRRb

Wikipedia (20 pages, 23 posts, 7 contributors)

編集者: Bcxfubot
2021-01-10 15:10:31 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 松茸
2020-09-08 01:01:19 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 松茸
2020-09-08 01:00:18 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Ega Skylark
2020-07-16 09:44:09 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト