著者
井内 智子
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.76, no.1, pp.99-118, 2010-05-25 (Released:2017-07-18)
被引用文献数
1

1929年に設立された陸軍被服協会は,被服資源を確保して総力戦体制へ備えるため,国産毛織物の普及及び軍用被服と民間被服の規格統一を目指して活動した。同協会は,具体的には洋装化の推進を呼びかけ,学生服をはじめとする各種制服を統一して,軍服と同じカーキ色の毛織物にする「被服統一運動」を行い,軍需被服産業と毛織物産業を中心とする諸企業の支持を得た。第一次大戦後の軍縮の中で,軍需関係の企業は軍需から民需への転換を図っていた。また,毛織物の集散地だった大阪の財界を中心に,軍需以外の諸企業も不況の中で消費が減少することを防ぐ目的で被服協会を支援した。今回本稿がとりあげる1929年から1934年にかけては,一般の反軍感情が強く,陸軍の望むカーキ色生地普及はこの色が軍隊のイメージと強く結びついていたため挫折する。また,毛織物の制服では綿に比べて高価になることから,毛織物普及にも限界があった。しかし,被服協会は府県単位での男子中等学校制服の統一を進め,統一したことで制服の価格は下がっていった。
著者
幸田 亮一
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.75, no.6, pp.629-648, 2010-03-25 (Released:2017-05-24)

第二次大戦中に軍需生産を支え活況を呈したドイツの工作機械工業は,敗戦後,一転して危機の時代を迎えた。本稿の課題は,ドイツ工作機械工業が経験した困難の実態はいかなるもので,復興はいかにして可能だったのかを,旧西ドイツ地域を中心に,連合国の政策転換を踏まえつつ,個別企業の具体的動向を含めて解明することである。本稿の結論は以下のとおりである。第1に,戦災ならびに戦後のデモンタージュ(設備撤去)は,短期的には大きな損害を個別企業に及ぼしたものの,長期的に見ると過剰設備の除去と新市場の創出をもたらした。第2に,通貨改革と租税改革は直接的に,マーシャルプランは見返り資金という形で間接的に工作機械企業の復興を促した。第3に,立地の変化を見ると,ソ連占領地区から逃避・移転した企業により,西部ドイツ,西南部ドイツの比重が増大した。総じて,このような困難期を乗り越えることができたのは,東側から西側へ移転した複数のメーカーの事例が端的に示すように,長年にわたり築かれてきた知的・人的蓄積であったといえる。
著者
鎮目 雅人
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.77, no.1, pp.25-47, 2011-05-25 (Released:2017-05-24)

両大戦間期日本のマクロ経済政策に関する研究は,従来から蓄積が厚く,さらに1990年代以降の日本におけるデフレーションと経済成長停滞を受けて,現代にも通じる政策的含意を持った歴史的経験として改めて脚光を浴びることとなり,近年における理論・計量経済学の分野における知見を採り入れる試みもなされるようになってきている。本稿では,最近の経済理論・計量分析の知見も取り入れつつ,商品先物市場の価格データならびに業界誌に掲載された当時の市場関係者の見方から,両大戦間期日本の市場参加者の物価変動に関する予想形成の定式化を試みる。分析の結果,市場参加者は,将来の価格に関する予想形成において,主として内外価格差の動きに着目していた一方,国内金融・財政政策の影響については,これが先行きの物価に大きな影響を与えるとは認識していなかったことが示される。このことは,市場参加者が,閉鎖経済ないし変動相場制下の開放経済ではなく,固定為替相場制下の開放小国経済を前提に,意思決定を行っていたことを示唆している。
著者
高田 倫子
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.73, no.4, pp.401-417, 2007-11-25 (Released:2017-06-09)

本稿では,日本の出土状況に個別発見貨論を適用するための具体化を行った上で,中世から近世初期における中国地方におけるデータを収集・分析し,すでに検討を加えている九州地方における個別発見貨データと合わせて考察する。結論として,個別発見貨概念適用の主たる成果は,備蓄銭慣習開始以前の中国地方における銭貨流通の実質性を検出したことにある。これは,すでに九州地方における個別発見貨データから示された結果や,小畑による廃棄・遺棄銭の研究成果とも共通している。さらに,九州地方における銭貨流通の展開が,中国地方におけるそれと比較して,より早期から見られることが分かった。また,銭種構成に関して,個別発見貨,備蓄銭,廃棄・遺棄銭のデータの間に,同様の傾向が見られる中で,無文銭や洪武通宝といった特定の銭種について,小倉や石見銀山など一部の地域に突出して出土する現象が見られた。今後も,残された諸課題を追究しながら,現在日本貨幣史の主要な諸問題の解明に,個別発見貨資料の分析を通じて寄与していきたい。
著者
桜井 信哉
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.62, no.4, pp.486-511,568, 1996-11-25 (Released:2017-09-28)

In the early modern period, debasement of the coinage was a significant way of re-establishing national finances, and one important way of doing so was to give the units used to weigh coins a face value. Both the ryo and the pound, for example, started out as weight units but turned into units of currency. This article shows how Daikoku Saku'uemon, a Bakufu-authorized coin maker, proposed to make the monme, a weight unit for silver, into a monetary unit in the Bunsei period (1818-30). The silver coins which Daikoku proposeed during the Bunsei period were the 43monme silver coin, for use in gift-giving, and the 50-me silver coin, for commercial use. Despite their nominal values, both were to weigh only 16 monme. This scheme is thought to have originated in the Bunka period (1804-18), but has also been detected in the Tempo period (1830-44). It would therefore seem that Daikoku had been making prorosals to the kanjosho (Ministry of Finance) for more than twenty years. The scheme proposed in the Tempo period was to involve not only a silver coin of high denomination, like the 43 monme or the 50-me, but also one of low denomination, such as a 2.5-monme or a 5-monme unit. In other words, Daikoku planned further debasement of the coinage even after the Bunsei debasement, through a radical nominalisation of the monme. Daikoku's proposals were made in an attempt to win back the recoinage responsibilities which he had lost after taking a negative attitude towards the recoinage plans of the Meiwa period (1764-72). However, the proposals were rejected by the kanjosho, probably because it was feared that usage of silver coins would grow even more complex.
著者
松井 真喜子
出版者
社会経済史学会
雑誌
社会経済史学 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.71, no.1, pp.3-24, 2005-05-25 (Released:2017-06-09)
参考文献数
149

The purpose of this paper is to examine mail-coach services during the British Industrial Revolution and to consider their role in the integration of regional economies. The first section of the paper investigates postal services before the introduction of mail coaches in 1784. Since the end of the 17th century, when a wider market began to emerge, the post had been playing an important role in transmitting business correspondence and bills to distant places, thus enabling companies to expand the sphere of their activities nationwide. The quality of postal services was, however, quite poor because their operations were monopolized by the government. The second section of the paper examines the development of the mail-coach network and changes in postal services. Examination of manuscripts of the General Post Office and commercial directories indicate that a close-knit and extensive network was established by the 1820s and that speed, reliability, and safety of the postal services were substantially improved. In conclusion, the significance of mail-coach services was that by transmitting intelligence and money, difficulties posed by time and distance were overcome and the basis for the integration of regional economies was formed. It is noteworthy that the growth of the banking system paralleled the development of mail-coach services. Mail coaches also helped the social and cultural integration of regions as a medium for communication.
著者
竹内 真人
出版者
社会経済史学会
雑誌
社會經濟史學 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.80, no.4, pp.491-506, 2015-02-25

本稿は,18世紀末以降のイギリス自由主義的帝国主義を肯定的に評価する「ウィッグ史観」に基づく研究とは異なり,イギリス自由主義的帝国主義を批判的に分析することを目的としている。福音主義は,1730年代以降の英米の「福音復興運動」によって拡大した禁欲的プロテスタンティズムのことであり,社会を「有機体」と捉える「ジェントルマン理念」(すなわち高教会主義と広教会主義)とは対立していた。この福音主義は,人間を機械化・生産力化するイデオロギー的意味作用を持つものであり,近代的宣教運動に裏づけられたイギリス自由主義的帝国主義を生みだすことになった。本稿は,福音主義とイギリス自由主義的帝国主義の関係を重視し,ジェントルマン・エリートが自由主義的政策転換を行った原因が福音主義イデオロギーにあったことを明らかにする。イギリスの自由主義的帝国主義を理解するには,「ジェントルマン理念」と並んで,福音主義の伝道者的使命感を重視すべきであり,その自由主義的介入は,際限なき営利欲を抑制し,資本と労働の調整を目的とするものでもあった。
著者
宇多 正
出版者
社会経済史学会
雑誌
社會經濟史學 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.121-147, 1973-06-25

Considerably left behind European Powers and United States, Meiji Japan direted her course towards a capitalistic state, and was going to enter into Chinse colonial market. However, since the most powerful capitalists (Zaibatsu groups) hesitated the investment abroad for its riskfulness, Japanese Governement was obliged to import foreign capitals for the purpose of propulsion the capital export to China which was more necessary for national profits after the Shino-Japanese War (1894-1895). Winning the Russo-Japanese War (1904-1905), Japan openly started to coionize Manchuria, and established the South Manchuria Railway Company (Mantetsu) for smooth colonization under the new international balance of powers. It was nothing but 'civil-defence' advocated by Shimpei Goto who was the first president of Mantetsu. Mantetsu was a mammoth enterprise, composed of railway, coal-mining, iron-manufacture, electric work, hotel, local administrative institutions and research organizations. Besides, it directly conducted over seventy companies of commerce, industry or service, therefore it was named 'Mantetsu-Konzern'. It was de facto State enterprise, in other words, a substitute of Japanese Government. Charged with the important political functions to obtain the substantial hegemony on Manchuria, it was often operated passing over cal-culation, for example, the repeated loans in order to railway-construction for Chinese Government. Unfortunately, before long, the aggravation of international relations, especially the tension among the Easten Asia and the difficulties in domestic society drived Japan into the military adventure in Manchuria. Pushing away Mantetsu, Kwantung Army was thereafter executing the plan for 'military-defence' as a new controller of Manchuria. With its support, was soon founded Japanese puppet state 'Manchukuo', and established Manchuria Heavy Industries Development Company (Manshu Jukogyo) with the object of heavy-industrialization of Manchuria. On the other hand, Mantetsu was reduced to the original system centering traffic business. However, the interdependence organization between Japan and Manchukuo was finally broken by the extraordinary enlargement of war situation around Eastern Asia. In brief, the curse of Japanese capitalism operating upon Manchuria was very strategically directed through the influences of the Korean domination that was in more close connexion with Japan herself and the international balance of powers.
著者
兒玉 州平
出版者
社会経済史学会
雑誌
社會經濟史學 (ISSN:00380113)
巻号頁・発行日
vol.80, no.3, pp.349-371, 2014-11-25

日本政府は,ドイツ企業の特許「ハーバー・ボッシュ法」を1917年,敵国財産として接収し複数の企業からなる組合に払い下げた。先行研究は,その後組合が設立した東洋窒素工業株式会社(以下,東洋窒素)は結局合成硫安製造を行わず,唯一の業務は,ドイツ硫安の輸入に際して,自身の持つハーバー・ボッシュ法特許権侵害を理由にロイヤルティーを徴収することだったとしてきた。しかし,東洋窒素のロイヤルティー徴収は1932年に中止されており,ここに東洋窒素は敗戦に至るまで存続したという事実との矛盾がある。本稿は,東洋窒素の存在意義は,1930年以前は,ドイツ硫安の需給調整によって国内企業を守ることにあったとした。1930年以降は硫安の輸入が許可制となり,また既存企業が明示的なカルテルである硫安配給組合を結成する中で,需給調整を行うことはなくなったものの,東洋窒素は配給組合の中で,配給組合に対するアウトサイダーが出現したとき,特許権侵害を仄めかし,さらには内部留保したロイヤルティーで株式を取得して直接経営に関与することで協調的な関係を築くことを可能にしたと結論づけた。