Takeshi WADA (@wadat1117)

投稿一覧(最新100件)

RT @HTanattyo: アメリカ海洋大気庁 #NOAA により発見された深海性クシクラゲの新種。触手をアンカーにして海底からバルーンのように浮遊する生態も興味深いですが…新種記載の方法も見物です。 生体が採集できず標本が作れなかった事から、映像がタイプになっています。H…
2014年に大阪府門真市でアメリカウミスズメが落ちた。ってことを今まで知らなかった…。そう言えば、県単位でいえば記録を残すべき死体が届いた時、その県の支部に知り合いがいなかったら、伝え損なってることありそうだなぁ。https://t.co/oaC3TmaAry
Randler(2016)https://t.co/1DotKTVUKG って論文を見てると、こんな一節「下尾筒に白い部分があるクイナ科鳥類は、開けた環境にいて、たいてい集合性がある」。で、対捕食者のシグナルだろうと。下尾筒が白いのはバン、オオバン、セイケイ辺りのグループ。日本のオオバンの下尾筒は白くないけど…。
RT @yokogawa12: 博物館実習にて、標本の意義的な話として、タイプ標本とか、証拠標本とか、DNA分析などへの利用とかを話すんやけど、標本に求められることの歴史的変遷みたいなのは下記の論文に詳しい。課題的なところがどれくらいちゃんと伝わるか。 21世紀のハーバリウム…
国内から絶滅したと考えられていたキイロナメクジは奈良公園に生息しているのか。奈良公園にいたら大阪にもいてもいいかも。気をつけないと。 https://t.co/0CcSxl05q1...
RT @KanabunGilles: @masa_kanagawa  各地ハーバリウムの標本を再検討した報告が→ http://t.co/zKhK9QsPzC ハマネナシカズラ(ヒルガオ科)の国内分布(調査報告) 私が観た愛知と徳島の産地も●が落ちてますが、瀬戸内は多分もうない…
中学生と何度かしてるけど、またキチンとやりたいね。この夏余裕があれば。RT @sakumad2003: 市街化が進んでいる水田地域でアカミミガメはどのように過ごしているのか(化学と生物)https://t.co/lDDqdL6o6b 長居の池の再測もやらねばでわ?
RT @mjueta: 日本の鳥(除く海鳥)の生活史・生態・形態的特性に関するデータベース,日本鳥学会の第7版に準拠しました。分類の変更点もわかるようになってます。 http://t.co/evR4qzPt
サルがいたらどうだったか、という視点からの種子散布研究が必要ですね。ぜひサル屋さんからの研究を~。RT @tuntsehchestnut: 「サル 鳥 種子散布」http://t.co/T41p0QzE サルの影響は大きいに違いありませんが、どの程度影響しているのでしょう。
@Hiro_HL Facebookで教えてもらったのを、そのままTwitterに流すのって、ちょっとなんだかな感じですが。日本産ウ属鳥類の比較骨学的研究 http://t.co/R4q3eg4

お気に入り一覧(最新100件)

4 0 0 0 OA 雜録

興味深い → 安田篤1897. 蝸牛能ク菌類ノ散布ヲ助ク https://t.co/3YyKq0vE
日本の鳥(除く海鳥)の生活史・生態・形態的特性に関するデータベース,日本鳥学会の第7版に準拠しました。分類の変更点もわかるようになってます。 http://t.co/evR4qzPt
著者名が / / “CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 ” http://t.co/mmqs4TzL
トウキョウサンショウウオはワラジムシやヒメフナムシの大きいのが好きらしい、という結果。観察会とかでは「動くものは何でも食べます」とかテキト~に説明されちゃうことも多い気がするけど。「トウキョウサンショウウオの採食における餌選択の可能性」 http://t.co/l3IB5dW

フォロー(246ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
1980年代末90年代の文部省「校則見直し」について、こちらの論文で論じていて、第2章が施策を簡潔にまとめてる。 ↓ 児山正史(2001)「校則見直しに対する文部省・教育委員会の影響(1) : 公共サービスにおける利用者の自由」人文社会論叢. 社会科学篇.6(弘前大学) https://t.co/5MbAzW8LjJ
https://t.co/eSCBwss6tJ この論文がかなり現実に即した考察で興味深かった。
RT @naoyukinkhm: mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はト…
mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はトリニダードが原産と推定されたようです。#論文紹介
@etoile0127 申し訳ない、これのことだと思ってました。 https://t.co/2LctiSoqSc ところで東大の論文とはどこで読めますか?
全ての哺乳類が感染し発症したらほぼ100%死亡します。 https://t.co/2LctiSoqSc 狂犬病ワクチンは市販の犬用混合ワクチンよりも副作用発現率が有意に低く, より安全なワクチンであることが確認された. https://t.co/E32kNA0bSk
@suguru_kamikaze 動物や生物に対してもあまりに知識がなさそうでした。一番面白かったのは「亡くなっているイヌは少なくない」という根拠にだしてきたのこの論文です。 https://t.co/ErXHqaQoKN 狂犬病ワクチンは市販の犬用混合ワクチンよりも副作用発現率が有意に低く, より 安全なワクチンであることが確認された.
RT @diver823: 早田浦のガンガゼ類除去に伴う海藻被度やウニ類相等の長期的な変化を調査した論文が日本水産学会誌で早期公開されました! https://t.co/pxrhkACWjj
@whitecrow331 @germandog23 昨日傑作だったのが、狂犬病ワクチンによる死亡例の提示を求めて出てきた論文が、狂犬病ワクチンが犬用混合ワクチンよりも安全性が高いことを示した論文でした。 https://t.co/ErXHqaQoKN
『台湾における狂犬病の疫学と我が国における診断能力向上の取り組み』 https://t.co/ikYEqiM8GY
RT @NekuiH: 史前帰化と言えば....イネクロカメムシ(イネノクロカメムシ)は稲作と共に日本列島やってきた可能性が議論されていたが、その後、最終間氷期の地層から化石が報告されている。 https://t.co/E1HJbrPmrX
@mkvet これが根拠らしいです。 https://t.co/ErXHqaQoKN
2014年10月に観察されたレンカク、ちゃんと論文になってたんだ、11月上旬までいたらしい、結構長いするもんなのかな? 伊豆沼・内沼におけるレンカク Hydrophasianus chirurgus の初記録 https://t.co/aNJVdXeNjM
@ojikaori ゴミムシはまだしっかり嗅いだことないんですが、ゴキブリはフェノール、クレゾール系がゴキブリ臭と言われるにおいとされています。 この文献ではアオゴミムシにも共通の香気があるようですね。 https://t.co/1uKxQmhkaV
RT @TetYahara: @PuiPuiYukke @oikawamaru 前川(1943)>https://t.co/vHziSVvYQE
職場の巣箱カメラ、スズメの営巣が見られてラッキーだけれど、最初は卵が2つにヒナが1羽で少ないと思ったけれど、スズメの産卵数ってシジュウカラみたいに多くないんだね( ・∀・) 東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk https://t.co/oIZT66x48E
東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk スズメは非常に身近な鳥であるが,1980年代以降の繁殖に関する調査研究は報告されていない.これは,本種が建物の隙間などを利用して深い壺状の巣を造るため,巣内の確認が難しいことなどが影響している…
東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk 平均ヒナ数とその標準偏差は1977~84年が3.4±1.3羽(n=22),90~91年が2.9±1.3羽(n=17),92年が2.5±1.1羽(n=45),93年が2.1±0.9羽(n=46),94年が2.2±1.1羽(n=55),95年が2.3± 1.1羽(n=44)で…
RT @konamih: なにこれ? CiNii 論文 -  幸福の科学からの反論 大川家の真実を明らかにする https://t.co/8lLDsFJnR1 #CiNii
RT @Naga_Kyoto: 井上 学, 桐村 喬「戦前期における京都市電・市バスの利用に関する一考察」 https://t.co/Wk4JVmazYO 1937年の市電市バス交通調査を元に乗降客数を地図化。まだ西大路線が開通していないのに円町の乗降客数が多かったり、下鴨近辺…
RT @naoyukinkhm: 国内希少野生動植物種のひとつであるムニンツツジの増殖・植栽手法。松本ほか 2004 (日本語論文、PDF直リンク注意) https://t.co/lOemb3aexu 遺伝情報に限らず、絶滅危惧種各種の飼育栽培手法の開発は生息域外保全に大きく貢…
RT @naoyukinkhm: 国内希少野生動植物種のひとつであるムニンツツジの増殖・植栽手法。松本ほか 2004 (日本語論文、PDF直リンク注意) https://t.co/lOemb3aexu 遺伝情報に限らず、絶滅危惧種各種の飼育栽培手法の開発は生息域外保全に大きく貢…
国内希少野生動植物種のひとつであるムニンツツジの増殖・植栽手法。松本ほか 2004 (日本語論文、PDF直リンク注意) https://t.co/lOemb3aexu 遺伝情報に限らず、絶滅危惧種各種の飼育栽培手法の開発は生息域外保全に大きく貢献します。#論文紹介
北海道におけるサケ野生魚の遺伝的特徴。佐藤・森田 2019 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/6Y7BEY8lI8 放流魚は野生魚と比べ遺伝的多様性が低く、また自然産卵が可能な非捕獲河川の方が遺伝的多様性は高い傾向にあったようです。#論文紹介
IDによる世界についての考察は、ここでちょっとやってます。 https://t.co/GZA0pXgp3r

フォロワー(3875ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

なんかチャヒラタケのHypomyces 属菌流行ってるのかな https://t.co/FQXCUWFYwp
RT @nawaken: ヒト社会の大規模な協力における階層構造の機能 大薗 博記 2021 動物心理学研究 https://t.co/hjWRutzcW2
RT @ipatrioticmom2: 16-18歳妊娠率 なんか西高東低ですね。 父親が結婚してちゃんと育ててくれるなら構わないんですけど。 https://t.co/C2fY9CH3F5 https://t.co/5M5Oh49jDx
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題。大庭 2018 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/MD5UAy3yh5 日本語で書かれた論文としてわかりやすい論文はこちらですね。#論文紹介
CiNii 論文 -  諸仏念衆生、衆生不念仏 : 中世「擬」仏教語の一側面 https://t.co/sseJYTe9vO #CiNii
文学の研究者だがなかなか面白い論文がいくつか CiNii 論文 -  「ぼろ家」の定型句:――「松の柱」のある景色―― https://t.co/yTaGkDSh9V #CiNii
CiNii 論文 -  南宋期における日中詩僧の交流とその影響 https://t.co/7gse3Z9y83 #CiNii
仮名本『曾我物語』の五郎像と源義経--斬り合う太刀の象徴するもの 渡瀬淳子 https://t.co/eW4oyma9sQ

294 2 1 0 OA 銘尽

銘尽だと伯耆鍛治の欄に月山と諷誦 https://t.co/zoVOgk7Meu https://t.co/07JVyOfjGJ
剣巻の成立背景 熱田系神話の再検討と刀剣伝書の世界 https://t.co/yQDemEuFa6
@kotofanatic 平家物語の剣の巻のようです https://t.co/yQDemEuFa6 https://t.co/RuJH4geIIC
RT @studiocorvo: https://t.co/eSCBwss6tJ この論文がかなり現実に即した考察で興味深かった。
RT @khargush1969: 小田壽典(2001)「巻頭資料 古ウイグル・トルコ学」『豊橋創造大学短期大学部研究紀要』18,2-11. https://t.co/7IDlaGcxOB 小田壽典先生のご自身の学究人生についての自叙。京都大学の中央アジア学,トガンに師事したイ…
RT @naoyukinkhm: mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はト…
陸奥産金と征夷 : 道嶋(丸子)氏の活躍を通して https://t.co/NLx2vZQivC
RT @naoyukinkhm: mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はト…
https://t.co/eSCBwss6tJ この論文がかなり現実に即した考察で興味深かった。
RT @naoyukinkhm: mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はト…
RT @naoyukinkhm: mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はト…
mtDNA のD-loop 領域の塩基配列より推定された日本におけるグッピーの起源。佐藤・中嶋 2021(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/WXgJERVUAw 沖縄の野生化集団は南米各地からの複数回侵入、観賞魚系統はトリニダードが原産と推定されたようです。#論文紹介
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
@etoile0127 申し訳ない、これのことだと思ってました。 https://t.co/2LctiSoqSc ところで東大の論文とはどこで読めますか?
ふむ。 樹木や柱の信仰 1) -縄文時代における信仰の一側面- https://t.co/fCuDn2edJV #yuyuyu #ゆゆゆい
RT @studiocorvo: 全ての哺乳類が感染し発症したらほぼ100%死亡します。 https://t.co/2LctiSoqSc 狂犬病ワクチンは市販の犬用混合ワクチンよりも副作用発現率が有意に低く, より安全なワクチンであることが確認された.
全ての哺乳類が感染し発症したらほぼ100%死亡します。 https://t.co/2LctiSoqSc 狂犬病ワクチンは市販の犬用混合ワクチンよりも副作用発現率が有意に低く, より安全なワクチンであることが確認された. https://t.co/E32kNA0bSk
RT @diver823: 早田浦のガンガゼ類除去に伴う海藻被度やウニ類相等の長期的な変化を調査した論文が日本水産学会誌で早期公開されました! https://t.co/pxrhkACWjj
@suguru_kamikaze 動物や生物に対してもあまりに知識がなさそうでした。一番面白かったのは「亡くなっているイヌは少なくない」という根拠にだしてきたのこの論文です。 https://t.co/ErXHqaQoKN 狂犬病ワクチンは市販の犬用混合ワクチンよりも副作用発現率が有意に低く, より 安全なワクチンであることが確認された.
RT @diver823: 早田浦のガンガゼ類除去に伴う海藻被度やウニ類相等の長期的な変化を調査した論文が日本水産学会誌で早期公開されました! https://t.co/pxrhkACWjj

76 70 70 1 OA 家庭鮓のつけかた

RT @ksk18681912: 寿司の歴史研究家日比野光敏によると、この絵(『家庭 鮓のつけかた』の口絵)は川端玉章が描いた明治時代の輿兵衛のすし(『すしの事典』)。 https://t.co/LHI2QhQWtt https://t.co/Z6vWCJocRc
@whitecrow331 @germandog23 昨日傑作だったのが、狂犬病ワクチンによる死亡例の提示を求めて出てきた論文が、狂犬病ワクチンが犬用混合ワクチンよりも安全性が高いことを示した論文でした。 https://t.co/ErXHqaQoKN
『台湾における狂犬病の疫学と我が国における診断能力向上の取り組み』 https://t.co/ikYEqiM8GY
RT @NekuiH: 史前帰化と言えば....イネクロカメムシ(イネノクロカメムシ)は稲作と共に日本列島やってきた可能性が議論されていたが、その後、最終間氷期の地層から化石が報告されている。 https://t.co/E1HJbrPmrX
RT @ga3aat: 神奈川県厚木市における自由行動ネコ (Felis catus)の野生鳥獣に対する捕食圧 https://t.co/iyUM8uwqmN ネコが捕らえる鳥獣は年約60頭 住宅地132頭/ha,農村21頭/ha 捕獲数の50%を持ち帰るとされ、捕食される鳥獣…
RT @NekuiH: 史前帰化と言えば....イネクロカメムシ(イネノクロカメムシ)は稲作と共に日本列島やってきた可能性が議論されていたが、その後、最終間氷期の地層から化石が報告されている。 https://t.co/E1HJbrPmrX
@mkvet これが根拠らしいです。 https://t.co/ErXHqaQoKN
2014年10月に観察されたレンカク、ちゃんと論文になってたんだ、11月上旬までいたらしい、結構長いするもんなのかな? 伊豆沼・内沼におけるレンカク Hydrophasianus chirurgus の初記録 https://t.co/aNJVdXeNjM
RT @TetYahara: @PuiPuiYukke @oikawamaru 前川(1943)>https://t.co/vHziSVvYQE
RT @ChannelYurufuwa: このように繁殖に関する利害の不一致から、雌雄間で対立が発生する(ガードを振り払い雌が逃げるなど)現象は「性的対立」と呼ばれ、研究盛んな分野となっています。 ヤドカリで実験されていることが多いかな。気になった方はこちらの論文(日本語)な…

2 2 2 0 OA 新刊書紹介

『日本の野生メダカを守る』 野外の産卵生態,遺伝的撹乱の問題,飼育品種との関わり,実際の保全活動など,保全に必要な知識や考え方を解説。 水産学会誌で書評をいただきました! 2021年87巻3号の新刊書紹介PDF(294ページ)をご覧下さい! https://t.co/aGiksrHusX web注文https://t.co/UEJujSggO3
@ojikaori ゴミムシはまだしっかり嗅いだことないんですが、ゴキブリはフェノール、クレゾール系がゴキブリ臭と言われるにおいとされています。 この文献ではアオゴミムシにも共通の香気があるようですね。 https://t.co/1uKxQmhkaV
RT @TetYahara: @PuiPuiYukke @oikawamaru 前川(1943)>https://t.co/vHziSVvYQE
RT @popeetheclown: @TrinityNYC 確かに何でだろう?と思って調べてみると、答えはわからなかったのですが、古代では洗濯は男性の仕事だった場合も多く、女性の洗濯屋が現れたのは16世紀の都市部だとか。そもそも中世では洗濯は社会的行事だったこともあるらしいの…
RT @hurosinki: 中島明彦氏『医療供給政策の政策過程』の強火の書評がjstageに載っとる https://t.co/NDXkqIKy3q 【評者は、本書ケースIで分析された1962年の公的病院の病床規制は、武見日本医師会の政治圧力の影響を受けた厚生省の政策ミスで…
メモ: 旧中国における労働条件 https://t.co/oXIz2S3QKd 盲妹については、坂口安吾もエッセイで言っているとか。 それぞれの労働・生存条件は、きつそうだ。
RT @ga3aat: 神奈川県厚木市における自由行動ネコ (Felis catus)の野生鳥獣に対する捕食圧 https://t.co/iyUM8uwqmN ネコが捕らえる鳥獣は年約60頭 住宅地132頭/ha,農村21頭/ha 捕獲数の50%を持ち帰るとされ、捕食される鳥獣…
RT @sakura_is: @mokujiki2 おはようございます。添付資料14ページにはこういった記述もありますね。ご参考まで。 https://t.co/JMnDDDpuqn https://t.co/zXiRtdwN4Y
職場の巣箱カメラ、スズメの営巣が見られてラッキーだけれど、最初は卵が2つにヒナが1羽で少ないと思ったけれど、スズメの産卵数ってシジュウカラみたいに多くないんだね( ・∀・) 東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk https://t.co/oIZT66x48E
東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk スズメは非常に身近な鳥であるが,1980年代以降の繁殖に関する調査研究は報告されていない.これは,本種が建物の隙間などを利用して深い壺状の巣を造るため,巣内の確認が難しいことなどが影響している…
東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数(J-STAGE) https://t.co/82s0j2TVBk 平均ヒナ数とその標準偏差は1977~84年が3.4±1.3羽(n=22),90~91年が2.9±1.3羽(n=17),92年が2.5±1.1羽(n=45),93年が2.1±0.9羽(n=46),94年が2.2±1.1羽(n=55),95年が2.3± 1.1羽(n=44)で…
RT @konamih: なにこれ? CiNii 論文 -  幸福の科学からの反論 大川家の真実を明らかにする https://t.co/8lLDsFJnR1 #CiNii
https://t.co/XL5lvGrbs2 市と虹の話。娘がやってる東方のゲーム見てて、何気なく調べたらエライ話になった…。
@PuiPuiYukke @oikawamaru 前川(1943)>https://t.co/vHziSVvYQE
RT @Naga_Kyoto: 井上 学, 桐村 喬「戦前期における京都市電・市バスの利用に関する一考察」 https://t.co/Wk4JVmazYO 1937年の市電市バス交通調査を元に乗降客数を地図化。まだ西大路線が開通していないのに円町の乗降客数が多かったり、下鴨近辺…
国内希少野生動植物種のひとつであるムニンツツジの増殖・植栽手法。松本ほか 2004 (日本語論文、PDF直リンク注意) https://t.co/lOemb3aexu 遺伝情報に限らず、絶滅危惧種各種の飼育栽培手法の開発は生息域外保全に大きく貢献します。#論文紹介
RT @naoyukinkhm: 北海道におけるサケ野生魚の遺伝的特徴。佐藤・森田 2019 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/6Y7BEY8lI8 放流魚は野生魚と比べ遺伝的多様性が低く、また自然産卵が可能な非捕獲河川の方が遺伝的多様性は高い傾向にあ…
RT @5vFZvibXRZzddzE: 【朱の生産遺跡】最近は奈良県立医科大学の南武志先生の同位体分析により、弥生~古墳の墳墓に使われた「朱」に中国産、日本各地の産地の識別が進んでいますね。https://t.co/FvYOw3fNqw
RT @le16144: 昨日Mycoscienceに早期公開としてシロキツネノサカズキ属の新種記載論文が発表されました。 かつて岡山で見つかりダイトカイキツネノサカズキなんてふざけた仮称で呼ばれていた(呼んでたの二人くらいだけど)キノコ。 そう私の発見したキノコが新種として登…

45 12 6 0 OA 鎮火安心圖巻

RT @katsunomisanzai: 国会図書館デジタルコレクション『鎮火安心図巻』より。 よく探したらどこかにウォーリーいる気がする。 https://t.co/KvxZqpXheH
RT @hotaka_tsukada: 拙稿「愛媛玉串料訴訟の宗教–社会史―戦後政教分離訴訟の画期・再考― 」『宗教と社会』25号(2019年)が、完全オープンアクセスになりました!超重要判例を、その前後関係・背景まで含めて論じ、戦後宗教史上に位置付け、宗教概念を考えたものです…
北海道におけるサケ野生魚の遺伝的特徴。佐藤・森田 2019 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/6Y7BEY8lI8 放流魚は野生魚と比べ遺伝的多様性が低く、また自然産卵が可能な非捕獲河川の方が遺伝的多様性は高い傾向にあったようです。#論文紹介