3 0 0 0 OA 芥杭 12巻

出版者
巻号頁・発行日
vol.[10],
著者
〔伊能忠敬//測量・製作〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.第100図 甲斐・駿河(甲斐・山中村・南部宿・駿河・富士山・佐野, 1873

3 0 0 0 OA 古今要覧稿

著者
屋代弘賢
出版者
巻号頁・発行日
vol.[84],

3 0 0 0 OA 古今要覧稿

著者
屋代弘賢
出版者
巻号頁・発行日
vol.[86],

3 0 0 0 OA 古今要覧稿

著者
屋代弘賢
出版者
巻号頁・発行日
vol.[85],

3 0 0 0 OA 百鳥図

著者
石顛道人<増山雪斎>//〔画〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.9,

3 0 0 0 OA 一遍上人絵伝

著者
聖戒 撰
出版者
巻号頁・発行日
vol.[7],

3 0 0 0 OA 難波江

著者
岡本保孝
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻1,

3 0 0 0 OA 目八譜 15巻

著者
武蔵石寿//著,服部雪斎//画
出版者

幕臣武蔵石寿(号は翫珂翁・翫石可亭、1766-1860)の著作で、江戸時代介譜の最高峰。書名は「岡目八目」と、貝の字を分解すると「目」と「八」になることを掛けている。富山藩主前田利保の序は弘化2年(1845)だが、その後も書き足された。図の多くは正確で、二枚貝では貝殻の外側と内側、巻貝では口側と反口側をともに描き、同一種でも色彩・模様・大きさの違う複数の図を示すなど、行き届いている。記文は品名に異名・方言を添え、多数の書物を引用し、自己の見解も示す。構成は、冊1前半が序と凡例、二枚貝の図解、介の名産地 259の地名など。冊1後半~冊5が二枚貝、冊6~9が巻貝、冊10「貝宝」(題箋副題、以下同)はタカラガイ、冊11の「無対」はアワビ類、冊12「異形」はツノガイ・ヘビガイ・フジツボ・カメノテ・正形ウニなど、冊13「支流」は貝の破片や巻貝の蓋、冊14「燕車」(海燕・海盤車の意味)は歪形ウニ類・ヒトデ・クモヒトデ、冊15「粘着」は他物に付着している貝。品数の総計は1169である。本書は博物画の名手服部雪斎一人が描いたように伝えられてきたが、最近の研究では雪斎以外の筆も少なくないことが判明している。(磯野直秀)
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[86],
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[215],
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻2, 0000

光明皇后御願経。光明皇后(701-760)が亡き両親、藤原不比等、橘三千代の追福のために発願した一切経で、奥書に「天平十二年五月一日記」の日付けがあることから、「五月一日経」とも呼ばれている。写経生によって書かれた唐風の美しい楷書で、奈良朝写経中の優品とされる。本書には文字を消磨して書き改めた部分や、朱筆で校合、書入した箇所が見られる。料紙は麻紙。表紙、軸は後代の補修。表紙と本文との継ぎ目紙背に「東大寺印」の方形朱印が押捺されている。
出版者
巻号頁・発行日
vol.第1軸,

3 0 0 0 OA 慕帰絵々詞

著者
慈俊 著
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻5,

3 0 0 0 OA 東寺百合文書

出版者
巻号頁・発行日
vol.[127],
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[111],

3 0 0 0 OA 一遍上人絵伝

著者
聖戒 撰
出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],