3 0 0 0 OA 華鳥譜

著者
服部雪斎//画
出版者

福山藩医の森立之(医号は養竹、1807-85)が立案し、博物画家服部雪斎が描いた61種の食用鳥類図説で、図は正確。立之自筆の解説には、薬効・能毒・味を記す。「華」の字を分解すれば、6個の「十」と一個の「一」となるので、61種の鳥を描いたと立之は序でいう。実際には65図あるが、チドリ・ニワトリ・ナンキンチャボ・カラスの4種がそれぞれ2図ずつだから、計算すれば 65-4=61 種となる。トキもコウノトリも描かれており、当時は食用にもされていたらしいが、トキは「肉性良からず、能(よく)小瘡を発す」、コウノトリは「味、佳からず」とある。雪斎は維新後も活躍し、明治初期の作らしい『[雪斎写生]草木鳥獣図』(特7-653:草木13図、鳥類25図)や、最晩年の『服部雪斎自筆写生帖』(本別6-5:植物のみ69図)が当館に残る。後者に所収されている「三河島菜花」は明治21年(1888)3月30日の写生で、これ以後の雪斎の写生図は知られていない。(磯野直秀)

3 0 0 0 OA 年録

出版者
巻号頁・発行日
vol.[157],

3 0 0 0 OA 康富記

著者
中原康富
出版者

権大外記であった中原康富(1400頃-57)の日記。ただし応永8年の1巻は祖父重貞のものと推定されており、康富の日記は応永24年(1417)からである。書状や文書の裏を再利用して書かれている。途中にかなり欠落もあるが、長期にわたり書き継がれ、朝廷、室町幕府の動向、公家社会や自己の生活の有様を詳細に記録している。政治、経済、社会、文化にわたり当時の状況を知るための重要史料である。

3 0 0 0 OA 千虫譜 5巻

著者
栗本丹洲
出版者
巻号頁・発行日
vol.[2],

2 1 1 0 OA 新法暦書

著者
渋川景佑
出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],
出版者
巻号頁・発行日
vol.249 丹後国田辺城図,
出版者
巻号頁・発行日
vol.[13] 嘉永四辛亥年正月ヨリ 奉竹村慈左衛門,

2 1 0 0 OA 甲陽軍鑑

著者
高坂, 昌信
出版者
巻号頁・発行日
vol.[10],