著者
和崎 春日 上田 冨士子 坂井 信三 田中 重好 松田 素二 阿久津 昌三 三島 禎子 鈴木 裕之 若林 チヒロ 佐々木 重洋 田渕 六郎 松本 尚之 望月 克哉
出版者
中部大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2007

「グローバル化時代における中下層アフリカ人の地球的移動と協力ネットワーク」現代社会において、グローバライゼーションを生きるのは、北側社会や特別なアフリカ人富裕層だけではなく、「普通の」アフリカ人たちが、親族ネットワーク等を駆使して、地球を広く縦横に生き抜いている姿が、本共同研究から析出された。その事実を基礎にした外交上の政策立案が必用になってくることを、本共同研究は明らかにした。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:滞日アフリカ人の生活戦略と日本社会における多民族共生に関する都市人類学的研究(和崎 春日) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19202029
こんな研究ありました:滞日アフリカ人の生活戦略と日本社会における多民族共生に関する都市人類学的研究(和崎 春日) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19202029
こんな研究ありました:滞日アフリカ人の生活戦略と日本社会における多民族共生に関する都市人類学的研究(和崎 春日) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19202029

収集済み URL リスト