むい →充電ちゅう (@lotusxx61)

投稿一覧(最新100件)

RT @KAERU_REIWA: 縄文人上腕骨の太さの理由に迫った研究。 ただでさえガタイの良い縄文人の中でも、特に愛知県渥美半島の縄文人と福岡県玄界灘の縄文人は特異的に上腕骨が太いことが報告された。 外洋漁労や海上交易に携わった縄文人ほど上腕骨が太くなる環境要因があったよう…
うわさの民俗学の先生、これの概要を見る限り、そんなむちゃくちゃ言いそうな人には無いけども……どうなんでしょうか。。。いや、本文ちゃんと読んでないからわからん。 CiNii 論文 -  現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察 (宇都榮子教授 退職記念号) https://t.co/u832EcsBbS
湖北の伊香郡は物部じゃねぇ、中臣だ、って話もあるんだけども。 どこかでくっついたりすり替わったりするものの精査、誰かお願いします……(他力本願 https://t.co/0molT0smvT
『続日本紀』に見える大宝元年の丹波(現丹後)における地震と、それにまつわる冠島沓島の伝承を書く『丹後国風土記残欠』の偽書についてを検討した論文。それに関連して海部氏勘注系図の書写年代への疑問まで及んでいた。 CiNii 論文 -  「丹後国風土記残欠」の基礎的検討 https://t.co/73SrOnuR3F
RT @megalithmury: 磐座は依代であるという言説は今も通説ですが、民俗学や祭祀考古学の分野では、もうそれは過去のものとなりつつあります。 オンライン上に論文も公開されているので、今後はこの議論を通過して述べる必要があります。 時枝務氏「神道考古学における依代の問…
ここから関東の鳥見神社のはなしを某さまと交わして、そういえばこれをフォルダに突っ込んだまま読んでなかったと思った。読みました。 CiNii 論文 - フツヌシ神話と物部氏 https://t.co/SpvY5UFtJR https://t.co/O5i7jq92NP
八岐大蛇退治のときの八醞酒(ヤシオリノサケ)が結局どんな酒なんだYo!!と思いましてね。こちらを参考に読んでみたのだけども結論で、「わかったようで、わからない」って断言されててちゃぶ台返しそうになった。内容自体は面白かったです…… 『延喜式』の酒 -醞の考証- https://t.co/FsMvXr4dGx
RT @srikkg: この論文がまさに滾るというか、燃えるんだぜ。朝長が首を切ってもらうことから腹を切るまでの変移について書いてあるんだけども、朝長が時間操作して何度も「英雄的な死」にたどり着こうとしたみたい文字数 CiNii 論文 -  朝長はなぜ腹を切ったのか : 修羅…
RT @chiyocooooo73: ❤️大正時代のおまじないの本を読んでいたら『恋のおまじない』コーナーを見つけたのでワクワクしてページを開いた。 しかしなんか想像してたのと・・・・大分違ったで・・・ござる・・・・呪術・・・? (引用; 神霊まじない秘密奥伝 大正6年 ht…
RT @fu_sakura: 「榎本武揚「共和国」言説に関する一考察」という論文が面白かったのでシェア。https://t.co/IvEKKlntu4  例の界隈の、なんでそーなったwwwwという頭痛体験に思い当る人にはとても面白いと思います。読んでて何度もフフッてなった。 (…
卜部氏についてのPDF (学術論文) 古代卜部氏の研究 https://t.co/CPOTeKis7e
国立国会図書館デジタルコレクションで『小笠原壱岐守長行』が読めるようになってますので、こちらもあわせて。これずっと欲しかったんですよ〜〜ありがたいよ〜〜 https://t.co/bsfAuHzK9l
RT @zasetsushirazu: 『小笠原壱岐守長行』は、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。同書について、奈良勝司「小笠原長行と「公議」」(『立命館大学人文科学研究所紀要』105)は、長行の手記や日記と照合した結果、概ね信頼できる内容だと評価している。 ht…

8 0 0 0 OA 会津藩庁記録

RT @3103_ky: 会津藩庁記録. 文久3年 第2 https://t.co/Xd6aSGUV02 そして参照元列挙してくれてる4巻素晴らしい。でも変体仮名読みづらい。とりあえず桂さんはこの頃日焼けでもしてたんだろうか。外出多いし。

お気に入り一覧(最新100件)

1 0 0 0 OA 陸軍歴史

@lotusxx61 初めまして。すでにご存知かもしれませんが、沢さんが滝野川の火薬工場から備品持ち出した話は「日本に於て西洋式火薬製造機械創立之記」に記載がありました。よかったらご査収ください(リンク先コマ番号287)。https://t.co/lTS7KBWtyc

8 0 0 0 OA 後藤象次郎

いわさき鏡川の『後藤象次郎』で 「土佐藩では断袖分桃(男色)のこと大いに行われ…保弥太は容貌俊秀、中山左衛士の愛する所となり、情交日に濃くなり」でアラアラアラ~~~!?って叫んだことを思い出した
前田晴人「山代の木幡「道衢」をめぐって」 https://t.co/KfcvMZaIMu 地域総合研究所紀要12 宇治木幡地域と和珥氏・物部氏
この論文がまさに滾るというか、燃えるんだぜ。朝長が首を切ってもらうことから腹を切るまでの変移について書いてあるんだけども、朝長が時間操作して何度も「英雄的な死」にたどり着こうとしたみたい文字数 CiNii 論文 -  朝長はなぜ腹を切ったのか : 修羅能〈朝長〉を読む https://t.co/CDUhHyn7AJ

48 0 0 0 OA 流星刀記事

そして本日は流星刀見てきました。撮影OKです。用いた隕鉄と作刀について榎本さんが「地學雑誌」へ寄稿した記事もDLして読めます。 https://t.co/p9GgyQ5GCj https://t.co/SqBpEpeDya
TLの諸兄が好きそうなもの見つけたよ CiNii 論文 -  古代日本神話に見られる異文化衝突現象分析 : その3 イザナギ、スサノオノミコト、オオクニヌシノカミの婚姻事情についてhttps://t.co/4AivYWHxBq #CiNii https://t.co/CrpiCbkiyB
『小笠原壱岐守長行』は、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。同書について、奈良勝司「小笠原長行と「公議」」(『立命館大学人文科学研究所紀要』105)は、長行の手記や日記と照合した結果、概ね信頼できる内容だと評価している。 https://t.co/vFQi0YB5Et

8 0 0 0 OA 会津藩庁記録

会津藩庁記録. 文久3年 第2 https://t.co/Xd6aSGUV02 そして参照元列挙してくれてる4巻素晴らしい。でも変体仮名読みづらい。とりあえず桂さんはこの頃日焼けでもしてたんだろうか。外出多いし。
あとで読む。“@baritsu: 偶々みつけて読んだのだけど非常に面白い論文だった 「明治期における学生男色イメージの変容 : 女学生の登場に注目して」タイトル通り女学生の出現が恋愛や幸福の概念を変え、その中で男色文化も変化していったと http://t.co/gnrkB3XC”

フォロー(306ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

182 1 1 0 OA 維新史料綱要

RT @itaru_ohyama: 『維新史料綱要』巻7 p54 幕府、征夷大将軍徳川慶喜の音称「よしひさ」を布告す https://t.co/rsDm1pDemz
RT @zasetsushirazu: 明治35年12月3日、根岸武香が死去。吉見百穴の調査・保存に尽力。父は幕末の浪士組参加者で、近藤勇や土方歳三らと共に京都に残留した豪農・根岸友山。下記リンクで、大沼宜規「ある好古家のコレクション 根岸武香と冑山文庫」(『国立国会図書館月報…

20 3 2 0 OA 諏訪史料叢書

RT @pat_1308: 諏訪明神の目と鼻と手と足 参照: 諏訪上社物忌令之事(神長本):https://t.co/JcfzJ33LRG 上中下十三所造営 (『諏訪史料叢書 巻26』収録):https://t.co/NTdafMiQ3j #諏訪大社 #諏訪信仰 #手長足長…
RT @pat_1308: 諏訪明神の目と鼻と手と足 参照: 諏訪上社物忌令之事(神長本):https://t.co/JcfzJ33LRG 上中下十三所造営 (『諏訪史料叢書 巻26』収録):https://t.co/NTdafMiQ3j #諏訪大社 #諏訪信仰 #手長足長…

37 22 22 0 OA 高齢者写真名鑑

RT @hondaso: 大正14年刊「高齢者写真名鑑」(大日本敬老会 編)なる一冊。260ページにわたり、日本中の90歳以上(=天保6年以前の生まれ)の高齢者の写真を掲載。 https://t.co/wQYUjWfB9c https://t.co/s7tBoXpOmb

フォロワー(573ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

182 1 1 0 OA 維新史料綱要

RT @itaru_ohyama: 『維新史料綱要』巻7 p54 幕府、征夷大将軍徳川慶喜の音称「よしひさ」を布告す https://t.co/rsDm1pDemz
RT @tuyashun: 明治の女学生が自分のことを「僕」ということがあり、その言葉遣いに対する当時の批判が掲載されてる論文。明治期特有の女言葉にばかり着目してたから「僕」ということがあったことに驚いた。女子も漢語を学んだ影響のようだ。 『女学生の言葉遣いに対する社会的意識…
RT @zasetsushirazu: 明治35年12月3日、根岸武香が死去。吉見百穴の調査・保存に尽力。父は幕末の浪士組参加者で、近藤勇や土方歳三らと共に京都に残留した豪農・根岸友山。下記リンクで、大沼宜規「ある好古家のコレクション 根岸武香と冑山文庫」(『国立国会図書館月報…

20 3 2 0 OA 諏訪史料叢書

RT @pat_1308: 諏訪明神の目と鼻と手と足 参照: 諏訪上社物忌令之事(神長本):https://t.co/JcfzJ33LRG 上中下十三所造営 (『諏訪史料叢書 巻26』収録):https://t.co/NTdafMiQ3j #諏訪大社 #諏訪信仰 #手長足長…
RT @pat_1308: 諏訪明神の目と鼻と手と足 参照: 諏訪上社物忌令之事(神長本):https://t.co/JcfzJ33LRG 上中下十三所造営 (『諏訪史料叢書 巻26』収録):https://t.co/NTdafMiQ3j #諏訪大社 #諏訪信仰 #手長足長…
RT @temmusu_n: #超算数 構造図と演算決定の関係をあからさまに述べた論文を発見した。 越智政雄「構造図のその後: 構造図的思考について (I)」『日本数学教育会誌』第41巻第12号 (1959年12月) https://t.co/3cu4p9L0fw 画像は16…

37 22 22 0 OA 高齢者写真名鑑

RT @hondaso: 大正14年刊「高齢者写真名鑑」(大日本敬老会 編)なる一冊。260ページにわたり、日本中の90歳以上(=天保6年以前の生まれ)の高齢者の写真を掲載。 https://t.co/wQYUjWfB9c https://t.co/s7tBoXpOmb