著者
粕谷 英一
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.179-185, 2015-07-30 (Released:2017-05-23)
参考文献数
6
被引用文献数
2

生態学におけるモデル選択の方法として広く使われている赤池情報量規準(AIC)について、真のモデルを特定するために使うことは本来の目的から離れていることを指摘し、サンプルサイズが大きくてもAIC最小という基準で真のモデルが選ばれない確率が無視し得ないほど大きいことを単純な数値例で示した。また、AICの値に閾値を設けて、AICの値が他のモデルより小さくしかも差の絶対値が閾値を越えているときのみにモデルを選ぶとしても、真のモデルが選ばれない確率が高いという問題点は解決されないことを示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (60 users, 65 posts, 154 favorites)

生態学における AIC の誤用 ─ AIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない https://t.co/KHIfEYwXEi
統計におけるAICの誤用について。これは勉強になった。 https://t.co/0tlQ32QIvI
「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
@katzkagaya AICは正しいモデルを選ぶためのものではない、という点に関しては、そのままのタイトルの解説がありました(ご存知かもしれませんが) https://t.co/7T7ESJJrbB AICの目的外使用が戒められています
AIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない https://t.co/KHIfEYwXEi
生態学におけるAICの誤用 : AICは正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない(<特集2>生態学におけるモデル選択) https://t.co/GbIFchiWgy
生態学の中からこういう指摘も出てますね。https://t.co/UvdNdGC4bv https://t.co/pdm2vnrEWR
@hamabe_LT いえいえ、お互い精進しましょう。 あと当てはまりの良さという言葉をどんな意味で使ってらっしゃるか分かりませんが、「データとの当てはまりの良さ(誤差の少なさ)」という意味なら、これも誤りだと思いますよ。あくまで… https://t.co/s4T2rH8Hqq
#統計 まず、AICの利用の仕方として * サンプルを生成した真の分布に近いモデルを選択するためにAICを使う というのは**誤り**。 https://t.co/TBag9u4xF8 粕谷英一 生態学における AIC の誤… https://t.co/thHw7qcuNS
Hey @AbsLawson weren't you a Japanese major at some point? Can we get a translation? https://t.co/BaGi2V1mRO

収集済み URL リスト