言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

どれも江戸時代中期から明治初期にかけて書かれた、逸話集に出てくる話ですな。 ●切腹しなかったのは 『常山紀談』(左ページ) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/918159/7 捕縛された石田三成が本多正純に尋問され、自害しなかった理由について「切腹して敵に身柄を渡さないのは、葉武者(=雑兵)のやること。かつて絶体絶命の危機に臨んだ源頼朝は、最 ...
この逸話の出典は、いずれも江戸時代の中期以降に書かれた『明良洪範』や『茗話記』ですね。 史料価値としてはせいぜい三級品なので、歴史小説のネタには使われても、まじめに研究している人はいませんから、どこまで事実なのかよく分かりません。 しかし実際の話であってもなくても、石田三成の人物像を端的に表すものとして、含蓄のあるエピソードだと個人的には思っています。 ただ、質問者様の異説については ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 2 posts)

y@ё喼̏oTɂ‚āz @Oc킪@тL΂Ăb̏oTm肽B
【鼻毛大名の出典について】  前田利常が鼻毛を伸ばしていた逸話の出典が知りたい。

はてなブックマーク (1 users, 5 posts)

伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな
伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな
伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな
・政宗の目玉が飛び出し、片倉小十郎は切ったほうがいいと勧めた。政宗がやってみて大出血。 ・江戸城で泥酔した政宗を見かね、家光が乗り物を特例で呼んだら、調子に乗っていつも使うように。
・政宗の目玉が飛び出し、片倉小十郎は切ったほうがいいと勧めた。政宗がやってみて大出血。 ・江戸城で泥酔した政宗を見かね、家光が乗り物を特例で呼んだら、調子に乗っていつも使うように。

Twitter (35 users, 45 posts, 29 favorites)

ここで読めるよ【https://t.co/dUW3Ur1Z0F】 左のページの○からです
https://t.co/X56SoAhBcr "大蔵左衛門 此時 心付て 人は運さへ尽ねば矢炮もむざとは当らぬ者と云事を漸さとり其後 一度も場を去ず高名しけると也 誠に大将の人を遣ふ事 奇妙也とぞ感じける"
菊と刀を読み返すべきか迷う 明良洪範は、読めなくはないけど、すっげえ骨が折れそう。https://t.co/p6t42ttC5j
@nasunatu02 ネタと資料に事欠かない国会図書館の蔵書。私が学生の頃によく読んだ「明良洪範」もあります。お勧めします。 江戸中期成立の逸話・見聞集。江戸千駄ヶ谷聖輪寺の住持増誉(?‐1707,俗姓真田)の著。25巻,続編15巻。成立年不詳。 国書刊行会全一冊が閲覧・DLが可能です。 https://t.co/ThISQpKTNl
@mYclSsD7mqRbYDb えーと、ここへのリンクが検索すると出るんですけどね。 https://t.co/ThISQpKTNl
『明良洪範』の「今川家の赤薬」載ってる場所教えていただきました。巻二十二。 左ページ下段より。 https://t.co/Tvle4sYvGu
@haneko_tweet この話かな。『明良洪範』巻22 https://t.co/BztsAEUzqC p.303 の下段。
『明良洪範』なっげーな。探せないよ。他から行くか。 https://t.co/XPJs85IPMf
慈悲なる人明智光秀が何故かその日雀の子どもを踏み殺したエピソードは具体的に言うと明良洪範続篇9巻に載ってるよ。出来るオタクだからURLも貼る https://t.co/WpVqUkE0fC
https://t.co/uYjMtwgskH 続篇15巻の第7巻 御宿越前が事 「我等事元来は小田原北條氏政方に罷在」
https://t.co/Mq7GZ6JSbZ 明良洪範 : 25巻 続篇15巻 御臨終之事 三池の刀
林田左門の話は『明良洪範』のこれか。https://t.co/S9yn5uCT8u
https://t.co/YxXJJKh8cP インドの崑崙山には、鉄を金に変える技術があるという。ならば臆病者を武辺者に手術で変える技法もあるのだろう。こうして岩間大蔵左衛門は、武田信玄のほどこした乱暴な手術によって、理不尽にも人格が変わってしまった。実に奇妙な話だ。
とりあえず、私の中での伊達政宗なイメージは、老年時に殿中で老中相手に相撲取ってるようなの。最後まで傾いてるなあ。https://t.co/4zCspwaRQO
メモ:明良洪範はここで読める。https://t.co/n1fWswl8Ge ソハヤノツルキは続編の部分。ネット上で見掛けた文章だと、御宿家から進上されたとあっても、大坂の陣については何も書いてなかった。本当かどうか確認すべし。結城家に仕える前に家康に進上もありかも。
政宗には江戸城内で相撲して負けた話が(たぶん作り話だけど)あるからそのネタだったんだろうか https://t.co/IaQTcUrl1A https://t.co/Ee2rlfLzaT https://t.co/oN5KURGQyn
@sumoguri1 https://t.co/TIwmt3fmYy リンク先載せてなかった・・・すいません・・・
『明良洪範 : 25巻 続篇15巻』75コマめ http://t.co/fhBcEQ7Vkf
http://t.co/P1hjXVjrbF 目次ぼんやり見てもどこにみっただの逸話があるんだか
伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな http://t.co/rOtMNrpCcA
伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな http://t.co/rOtMNrpCcA
星野勘左衛門は三十三間堂の通し矢で天下一になった尾張藩士。下に書いた逸話は、近代デジタルライブラリの『明良洪範』で読めます(リンク先の左側のページ)。http://t.co/nV9BVDcT

Wikipedia (5 pages, 6 posts, 2 contributors)

編集者: Quark Logo
2022-03-18 13:41:52 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト