著者
平原 達也 大谷 真 戸嶋 巌樹
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.2, no.4, pp.4_68-4_85, 2009-04-01 (Released:2011-05-01)
参考文献数
109
被引用文献数
4 2

音源信号に頭部伝達関数が畳みこまれたバイノーラル信号によって立体音像空間を再現する場合に,頭部伝達関数やバイノーラル信号再生系の音響的な厳密さが重要視されている.しかし,受聴者の頭部運動に追従する動的バイノーラル信号を用いると,頭部伝達関数やバイノーラル信号再生系に要求される音響的厳密性を緩和できる.本解説では,複数箇所で多数回計測した実頭とダミーヘッドの頭部伝達関数を精査し,頭部伝達関数の音響計測の問題点,頭部形状の変形に伴う頭部伝達関数の変化,および,頭部伝達関数の比較尺度について論じる.また,様々なバイノーラル信号を用いた一連の音像定位実験の結果に基づいて,静的バイノーラル信号と動的バイノーラル信号が再現する立体音像空間の差異についても論じる.これらを通じて,頭部伝達関数の計測とバイノーラル信号の再生にかかわる諸問題について論考する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

>スピーカーで周りを囲むサラウンド?はヘッドフォンでも再現できるのですか? 右前のスピーカーの音は右の耳だけでなく左の耳にも聞こえてきます。 人が右前のスピーカーと判断できるのは、左右の耳で同時に聞いているからです。 このとき、左の耳には多少遅れて聞こえていることは理解できると思います。 しかし、人は左後ろのスピーカーの音は左後ろからと聞き分けることもできます。 この場合も右 ...
>あれはあくまでバーチャルであり、ヘッドホンの音が出る穴が7つや8つに分かれてそれぞれから違う音が出るわけではないんですか? ゲーム用などではドライバーユニットを複数内蔵したものも有ったように思いますが、映画などのサラウンドで最適な立体感が得られるのかは大いに疑問です。 もともと、2chステレオの定位感は左右スピーカー夫々の音が左右両方の耳に遅延などを伴って聞こえてくることから得 ...

Twitter (14 users, 15 posts, 10 favorites)

J-STAGE Articles - 頭部伝達関数の計測とバイノーラル再生にかかわる諸問題 https://t.co/PNt33XiEqj
@xylo_nt マイクと頭のサイズ、耳の形の不一致などなどで聴感の方向がズレて聴こえるから後ろっぽく感じるんだと思います、ここら辺論文に詳しく載ってます https://t.co/FMEPHTJNga
https://t.co/hZBu6BjCWM ふむhm
ほーん、、、バイノーラルの仕組み的なのが書いてて、参考には出来ないけどそうなんだ〜〜ってなった。。再生する側と再生する人も関係するのね…完全再現はムズムズのムズってことか… https://t.co/6V6mbOPFgO
@Aogiri_m2d 途中まで読みましたが面白いっすね〜。自分のやつでやってみたい。 https://t.co/E5ZLBJvIcE
バイノーラルとHRTF(頭部伝達関数)について気になる論文あったけど長いので後で読む (pdf直リンク注意)  >頭部伝達関数の計測とバイノーラル再生にかかわる諸問題 https://t.co/xAFmW9ZRQp
@krk_kuroku 頭部伝達関数というのがあって、耳介や頭部の周辺物によって収録音に変化がでるのです! 資料: https://t.co/zzpQYVSkff
https://t.co/XkXxKdgei0 HRTFとバイノーラル録音に関する問題
@toa_kurohane https://t.co/jbSzcaglm4 4ページ目(b)

収集済み URL リスト