著者
新井 紀子 影浦 峡 菅原 真悟 松崎 拓也 犬塚 美輪 尾崎 幸謙 登藤 直弥 藤田 彬
出版者
国立情報学研究所
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2016-04-01

平成29年度の研究推進計画に基づき以下のことを実行した。① 読解力の認知プロセスモデルの精緻化、及び読解力を構成する要素スキルを再検討し、係り受け解析・照応解決・同義文判定・推論・イメージ同定・具体例同定(辞書)・具体例同定(理数)の7タイプの領域のスキルを選定した。4万5千人の受検者を対象として推計したそれぞれの問題タイプの能力値の相関係数は0.4から0.7であり、それぞれ関連した読解力の異なる要素を測ることに成功しているといえる。また、個々のタイプ内の一貫性は0.4から0.6程度であり(0.3以上の場合は妥当)、一貫性がある作問ができているといえる。②申請通り問題を作問し、そのうち約半数の千問については難易度b値の推計を終了し、CATで出題できる準備が完了した。加えて、本申請時に予定していた通り、本テストを社会実装するための一般社団法人「教育のための科学研究所」を発足させ、本科研費において考案した問題の仕様書に基づき、社団においてボランティアを求め追加の作問を実施させた。③②に基づき、CAT版で読解力の能力値をより精度高く推定するためのシステムを考案し、社団法人「教育のための科学研究所」と連携して、社会実装の道筋をつけた。④全国で189の機関において本調査を実施し、4万5千人が受検した。特に、機関として受検した48の高校の読解能力値の平均と学校のいわゆる入試偏差値との相関係数が、すべての読解力要素において、相関係数0.8を上回ったことから、本テストで測る読解力は総合的学力と極めて強い関係があることが示された。本研究成果は認知心理学のトップ会議であるCogSci2017で採択・発表されるとともに、日本教育心理学会の特別セッションとして成果を公開した。また、多数のメディアに取り上げられ、招待講演を受けた。

言及状況

Twitter (91 users, 106 posts, 118 favorites)

RSTの某先生が文章読解の先行研究踏まえない云々でめっちゃ叩かれてるけど、共同研究者に心理学で読解研究やってる学芸の犬塚先生いらっしゃること考えると、もうよくわかんねえな https://t.co/6VKuEn2WFL
MITメディアラボとNTT。NTTと一般社団法人教育のための科学研究所 。英語テストのベネッセが朝日新聞と開発していた読解力テストは、新井紀子氏と影浦峡氏の研究へと。みんな教育予算関係からお金を獲得しようとしているけれど、肝心の教… https://t.co/7zg64z5sx2
@noricoco テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/3iw8J4IPXj 本研究成果は認知心理学のトップ会議であるCogSci2017で採択・発表されるとともに… https://t.co/fcbrP6X2AZ
テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/3iw8J4IPXj 文部科学省が実施する高大接続高校基礎テスト(パイロット版)においても採用され、実施された。本研究成果は、認… https://t.co/yYwSWlzpGX
テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/HmBCrrVOBm https://t.co/EYFxiUfmyT
テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/tfpGq71tLB https://t.co/Ew7GMN5tN8
@the_a_ter @tera_sawa 自然言語学者の他にリーディング専門の認知心理学者,言語学者が入ってるとのことです。あと教育統計学も。 https://t.co/P7xYTjky43
テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/tfpGq71tLB 東ロボプロジェクトは終了(と言っている時もある)人(新井氏)と継続中と言っている人(松崎氏)。RSTは東ロボから生まれたもの。
リーディングスキルテスト(RST)の研究開発は、科研費基盤A「テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発」で支援されています。 RSTの形式や調査方法はその申請時2015年10月に提案したことを念の… https://t.co/HloZxzi5V5
有るから読解力のテストになってない。質問紙調査で予算とは? #defle https://t.co/8n6gnmElnC
当初からテーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 #defle #財政 https://t.co/8n6gnmElnC
@ab07_tact あのテストの開発科研が2021までありますし、報告見ると文科省の高大接続方面に入ってますね https://t.co/P7xYTjky43
RSTの調査は科研費基盤A「テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発」の支援等を受けて実施しています。 https://t.co/jSNy6evmK7
リーディングテスト云々の新井紀子氏の研究、科研費の研究分担者の欄に影浦峡氏がいるというね…… https://t.co/ch9ktvashB
https://t.co/Q8OexXySnh
@IGINagato 予算申請の段階から共同なんだと思う。こちらごらんください https://t.co/bPP2ydlf4f
2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSNy6evmK7

収集済み URL リスト