著者
吉見 義明 田中 祐介
出版者
中央大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

研究代表者は、長野県筑北村で宮下土義日記(村長)、細田寸海子日記(主婦)の調査と収集を行なった。京都府では西山夘三日記(建築家)、大槻澪子日記(主婦)の調査と収集を行った。滋賀県ではある農民の日記の調査と収集を行なった。これらの一部または全部は写真撮影で収集した(農民日記は撮影を許可されなかったので、一部を筆写した)。細田氏については聞き取りも行なった。東京都で塚本昌芳日記(飲食業・不動産業)の一部をPDF化し、また、同氏への聞き取りを行なった。これらはいずれも、様々な角度から高度成長期の民衆意識の解明に資するものである。「女性の日記から学ぶ会」所蔵の日記類の目録作りを行い、永井幸喜日記(実業家)を完了し、時岡八七子日記(主婦)などの目録の一部を作成した。また、国立国会図書館所蔵の日記類の調査を行い、全体の3分の1程度のチェックを完了した。奈良県立図書情報館所蔵日記の調査を行った。さらに、平成27年度に収集した沖縄の日記に関する共同研究を行い、その成果の一部を公表した。研究分担者は、主として「女性の日記から学ぶ会」所蔵の日記類の目録作りを行ない、笠原徳日記(小学校教員)などの目録作りを完了した。同会所蔵日記類の目録づくりは、高度成長期の研究の基礎となる多様な日記の内容を明らかにするもので、今後の研究に大きな寄与をなすであろう。また、韓国で開催された "The main kurrent of Personal Document Study in East Asia"というシンポジュームに参加し報告した。これは、同時代の東アジアの日記の比較研究に道を開くものとなるであろう。
著者
林 博史 小野沢 あかね 吉見 義明 兼子 歩
出版者
関東学院大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

本研究は、日本軍「慰安婦」制度と米軍の性売買政策・性暴力の比較研究をおこなうことを目的としている。日本軍「慰安婦」制度と公娼制との関連の分析、米軍の性売買政策と米国の政策との関連の分析、ならびに日本と米国の性売買に対する思想と政策の比較分析をおこなうが、同時に、さらに広く世界史的な視野でとらえることによって、日本軍「慰安婦」制度と米軍の性売買政策・性暴力を比較し、それらの特徴を明らかにすることを目的としている。2016年度は、米国とイギリスにおいて、引き続き軍と性に関わる史料収集をおこなった。ジュネーブの国連文書館において、国際連盟時代の婦女売買禁止に関わる諸国の史料も収集し、国際的な比較をさらに広げるうえで貴重な史料を収集できた。韓国においては元日本軍「慰安婦」の方々への聞き取り調査を引き続き行い、中国南京の慰安所についての現地調査もおこなった。日本国内での公娼制についての史料も継続して収集している。2017年3月には、国内外での史料調査ならびに研究の集約とさらなる展開を目指してドイツにおいてワークショップと現地調査をおこなった。ドイツ国防軍の売春宿や強制収容所における売春宿、ドイツ軍のセクシャリティに関する研究者らの研究報告と議論を通じて、国際比較をおこなううえでの重要な視点と視野を得ることができた。またノイエンガメとラーベンスブリュック強制収容所を訪問し、そこでの囚人用売春宿の最新の研究成果を得ることができた。また韓国の研究者を日本に招請して研究会を開催し、韓国における最新の研究動向を把握することができた。以上のような調査研究を通じて、本共同研究を順調に進めることができたと考える。
著者
吉見 義明
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
機械學會誌
巻号頁・発行日
vol.29, no.115, pp.400-401, 1926-11
著者
吉見 義明
出版者
岩波書店
雑誌
思想 (ISSN:03862755)
巻号頁・発行日
no.811, pp.p73-99, 1992-01