石田 健 / Ken ISHIDA (@ishiken_bot)

投稿一覧(最新100件)

これ翻訳批判というより、わりとかなり大きな問題を提起してないか…? https://t.co/dEfA5IYS3d
比較民主化研究における移行パラダイム論争の一断面 https://t.co/umgrkiWqsL
ああ、これは重いがそうなんだよなあ。 | 円城塔『ポスドクからポストポスドクへ』http://t.co/YZoliNI7

お気に入り一覧(最新100件)

RT鍵 Bourdieu and historical analysis http://t.co/sFIgWYOsOM 新刊のこの本は未読だけど、目次を見ただけでもわくわくする内容。執筆陣から推測するに、歴史学と社会学の関係を考える上で大変有益な論稿が集まっていると思う。
ディルタイ『歴史と生の哲学』藤平武雄訳、モナス、1934年。 http://t.co/cwqIidDv via 近代デジタルライブラリー

フォロー(690ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 地方こそ強さを磨く理想郷--金子眼鏡(福井)/シャトレーゼ(山梨)/コメリ(新潟)/ポプラ(広島) (特集 ユニクロだけじゃない 攻め上がる地方企業),2001 https://t.co/Qtb5kHDgi7
RT @okisayaka: 調 麻佐志「イラン・イスラム共和国の科学技術政策」 https://t.co/lWBvvxCU1o 興味深い。
「行政学を講ずる大学教師Aの研究室に、演習に参加している学生Xが訪れる」という一文から始まり、以後AとXの対話からなる書評。https://t.co/IDVEjzmVvN 「A:村松先生に惚れ込んだみたいだね。 X:ええ(頭をかく)。ただ、よくわからない所もありました。…」
【本日掲載】 『欧州における主なポピュリズム政党』「欧米における議会制民主主義の先進諸国で、いわゆるポピュリズムが勢いを増している。」 【国立国会図書館(PDF)】→ https://t.co/smbqpTD8YZ
1989年の東北大学紀要に載った村松『地方自治』の書評(https://t.co/04EaJWaJcT)、Ciniiでは執筆者は田辺国昭としか載っていないけれど、実物には「東北大学政治学研究会」と付記されている。 検索してみると2008-9年にも活動記録がある。息の長い会のよう。
RT @KeikoUTorii: Glass ceiling in JPN academia. 日本のアカデミアの昇進への影響を業績•社会的要因•経験から分析。女性研究者が低評価されるバイアス【マチルダ効果】の存在を実証。https://t.co/RYKpOW3bTR
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
理系的には分光フィルタを備えたカメラと液晶モニタを洗面台・鏡台に設置して何度でもリプロダクションできる実施環境を構築する的な… https://t.co/ijZAQbcjov
「専門家のよる仕上がりでは、局所的に多くのファンデーションが付着しているという分布である。…すなわち、肌悩みをカバーするようにファンデーションを塗布する専門家の手技が、本システムによってビジュアル化された」… https://t.co/AQjISBVvIc
児玉閲・小野寺夏生「引用傾向の経年変化とその雑誌インパクトファクターへの影響」(2015)https://t.co/unUY5ZIDrP

フォロワー(2333ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 地方こそ強さを磨く理想郷--金子眼鏡(福井)/シャトレーゼ(山梨)/コメリ(新潟)/ポプラ(広島) (特集 ユニクロだけじゃない 攻め上がる地方企業),2001 https://t.co/Qtb5kHDgi7
【本日掲載】 『欧州における主なポピュリズム政党』「欧米における議会制民主主義の先進諸国で、いわゆるポピュリズムが勢いを増している。」 【国立国会図書館(PDF)】→ https://t.co/smbqpTD8YZ
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
RT @yutakashino: 「専門家のよる仕上がりでは、局所的に多くのファンデーションが付着しているという分布である。…すなわち、肌悩みをカバーするようにファンデーションを塗布する専門家の手技が、本システムによってビジュアル化された」 https://t.co/H1og…