4 0 0 0 OA 〔漱石書簡〕

著者
夏目漱石//〔著〕
出版者

夏目漱石の正岡子規宛葉書3通。収納する木箱の箱書は漱石の女婿の小説家松岡譲(1891-1969)の筆。このころ漱石は東京帝国大学文科大学英文学科、子規は国文学科に在学していた。明治25年6月19日消印の葉書で漱石は、子規に哲学の追試験を受けることを勧めているが、子規はこの時の学年試験に落第し退学した。漱石は26年7月に卒業、大学院に進んだ。また、26年3月31日の葉書で漱石が贈与の礼を述べている『俳諧』は子規主宰の雑誌で、3月24日に第1号を発行したが2号で終わった。なお、子規の俳諧革新運動の端緒となった「獺祭書屋俳話」は25年6月から新聞『日本』に連載され、11月には松山から迎えた母、妹と同居を始めている。

4 0 0 0 OA 日本図

著者
〔伊能忠敬//原図〕,〔高橋景保//編〕
出版者
巻号頁・発行日
1827

手書 3舗 131×105cm(蝦夷地)、130×104cm(日本東半)、130×106cm(日本西半)

4 0 0 0 OA 守貞謾稿

著者
喜田川季荘 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻1,
出版者
巻号頁・発行日
1605
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[209],
著者
〔伊能忠敬//測量・製作〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.第76図 越後(越後・時水村・長岡・潟町), 1873

4 0 0 0 OA 河海抄

著者
四辻善成
出版者
巻号頁・発行日
vol.[7],
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[27],
著者
堀田正敦 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[31],

4 0 0 0 OA 肖像集 9

著者
〔栗原信充//画〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.藤原俊成・酒井抱一,

4 0 0 0 OA 餝抄 2巻

著者
中院, 通方
出版者
巻号頁・発行日
vol.[2],
出版者

太政官牒4通を1軸にしたてる。牒は養老令の公式令(くしきりょう)で定められた公文書の様式の一つ。役所と寺院のやりとりには牒がもっぱら用いられた。これは太政官から東寺に定額僧を補充するため下したもの。破損がはなはだしい文書もあるが、紙面に「太政官印」を2ないし3捺している。定額寺は国家が保護、特典を与えた寺院の資格の一つで、そこに住する一定数の僧侶が定額僧である。根岸武香(1839-1902)収集の冑山文庫旧蔵。
著者
伊藤圭介 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[7],

3 1 1 0 OA 肖像集 6

著者
〔栗原信充//画〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.今井宗久・日重,

3 1 0 0 OA 甲陽軍鑑

著者
高坂, 昌信
出版者
巻号頁・発行日
vol.[5],
出版者

文政十丁亥年の日付のある文書を流用した袋入り。書名は袋題。書名の6ヶ国以外に摂津・和泉・志摩の各国も描かれ、9ヶ国、すなわち紀伊半島全体を収録範囲とする。縮尺はおよそ1里0.5寸(1:259,200)。海路とその距離、湊の舟掛り情報(詳細)は正保国絵図の記載方法を備えるが、舟渡り、歩渡りの記入は少なく、郡界の表示は河内を除く書名の5国のみ、郡名は表示されているが、村形の彩色による郡の区別はなされず、国ごとに一色、また村形は円形で外側に村名を記入するなど変則的。紀伊国は村の記載が際立って詳細である。道路一里山の記載も紀伊国内に限られており、正保国絵図系ではあるが、紀州藩における何らかの使用目的に合わせた縮小・編集図であろう。
出版者

地図上にタイトルはなく、裏面および渋紙製の袋に同じ書き題がある。両国国絵図の集成図で、主要道1里山の記入、海岸の港泊、航海情報など正保国絵図系とみえるが、村形は郡別に色分けされているものの形は小型の円で、村名はその下方に表示されるなど、表現方法は定式とは異なる。渡河地点の注記もほとんどみられない。縮尺は1里6寸(1:21,600)。郡色分け、石高は河内と摂津それぞれ別位置に記載され、河内は色分けと石高のみであるが、摂津は石高、新田高、本村、枝村、小物成(米・銀)を記載する。また、摂津の一部では流路沿いに河川敷が明示され、低地に回らされた堤防も描かれる。
出版者
巻号頁・発行日
vol.二,