著者
山室 真澄 鑪迫 典久
出版者
東京大学
雑誌
挑戦的研究(萌芽)
巻号頁・発行日
2017-06-30

各国の水産物から揮発性が高く、かつ難水溶性である人工香料の検出報告が相次いでいる。さらには、韓国の漢川河口では奇形魚が頻繁に漁獲されるようになり、原因として人工香料が疑われている(2016年4月10日中央日報日本語版)。本研究では、水溶性ではない人工香料が魚介類に取り込まれるメカニズムとして、世界的にも使用量が増えている柔軟剤に含まれるマイクロカプセルの形で人工香料が取り込まれているとの仮説を立て、その検証を目的とした。柔軟剤のマイクロカプセル中にどのような成分を香料として使用しているかは、ほとんど公表されていない。このため、市販されている柔軟剤10品について人工香料を網羅的に調査した研究を参照し、検出されていた成分の標準試薬を検索した。現在、GC/MSで標準試薬の分析手法の確認を行っている。市販の柔軟剤(K社製、L社製、P社製の3種)およびフレグランススプレー(カプセルある・なし)について、カプセルの生態影響評価を試みた。カプセルの有無による毒性の違いを明らかにするため、柔軟剤を超音波洗浄機処理、超音波抽出機(ホモジナイズ)処理、風乾処理、熱風乾燥処理などを実施し、それぞれ処理前と後のサンプルで生物試験を行った。カプセルの有無は光学顕微鏡下で確認した。生態影響はメダカとミジンコを用いた曝露試験で確認した。メダカ曝露試験はOECDテストガイドライン203に準拠を改変して、より感受性の高いと思われるヒメダカの孵化稚魚を使用した。ミジンコ曝露試験はOECDテストガイドライン203に準拠してオオミジンコを使用した。先述の柔軟剤サンプルについて、様々な方法でカプセルの有無による影響の違いを調べたが、現時点では両者に明確な差は認められなかった。香料成分のメダカに対する毒性が弱いためと考えられる。ミジンコ曝露実験については再現性を得るため、現在、繰り返し試験を行っている。

言及状況

Twitter (160 users, 205 posts, 192 favorites)

@ki4sun @InsideCHIKIRIN はい、その可能性が指摘されてます。 マイプラや合成香料の多くは、排水処理を通過し海へ流出。 魚の奇形や発育不全の原因になっていて、特に香りが強くなる一方の柔軟剤の危険性が指摘されてます。 ↓東大の研究 https://t.co/kWtM3oTQSZ
@eda_neko 海からも魚からも合成香料が見つかっており、その香料が魚の発育不全や奇形の原因になってます。 また、下水汚泥からも高濃度の香料が見つかっており、下水汚泥を利用した農業用堆肥からは濃縮した香料が見つかっています。 ↓東大の研究 https://t.co/kWtM3oTQSZ
@Ngx4SnCh9v4Eqp2 @DWMK_fujita 合成洗剤や柔軟剤の様々な化学物質については調べてないため分からないんですが、 合成香料の大半が処理できず海に排水、海からも魚からも見つかっていて、その最大の原因が香りが強くなる一方の柔軟剤ではないかと研究が進んでます。 東大 山室教授↓ https://t.co/kWtM3oTQSZ
@shouseikan 調査結果は以下で継続中です 「生態影響はメダカとミジンコを用いた曝露試験…柔軟剤サンプルについて様々な方法でカプセルの有無による影響の違いを調べたが現時点では両者に明確な差は認められなかった…メダカに対する毒性が弱いためと考えられた」 https://t.co/Je9JQ4eb2x
東大の山室教授の研究 各国の水産物から人工香料の検出が相次ぎ、韓国の漢川河口で奇形魚が漁獲される原因も人工香料が疑われる。 人工香料が魚介類に取り込まれるメカニズムとして、柔軟剤の香料がマイクロカプセルの形で取り込まれると考え、検証。 https://t.co/kWtM3oTQSZ
KAKEN — 研究課題をさがす | 合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証 (KAKENHI-PROJECT-17K20041) https://t.co/dtsnaklIOu
東大の山室教授の研究 各国の水産物から人工香料の検出が相次ぎ、韓国の漢川河口で奇形魚が漁獲される原因も人工香料が疑われる。 人工香料が魚介類に取り込まれるメカニズムとして、柔軟剤の香料がマイクロカプセルの形で取り込まれると考え、検証。 https://t.co/kWtM3oTQSZ
東大の山室真澄教授の研究 各国の水産物から人工香料の検出が相次ぎ、韓国で奇形魚が頻繁に漁獲される原因として人工香料が疑われる。 人工香料が魚介類に取り込まれるメカニズムとして、柔軟剤の人工香料がマイクロカプセルの形で取り込まれていると→ https://t.co/kWtM3oTQSZ
@cris42726918 マイクロカプセルについては こんな研究はあるみたいですが https://t.co/DMgg1zbB33
この東大の研究、相当期待が持てますね!「合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証」#香害 #柔軟剤 #マイクロプラスチック #化学物質過敏症 #海洋汚染 #自然破壊 https://t.co/kWtM3oTQSZ
@SandraHaefelin 「公害」の音を利用した方の「香害」は、香りの嗜好の問題ではなく、近年発売された日用品による環境汚染の問題であり、研究が進められています。 科研費 挑戦的研究(萌芽)「合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証」 https://t.co/45sErL7Jep
人間ってとんでもないものを生み出してやりっ放し。そして地球は壊れていく。KAKEN — 研究課題をさがす | 合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証 (KAKENHI-PROJECT-17K20041) https://t.co/wLk90GK1Ul
@InX2Lr8zllXMDSi @shinohariQ @atuko2people 有明海同様、瀬戸内海も内海であるため、海洋汚染の研究が進んでいます。 来年3月に、科研費での研究結果が出るようです。(研究分担者: 愛媛大学鑪迫教授) https://t.co/45sErL7Jep
海洋汚染の研究で世界最先端を走り続けている愛媛大学。高度経済成長期には工場排水の汚染を改善した実績も。2017年度から3年間の科研費による研究「合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証」研究分担者は愛媛大学鑪迫教授。https://t.co/45sErL7Jep
マイクロカプセルこえぇ(´・ω・`) 本研究期間の間に、下水汚泥から合成香料が高濃度で検出されているとの報告があった。 https://t.co/EgsFtEFsKa
@muyosimuyo 合成香料を内包したマイクロカプセルが水界生態系に与える影響の検証 https://t.co/XfjhgrI2fd こちらを研究している方のようです 研究は難航している様子も・・ #柔軟剤 #マイクロカプセル

収集済み URL リスト