著者
中根 俊成 溝口 功一 阿部 康二 熱田 直樹 井口 保之 池田 佳生 梶 龍兒 亀井 聡 北川 一夫 木村 和美 鈴木 正彦 髙嶋 博 寺山 靖夫 西山 和利 古谷 博和 松原 悦朗 村松 慎一 山村 修 武田 篤 伊東 秀文 日本神経学会災害対策委員会
出版者
日本神経学会
雑誌
臨床神経学 (ISSN:0009918X)
巻号頁・発行日
vol.60, no.10, pp.643-652, 2020 (Released:2020-10-24)
参考文献数
57

東日本大震災の甚大な被害を踏まえて日本神経学会の災害対策活動はスタートした.2014年,正式に日本神経学会災害対策委員会が発足し,災害支援ネットワーク構築と指揮発動要件設定を行い,模擬訓練を実施した.2016年の熊本地震で我々は平常時の難病患者リスト作成,個別支援計画策定の重要性を認識し,避難所等における難病患者のサポートのあり方を検討した.2017年,我々は災害対策マニュアルを刊行し,難病患者の災害時調整役として各都道府県に神経難病リエゾンを配置することを定めた.神経難病リエゾンの役割は「被災地の情報収集・発信」,「医療支援調整」,「保健活動」であり,平常時と災害時の活動が期待される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

日本神経学会による災害対策:神経難病リエゾンの役割について 中根俊成, 溝口功一, 阿部康二, 熱田直樹, 井口保之, 池田佳生, 梶龍兒, 亀井 聡, 北川一夫, 木村和美, 鈴木正彦, 髙嶋 博, 寺山靖夫, 西山和利, 古谷博和, 松原 悦朗, 村松慎一, 山村修, 武田篤, 伊東秀文 https://t.co/32AwZeeLtQ

収集済み URL リスト