ᴉɥsoʇɐsᴉʞnzᴉɥɔoɯ (@1hc0m)

投稿一覧(最新100件)

RT @jsre_pr: 2020年度大会にて,「日本感情心理学会会員が考える『感情とは何か』というタイトルでアンケート結果が報告されておりました(白井真理子先生,武藤世良先生,中村真先生)。どうぞご参照ください! https://t.co/uuLVXQFdLy https:…
RT @jsre_pr: 2020年度大会にて,「日本感情心理学会会員が考える『感情とは何か』というタイトルでアンケート結果が報告されておりました(白井真理子先生,武藤世良先生,中村真先生)。どうぞご参照ください! https://t.co/uuLVXQFdLy https:…
「日照時間とパーソナリティ――外向性と神経症傾向の地域差に注目して」 https://t.co/pHWbyhxmQC
RT @HIGUCHI_MA: より詳しくはこちらへー。https://t.co/WWWx6PQWiO https://t.co/DY0u6YLHA9 https://t.co/byEkeZMe8B 合コンでモテる秘訣とは? 情報工学の研究者が分析:朝日新聞デジタル http…
「検査者不在の相互主体的な関係上での投影法」 https://t.co/UxLDpFEgTO
「こっくりさん遂行中の2者間での脳活動同調」 https://t.co/HAx2S6o1l7
@hrtn_thous 「ニュートラルな気分時に生じる侵入的な反すう」 https://t.co/Ov9PH0XPIl

4 0 0 0 OA マスク依存

「マスク依存」 https://t.co/WI8Z0ZGc93
「大学生における自閉症スペクトラム」 https://t.co/cWoSIvAoVF
『青年心理学研究』もJ-STAGEに載っているのを,昨日初めて知りました。 この論文が扱われたので。 https://t.co/FugCUT7EHX
(これはあとで調べたが)この論文...は中学生対象だが...のように,何(どこ)に対する過剰適応なのかは個人差もあるだろうし,類型化できるだろう。 https://t.co/PhBx0VKnlF
質問紙と実験ということで,論文構成的にはこれに少し似ているかな。CPTだし。 https://t.co/QDPCmK8VPi
『大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から』 https://t.co/vpJtkw7ONp
『イヌ好きとネコ好きのパーソナリティの特徴――パーソナリティの多面性とペットのパーソナリティとの類似性について』 https://t.co/ypyBsyKNqc
『言い間違い誘導法を用いた音韻計画過程の検討』 https://t.co/ayvJ6I1TJN
RT @uranus_2: 卒業研究による長期的なストレスが生体内分泌に与える影響 https://t.co/jMixUegCSZ
これ,J-STAGE公開日は20161202 なのですが,発行はVol.23(2015) となっていて,2015年度扱いなのかしら…。冊子体は来るのでしたっけ。 https://t.co/rc4nap3IkB
『優柔不断尺度の作成と信頼性および妥当性の検討』 https://t.co/FVmdio2ru3
高次脳機能障害学会の,高次脳機能障害全国実態調査委員会の報告(2011年) https://t.co/FPQJp6ZFF4
こちらなど参照 (2006年,だからね。10年前)。 https://t.co/Midfb0gb6T https://t.co/7ogQB3rPYS ※神経心理学は世界の中心ですから,もちろん,人工知能にも関連しています。
こちらなど参照 (2006年,だからね。10年前)。 https://t.co/Midfb0gb6T https://t.co/7ogQB3rPYS ※神経心理学は世界の中心ですから,もちろん,人工知能にも関連しています。
人工知能(AI)と計算論的神経科学:https://t.co/1a1spUbXyQ
「重い」と思うことは印象評価を変えるのか―印象評価における重量刺激の主観量と物理量の影響― https://t.co/qYMCc0OPuC
自己他者概念と上下の運動感覚が妬みと羨望の生起に及ぼす影響 https://t.co/6436KmQ2To
右に首を傾げると疑い深くなる―頭部の角度が対人認知,リスクテイキングおよび批判的思考に及ぼす影響― https://t.co/emYjOIztAO
白色または黒色の着衣が道徳性の自己認知に及ぼす影響 https://t.co/OUXX19t84X
持つものの柔らかさ・硬さによって生じる皮膚感覚が対人認知と自己認知に及ぼす効果 https://t.co/3r78vFHn5w
最近こんな論文も出ていたよ。 『対人的文脈における防衛的悲観主義の役割 ——初対面の複数の他者への行動意図に着目して』 https://t.co/qB8fxcQeMC
『臨床心理士指定大学院における学生の学習プロセスの個人差に関する研究』 https://t.co/B5EctJd9xY
女子大学生における高脂肪食品に対する潜在的態度の検討 https://t.co/HJhP8WzHiZ
釣られて自己主体感でググってみたら,これが一番上に出てきたっす。 https://t.co/89BVC49mtr
RT @inotti_ele: @1hc0m 検査に関して保険収載の方向で平成23年6月10日に内保連に申請した.しかしながら,申請の受理は見送られた. https://t.co/wGTzDkHeBV H25年6月 リハビリテーション三団体協議会 8)STにおける https:…
こんなのはありました: 『新しいスマートフォン依存尺度の開発』 https://t.co/uFoa9WyWzf
J-STAGEにあがってました: 『大学生におけるTwitter閲覧頻度と同調志向及び自己関連情報の収集に関わる心理特性との関連』 https://t.co/B1fwdmjIbc
「なまけ傾向尺度」の妥当性に関する研究 : 学業面・健康面・認知面における検討 https://t.co/2CC1TYWtLF
「なまけ傾向尺度」の妥当性に関する研究 : 学業面・健康面・認知面における検討 https://t.co/2CC1TYWtLF
出前講義関連でこの論文読んでいる:「頭の良い人」の属性に関する比較文化的研究―6か国の「頭の良さ」の因子構造比較 http://t.co/lDS8RyKqhv
RT @matiasauquebaux: 皆様,フランダース利き手テストがお勧めです http://t.co/0FF6RDrwrI RT @1hc0m「エジンバラ利き手テスト」について:On the use (and misuse?) of the Edinburgh HQ h…
携帯電話メールによる感情の伝達に顔文字と絵文字が及ぼす影響 http://t.co/Vr9CCtq8ek
ご恵贈感謝(ならびに宣伝):玉川大学の宇井先生から『質問紙調査と心理測定尺度 計画から実施・解析まで』頂戴しました。 http://t.co/GFnmHJ5ioq 日常生活演技尺度 http://t.co/cOOMLjua1R を取りあげてくださって,感謝です。
RT @jssp_pr: 【研究紹介新聞記事】先ほどの「血液型と性格は無関係」論文(縄田, 2014)はこちらからPDFをダウンロードしていただけます→https://t.co/OjrdykuZjQ
@vengefulness こちら→ http://t.co/laZHHjRkjC
“演技” 論文は http://t.co/QkIVohGiWl http://t.co/mEh6rRkKJI ここでいう「多元的自己」観に沿っているんじゃないかなあと思われるが。
“演技” 論文は http://t.co/QkIVohGiWl http://t.co/mEh6rRkKJI ここでいう「多元的自己」観に沿っているんじゃないかなあと思われるが。
“演技” 論文は http://t.co/QkIVohGiWl http://t.co/mEh6rRkKJI ここでいう「多元的自己」観に沿っているんじゃないかなあと思われるが。
CiNii で 色気を検索するとこのような(1993年の教心)ご発表が→『女子青年の「色気」観について』 http://t.co/sK8B1qxLo8 肉体的魅力因子と精神的魅力因子の2因子。
そのソースは,こちら http://t.co/5dVn4HvMZy の 表5-24 のようです。どのように分析をされたのかも記されてます。
そのソースは,こちら http://t.co/5dVn4HvMZy の 表5-24 のようです。どのように分析をされたのかも記されてます。
先日お伺いを発しました,“TAS-20 の日本語版項目”ですが,こちら http://t.co/1hTRXrC67G に載っていることを教えていただきました。 (「神経研究の進歩」とは,やや盲点でした。)
これ読みたい: 健康診断受診者の採血に関する実態調査--採血のイメージと不安・苦痛の関連について http://t.co/OM7oUhPlZe
ここのTAS-20 http://t.co/ODAJYqXZ6b では,問題となっていた因子は「外的志向」とされている。
指示忘却 × 思考抑制で検索しましたらこちらが( http://t.co/NrXjXSI5 )>襟を正して読もうかしらねw
指示忘却 × 思考抑制で検索しましたらこちらが( http://t.co/NrXjXSI5 )>襟を正して読もうかしらねw

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(130ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @mitty1024: この辺りは拙著にも書きましたので、よろしければ。。。https://t.co/Ve3fW5o40L
長谷川先生の論文の中で,バートは捏造していないと書かれているんだけど,その根拠に関する出典が書かれていないんですよね。 どこ情報なんだろ。 https://t.co/lqhmbBTXY3
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…
RT @kazuyainoue: J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb
J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb

フォロワー(1575ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @kenichi_ohkubo: ODRに関しては田中善大先生のこの論文。 https://t.co/pHMX3ZZ1mW
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa

119 2 1 1 OA 罰なき社会

罰なき社会 https://t.co/6BdHdIFhsP
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
@marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わなければならない。 https://t.co/d5zP0omcdu
RT @sat00ooo: 新年度、わたしもなにかお知らせしたいんですがなにもお知らせすべきことがないので昨年末に発行された研究ノートを宣伝します。指定管理者制度に関する国の通知をまとめたので便利な気がします! 公立図書館の指定管理者制度に関する国の認識 : 検討過程・通知等…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
手前味噌だが、しばらく前にこういう論文を書いた。抄録だけでも目を通していただけると嬉しい、かな。 家族支援で何はともあれ最初に来るのはマンパワーの確保で、家族が余暇活動も楽しめるくらいが目標水準だろう。 "発達障害のある子どもの家族への支援" https://t.co/AhnpTOmSE7 https://t.co/Fx6fcytafN
分散分析の結果を報告するときはMSE(誤差の平均平方)も記述したほうがよい(F値・MSE・自由度から分散分析表をほぼ復元できるから)。 https://t.co/PIvY35rIBq
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
最小二乗法はこちら(https://t.co/k1WTA8FjKD)、最小残作法(minres)はこちら(https://t.co/wNVKnQXZMq)を参考にすると…前者は観測変数の誤差二乗和を最小に、後者は残差分散、つまり相関行列から主成分行列を引いたもの(?曖昧)を最小にしてるような感じ。 自分のデータで違いを見てみよう。
minres法と最小二乗法何が違うんだと思ったら出てきた。似ているとは思うけど多分微妙に違う。どこかでちゃんと勉強したい。メモ。 https://t.co/k1WTA8FjKD https://t.co/wNVKnQXZMq
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
<論文の紹介>[bot] 実験心理学でおなじみの課題を題材とした,ベイズ統計モデリングの解説論文です(分析スクリプト付き)。>武藤 (2021). 実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門──RとStanによるチュートリアル── https://t.co/Un2BlULT7N
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @janip_pr: 小鳥の雑音回避パラダイムを用いたさえずり学習についての総説です。https://t.co/gZqkMrEnCn @ro_tachiさんに先を越されてしまい、すでにご自身で論文の概要を紹介されています。
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
<文献紹介論文>[bot] 平均値だけじゃなくばらつきも仮説検証に使えるよ,ということ示す研究事例の紹介です。>武藤 (2021). ベイズ統計モデリングの有用性を示す認知心理学研究の紹介──個人間・試行間のばらつきを理解する── https://t.co/2pnSc7JDhu
RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】伊藤君男(2004) 被説得者の印象志向動機が内集団成員による説得的メッセージの処理に及ぼす効果 https://t.co/CykMbjd0xg
RT @mitty1024: この辺りは拙著にも書きましたので、よろしければ。。。https://t.co/Ve3fW5o40L
長谷川先生の論文の中で,バートは捏造していないと書かれているんだけど,その根拠に関する出典が書かれていないんですよね。 どこ情報なんだろ。 https://t.co/lqhmbBTXY3
(院生) 本日、上淵研究室院生の山本さんと上淵先生との共著論文が公開されました
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @kmizuno16: 東京大学の唐さんとの心理学評論に出した論文がやっとj-stage公開となりました。https://t.co/gUoTYd9MSN
RT @kmizuno16: 東京大学の唐さんとの心理学評論に出した論文がやっとj-stage公開となりました。https://t.co/gUoTYd9MSN
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…

74 74 74 0 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
CiNii 論文 -  調査研究―質問紙調査法によるアプローチ https://t.co/mI5zkjDlnV #CiNii 質問紙調査の手順を平易に示してくれていてありがたや。参考にしている。
RT @asarin: 「スマホ育児」自制心に影響なし? 久留米大「親の不安和らげる」 https://t.co/gN9LxuWNLR #西日本新聞 浅野良輔さんたちの研究.論文は→https://t.co/sfwclY4vns
RT @twremcat: #厚生労働省 の出してくる「統計」がどれくらい無茶苦茶かは https://t.co/eTkX0OsB0m 「毎月勤労統計調査の諸問題」 参照
RT @marxindo: CiNiiはありがたいラジね。 土田耕司 2015 障害個性論の背景 ―「障害は個性である」という言葉の役割 ― 川崎医療短期大学紀要 https://t.co/hVSiuomfI2
CiNiiはありがたいラジね。 土田耕司 2015 障害個性論の背景 ―「障害は個性である」という言葉の役割 ― 川崎医療短期大学紀要 https://t.co/hVSiuomfI2
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
佐伯仁志「判批」医事法判例百選(初版)(2006年) 5頁は、その行為自体は危険でないが、後になってされる処置の基礎となって不適切な処置を誘発したり、将来における医師の適切な処置の機会を奪ったりしてしまうことによって生じる間接的・消極的危険として位置づけている。 https://t.co/wQDogbMxXU
,小林・前掲 ジュリスト 1167号128頁参照。 医事刑法の序論的考察(2・完) 著者 山中 敬一 雑誌名 關西大學法學論集 巻 61 号 4 ページ 910-962 発行年 2011-11-30 https://t.co/63aGg7MjJy
RT @kazuyainoue: J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb
RT @kazuyainoue: J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb
RT @kazuyainoue: J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb
J-STAGE Articles - キャリブレーションフリー視線計測手法の研究動向 https://t.co/WvQdDNXPZb