出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.611, pp.130-135, 2004-10-18

東日本旅客鉄道(JR東日本)のICカード型乗車券「Suica」の快進撃が続いている。8月にJR西日本と相互接続し、9月にはファミリーマートが電子マネーとして利用し始めた。単なる切符の枠を越えた多角的展開は、カード情報を集中管理するシステムの導入の決断から生まれた。技術者たちは経営陣の説得に奔走し、実用化直前の大トラブルも乗り越えた。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.472, pp.138-141, 1999-06-21

「IBMがシステム/38のサポートを停止か」。IBMがシステム/38(S/ 38)のサポートを停止するとの見通しが強まっている。もちろん,IBM自体がサポートの中止を正式表明することはなく,ごく近いうちに発表予定のシステム/36の強化版「マイクロ・マイクロ/36」およびその上位機種に既存S/38のユーザーを移行させることになる模様。
著者
谷 聖一
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.714, pp.116-121, 2008-10-01

今年8月、エジプトで開かれた「国際情報オリンピック」で、日本代表の高校生4人が金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得した。日本は参加6回目で、初めて4人全員がメダルを獲得した。日本選手団の団長を務めた日本大学文理学部情報システム解析学科の谷聖一教授に、情報オリンピックの意義や日本選手団の奮闘ぶりを紹介してもらった。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.577, pp.48-51, 2003-06-30

仕事納めを翌日に控えた昨年12月26日の午後7時、福島県岩代町いわしろまち役場にSIベンダーのエフコムから緊急の連絡が入った。同日の午後に同社が預かった、全町民約9600人の個人データが入ったDAT5本が盗まれたというのだ。福島市内の駐車場で車上荒らしに遭ったのである(図1)。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.751, pp.70-72, 2010-03-03

UCC上島珈琲は2010年2月5日、ミニブログのTwitter利用者に対して未承諾の広告メッセージを大量に発信した。Twitterの利用規約に反する迷惑行為としてインターネットを中心に非難の声が続出。同日中に謝罪文を自社Webサイトに掲載するという、国内初の失敗事例になった。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.484, pp.32-34, 1999-12-06

日本アイ・ビー・エムとセブンーイレブン・ジャパンが,自社の「コンビニATM(現金自動預け払い機)」プロジェクトに参加する銀行を増やそうと競っている。全国のコンビニにATMを設置し,複数の金融機関で共同利用する計画だけに,その成否は参加銀行の数にかかっている。日本IBMはATM運営会社を設立済みで,12月に地方銀行7行から新たに出資を受ける。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.794, pp.118-120, 2011-10-27

9月に上陸した二つの台風の影響で、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルなどの通信・通話サービスが停止した。通信ケーブルの破損や停電などが原因だ。奈良県、和歌山県の一部ではいまだに復旧していない。UQコミュニケーションズは通信量の増加でソフトのバグに直面した。
著者
金沢 好宏
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.665, pp.128-131, 2006-11-13

前号までのあらすじ 親会社の情報漏洩事件をきっかけに、葉山銀リースでも個人情報保護法対策が始まった。これまでのポリシーとはまったく違う対策に不満を持つ情報システム部の三津井課長は、外部のコンサルタントを使う次期社長候補の都築常務に直談判する。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.612, pp.62-67, 2004-11-01

すでに一部の企業は、2007年問題を意識したスキル継承に取り組んでいる。その具体策は、あの手この手の全方位作戦。継承の場となるプロジェクトを確保する、スキル継承を意識した組織体制を敷く、ベテランの経験をドキュメント化する、などさまざまだ。JTB、東京三菱銀行、富士通の挑戦を紹介する。JTBベテランがいるうちに再構築 『TRIPS- 開発の経過と反省』。
著者
栗原 潔
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.489, pp.218-225, 2000-02-14

今後の企業情報システムにおいて,ディレクトリ・サービスは,分散システムの管理を容易にし,さまざまな付加価値を提供するきわめて重要なインフラストラクチャとなる。企業ユーザーは情報システムの基盤計画に,ディレクトリ・サービスに関する長期的な戦略を含めるべきである。本稿では,ディレクトリ・サービスの概念と基本機能,用途,標準化動向,製品動向などについて解説する。
著者
多田 公昭
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.468, pp.196-198, 1999-04-26

システムの信頼性を高めるためにRAID装置の導入は欠かせない。ただし,RAID自体は基本的にディスクの集まりにすぎない。障害発生時の対処方法を明確にしておくことはもちろん,監視用ソフトの利用や定期メンテナンスの実施によって初めて能力を十分に発揮できる。
著者
栗原 雅
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.546, pp.148-155, 2002-04-22

合併日に新勘定系システムを全営業店で一斉稼働。新情報系の開発も続行し同時稼働。開発途中で,稼働時期を3カ月も前倒し-。UFJ銀行は1月15日の開業に向け,過去に例がない挑戦的なプロジェクトに挑んだ。 旧三和銀行と旧東海銀行の情報システム担当者は合併前から一丸となって,新システムの開発・テストや元帳データの切り替えに奮闘した。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.655, pp.150-154, 2006-06-26

基幹系の刷新時にパッケージを採用する企業は少なくないが、その導入には数々の困難が伴う。B-R サーティワン アイスクリームは会計・生産システムの刷新時に、「希望通りのシステムを構築する」ことにこだわり、自社開発からパッケージの採用に切り替え、さらに製品を途中で替えるという2度の方針転換を乗り越えた。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.446, pp.239-241, 1998-06-22

ゆとりのある人は11連休をとっていた,今年のゴールデンウイークの谷間。「緑の日」明けの4月30日午前9時前のことだった。東京証券取引所(東証,東京都中央区)の債券売買システムの担当者の間で,突如ざわめきが起こった。債券売買システムに障害が発生し,証券会社に置かれた一部の端末から利用できなくなったからだ。 東証は午前9時25分に債券売買を停止。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.688, pp.184-187, 2007-10-01

広島市内でこじんまりと商売を営んでいた写真館。それが2002年に新しいビジネスに挑んで成長のきっかけをつかみ、今や年商40億円に迫る勢いで躍進を続けている。「オリジナル写真集を1冊単位で制作する」という新事業が軌道に乗った背景には、ITを活用した卓越したビジネス・モデルがある。 「誰もやっていなかったビジネスを確立したからこそ、先行者のメリットを享受できた」。
著者
真田 哲弥 木暮 祐一
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.707, pp.214-217, 2008-07-01

関西学院大学在学中から数々の会社を設立。1997年アクセス(現ACCESS)でiモードの仕様策定、ブラウザ開発に携わる。98年サイバードを設立し、副社長兼CTO(最高技術責任者)に就任。2000年サイバードのR&D部門としてケイ・ラボラトリー(現KLab)を設立し現職。携帯電話研究家木暮 祐一1980年代後半より日本のケータイ業界動向をウオッチ。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.632, pp.50-61, 2005-08-08

システム構築関連サービスのメーカー部門は、例年通り、日本IBMと日本ユニシスの外資系2社がトップ争い。今回はIBMがわずか0.1ポイント差でユニシスをかわしたが、統計上の誤差を考慮すると、両社の評価はほぼ同じと考えて良い。リコーが2回振りに首位奪取サービス料金に高い評価 情報サービス会社部門は、リコーが第8回調査以来、2回振りに首位に返り咲いた。
著者
井上英明
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.728, pp.96-99, 2009-04-15
被引用文献数
1

この4月、文部科学省が主導する「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」の最初の卒業生約200人が世に出た。大学院で高度IT人材を育成することが目的のプログラムで、産業界が協力して理論よりも実践力の育成を重視してきた。2年間のプログラムで社会人2年目以上のスキルと主体性身に付けられた。
著者
畔柳 信雄
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.725, pp.34-39, 2009-03-04

1965年3月東京大学経済学部卒、同年4月三菱銀行入行。85年5月に事務本部システム部に移り、第3次オンラインシステムの開発に携わる。90年10月、システム部長。支店長、人事部長などを経て92年6月、取締役就任。96年6月、東京三菱銀行常務取締役。三菱銀行と東京銀行の合併に伴うシステム統合の指揮を執る。2004年6月、頭取に就任。06年1月、三菱東京UFJ銀行頭取。08年4月から現職。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.740, pp.100-102, 2009-09-30

8月25日、関東地方における無感レベルの地震に対して「予想震度5弱以上」とする誤った緊急地震速報が流れた。テレビ視聴者や携帯電話利用者が誤報により必要のない防災対策を行ったほか、鉄道が運転を一時停止するなどの影響が出た。原因はシステム改修時の不具合だった。 8月25日午前6時37分ごろ。千葉県、茨城県、東京都23区、神奈川県東部、埼玉県南部に緊張が走った。