著者
今中 哲二 川野 徳幸 竹峰 誠一郎
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

平成27年度は4月に代表者の今中、分担者の川野、竹峰に加えて、研究協力者の鈴木真奈美(明治大学)、進藤真人(市民環境研究所)、玉山ともよ(国立民族博物館)が参加し、当該年度の研究計画のためのミーティングを行った。ミーティングの結果、海外調査としては、川野と竹峰がカザフスタンのセミパラチンスク核実験場周辺の調査、今中、鈴木、進藤が米国スリーマイル島原発事故影響に関する調査を分担することになった。川野と竹峰は8月にカザフスタンを訪問し、現地研究者の協力を得て、セミパラチンスク核実験周辺被曝者に対する補償制度の調査を行い、その結果を『広島平和科学』37巻に報告した。今中と進藤は、『チェルノブイリ25年ウクライナ国家報告』の翻訳作業を行い、平成28年3月に、京都大学原子炉実験所のテクニカルレポート(KURRI-KR-5)として出版した米国スリーマイル島の調査については、予定していた現地カウンターパートが病気になったりしたなどという事情により見合わせた。国内調査としては、福島原発事故に関連して、今中が平成27年9月に南相馬市小高区川房地区と浪江町赤宇木地区、12月に川俣町山木屋地区、平成28年3月に飯舘村の放射能汚染状況調査を行った。また、今中と東北大学加齢医学研究所の福本学が世話人となって、平成27年8月に京都大学原子炉実験所において、『福島原発事故による周辺生物への影響に関する専門研究会』を開催し、そのプロシーディングスを京都大学原子炉実験所のテクニカルレポート(KURRI-KR-4)として出版した。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

今中 哲二 (2014-2018)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

実施報告書 2014 https://t.co/ScITxwIecy 2015 https://t.co/gNXinwcn6V 継続中 https://t.co/3MRBqpp70Z
実施報告書 2014 https://t.co/ScITxwIecy 2015 https://t.co/gNXinwcn6V 継続中 https://t.co/3MRBqpp70Z
KAKEN — 研究課題をさがす | 世界の核災害における後始末に関する調査研究 (KAKENHI-PROJECT-26301003) https://t.co/g4sKEyeUyK
#society #jounalistic #学び KAKEN - 世界の核災害における後始末に関する調査研究(26301003): 研究期間2014年4月1日~2018年3月31日(予定) 研究分野科学社会学.. http://t.co/2GyuzNf2pX

収集済み URL リスト