著者
篠田 謙一 井ノ上 逸朗 飯塚 勝 斎藤 成也 富崎 松代 安達 登 神澤 秀明
出版者
独立行政法人国立科学博物館
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2013-04-01

本研究では縄文人骨43体、弥生人骨4体の合計47体のゲノム解析を行った。ミトコンドリアDNAの全配列を使った系統解析から、縄文人は遺伝的に均一な集団ではなく、地域による違いがあることが判明した。また、弥生人の遺伝的多様性は従来考えられていたより大きなものだった。そして渡来系弥生人もすでに在来の縄文人と混血していることも明らかとなった。これらの事実は従来の日本人起源論を再考する必要があることを示唆している。

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

@tokuchama https://t.co/R3rV3GsyvE この辺りも面白いかも。
全ゲノム解析法を用いた縄文人と渡来系弥生人の関係の解明 https://t.co/XC7wrzLx5Y
科学研究費助成事業 研究成果報告書 平成 30 年 9 月 8 日現在 研究課題名(和文)全ゲノム解析法を用いた縄文人と渡来系弥生人の関係の解明 https://t.co/vLOqI8SUqG https://t.co/O2OYsn5vVK
へんな日本人すごいより 考古学とDNAの分析の方がすごい。 これになぜか縄文人を固有種として世界でも稀とか騒ぐ…20%しか日本人の遺伝子確認されないのに。 https://t.co/mHDziYUuSM
翌年の2013でこれくらいで縄文の内容はもう少し面白いし、最近なら弥生人ももうちょっとわかってきてても良いよね。 https://t.co/Jy5vjHn6xO

収集済み URL リスト