著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 9

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5759 users, 5914 posts, 105 favorites)

Q. 作業効率のいい室温は? A. 25度前後 https://t.co/tlNgCXWq8F https://t.co/UpjOJ3WOq2
ゲンダイが参照していた論文はこちらかな? https://t.co/aUOnjvd22U
ペイパー発見。 そっか……2010年……そっかぁ…… https://t.co/Wolc0ta0vH
28℃設定にしろと? この国の生産性がさらに低下するのかな。 室温と生産性についての論文 https://t.co/73Ls4O1Myl #節電 #エアコン
@leafaerosnow 湿度にもよるでしょうけど、個人的には室内では25℃程度が限度と思ってまして、ただ実験上では25.7℃が最適らしいですね…… / オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響 https://t.co/ti47wSUNi3
あったw https://t.co/2oR7rjZKZn
平均的には室温=25度付近に最適値があり、そこから1度上がるごとに2%生産性減少 https://t.co/g1B9HDBuq7 › _pdf オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響 - J-Stage https://t.co/kTOBbI7398
参考: オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響 https://t.co/33BGepMCdC
→ここには書いてませんが、快適に作業してもらうためには空調も影響したりします。たぶん試験には出ませんが。 https://t.co/vEYe8XSy3n
毎夏、冷房温度論争がありますが、経済性からは最適室内温度は25.7度という研究があるようです。(1)既存研究から25度以上では温度上昇が作業効率低下。(2)25度→27.5度で4%低下が見られた。(3)電力コスト増を加味すると「経済性から判断する最適室内温度は25.7度」とのこと。 https://t.co/J5rBWudieG
ソースはこれ https://t.co/cMg0ouLumC
@naohiraishi @festiva1202 こんなのありました https://t.co/sqCWCn2qRf
この時期大活躍する資料です。 https://t.co/PVhcwDgnTF
@duf88logbook https://t.co/PVhcwDgnTF 確かこれですよね。
J-STAGE Articles - オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響 https://t.co/HJP3g41p9C
J-STAGE Articles - オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響 https://t.co/8xO7cKVvan
なるへそ。※PDF https://t.co/ojMv5id60k https://t.co/0OWnxmuoIW
評価方法は以下のの2点。 「自主評価による快適に作業ができたか」 「数値評価による作業能率はどうだったか」 快適性と能率には相関が存在しており、得られたプロットから近似曲線を算出した結果、25.7℃が最適値となった。 https://t.co/6ukq6Szq2z https://t.co/oQAnnneJAC
訓練されたTAなので、pがイタリックになってないとかめっちゃ気になるんですが、作業効率が最もよくなる室内の気温はおよそ26度くらいだそうです。 https://t.co/9HvUNFGwro
エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は25.7℃!」/ https://t.co/dmMT89vIpS https://t.co/SG6fEW05xC
https://t.co/HTM6dLEFS5
あまりにも暑いので、つい部屋の室温と仕事の効率についての研究を色々調べてしてしまった。以下の論文によると、仕事効率上昇による経済効果と電気代の両方を考えると最も経済的な温度は日本人では25.7度だとか。https://t.co/QawNP3gLM4
エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
@dryupgoahead https://t.co/03whXFQTt8
ちなみにオフィスの室温は、ビル管法に基づく指針で一定範囲に保つことが義務づけられています。また、室温と作業能率や学習能率に関係があるとの論文もいくつもあります。例 https://t.co/Jr1aRRWZwt …
オフィスや学校の室温と作業能率には大きな関係があります。あれだけ仕事をこなす津田大介さんでも、寒いと仕事が進まないのです。日本のオフィスの温熱環境の貧弱さは、生産性に打撃のはずです。それで温熱環境バッチリの欧州と競争させられては、たまったものでありません。 https://t.co/Jr1aRRWZwt https://t.co/vT5XQT2YVc

収集済み URL リスト