著者
杉浦 正好
出版者
一般社団法人 日本メディア英語学会
雑誌
時事英語学研究 (ISSN:21861420)
巻号頁・発行日
vol.2005, no.44, pp.15-28, 2005-09-01 (Released:2012-11-13)
参考文献数
13

英語の借用語の大部分を占めるのはラテン語やフランス語などのインドヨーロッパ語族系の語彙であるが、日本語の流入も近年多くなりつつある。本稿では第一に、米国の辞典Merriam Webster's Collegiate Dictionary第10版のCD-ROMを利用し、英語の中にどのような日本語語彙が流入したかを通時的に考察した。第二に、この調査で見つかった125の語彙について、オークランド在住の84人のニュージーランド人を対象にどれほど認知されているかを定点観測してみた。その結果、(1)原語である日本語とは意味と用法が微妙に変化していること、(2)上記辞典に収集されている語彙全てが必ずしも一般に認知されているわけではないが着実に英語圏に進出していること、が分かった。比較データとして、コーパスを利用して編纂されたLongman Dictionary of ContemPorary English第4版をも参考にした。データの比較分析をしつつ、今後の研究の方向付けも探ってみた。
著者
渡辺 和幸
出版者
Japan Association for Media English Studies
雑誌
時事英語学研究 (ISSN:21861420)
巻号頁・発行日
vol.1977, no.16, pp.12-19, 1977

BBCニュースのアナウンサーの話す英語は "BBC English" とも言われ、イギリス英語の標準的なスタイルと言われてきたが、現在ではかつて程のprestigeはないそうである。また地方の方言を話す一般の人々の間には、BBCの英語は、特色のない、個性に欠けた単調な英語と映ることもあるらしい1。しかし、ラジオやテレビの普及で、BBCの用いる英語は、イギリス人の誰からも容易に理解される英語とされている。誰にでも理解されるという点で、ある人には特色のない、個性に欠けた言葉と映るのも仕方のないことであろう。<BR>一般的に言って、ニュースで用いられる英語そのものが、その性格上単調とならざるを得ないのである。講演とか演説とかに比べて速度が早いにもかかわらず、それでいて一語一語かなり明瞭に、しかも感情を入れずに、中立的に伝えるという制約を受けるニュース放送は本来やや単純で、単調な言葉の流れを生み出しがちである。しかしあまりformalで気取ったものでも困るし、それでいてvulgarにならないようにするために、どのような音声的スタイルを維持しているのであろうか。<BR>1969年7月と8月の国内放送 (NottinghamとLondonで録音したもの) 、1973年の国内放送 (Edinburghで友人三宅忠明氏に録音してもらったもの) を中心に、1970年から1976年までの海外放送を補助的資料として、BBCニュースの音声的特徴を吟味してみよう。
著者
花木 亨
出版者
Japan Association for Media English Studies
雑誌
時事英語学研究 (ISSN:21861420)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.46, pp.49-62, 2007

1960年代以来、フォーク・ロック歌手ボブ・ディランは同時代のアメリカ社会を鋭い感受性と批評精神で捉え、その独創的な詩と音楽の世界によって大衆を魅了し続けてきた。本論では、ディランの半生を描いたマーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』という文化的テクストを読み解くことで、現代アメリカ人たちにとってディランが持つ象徴的意味について考察する。はじめに、ボプ・ディランと『ノー・ディレクション・ホーム』を本考察の対象に選んだ理由を述べる。続いて、この映画に描かれるディラン像を簡単に吟味する。最後に、アメリカ社会に内在する他者としてのディランは、彼の生きる社会を内側から批評し、同時代のアメリカ人たちに自分を見っめなおす契機を与えてきたのではないかという一つの解釈を導き出す。
著者
村田 いづみ
出版者
Japan Association for Media English Studies
雑誌
時事英語学研究 (ISSN:21861420)
巻号頁・発行日
vol.1988, no.27, pp.29-40, 1988

1986年9月22目、中曾根前首相は自民党全国研修会で講演し、その中で、次のような人種差別として米国の言論界から批難をあびる発言を行った。「日本は、これだけの高学歴社会になっておる。相当インテリジェントなソサエティーになってきておる。アメリカなんかよりはるかにそうです、平均点からみたら。アメリカには、黒人とかプエルトリコとかメキシカンとか、そういうのが相当おって、平均的にみたら非常にまだ低い。」 (引用部分は、『中央公論』1986年11月146~162ページによる。) 当時、日本のマスコミは、総じて発言の重大さに気付かず、何紙かの新聞がわずかに報じただけであった。一方、ロイター通信が東京新聞の記事を引用しながら、同発言を米国へ向けて打電したのが契機となり、米国のマスコミ界はこの発言を大きく取りあげた。<BR>本論では、中曾根発言に関する投書を中心として、key words (phrases) による内容分析から抽出される目本人像について考察する。研究対象とした新聞は、日本で馴染の深い米国の代表的新聞、<I>New York Times, Washington Post, International Herald TribuneとLos Angeles Times</I>の4紙である。これらの新聞の、同発言に関する記事の取りあげ方は、表1に示す通りである。
著者
小南 祐一郎
出版者
Japan Association for Media English Studies
雑誌
時事英語学研究 (ISSN:21861420)
巻号頁・発行日
vol.1987, no.26, pp.165-175, 1987

1978年のユネスコ総会におけるマスメディァ宣言の採択と、その後をうけた1985年の米英両国のユネスコ脱退は、これまで報道の分野で自明の理とされてきた「言論の自由」の概念に、大きな疑問を投げかける出来事であった。時事英語の研究対象が、ひとり語学のみならず、国際報道、特にその内容をも含むとすれば、当然こうした基本的問題にも、より深い関心が寄せられるべきであろう。ここでは、日本であまり報じられていない、新しい国際情報秩序をめぐる国際的な動向を取りあげ、その重要点をいくつか指摘したい。