Soichiro Sumida (@soichiro_sumida)

投稿一覧(最新100件)

もちろんヘラーの批判も必読。「権威的自由主義?」(1933) https://t.co/W9u1BXnRlG
菊地 賢「『経済学・哲学草稿』第1草稿における国民経済学批判の進展について」 季刊経済理論/56 巻 (2019) 3 号 https://t.co/i9KoVWfBca
ドイツの住宅協同組合(Wohnungsgenossenschaft) による住宅の建築・居住に関する法的枠組みについ て―住宅協同組合によるいくつかの実例をもとに― 根岸 謙 https://t.co/a4v6RAlums
高田 紘二 「近代人種主義と17・18世紀思想」(1996-7) https://t.co/ruAXWzoO3Q https://t.co/WwRfCpwlb6
高田 紘二 「近代人種主義と17・18世紀思想」(1996-7) https://t.co/ruAXWzoO3Q https://t.co/WwRfCpwlb6
「人種主義を乗り越えることはできるか : エティエンヌ・バリバールとイマニュエル・ウォーラーステインの対話 」(竹谷和之教授退職記念号) https://t.co/fkJ13v6t6d #CiNii
↓ちなみに『思想』9月号で訳したマルツ論文では、同じくアドルノのこちらは講義録にもとづいて、「批判理論」の立場からボルタンスキーらの「批判の社会学」が批判されています。 https://t.co/VK99CkR5iz
建部 正義「中央銀行の最後の貸し手機能(Lender of Last Resort)について : 学説史的考察 」https://t.co/mkVnposrfr #CiNii
副島 美由紀「ドイツの植民地ジェノサイドとホロコーストの比較論争」『小樽商科大学人文研究』(小樽商科大学、二〇一〇年) https://t.co/6pY48fHYCD 『思想』9月号に寄稿した論文で触れたシュミット=エグナーの議論が!
永原 陽子「植民地期ナミビアでの大虐殺に関する対独補償要求」2016 https://t.co/7RoCbQANtt #CiNii
石井 穣「 カウツキーにおける「人口問題」と「人種の改良」 」2021 https://t.co/MmP5Cd5y0g #CiNii
水林 彪「近現代所有権法論の構図試論:2013年度法社会学会全体シンポジウム 「新しい『所有権法の理論』」に寄せて」(2014) https://t.co/m9nxkoZ4IR #CiNii
RT @mnb_chiba: 森下敏男[2014-15]「わが国におけるマルクス主義法学の終焉(上) (中)」 https://t.co/1RiLtZqofj https://t.co/qxPByKul6C #CiNii 各々179頁、210頁。長大。
RT @mnb_chiba: 森下敏男[2014-15]「わが国におけるマルクス主義法学の終焉(上) (中)」 https://t.co/1RiLtZqofj https://t.co/qxPByKul6C #CiNii 各々179頁、210頁。長大。
中川 慎二「〈研究ノート〉ドイツの「反イスラム化愛国者運動」とヘイトスピーチ」(2016) https://t.co/11ojdSCnnZ
以前指摘したが、マルクスは40年代半ばまで政治(学)批判「と」経済学批判の両方を著作として構想していた。個人的に興味深いのは、50年代前半に国家にたいする政治(学)批判がいわばいったん消失し、『経済学批判』「序言」に見られるように50年代後半に復活する点である。 https://t.co/lM7xmwOEwd
明石 茂生「古代東地中海地域における国家,貨幣,銀行 : アテナイ,エジプト,ローマを中心に 」(2017)https://t.co/Mk1xFhpYQP
大宮 有博「コーネル・ウエストのレイシズム論」 2015 https://t.co/cZ9WsFCfUb
RT @soichiro_sumida: 2年前に執筆した書評が公開されました。 「 壊れゆく資本主義をどう生きるか:人種・国民・階級2.0,植村邦彦・若森章孝著[唯学書房,2017年] 」 季刊 経済理論 55(4) 所収 https://t.co/F2rIg3ggCx
2年前に執筆した書評が公開されました。 「 壊れゆく資本主義をどう生きるか:人種・国民・階級2.0,植村邦彦・若森章孝著[唯学書房,2017年] 」 季刊 経済理論 55(4) 所収 https://t.co/F2rIg3ggCx
内藤 敦之「貨幣の名目性:表券主義の貨幣理論 」 季刊 経済理論 55(4) https://t.co/RMqJpA82vp
小川 有美「戦争する国家,たたかう人々―C・ティリーの変動の政治学―」 https://t.co/x1dwazkTuo
榎 透「ヘイト・スピーチ規制考 : 米国の議論を通じて考える,公私区分,国家権力,そして,思想の自由市場」(2017) https://t.co/OlRNAyBLQn 「ステイト・アクション法理にみる「国家」」(2007) https://t.co/1IDd9wkYTK
榎 透「ヘイト・スピーチ規制考 : 米国の議論を通じて考える,公私区分,国家権力,そして,思想の自由市場」(2017) https://t.co/OlRNAyBLQn 「ステイト・アクション法理にみる「国家」」(2007) https://t.co/1IDd9wkYTK
荻堂 裕司「言説としての「人種」/現実としての「人種」:アッピアのデュボイス批判を手がかりに」 https://t.co/Kd68GOA0VC
平賀 緑・久野 秀二「資本主義的食料システムに組み込まれるとき:―フードレジーム論から農業・食料の金融化論まで―」(2019) https://t.co/Y9YHlx7fsE
川津雅江「マテリアル・フェミニズムからマテリアル・エコクリティシズムヘ」(2017) https://t.co/PyRSQuuxL1
堀田真紀子「ナウトピア ─直接行動によるサンフランシスコの対抗文化的社会運動─」 国際広報メディア・観光学ジャーナル (17), 27-106, 2013 https://t.co/g7G974QVnW
前山 総一郎「都市のコモンズ その起源と現在-都市コモンズを支えるコモンズ化(commoning)-」(2015) https://t.co/Evpa6fjYoW
「マルクスと私-犯人の筆跡」 Kurt Müller 尼寺義弘訳 https://t.co/fcB2N1mKEv
森下宏美「ロンドン・ノート」における人口論研究 (大特集 新メガの研究-新マルクス・エンゲルス全集) -- (抜粋・メモ・覚書きなど《第4部門》) https://t.co/gBynH3IrT7 #CiNii
田中 素香「不換銀行券流通と名目的為替相場-J.L.フォスタ-「商業為替論」を中心に 」(1982) https://t.co/zAdEdQWJTR #CiNii
伊藤恭彦「欧米左翼によるロールズ『正義論』批判」(1992-4) https://t.co/drOA36i1KB https://t.co/eHFcmImsN0
伊藤恭彦「欧米左翼によるロールズ『正義論』批判」(1992-4) https://t.co/drOA36i1KB https://t.co/eHFcmImsN0
森本 壮亮「日本資本主義における競争様式の変容 : 利潤率の傾向的低下法則の観点から」立教經濟學研究 https://t.co/hUB6eFrz6I
<研究ノート>新崎盛暉の仕事から学ぶこと 著者 屋嘉 宗彦 出版者 法政大学沖縄文化研究所 雑誌名 沖縄文化研究 https://t.co/aS952vogTC
峯陽一「アメリカ合衆国と南アフリカ共和国の「ブラック・パワー」 : 交差し分岐する二つの世界」(2014) https://t.co/wk9Wea9iDN
レオ・シュトラウス「プラトン『法律』の議論と筋書き」 https://t.co/PWyW5zFsvw https://t.co/YINqZDLiQu
レオ・シュトラウス「プラトン『法律』の議論と筋書き」 https://t.co/PWyW5zFsvw https://t.co/YINqZDLiQu
資本主義批判としての批判的環境教育論の課題 ― K.マルクスの価値論と環境問題 ― 小野瀬 剛志 仙台青葉学院短期大学 2020年 https://t.co/4pbweNVlQ0
高橋 良輔「ヘルマン・ヘラーにおける政治的なるものの概念:「数多性における統一性」の視点から」 https://t.co/A4q4IZMqSF #CiNii
谷 喬夫「ケルゼンにおけるイデオロギー批判と民主制」 https://t.co/nGMKuSlajD #CiNii
上杉, 忍 「アメリカ合衆国における産獄複合体(Prison Industrial Complex)の歴史的起源 : 南部の囚人貸出制・チェインギャング制のメカニズム」 https://t.co/yt3nr9MDdv #CiNii
上杉, 忍 「アメリカ黒人の歴史」の新しい構成 (退職記念 井上真蔵 池内靜司教授) https://t.co/g0g0u4X7f4 #CiNii
関心がある方はぜひ井関正久『戦後ドイツの抗議運動』を読んで欲しい。https://t.co/S6O91SDAm1 論文もネットにあがっている。「六〇年代の旧東西ドイツ-異なる体制下における抗議運動の展開-」 https://t.co/KtKqKn8hTQ
@nozomu1985 最近は科研費でこのあたりを研究されているようですね。https://t.co/Ou12wq0o0B
G・W・F・ヘーゲルのサヴィニー批判 : 実定法概念をめぐって 西村 清貴 https://t.co/Oul7PzYk9R #CiNii
歴史法學の國家思想 サヴィニーを中心として 河上倫逸 https://t.co/m4ISTOPWLh
自由国家の法理と、E.-W. ベッケンフェルデの憲法学 小貫 幸浩 https://t.co/VkXlSE4CvC
J-STAGE Articles - 「所有的個人主義」批判者としてのハンス・ケルゼン・再説 https://t.co/G4PtLNAeu4
ヘーゲルとランケ : 国家における自由と義務 小林正士 https://t.co/lbQSn6TE2c
梅澤 佑介 「三〇年代」におけるハロルド・ラスキの「思慮なき服従」論の展開 : マルクス主義の受容をめぐって https://t.co/T9oKe3Ptjp #CiNii
Unsolved Problem of Economic Crisis as a Turning Point of Marx’s Critique of Political Economy, 1844―45 Timm Graßmann 経済学史研究/60 巻 (2018-2019) 1 号 https://t.co/mztl5t9nLy
何故イングランド法制史はまだ書き上げられていないのか J・H・ベイカー (葛西康徳訳) https://t.co/DKiyt4eqE8
トクヴィルにおける二つのアソシアシオン 菊谷 和宏 社会学史研究 (32), 15-28, 2010 https://t.co/fkFqq1Yzuq #CiNii
カール・シュミットの国家概念再考:主権国家からグロース・ラウムへ 古賀 敬太 政治思想研究 3 https://t.co/gkbYCQNpkA
権左 武志 丸山真男の政治思想とカール・シュミット(上)丸山の西欧近代理解を中心として https://t.co/IHuVXfoaL0 #CiNii
大塚 雄太「ユストゥス・メーザーにおける理論と実践 : あるいは、歴史と伝統」 (安藤隆穂教授・金井雄一教授・加藤英明教授 退職記念号) https://t.co/XoUJSTkq47 #CiNii
定森 亮「マキァヴェッリ『ディスコルシ』とモンテスキュー『法の精神』における共和政ローマの帝政への歴史的変容 : 共和政の腐敗と富の不平等の増大に関する分析の観点の相違」 https://t.co/EtMlke2zRg #CiNii
岡崎 勝世「マルクスの世界史像に関する覚え書 : 「資本制生産に先行する諸形態」(1857/58)を中心に」(1981) https://t.co/DnOtUymHzU
田口 幸一「日本農業の再生とマルクス・エンゲルスの農民論─マルクス主義農民論序説─」(1984年) https://t.co/akOvrLzo3I
RT @isnki: 人種を見ないか? もしくは人種主義を見ないか? - 一つの戦略的なアプローチ / エリック・ファッサン (増田一夫 訳) https://t.co/psClltP74s 東大のOdysseusという紀要に収録されているが、これは入手困難。重要な論稿なので…
佐藤 成基「グローバル化のなかの右翼ポピュリズム : ドイツAfDの事例を中心に」 https://t.co/avdTcZPKEJ #CiNii
廣松 渉「現象学と物象化的錯視」 哲学/1975 巻 25 号 https://t.co/qXuq7w1Ivt
RT @soichiro_sumida: 民主主義の執拗さ ―ミゲル・アバンスール、ジャン゠リュック・ナンシー、 ジャック・ランシエールとの対話 https://t.co/OHff92eKAO
土屋和代「『福祉権の聖歌』―全米福祉権団体の結成と人種、階級、ジェンダー」 https://t.co/iZXWZFEe4u
伊田久美子 「女性学・女性問題における貧困・階層問題 : フェミニズムと労働をめぐって」(2015) https://t.co/Y95cc56VB6 「新自由主義とフェミニズム : 女性主体の視点から」(2017) https://t.co/JxWcnzJVm3 「労働としてのセクシュアリティ:再生産労働論の再検討」(2019) https://t.co/H36wsASHRG
伊田久美子 「女性学・女性問題における貧困・階層問題 : フェミニズムと労働をめぐって」(2015) https://t.co/Y95cc56VB6 「新自由主義とフェミニズム : 女性主体の視点から」(2017) https://t.co/JxWcnzJVm3 「労働としてのセクシュアリティ:再生産労働論の再検討」(2019) https://t.co/H36wsASHRG
立教大学経済研究所主催第6回学術研究大会「トランプ政権とアメリカ経済」(2019 年3 月9日) 講師:小西 一雄、山縣 宏之、北原 徹 https://t.co/KVwGGCytSE
なお、クチンスキー版については、大谷先生が翻訳された論文「MEGA所収諸版にもとづく『資本論』第1巻の新テキスト版 : 読みやすく信頼できる版を編纂する」をダウンロードすることができます。https://t.co/1EXsJ0px1L
RT @mnb_chiba: 渡邉憲正2019「マルクスの私的所有形態論」 https://t.co/yr88Pn3TLW
後藤洋「「ゴータ綱領」における生産協同組合論」 https://t.co/K8ZGWoNDpx #CiNii
麻生 博之「批判と歴史:アドルノとベンヤミンのマルクス理解にそくして」 https://t.co/nFIgDfFERm #CiNii
RT @la_Flaschenpost: 以前発表した翻訳のうち、この鼎談がさっき見たら3000ダウンロードに迫っていた。発表直後にアバンスールが亡くなったので、読んでもらえたのかもしれない。解題にはアバンスールについての基本的な情報を書いておいたので、興味ある方のお役に立てた…
小島秀信「マルクスにおける政治否定のロジック」 https://t.co/C3empUf41M
CiNii 論文 -  マルクスとユダヤ人問題 (日下部吉信教授 服部健二教授退職記念論集) 神田 順司 https://t.co/bPNy1G8sCG #CiNii
CiNii 論文 -  移民政策におけるリベラリズムの二律背反――統一ドイツの事例 柏崎 正憲 https://t.co/nhTi3tFa3L #CiNii ヨプケのシティズンシップ論批判。
民主主義の執拗さ ―ミゲル・アバンスール、ジャン゠リュック・ナンシー、 ジャック・ランシエールとの対話 https://t.co/OHff92eKAO
イギリスにおける保育無償化政策の展開と課題 椨 瑞希子 https://t.co/gVatgDmj33
先日のマルクス国際シンポの収穫は新村聡先生にコメントもらったことかな。博論の書籍化を控えているので、専門分野の異なる先生との議論はとても勉強になる。紹介いただいた「平等と不平等の経済学 : 新自由主義的「平等」と福祉国家的「平等」の対立」https://t.co/n4Pwg2KPDXも面白かった。
柏崎 正憲「ジョン・ロックにおける政治的成員資格 シティズンシップの思想史に向けて」 https://t.co/VfxReFJZSa #CiNii
RT @soichiro_sumida: 2年前に『季刊経済理論』に掲載された論文がWEB公開されました。 『資本論』第3部草稿における「歴史的考察」の再検討:新旧「移行論争」を題材にして https://t.co/MRK6fveGAd
2年前に『季刊経済理論』に掲載された論文がWEB公開されました。 『資本論』第3部草稿における「歴史的考察」の再検討:新旧「移行論争」を題材にして https://t.co/MRK6fveGAd
竹本 友子「 W・E・B・デュボイスと第二次大戦後の公民権運動」 https://t.co/XG7R3qnbkU 「W・E・B・デュボイスのパン・アフリカニズム」 https://t.co/I8ZzNxCnsy 「W.E.B.デュボイスにおける人種と階級」 https://t.co/BcY55dRyWN
竹本 友子「 W・E・B・デュボイスと第二次大戦後の公民権運動」 https://t.co/XG7R3qnbkU 「W・E・B・デュボイスのパン・アフリカニズム」 https://t.co/I8ZzNxCnsy 「W.E.B.デュボイスにおける人種と階級」 https://t.co/BcY55dRyWN
竹本 友子「 W・E・B・デュボイスと第二次大戦後の公民権運動」 https://t.co/XG7R3qnbkU 「W・E・B・デュボイスのパン・アフリカニズム」 https://t.co/I8ZzNxCnsy 「W.E.B.デュボイスにおける人種と階級」 https://t.co/BcY55dRyWN
藤永康政「第二次世界大戦時のデトロイトと公民権ユニオニズムの興隆」 https://t.co/2o8Iexl74W #CiNii
向井公敏「労働過程の統制と内部労働市場 : 賃労働関係論の再構築に向けて」(2001) https://t.co/mNjL5h9bsp #CiNii
星乃 治彦「反ナチ「抵抗」考 : グラス・ルーツ的視点 」https://t.co/YbsC1fPMyf これはアンティファの歴史と現在を考えるうえで必読。
伊藤周平「福祉国家とアンチ・レイシズム : 人種, エスニシティ, 市民権」(1997) https://t.co/fwZxjLNV2d #CiNii
住沢博紀「二〇世紀を生きた批判的政治学者フランツ・ノイマン」 https://t.co/e8OtkyQk2Q
桜井国俊「 返還米軍基地の円滑な環境回復をいかに実現するか」https://t.co/28ACOaIcot #CiNii
左近 毅 「第一インターナショナルのロシア支部(1) : そのミハイル・バクーニンとの関係」 https://t.co/PwzPYNLmRR #CiNii
橋本健二「資本主義社会の再生産と国家装置の理論」 https://t.co/YWg5DM4ny1 リンクあり
「均衡論について」岩崎 允胤 https://t.co/IucuTVhZb3
CiNii 論文 -  マルクスの思想形成と「社会契約論」--「クロイツナハ・ノ-ト」・ルソ-抜粋の意義 https://t.co/PolZSzQarT #CiNii リンクなし
若松邦弘「自由主義右派の政党組織化 ―連合王国独立党(UKIP)の展開と政党政治上の意味― 」https://t.co/vi8U0BrU8A #CiNii
@kotaro_aoki 利潤率を下げたのと同じ要因である生産力の発展が、利潤率を上げる対抗的な諸契機を同時に伴うので、法則が「傾向的」ものとなるのです。詳しくは宮田論文を読んでください。https://t.co/7YlGxPmJgm
@kotaro_aoki 利潤率を下げたのと同じ要因である生産力の発展が、利潤率を上げる対抗的な諸契機を同時に伴うので、法則が「傾向的」ものとなるのです。詳しくは宮田論文を読んでください。https://t.co/7YlGxPmJgm
細谷雄一「キャメロン政権とヨーロッパ統合 : イギリスはEUから離脱するのか (平成二五年度慶應法学会シンポジウム EUの政治・経済秩序)」2014 https://t.co/01GMe6T96H

お気に入り一覧(最新100件)

週末の政治経済学研でウィーンにいる北大の秋元さんが報告してくれた。「初期マルクスの本質概念:その反本質主義的実質について」。疎外論を救出する論理でロックの労働所有論も俎上に。質問する中でロックが手放さなかった人身所有論=能力主義と気づき経済と教育の繋がりが!https://t.co/2ocaqHISnI https://t.co/7QsjLEA856
PDFあり。 ⇒土屋和代 「全米福祉権団体の解体――体系的人種主義,ジェンダー,反福祉のイデオロギー」 『アメリカ研究』55巻 (2021/4) https://t.co/k7HELzGala
野原慎司「アダム・スミス研究の現在」『イギリス哲学研究』42号,111-119頁,2019年 https://t.co/HjkGj2vBS2
CiNii 論文 -  小沢佳史 停止状態に関するJ.S.ミルの展望 : アソシエーション論の変遷と理想的な停止状態の実現過程 https://t.co/8ELOIMfN9K #CiNii
竹内幸雄2015「帝国主義・帝国論争の百年史」 https://t.co/nweorBywmn ……18頁でざっくりサーベイ。
明石博行2018「資料 Verkehr再考」 https://t.co/GWvd6VLMzl 2017「交通概念の復位 : Verkehr再考」 https://t.co/A4SZ4OGxiW
明石博行2018「資料 Verkehr再考」 https://t.co/GWvd6VLMzl 2017「交通概念の復位 : Verkehr再考」 https://t.co/A4SZ4OGxiW
松本朗2017「日本銀行の非伝統的金融政策の変遷と経済理論 : マルクス経済学によるアプローチ」 https://t.co/522FekILfS #CiNii ……マルクス派内生的貨幣供給論の松本氏。
上田耕介「マイケル・マンの歴史社会学理論――一元的社会観の否定と4つの「力の源泉」」『社会学年報』44巻(2015年) https://t.co/uDfpP7WIJj DL可能.
会田弘継「「トランプ現象」とラディカル・ポリティクス」 https://t.co/Uhk9tzsYnA を読んでも「ラディカル・センター」「中産階級ラディカル」という概念がピンとこなかったが、
畑山敏夫1993「現代フランスの人種主義 : 差異主義的人種主義理論をめぐって」 https://t.co/GTEr0FL7f3 ……ネット上で拾える論文で、差異主義的レイシズムをについてまとめている読みやすいのはこれかな。ちょっと古めだが。タギエフ、バリバールを参照。
大江秦一郎2016「国家的所有権の誕生」 https://t.co/hbvbBqMcVO #CiNii ……現存社会主義、ロシア、モンテスキュー。106ページ。
福留久大2016「英国一五四七年三号法 : 『資本論』邦訳誤訳例」 https://t.co/gBPOdrqJmK #CiNii
柏崎正憲2015「民主主義はポピュリズムにどう応答するか――リベラルおよび急進的アプローチの比較」 https://t.co/obgmHMbunJ #CiNii リベラル=カノヴァン、急進=ラクラウ。(カノヴァンってどなた?)
古賀光生先生のこちらの論文、頑張ってコピー始めたけど、かなりの大作なので途中で断念。読みながらコピーしていこう。/CiNii 論文 -  戦略、組織、動員(1)右翼ポピュリスト政党の政策転換と党組織 http://t.co/YssKRCeDrH #CiNii
渡辺恭彦[2014]「物象化論と役割理論 -廣松渉の思想形成における『資本論の哲学』」 http://t.co/Jle5aaRBkg #CiNii 新着PDF
拙稿「住民運動の地政学的分析」『社会学評論』(vol64 No2/2013)が電子公開されていた(無料)。「地政学」といっていますが、自分で定義して議論を組み立てていまして、国際関係論は関係ないのですが、よろしければ。抄録あり https://t.co/4jO3DZ9ydi …
【メモ】CiNii 論文 -  資本制大工業と労働の要素化 : G・ルカーチの資本関係における物象化論の批判 http://t.co/ZIPY2C7neo #CiNii
CiNii掲載の論文を全文検索できるサイト http://t.co/UPVz0jOb06 があるようなので,とりあえず使ってみたら,こういう論文を発見→ マラルメとフェリックス・フェネオン http://t.co/SrRbu56JC3 p27に言及あり. #MaxStirner
服部茂幸[1999]「カレツキと貨幣経済の理論」 https://t.co/LKx6ETfg ……いつのまにかPDF公開。カレツキ(有効需要原理と内生的貨幣供給論)とマルクス(貨幣資本循環M-C-M'視点)。
CiNii 論文 -  <文献紹介>アジア的生産様式に関するマルクスおよびエンゲルスの著作類(文献目録) http://t.co/p46g5ywE #CiNii ……アジア的生産様式に言及している部分の抜粋。かなり便利なのでは?

フォロー(300ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
アレクサンドロヴィッチ『グローバルヒストリーと国際法』の書評(紹介)が『アジア経済』に載りました。オープンアクセスです。https://t.co/6Cf7Wc50NV
RT @msmsaito: こちらで富永京子@nomikaishiyouzeさんが、メディアは女性(フェミニズム)運動をどう報道しているかについて、私の研究に言及してくださり、ありがとうございました。 古いものでどうかなと思うのですが、ネットで読めるものリンクしておきます。…
J-STAGE Articles - 火山豆石として降下堆積した十和田火山八戸火山灰 https://t.co/ItWpI3yzoZ
本研究会は、藤本一男先生の科研プロジェクトの一環でもあります。 https://t.co/ST7RfCfuCC
RT @kobo_umuki: トンガの噴火や津波や鳴動については自然の脅威について痛感するけど自分の国も無縁でないことは認識していた方がいいと思うよ。理科年表の噴火の項目を一読するだけで空恐ろしく感じる。ちなみに過去2000年に日本と世界で起きた最大級の噴火についてはこんな論…
稲垣良典先生の60年代のお仕事。 正義の「相対性」について 『法哲学年報』1966年 https://t.co/mW2rzjEj6U
テイラーの紹介文としてすぐにアクセスできるものとして、田中智彦「人に出会う、思想に出会う――チャールズ・テイラー」がある。カトリックの信仰者としての立場を守りつつ、現代世界の公共哲学に大きな影響を与えた。 https://t.co/ZDnAew8CiV https://t.co/kfNG8CpxjT
「会議「希望の未来」のオープニングにおけるヴァーツラフ・ハヴェル・チェコ共和国大統領のスピーチ」『修道法学』第44巻第1号、2021 https://t.co/6IafuQLNCX
手元にあるクロォチェ『歴史叙述の理論及び歴史』(岩波書店)が昭和15年刊のもので痛みが酷くてバラバラになる前に全文スキャンしておこうかと思ってたら、国会図書館デジタルコレクションで全文DLできるではありませんか(大正15年初版)https://t.co/jZMnN9A5b4
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.290-1を掲載しました。 #小特集 #選挙・議会 【フランス】2022年大統領選挙に関する諸規定 https://t.co/3MDAb2dWBw
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.290-1を掲載しました。 #小特集 #選挙・議会 【ドイツ】2021年連邦議会選挙―SPDの勝利と緑の党の伸張― https://t.co/1hbD5b4Hwa
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.290-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウイルス感染症対策(14) 【ドイツ】全国規模の流行状況認定終了を機とする感染症予防法等の改正、放射線防護法関連規則改正、連邦議会議事規則改正、入国規則等改正 https://t.co…
御厨貴「オーラル・ヒストリーとは何か」『デジタルアーカイブ学会誌』 https://t.co/tWTryZGzUK
野原慎司 <書評> 竹本洋著『スミスの倫理 : 『道徳感情論』を読む』(名古屋大学出版会、2020年) 『経済学論究』2021-12 https://t.co/Z4lOp3yfXb

15 12 12 0 OA 大田南畝集

「雨が降ったら仕事を休んで、『文選』を肴に酒を飲むのが楽しみ」の男のエピソードの出所を久しく思い出せなかったが、大田南畝『仮名世説』だった。国立国会図書館デジコレで『大田南畝集』(有朋堂文庫)をDLできたのでいつまでも楽しめるわ。https://t.co/oy16D9JBVM
RT @naktom1980: ポートランドの「シティリペアプロジェクト」について。住民のつながりのリペア=修復。交差点に絵を書いたりするインターセクションリペアなどの企画もあるらしい https://t.co/1rpezgQLNf
日本学術会議を知る 5 広渡 清吾「科学者コミュニティーと科学者の社会的責任──日本学術会議の制度・理念・活動」 https://t.co/HadNmcZfnj https://t.co/qZxuCFImtT
日本学術会議を知る 3 春日匠「戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義」  https://t.co/YVxW1W5hLP  日本学術会議を知る 4 有本建男「SDGsとコロナパンデミックによる科学的助言のパラダイム転換と日本学術会議」 https://t.co/yRnWGi0xc3 https://t.co/hRTNvNSXgM
日本学術会議を知る 3 春日匠「戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義」  https://t.co/YVxW1W5hLP  日本学術会議を知る 4 有本建男「SDGsとコロナパンデミックによる科学的助言のパラダイム転換と日本学術会議」 https://t.co/yRnWGi0xc3 https://t.co/hRTNvNSXgM
学術会議会員任命拒否問題を契機に『学術の動向』が発信する「日本学術会議を知る」シリーズ 日本学術会議を知る 1 吉川弘之「政府と科学者との建設的な対話」 https://t.co/cPBvIh3ZA3  日本学術会議を知る 2 黒川 清「世界の科学者のネットワーク」 https://t.co/wL60QNsXDg
学術会議会員任命拒否問題を契機に『学術の動向』が発信する「日本学術会議を知る」シリーズ 日本学術会議を知る 1 吉川弘之「政府と科学者との建設的な対話」 https://t.co/cPBvIh3ZA3  日本学術会議を知る 2 黒川 清「世界の科学者のネットワーク」 https://t.co/wL60QNsXDg

フォロワー(2464ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii
アレクサンドロヴィッチ『グローバルヒストリーと国際法』の書評(紹介)が『アジア経済』に載りました。オープンアクセスです。https://t.co/6Cf7Wc50NV
CiNii 論文 -  小説 街頭 (再読 後藤明生) https://t.co/Z8PzYj9xtR RT『早稲田文学』の後藤明生特集号に掲載されていた、多和田葉子の「街頭」という短編が好きです。後藤明生のパスティッシュだと思いました。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @owmist: 加藤和夫先生が科研で作らはった加賀諸方言(鶴来・大聖寺・金沢)の小中学生向け教科書、金沢大学レポジトリで閲覧できるんやな。せっかくええ資料やのに、アクセスしづらい(「金沢ことば」とかでネット検索しても出てこん)のが勿体ない。 https://t.co/J…
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  「職場の雰囲気」が女性の離職に与える影響 : 企業属性別にみたデプスインタビュー https://t.co/tFzfG9tcg0 #CiNii 書籍も楽しみなんだけど、とりあえず論文読んだ。おそらく職場「あるある」なんだろうなあ。
「「人間と呼ばれるものへの抗排であるように」 : 佐々木昌雄とアイヌ近現代思想史における贖いの政治」https://t.co/kWcQ02PZmp #アイヌ #Ainu
RT @hayakawa_ko: …というわけで、「地域」に関わる教育や事業について、ここ10年くらいの(めっちゃ雑な)流れをまとめてみました。 ここらへんは、いま混ぜてもらってるこの研究プロジェクトの中できちんと整頓していきたいです。今年の目標としてカキコ。 https:/…
「北海道旧土人保護法とドーズ法:比較史的研究の試み」:https://t.co/iioRuz0Ek8 #アイヌ #Ainu
CiNii 論文 -  講演「スコラ哲学と現代文明」に学ぶSDGsの潮流 https://t.co/bebFrLqOi3 #CiNii
本研究会は、藤本一男先生の科研プロジェクトの一環でもあります。 https://t.co/ST7RfCfuCC
おもしろかった。芳賀檀が「決意」「祝祭」「出会」などを造語したと『文学部をめぐる病い』にあって検索したら出てきた。 反転語「階段」「段階」の成立と定着について 樊 怡君 https://t.co/5qObMpa1CC
RT @mkatolithos: この機会に再読する 三雲健「大地震,津波,火山大爆発などから発生した気圧波」(地震学会地震2011) https://t.co/6ctRJlnKLF
RT @mutopsy: 解説&チュートリアル論文が早期公開されました!実験心理学でおなじみの3つのパラダイム(心的回転・心理物理・フランカー課題)を例に,階層ベイズモデリングの実践方法を紹介しています。diffusion modelも扱っています。https://t.co/U…
RT @kunisakamoto: こちら、明治大学の図書館に入りました。あとは誰か読んで紹介してくれれば… 1: https://t.co/zQylow86qA 2: https://t.co/IIVZuhQFRS
RT @kunisakamoto: こちら、明治大学の図書館に入りました。あとは誰か読んで紹介してくれれば… 1: https://t.co/zQylow86qA 2: https://t.co/IIVZuhQFRS
稲垣良典先生の60年代のお仕事。 正義の「相対性」について 『法哲学年報』1966年 https://t.co/mW2rzjEj6U
RT @ShaneMatsuo: 2年前にSatoshiによるビットコイン論文を過激に解説した情報処理学会誌の問題作がオープンアクセスになりました。後程こんな記事を書いた理由を解説します。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bit…
「戦後のナラティブ・ターンから眺めるアイヌの諸運動と和人によるアイヌ研究の相克」https://t.co/m1eTxnfW6X #アイヌ #Ainu
RT @mkatolithos: この機会に再読する 三雲健「大地震,津波,火山大爆発などから発生した気圧波」(地震学会地震2011) https://t.co/6ctRJlnKLF
テイラーの紹介文としてすぐにアクセスできるものとして、田中智彦「人に出会う、思想に出会う――チャールズ・テイラー」がある。カトリックの信仰者としての立場を守りつつ、現代世界の公共哲学に大きな影響を与えた。 https://t.co/ZDnAew8CiV https://t.co/kfNG8CpxjT
CiNii 論文 -  日本におけるトマス・アクィナス https://t.co/PlvvTg3NfW #CiNii
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
CiNii 雑誌 - サピエンチア : 英知大学論叢 英知大学 [編] 英知大学, 1967.3- 1号 (昭42.3)- タイトル別名 英知大学論叢サピエンチヤ 聖トマス大学論叢サピエンチア https://t.co/2vJqs5POJI #CiNii
CiNii 雑誌 - キリスト教文化研究所紀要 英知大学キリスト教文化研究所 [編] 英知大学キリスト教文化研究所, 1986-2007 1巻1号 (1986.3)-22巻1号 (2007.3) https://t.co/DBtobMrQAT #CiNii
CiNii 雑誌 - キリスト教文化研究所トマス・アクィナス研究所紀要 聖トマス大学キリスト教文化研究所 [編] 聖トマス大学キリスト教文化研究所, 2008- 23巻1号 (2008.3)- https://t.co/uZbtjf4h0T #CiNii
RT @hayakawa_ko: …というわけで、「地域」に関わる教育や事業について、ここ10年くらいの(めっちゃ雑な)流れをまとめてみました。 ここらへんは、いま混ぜてもらってるこの研究プロジェクトの中できちんと整頓していきたいです。今年の目標としてカキコ。 https:/…
RT @hayakawa_ko: …というわけで、「地域」に関わる教育や事業について、ここ10年くらいの(めっちゃ雑な)流れをまとめてみました。 ここらへんは、いま混ぜてもらってるこの研究プロジェクトの中できちんと整頓していきたいです。今年の目標としてカキコ。 https:/…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
「会議「希望の未来」のオープニングにおけるヴァーツラフ・ハヴェル・チェコ共和国大統領のスピーチ」『修道法学』第44巻第1号、2021 https://t.co/6IafuQLNCX
神山伸弘 2012 「オリエントの事実認識から紡ぎ出される実体性の内部プロセス―ヘーゲルのオリエント論がもつ特質の資料源泉からみた全体像―」跡見学園女子大学文学部紀要47 https://t.co/8oXKZBXEtZ
これ読みたいな。手に入らないかな。 研究代表者 神山伸弘 2012『ヘーゲルとオリエント : ヘーゲル世界史哲学にオリエント世界像を結ばせた文化接触資料とその世界像の反歴史性』研究成果報告書 https://t.co/z7tWs9VL6t #CiNii
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @pvvbzROgo32zWXo: @ganrim_ マニアックな媒体ですけど、割りと外道でオススメ。 小国喜弘と坂本多加雄の言説比較とか載っている。https://t.co/1xLBachcdp
RT @pvvbzROgo32zWXo: @ganrim_ マニアックな媒体ですけど、割りと外道でオススメ。 小国喜弘と坂本多加雄の言説比較とか載っている。https://t.co/1xLBachcdp
@ganrim_ マニアックな媒体ですけど、割りと外道でオススメ。 小国喜弘と坂本多加雄の言説比較とか載っている。https://t.co/1xLBachcdp
RT @sumidatomohisa: 古川安 2022『津田梅子ー科学への道、大学の夢』東京大学出版会 https://t.co/nia8MlnZrX https://t.co/UUJlVurxgn 古川安 2010「津田梅子と生物学ー科学史とジェンダーの視点から」『科学史研…
「北海道旧土人保護法とドーズ法 : ジョン・バチュラー,白仁 武,パラピタ,サンロッテー」:https://t.co/76RI2M7Xdk #アイヌ #Ainu
CiNii 論文 -  井筒俊彦と中世スコラ哲学 (故井筒俊彦名誉教授生誕100年記念小特集 井筒俊彦と「西洋」の思想) https://t.co/zen1ecavuf #CiNii
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.290-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウイルス感染症対策(14) 【韓国】遠隔教育の活性化に関する法律の制定 https://t.co/pVS2tLWcFN
RT @TakahiroEto: スペイン性刑法に関する拙稿とがリポジトリに上がったようです。 ご関心のある方はお時間のあるときにどうぞ。 https://t.co/eoS3Uag0rt
CiNii 論文 -  否定神学・類比・弁証法--ディオニュシオス,トマス,クザーヌスにおける言語の限界と超越の言表可能性 https://t.co/mKtDssdEZC #CiNii
「三好文夫と「アイヌ」・「和人」表象 : 「人間同士に候えば」における「見る」ことの放棄と再獲得」 https://t.co/mJtDxhOZiE #アイヌ #Ainu
御厨貴「オーラル・ヒストリーとは何か」『デジタルアーカイブ学会誌』 https://t.co/tWTryZGzUK
野原慎司 <書評> 竹本洋著『スミスの倫理 : 『道徳感情論』を読む』(名古屋大学出版会、2020年) 『経済学論究』2021-12 https://t.co/Z4lOp3yfXb
RT @tk_sskmt: 以前にもつぶやいたけどカンギレムの「フランスにおけるヘーゲル」が抄訳とはいえ日本語で読めるのは非常にいいことだと思う。訳者丸山真幸氏の解題も詳細で勉強になる。 https://t.co/gsyPk79rgs
RT @tk_sskmt: カンギレムのHegel en Franceの抄訳が出ていたとは!解題もよい。 カンギレム「 フランスにおけるヘーゲル」〔抄訳〕・一九四七年のヘーゲル〔解題〕丸山真幸訳・解題『津田塾大学紀要』第51 号(2019 年)169–196 頁 https:…
CiNii 論文 -  中谷義和教授オーラルヒストリー (中谷義和教授退職記念論文集) https://t.co/Ckhyi0aLnd #CiNii
佐々木昌雄「『アイヌ学』者の発想と論理」『北方の古代文化』(毎日新聞社)1974年:https://t.co/RZ32pTMXyT #アイヌ #Ainu
RT @urokontaro: 教科教育と教育社会学の件、僕は教社研の水野さんの論文が、引用一覧含めて勉強になりました(前にもつぶやいたことある気がする...)。 https://t.co/GkjJ9wD8v9
RT @urokontaro: 教科教育と教育社会学の件、僕は教社研の水野さんの論文が、引用一覧含めて勉強になりました(前にもつぶやいたことある気がする...)。 https://t.co/GkjJ9wD8v9
おもしろかった J-STAGE Articles - 灰と火花: アメリカ詩と日本の現代詩 https://t.co/XITjhPP1Wd
RT @naktom1980: ポートランドの「シティリペアプロジェクト」について。住民のつながりのリペア=修復。交差点に絵を書いたりするインターセクションリペアなどの企画もあるらしい https://t.co/1rpezgQLNf
日本学術会議を知る 5 広渡 清吾「科学者コミュニティーと科学者の社会的責任──日本学術会議の制度・理念・活動」 https://t.co/HadNmcZfnj https://t.co/qZxuCFImtT
日本学術会議を知る 3 春日匠「戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義」  https://t.co/YVxW1W5hLP  日本学術会議を知る 4 有本建男「SDGsとコロナパンデミックによる科学的助言のパラダイム転換と日本学術会議」 https://t.co/yRnWGi0xc3 https://t.co/hRTNvNSXgM
日本学術会議を知る 3 春日匠「戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義」  https://t.co/YVxW1W5hLP  日本学術会議を知る 4 有本建男「SDGsとコロナパンデミックによる科学的助言のパラダイム転換と日本学術会議」 https://t.co/yRnWGi0xc3 https://t.co/hRTNvNSXgM
学術会議会員任命拒否問題を契機に『学術の動向』が発信する「日本学術会議を知る」シリーズ 日本学術会議を知る 1 吉川弘之「政府と科学者との建設的な対話」 https://t.co/cPBvIh3ZA3  日本学術会議を知る 2 黒川 清「世界の科学者のネットワーク」 https://t.co/wL60QNsXDg
学術会議会員任命拒否問題を契機に『学術の動向』が発信する「日本学術会議を知る」シリーズ 日本学術会議を知る 1 吉川弘之「政府と科学者との建設的な対話」 https://t.co/cPBvIh3ZA3  日本学術会議を知る 2 黒川 清「世界の科学者のネットワーク」 https://t.co/wL60QNsXDg