著者
西村 秀一 林 宏行 浦 繁 阪田 総一郎
出版者
一般社団法人 日本環境感染学会
雑誌
日本環境感染学会誌 (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.32, no.5, pp.243-249, 2017-09-25 (Released:2018-03-25)
参考文献数
18

低濃度二酸化塩素(ClO2)のウイルス不活化能を種々の湿度条件で検証した.ClO2は高湿度で不安定で,市販のゲルタイプ製剤では閉鎖空間で一定低濃度維持できない.そこで高湿度で低濃度ClO2環境を一定時間維持できる乾式法製剤を用いて実験した.一定室温下で低,中,高の三つの湿度条件下,生活空間でヒトが耐えうる濃度限界とされる20-30 ppbのClO2の,空中浮遊インフルエンザウイルス不活化能を調べた.各湿度,ガス濃度の閉鎖空間でウイルスを空中に放出し,一定時間ガス曝露後,一定量の空気を回収し含まれる活性ウイルス量を調べた.その結果,相対湿度30%環境では,曝露20分後の回収ウイルス量は,対照のガス非存在下と統計学的な有意差はなかった.湿度50,70%では,対照でも回収ウイルス量が放出量の約10%と2%程度まで低下した一方,ガス存在下ではそれぞれ0.3%と0.03%まで低下し,低下は統計学的に有意であった.以上,湿度50-70%環境下であれば,20-30 ppb程度の低濃度ClO2にも抗ウイルス効果はあった.だがそれは,感染管理の視点からは,患者から空間に放出され一定時間経過後残存する活性ウイルスの絶対数から見れば,湿度自体による大幅な感染リスクの減弱にやや上乗せされる程度の効果でしかない.一方湿度30%では,この程度の濃度では感染リスクの低下はほとんど望めないことが,明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (108 users, 110 posts, 46 favorites)

(メモ) 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 ―ウイルス失活効果の湿度依存性―」 西村秀一 他 環境感染誌 Vol. 32 no. 5, 2017 https://t.co/sPgeYJ24ij
@h_okumura ご参考になりますかどうか… https://t.co/pCiNxIWOXu
この首下げ型の除菌グッズ、会社で支給されたわ>rt 効果はほとんど望めないらしいことが調べていくうちに分かった https://t.co/VJcie0TCgR
低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 https://t.co/JTPQZYZyrJ 環境感染誌から空間除菌ブロッカーとかに関してのアレ
https://t.co/R2qnnSSfjU 紹介されている論文1がすごくおもしろかったヾ(*´∀`*)ノ https://t.co/VKwVypOff2
クレベリンは効きませんよ。 J-STAGE Articles - 低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御―ウイルス失活効果の湿度依存性― https://t.co/27XRMBMiqW
これかな https://t.co/bi5LCbZNmH
今考えている動画内容は、 ①Fizz先生ご紹介の文献 https://t.co/CaL4Ak9Ncc ②マーケティング手法の罠 ③アンケートは誘導可能 ④宣伝の着目点 ⑤として、上記消費者庁の見解と現状を話せたらいいかな?と考え… https://t.co/W7JI8FfimB
空間除菌を謳う低濃度二酸化塩素は、冬の日本の室内環境下(湿度30%以下)では、そのウイルス不活化効果をほとんど望めない。 日本環境感染学会誌.32(5):243-9,(2017) https://t.co/dHW4JtZJTg… https://t.co/9syXCZEWgz
タイムラインで見かけたのでクレベリンジェルなどの二酸化塩素による殺菌効果を謳うあれこれについてさっと調べてみた。 「二酸化塩素 site:https://t.co/9TNg48avzP」でググったら、消費者庁のレポートと、Jst… https://t.co/9GpFzaBfgA
感染管理目的で低濃度のClO2を用いて空中浮遊インフルエンザウイルスを不活化させようとするならば,環境湿度の管理が非常に重要 【日本環境感染学会誌】 低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御―ウイルス失活効果の… https://t.co/6T7dGD5TB2

収集済み URL リスト