著者
藤澤 啓子 登藤 直弥 小林 哲生
出版者
三田哲學會
雑誌
哲学 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.136, pp.161-194, 2016-03

特集 : 教育学寄稿論文It has long been known that early language development is mildly delayed in twins. However, despite accumulated research on the cause and the mechanism of the delay, two important issues remain unknown : whether there is any gender difference in the delay and the universality of the delay across languages. Further, item analysis in twins is not also performed. To assess these issues, we compared the expressive vocabulary sizes of Japanese-speaking twins and singletons at 18 months and 24 months by collecting a large amount of vocabulary checklist data, using the MacArthur-Bates Communicative Development Inventory, and performing analyses using a structural equation model and correspondence analysis. We did not observe a twin vocabulary delay at 18 months, but one was observed between 18 and 24 months, especially twin boys. Further, characteristics of words expressed by twins differed from those by singletons. This is the first evidence of a more detailed developmental pathway in twin vocabulary delay for Japanese-speaking twins. Our results also provide evidence that the vocabulary delay is larger for male twins than female twins
著者
孫 媛 登藤 直弥 井上 俊哉
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.24, no.2, pp.112-117, 2014-05-24 (Released:2014-12-01)
参考文献数
7
被引用文献数
2 or 0

近年,大学の各種活動を評価あるいは公表することへの要請が強まっている. また,種々の教育 改革に着手する大学も増えており,その必要性や成果を確認するうえでも,大学の教育活動を評 価・診断する方法について検討することが求められている. 本論文では,大学ポートレート(仮称)準 備委員会が公表している平成24年度の国公立大学基本情報等を利用し,大学の教育活動の指標と なり得る変数の探索を行った. その結果,学生一人当たりの教員数や貸し出し冊数などが就職率に 正の影響を及ぼすことが示された一方で,大学教育の質を表すと考えられてきた変数の中に負の影 響を及ぼすものも確認された. 大学の教育活動を正確にとらえるためには,データの信頼性を確保 することが重要であろうことが示唆された.