著者
吉田 正俊 田口 茂
出版者
日本神経回路学会
雑誌
日本神経回路学会誌 (ISSN:1340766X)
巻号頁・発行日
vol.25, no.3, pp.53-70, 2018-09-05 (Released:2018-10-31)
参考文献数
53
被引用文献数
3

フリストンの自由エネルギー原理では,外界に関する生成モデルと現在の認識から計算される変分自由エネルギーを最小化するために,1) 脳状態を変えることによって正しい認識に至る過程(perceptual inference)と2) 行動によって感覚入力を変えることによって曖昧さの低い認識に至る過程(active inference)の二つを組み合わせていると考える.本解説の前半では自由エネルギー原理について,我々が視線を移動させながら視覚像を構築してゆく過程を例にとって,簡単な説明を試みた.本解説の後半では,このようにして理解した自由エネルギー原理を元にして「自由エネルギー原理と現象学に基づいた意識理論」を提唱した.この理論において,意識とは自由エネルギー原理における推測と生成モデルとを照合するプロセスそのものであり,イマココでの外界についての推測と非明示的な前提条件の集合である生成モデルとが一体になって意識を作り上げている.この考えはフッサール現象学における意識の構造についての知見と整合的である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (21 users, 24 posts, 19 favorites)

1. CHAINとは https://t.co/5FtfRnsLYj センター長は哲学の田口茂先生(@ShigeruTaguchi). 現象学・日本近代哲学の専門家としてキャリアを積みながらも、最近は神経科学者と共にニューロ系… https://t.co/ztIJxwR3oH
自由エネルギー原理と視覚的意識 | 吉田 正俊, 田口 茂 https://t.co/ZvfjtH8LKg

収集済み URL リスト