著者
福島 昭治 森村 圭一朗 鰐渕 英機 ALINA M Romanenko
巻号頁・発行日
2000 (Released:2000-04-01)

ウクライナのチェルノブイリ原発事故後、周辺汚染地域では過去15年間で膀胱癌の発生頻度が約1.6倍に上昇したと報告されている。その原因として現在も土壌中に残存する低レベルCs137の長期間暴露が考えられる。我々は臨床的に膀胱がん症状のない汚染地域住民の膀胱粘膜に、上皮異形成や上皮内がんを含む膀胱がんの発生率が、汚染地域住民の24時間尿におけるCs137レベルにほぼ比例して上昇していることを見いだした。我々はまた、汚染地域住民の膀胱に上皮異形成や粘膜内癌を高頻度に伴う特異的な慢性増殖性膀胱炎を見いだしチェルノブイリ膀胱炎と命名した。その膀胱病変においてはp53,p21,サイクリンD1等、様々な癌関連遺伝子が異常発現していると共にiNOS, COX2なども異常発現しており、この地域の膀胱病変発生には酸化的ストレス傷害が深く関与することを証明した。さらに、原発事故後に認められた膀胱癌が事故前に同地域で得られた膀胱癌と比べp53遺伝子変異頻度が有意に低く、この地域の膀胱癌発生のメカニズムが一般的な膀胱発癌と異なった経路で発症する可能性が示唆されたため、近年その異常発現がヒト膀胱発癌に深く関与すると考えられているgrowth factor receptorの発現を免疫組織学的に検索した。その結果、抗FGF-R3、抗EGF-R1、抗EGF-R2抗体について汚染地域の症例は非汚染地域症例に比べ有意に高い染色性を示し、汚染地域住民の膀胱粘膜病変の発生にはこれらgrowth factor receptorの発現も関与していることが判明した。以上、これまでの研究によりチェルノブイリ原発事故後の周辺汚染地域住民には膀胱癌が多発する傾向にあり、またその発生原因に関しては現在一般的に考えられている膀胱発癌経路と異なった経路で発生する可能性があることが示された。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 6 posts)

〔お笑い「はんにゃ」川島章良(34)2014年11月腎臓がん発覚⇒2015年1月摘出手術〕 (デイリースポーツ 2016年4月4日配信 ) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000103-dal-ent お笑いコンビ「はんにゃ」が4日、 テレビ朝日系で放送された 「しくじり先生 ...
〔膀胱がん相次ぎ発症=40人規模化学工場で5人―染料や顔料のもと製造・厚労省〕 (時事通信 2015年12月18日配信) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000098-jij-soci 厚生労働省は18日、 染料や顔料のもとになる化学物質を製造する 約40人規模の工場で、 退職者1 ...
〔ももいろクローバーZ・有安杏果(20)扁桃腺摘出手術(7日情報)〕 (デイリースポーツ 2015年12月8日) http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2015/12/08/0008629686.shtml ももいろクローバーZの有安杏果(20)が7日、 自身のブログを更新し、扁桃腺摘出手術を受けていたことを報告。 ...
〔タレント・松嶋尚美(43)血尿出て病院へ急行( 「膀胱炎」 )〕 (デイリースポーツ 2015年9月25日) http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2015/09/25/0008427497.shtml お笑いタレントの松嶋尚美が23日、 血尿が出て慌てたことをブログで報告した。 松嶋はこの朝、 「 ...
〔松原徹氏(プロ野球選手会・事務局長)20日、膀胱癌で神奈川県内病院で死去(58)〕 (スポニチアネックス 2015年9月22日配信) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000094-spnannex-base 労働組合・日本プロ野球選手会事務局長の 松原徹(まつばら・とおる)氏が20日午後 ...
ブラジルのゴイアニア市で起きたセシウム137放置汚染事件があります。 テラベクレル単位のセシウム137が廃院で放置され、249人が汚染され、4Gy以上被曝したとされるのが8人。うち4人が亡くなった。これだけの高線量になると放射性セシウムの影響と言うより、放射性物質の被曝と考えて良いかと。 http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php? ...

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[KAKEN][福島昭治][森村圭一朗][鰐渕英機][チェルノブイリ膀胱炎][チェルノブイリ][内部被曝][Cs137][セシウム汚染] 引用論文までチェックする能力はないが、できる人おながいしまつ。
[チェルノブイリ][チェルノブイリ膀胱炎] "チェルノブイリ原発事故後の周辺汚染地域住民には膀胱癌が多発する傾向にあり、またその発生原因に関しては現在一般的に考えられている膀胱発癌経路と異なった経路で発生する可能性がある"

Twitter (97 users, 101 posts, 39 favorites)

参考:福島 昭治 チェルノブイリ原発事故による放射能被爆住民における膀胱がんの発生 https://t.co/Zve2p3XWI3
チェルノブイリ膀胱炎と膀胱がんの共同研究は大阪市立大ですね http://t.co/UroLXLD56e    あなたも自分の身の心配したほうがいいんでないの
チェルノブイリ原発事故後の周辺汚染地域住民には膀胱癌が多発する傾向にあり http://t.co/v1zF7hWz6s
その結果、抗FGF-R3、抗EGF-R1、抗EGF-R2抗体について汚染地域の症例は非汚染地域症例に比べ有意に高い染色性を示し、汚染地域住民の膀胱粘膜病変の発生にはこれらgrowth factor receptor… http://t.co/v1zF7hWz6s
放射線が慢性腎臓病に影響 http://t.co/guvQnyld セシウムは6割が尿排泄。セシウムや他の核種の尿検査ができるのも尿から排泄されるから。チェルノブイリでは膀胱癌が増加http://t.co/GYd8wM1I 放医研は否定希望http://t.co/VHd7Gn88
チェルノブイリ原発事故による放射能被爆住民における膀胱がんの発生http://t.co/jidovTMr
チェルノブイリ原発事故による放射能被爆住民における膀胱がんの発生:"チェルノブイリ原発事故後、周辺汚染地域では過去15年間で膀胱癌の発生頻度が約1.6倍に上昇したと報告されている。" http://t.co/Px1DpsRe #チェルノブイリ膀胱炎 #福島昭治
重曹とグリセリンで放射能対策 http://t.co/jidovTMr
体験談★チェルノブイリに学ぶhttp://t.co/jidovTMr
㈱高嶋開発工学総合研究所 生物触媒による放射線エネルギー・放射性物質・放射能の分解消失http://t.co/jidovTMr
@ryutoyanagi  「膀胱がんの発生率が、汚染地域住民の24時間尿におけるCs137レベルにほぼ比例して上昇」なので、排出時と思われます。呼吸からの内部被曝なのか、飲食からなのかは不明ですが。 http://t.co/18XKO3yB #genpatsu #hibaku
僕もdifferenceにする理由が字数制限以外には理解できない RT @pririn_: 気になってる http://t.co/dKqlyn13 のdifferenceの翻訳はそこなんです。変ですか?
それは話の枕であって、これは頻度について議論している論文ではないじゃないですか(苦笑 “ @pririn_: こちら http://t.co/8sxiJtp 「周辺汚染地域では過去15年間で膀胱癌の発生頻度が約1.6倍… @tanakatatsuo @uncorrelated”
チェルノブイリ原発事故による放射能被爆住民における膀胱がんの発生 http://kaken.nii.ac.jp/en/p/12576005
低線量被曝地域(高濃度汚染のチェルノブイリ事故強制避難地域が日本では「低線量」許容地域にされてる)にあっては膀胱ガンの発生頻度が大きく高まる→チェルノブイリ膀胱炎 http://kaken.nii.ac.jp/en/p/12576005

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト