Toru Miyama (@tmiyama)

投稿一覧(最新100件)

後で読む 黒潮蛇行時非蛇行時に観測された田辺湾湾口における水温変動特性 (馬場康之 京都大学防災研究所) https://t.co/cHq8WdLDQv
サクラエビの話もチラホラ。そうすると今書こうとしてる黒潮変動の科研費と無縁ではないわけだ。 https://t.co/HyZbdyAkiW
RT @morita11: "CiNii 論文 -  黒潮の遍歴者 : 近世伊豆諸島における漂流、流刑、死霊祭祀の民族誌" https://t.co/HcIis2l6yc ※本文リンクあり
私は「急速に温暖化する日本周辺海域での大気海洋相互作用と極端気象」の分担研究者。 https://t.co/qXzljVATBE https://t.co/Byjhbl8SlM
RT @bomb_akyura: 文科省のページに結果が出る前に科研費データベースにアップされた。 新学術領域「変わりゆく気候系における中緯度大気海洋相互作用hotspot」スタートです。 https://t.co/HKL8OvIrNj
この新分野がどのように生まれてきたか書いてあって面白い。#バイオロギング 佐藤(2018) 動物搭載型記録計を用いた大気海洋境界層モニタリングとデータ同化への応用 https://t.co/T1CFL8Hp7i
RT @shearline: 僕の論文が,SOLA(気象学会のレター誌)の近年の豪雨や猛暑に関する特集号の一つとして公開(early online release)されました。「平成30年7月豪雨」時には日本周辺で海面からの蒸発が増大しており,その要因と西日本付近への水蒸気供給…
RT @AokiKunihiro: 【学会発表のお知らせ】 黒潮大蛇行の発生確率を機械学習で予測する手法を提案します。クラスタ解析と力学方程式の関係も話す予定。多重平衡系の話です。 JpGU 2019 (幕張メッセ) セッション:黒潮大蛇行 (5/28 10:45-12…
RT @ShoMinobe: 以前桜の開花日と大気循環の関係を,とある先生の退職の大学の紀要の特別号に書いたことがあります.開花と北極振動が関係するという結果でした.興味のある方はこちらで全文読めます. https://t.co/zx6HonOvjE
RT @hibagon_killer: 瀬戸内海の広域流動に黒潮の影響はあるだろうとは思っていたけど、ちゃんとそのことを扱った論文があった。流路を見ると、黒潮の蛇行次第で大きく流れが変わるみたい。 瀬戸内の島嶼部昆虫相の形成にも関係してそう。 駒井ほか(2008)土木学会論文…
RT @bomb_akyura: 22日夜の予想天気図はHonda et al.(2016)で解析した2014年2月のバレンタインの雪のときと似てるな。このときは甲府盆地が真っ白になった。まあ、気をつけるに越したことはない。 https://t.co/p2WwSwfVxG ht…
RT @bomb_akyura: 研究分担者をやってる【科研費挑戦的研究(萌芽)「ちきゅう」&DONETのトータル観測ステーション計画:海底~大気の同時貫通観測】に関連した大気海洋観測機器も載ってます。無事データが取れることを祈る。 https://t.co/zb6ZKKR7M…
Murazaki等の領域大気モデルの結果では、黒潮大蛇行による冷水域の広がりで気温が下降するにしろ同時に降水頻度を減らす効果がある。したがって南岸低気圧の進路に関する大蛇行の効果を除けば、雪が増えるだろうという結論はおいそれとは出… https://t.co/QBmymkGvUN
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? パート作業の渋滞を解消し、人件費を8%削減--山澤進 ヤマザワ会長 (非常事態を勝ち抜く社長の発想 収益力を高める!),2008 https://t.co/QUvu2dnEPU
RT @kasamashoinRS: 西岡尚也 -  ジョン万次郎の漂流と世界地図【これらは全て沿岸流「黒潮の存在」が結びつけた結果である】 https://t.co/VR9lcumZ6R
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 日本東岸の親潮異常南下の発生に注目した北太平洋上の500 hPa高度および海面水温変動(山田 二久次ほか),1997 https://t.co/X2zvMXkC8Q
RT @bomb_akyura: 共著論文がSOLAに出版されました。2014年のバレンタインデーに甲府で大雪になった事例の総観場な解析です。主著は新潟大の本田さんです。 https://t.co/RS5m1RI3jU
RT @bomb_akyura: こんなの始まってたのか。「日本周辺の海面水温場が局所的な豪雨・豪雪の予測可能性に与える影響の定量的評価」 基盤研究(A) 中村尚 https://t.co/Ze9FrnAfbc
RT @itokosk: 【名大と琉球大と気象研、台風の航空機観測やるってよ】坪木先生の科研費Sが採択されたことに、まだ、興奮が冷めやりません!!伊藤研の役割としては、今後得られる貴重な観測データを最大限生かして、台風予測の精度を高めていくことを目指します。 https://t…
ダウンスケールされたJRA55か、すげー: Dynamical Regional Downscaling Using the JRA-55 Reanalysis (DSJRA-55) https://t.co/qRZAvwxPbx
南海トラフを掘る探査船「ちきゅう」、立ちはだかるのは黒潮の速い流れ【前編】 http://t.co/8maQ3h3co8 「ちきゅう」にとって邪魔な黒潮が私にとっては研究テーマ http://t.co/QSnI9GiPou
メモ: 論文 日本周辺の海水,海底土,海産生物に含まれる 90Sr及び137Cs濃度の長期的推移 ─チェルノブイリ事故前から福島第一原子力発電所事故後まで─ http://t.co/E8DZhgkXJB
そんな研究あるんだ RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? <研究論文>2011 年日本の反原発ソングに関する研究 : 1960 年代ベトナムの反戦歌との比較から(吉井 美知子ほか),2012 http://t.co/JaBkaKlq
RT @bomb_akyura: 昔やった仕事http://t.co/W9FqmuDxを見て、某TV局から「お話を伺いたい」あり。でも、論文にもなってないし、気象研がメソモデルでしっかりやった結果https://t.co/PHGJMmxdがあるので今回はスルー。天災とマス ...
2009年気象学会で発表された東北大学グループの研究。年々増加傾向が見てとれる CiNii 論文 -  P418 過去60年間の爆弾低気圧に関する統計 http://t.co/JEylWvTa
続) 海洋への直接流入量(Table 1)は3月21日から4月30日にセシウム137で4PBqと推定。(この値は電力中央研究所の推定3.5PBqに近い。 http://t.co/nMJebJyN ) 
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「もんじゅ」事故に思う : -その人間的根本原因-(濱野 恒雄),1996 http://id.CiNii.jp/QxbkL
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 輸入食品中の放射能濃度(平成17年度)(観 公子ほか),2006 http://id.CiNii.jp/BCx1cE
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 暮らしに潜む環境問題--放射線と健康--チェルノブイリ原発事故による放射線汚染と被害評価(桜井 醇児),1997 http://id.CiNii.jp/FFBfE

お気に入り一覧(最新100件)

【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/impS7GRiqE
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/impS7GRiqE
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/impS7GRiqE

フォロー(2285ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @zasetsushirazu: 1990年代以後の幕末維新史の実証研究に寄与した史料集の1つとして、小野正雄・稲垣敏子解読『杉浦梅潭 目付日記』と『杉浦梅潭 箱館奉行日記』を挙げることができる。どちらも1991年刊行。下記は、『史学雑誌』101-3(1992年)に掲載さ…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/soZ38eCeRX
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/soZ38eCeRX
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/soZ38eCeRX
RT @NoHateTV: そのとおり。ネトウヨの多くは経済的に安定していて年齢層も社会的地位も高いというのが徳島大学の樋口直人さんの研究等によって明らかになっています
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/oWWECjUDSw
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/oWWECjUDSw
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/oWWECjUDSw

11 9 9 1 OA 代数学

RT @Paul_Painleve: @paulerdosh "exponent"の初出は Michael Stifel, Arithmetica integra, 1544 https://t.co/h0EzReK07Q らしいですが,よくわからないです。"指数"は少なくとも…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/DO64HKKwV9
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/DO64HKKwV9
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/DO64HKKwV9
New Graphical Abstract! https://t.co/4X0ynG0ySt Shibata, K., and R. Lehmann, 2020: Partitioning of ozone loss path… https://t.co/nZ2LxXZE2C
イムノクロマト法の呈色も、個々の金コロイド自体は表面プラズモンの効果だとしても、それがキットとして「目視」できるのは、単に集積により密度が増すから、ってだけの話しか。しかし、初めにこの系に金コロイドの応用を思い付いた人スゴいな。 https://t.co/dVu8ASGucc
New Graphical Abstract! https://t.co/1yFevHaAZl Cao, X., R. Wu, N. Wei, and Y. Dai, 2020: Location of the preferre… https://t.co/hCcuYPBfdu
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/1t2SzSV1ZE
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/1t2SzSV1ZE
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/1t2SzSV1ZE
オーロラの教科書もダウンロードできます https://t.co/wHFx79UcVA
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @tweeting_drtaka: どれだけやっても、公衆衛生内部の情報環境というのは、改善に向けた展望が全然開けない感じ。努力が足らないのだろうとは思いますが、ガバナンスに問題があると、個人の努力ではどうしようもない。 https://t.co/WKsPBPMpHd
東ロボ英語チームがどうやって長文読解を克服したかは、論文をふつうに読めばわかることですので、公開されている論文をお読みください。 https://t.co/rkQSdAw4Hp
RT @yashoku_nikki: 買いだめ・買い占めに関して、『情報の科学と技術』に掲載された「東日本大震災後の不安と情報行動」という関谷直也先生の指摘を貼っておきます。 最後の一文がきわめて重要。 https://t.co/7myR20Bvtc “ 「人々が不安に陥…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @tcv2catnap: https://t.co/oWxE6MbL4q 昭和初期までの公衆衛生行政です。阿鼻叫喚ですよ。
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  昭和初期の公衆衛生について:―衛生行政機構,結核予防および花柳病予防― https://t.co/TAMSLWaFwz #CiNii 明治からの公衆衛生史必読。自己責任社会になるわこれ。
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/cGd5ETbr6l
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/cGd5ETbr6l
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/cGd5ETbr6l
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
昨日公開の神奈川県立博物館研究報告(自然科学)49号、私のイチオシは 川島&渡辺「名古屋市博物館所蔵「吉田翁虫譜(第一巻)」に描かれたハチ」 https://t.co/7msBqUuVl2
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vW3JalsU5h
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vW3JalsU5h
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vW3JalsU5h
〈国立国会図書館〉2020年3月31日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1096「南海トラフ地震対策をめぐる経緯」(PDF:755KB)を掲載|https://t.co/h03DgQsCmJ《情報紹介:計量計測データバンク》

2074 26 26 1 OA 大正震災志

お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN https://t.co/KQa5QpVPd6
[PDF] 災害事例分析 粉じん爆発事故事例と対策 https://t.co/qX2bzbpBMI
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YEnPVarrpU
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YEnPVarrpU
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YEnPVarrpU
Just published! Yokoyama, C., H. Tsuji, and Y. N. Takayabu, 2020: The effects of an upper-tropospheric trough on t… https://t.co/rTDYZ73xyJ
Just published! Li, Z., Y. Luo, Y. Du, and J. C. L. Chan, 2020: Statistical characteristics of pre-summer rainfall… https://t.co/Y3koRoQjUy
T先生イズムの集大成的な著作。大げさに言えば、これからのサブストーム研究は、この文章に色々とケチをつけていくという作業に集約されていくかもしれない。全然本質的ではないけど、色々なミスプリを探すのも楽しい。 https://t.co/ErfhSRnran
Just published! Tomita, T., T. Shirai, and T. Yamaura, 2020: Effects of the Australian winter monsoon on the persi… https://t.co/rszPgyPBp0
これを発表する予定だった→ J-STAGE Articles - 2019年台風19号による犠牲者発生場所の特徴 https://t.co/ZQ6qNcOiMM
RT @SOLA_metsoc: SOLA New paper: Hashimoto et al., Process-Tracking Scheme Based on Bulk Microphysics to Diagnose the Features of Snow Part…
本日、極地研電子ライブラリー・オーロラ物理学シリーズ① 『複合系磁気圏物理学』が出版・公開されました。オーロラ研究最先端の風景を、どなたでも、ぜひご覧下さい! https://t.co/wHFx79UcVA
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/LTP5R6wVle
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/LTP5R6wVle
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/LTP5R6wVle
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/xEgEy9w5Ey
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/xEgEy9w5Ey
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/xEgEy9w5Ey
RT @JMSJ_metsoc: New Graphical Abstract! https://t.co/8erFr2waAr Dueben, P. D., N. Wedi, S. Saarinen, and C. Zeman, 2020: Global simulatio…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Hohenegger, C., L. Kornblueh, D. Klocke, T. Becker, G. Cioni, J. F. Engels, U. Schulzweida, and B. Steven…
RT @JMSJ_metsoc: New Graphical Abstract! https://t.co/e7ocRTmY4X Kato, T., 2020: Quasi-stationary band-shaped precipitation systems, named…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific stratifi…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Umezawa, T., S. J. Andrews, and T. Saito, 2020: A cryogen-free automated measurement system of stable car…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Ito, K., C.-C. Wu, K. T. F. Chan, R. Toumi, and C. Davis, 2020: Recent progress in the fundamental unders…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Ha, K.-J., J.-H. Yeo, Y.-W. Seo, E.-S. Chung, J.-Y. Moon, X. Feng, Y.-W. Lee, and C.-H. Ho, 2020: What ca…
Just published! Takemura, K., and H. Mukougawa, 2020: Dynamical relationship between quasi-stationary Rossby wave… https://t.co/WkXpRVam7a
【個人情報を守りながらコロナと戦う】コロナと戦うのにはスマホのGPS情報を軸に、徹底的な検査、追跡、隔離がいる。だからこそ、個人が「情報、所有物、生体認証」で認証され、自分のデータの利用をチェックでき、リクルートのような悪用企業経… https://t.co/0FnkAEAeMg
Just published! Ha, K.-J., J.-H. Yeo, Y.-W. Seo, E.-S. Chung, J.-Y. Moon, X. Feng, Y.-W. Lee, and C.-H. Ho, 2020:… https://t.co/7weedD0CgG
Just published! Umezawa, T., S. J. Andrews, and T. Saito, 2020: A cryogen-free automated measurement system of sta… https://t.co/nC0k9afpnM
RT @geihanshi: 藝藩志の中に「吉川周旋記」の引用があった。 https://t.co/rlDvVFEpGx
The effects of an upper-tropospheric trough on the heavy rainfall event in July 2018 over Japan. https://t.co/Rn4EVVcVua

1253 124 65 0 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…

1253 124 65 0 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/umXR4cUkUo
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/umXR4cUkUo
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/umXR4cUkUo
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/eeukTjOPcW
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/eeukTjOPcW
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/eeukTjOPcW
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific stratifi…

フォロワー(1999ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NoHateTV: そのとおり。ネトウヨの多くは経済的に安定していて年齢層も社会的地位も高いというのが徳島大学の樋口直人さんの研究等によって明らかになっています
RT @Perfect_Insider: (強くない方の)ABC予想が分かると、楕円曲線の性質(これは望月さん自身の論文に出ている)、完全数についての性質https://t.co/CtVtgiV9Ya、n!+1=m^2には有限個の解しかないhttps://t.co/UBFHuL…
RT @naoyukinkhm: J-STAGE Articles - ゲンジボタルの国内外来種問題を通して生物多様性の保全について考える授業の開発。山野井ほか 2015(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/7nv7IVljLn こうした遺伝的撹乱(遺伝子…

11 9 9 1 OA 代数学

RT @Paul_Painleve: @paulerdosh "exponent"の初出は Michael Stifel, Arithmetica integra, 1544 https://t.co/h0EzReK07Q らしいですが,よくわからないです。"指数"は少なくとも…
イムノクロマト法の呈色も、個々の金コロイド自体は表面プラズモンの効果だとしても、それがキットとして「目視」できるのは、単に集積により密度が増すから、ってだけの話しか。しかし、初めにこの系に金コロイドの応用を思い付いた人スゴいな。 https://t.co/dVu8ASGucc
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @tweeting_drtaka: どれだけやっても、公衆衛生内部の情報環境というのは、改善に向けた展望が全然開けない感じ。努力が足らないのだろうとは思いますが、ガバナンスに問題があると、個人の努力ではどうしようもない。 https://t.co/WKsPBPMpHd
RT @yashoku_nikki: 買いだめ・買い占めに関して、『情報の科学と技術』に掲載された「東日本大震災後の不安と情報行動」という関谷直也先生の指摘を貼っておきます。 最後の一文がきわめて重要。 https://t.co/7myR20Bvtc “ 「人々が不安に陥…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @tcv2catnap: https://t.co/oWxE6MbL4q 昭和初期までの公衆衛生行政です。阿鼻叫喚ですよ。
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  昭和初期の公衆衛生について:―衛生行政機構,結核予防および花柳病予防― https://t.co/TAMSLWaFwz #CiNii 明治からの公衆衛生史必読。自己責任社会になるわこれ。
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
昨日公開の神奈川県立博物館研究報告(自然科学)49号、私のイチオシは 川島&渡辺「名古屋市博物館所蔵「吉田翁虫譜(第一巻)」に描かれたハチ」 https://t.co/7msBqUuVl2
〈国立国会図書館〉2020年3月31日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1096「南海トラフ地震対策をめぐる経緯」(PDF:755KB)を掲載|https://t.co/h03DgQsCmJ《情報紹介:計量計測データバンク》
RT @TakumaMATSUO333: 「2020年度日本地理学会春季学術大会」の発表要旨集に御掲載頂きました。 ~キーワード~ ジェントリフィケーション、ピーターマルクーゼ、立ち退き、間接的な立ち退き J-STAGE Articles - ジェントリフィケーション研究に…
[PDF] 災害事例分析 粉じん爆発事故事例と対策 https://t.co/qX2bzbpBMI
RT @SciKotz: ④その他、 広葉樹の種苗(森林総研) https://t.co/EZZLZm8m4a 放蝶(日本鱗翅学会) https://t.co/v6t2SnduMg ホタル(全国ホタル研究会) https://t.co/xsPycdcHrd ウミガメ(日本ウミガ…
RT @dominickchen: 日本プライマリ・ケア連合学会誌の論説記事で、拙著『未来をつくる言葉』が引用され、地域共生社会の医療現場における共話、共在感覚、わかりあえなさをつなぐことの意義が書かれています。医療現場に届くとは想像できませんでした。春田淳志先生、ありがとうご…
T先生イズムの集大成的な著作。大げさに言えば、これからのサブストーム研究は、この文章に色々とケチをつけていくという作業に集約されていくかもしれない。全然本質的ではないけど、色々なミスプリを探すのも楽しい。 https://t.co/ErfhSRnran
RT @masaru_kaneko: 【個人情報を守りながらコロナと戦う】コロナと戦うのにはスマホのGPS情報を軸に、徹底的な検査、追跡、隔離がいる。だからこそ、個人が「情報、所有物、生体認証」で認証され、自分のデータの利用をチェックでき、リクルートのような悪用企業経営者は処罰…
The effects of an upper-tropospheric trough on the heavy rainfall event in July 2018 over Japan. https://t.co/Rn4EVVcVua

1253 124 65 0 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…

1253 124 65 0 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
RT @naoyukinkhm: 昆虫学の最近の進歩と今後の展開 保全生物学・自然保護。矢後 2018(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/RdZgEbWJkJ 保全生物学・自然保護において日本昆虫学会がこれまで実施されてきた成果や今後の展望について、くわし…
@kuma56_momo 国会図書館が公開してくれていて、「野寺八幡社地」とあるそれらしき挿絵(湧水も!)がついていたりもするのですが、現代語訳が読みたいです(汗) https://t.co/GXrrxWzt5a https://t.co/dELdglc6kR
RT @ynsitx: 戦前に建設された大阪市の公設市場を核として、大都市周縁部の商店街が形成されていったんだろうな〜(よくわかってない) 大阪特有の謎立地全蓋の由来も公設市場に求めるとわかるのかもしれない https://t.co/r7Z8F8khMi https://t.c…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @naoyukinkhm: 魚類の生息場所としての河床間隙水域。川西・井上 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/Z5LXfnuMDa 河川の地下部分は、一部の底生魚の生息場所として機能しているようです。この論文では、ヒナイシドジョウに…
RT @JMSJ_metsoc: Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific stratifi…