著者
品田 裕 大西 裕 曽我 謙悟 藤村 直史 山田 真裕 河村 和徳 高安 健将 今井 亮佑 砂原 庸介 濱本 真輔 増山 幹高 堤 英敬 平野 淳一
出版者
神戸大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

本研究は、国会議員を主とする政治家と有権者の関係、あるいは政治家同士の関係がどのように変容しつつあるのかを調査し、その変化の要因を実証的に解明することを目的として開始された。その結果、本研究では、選挙区レベルの詳細な観察・データを基に、実証的に現代日本の選挙政治の変容を明らかにすることができた。取り上げた研究対象は、集票活動・有権者と政治家の関係・政治家同士の関係・議員活動・政治家のキャリアパス・政党下部組織など、多岐にわたった。これらの分析から得られた成果を基礎に、さらに、国会のあり方や選挙制度にまで分析を進めることができ、現代日本の選挙政治理解に一定の貢献を果たすことができた。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

おっとぉ. QT @kakentter: こんな研究ありました:政権交代期における選挙区政治の変容に関する実証的研究(品田 裕) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22330044
こんな研究ありました:政権交代期における選挙区政治の変容に関する実証的研究(品田 裕) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22330044

収集済み URL リスト