著者
砂田 香矢乃 橋本 和仁 宮内 雅浩
出版者
社団法人 におい・かおり環境協会
雑誌
におい・かおり環境学会誌 (ISSN:13482904)
巻号頁・発行日
vol.44, no.3, pp.174-183, 2013-05-25 (Released:2017-10-11)
参考文献数
13

紫外光しか吸収しない酸化チタンをベースに,その表面に銅イオンや鉄イオンからなるアモルファス状のクラスター助触媒を担持することで,室内光下でも十分な光触媒活性を発揮する新規な可視光応答型光触媒材料を創製した.それらの材料は,可視光下で空気浄化や抗菌・抗ウイルス,セルフクリーニングなど多機能な性能を示した.抗菌・抗ウイルス効果を中心に病院や空港で製品に近い材料で実証試験を行うなど,光触媒製品のマーケット拡大をめざした取組みについても紹介する.
著者
橋本 和仁 入江 寛
出版者
公益社団法人 日本表面科学会
雑誌
表面科学 (ISSN:03885321)
巻号頁・発行日
vol.25, no.5, pp.252-259, 2004-05-10 (Released:2008-06-18)
参考文献数
12
被引用文献数
6 10

There exist two types of photo-induced effects on TiO2 surface. One is the conventional photocatalytic reaction and the other is photo-induced highly hydrophilic conversion, proceeding on the TiO2 surface irradiated with UV light. Various materials coated with TiO2 transparent films can show self-cleaning, anti-fogging, and cooling effects with small amount of water. Their industrial applications are also introduced. Moreover, the mechanism for the highly hydrophilic conversion is suggested, considering the recent experimental results. That is, not the conventional photocatalytic decomposition of the strains on the TiO2 surface but the increase in the amount of hydroxyl groups on its surface irradiated with UV light is responsible for the hydrophilic conversion.