著者
津崎 実 入野 俊夫 堀川 順生 宮崎 謙一 牧 勝弘 竹島 千尋 大串 健吾 加藤 宏明 倉片 憲治 松井 淑恵
出版者
京都市立芸術大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2012-05-31

本研究は加齢による「聴力」の変化について知覚・生理現象観察と計算モデルを構築を目的とした。従来ほとんど関心を集めていなかった加齢性ピッチ・シフト現象について,十分な数の幅広い年齢層の聴取者を用いて,その現象が確実に生じることを突きとめ,さらに同じ聴取者に対する聴力検査,耳音響放射検査,脳波の周波数追随反応との相関分析を実施した。並行実施した非線形圧縮特性,聴神経の位相固定性などへの加齢による変容の基礎検討を通して,ピッチ・シフトはこれらの要因の変容によっては説明困難であること示し,新規の聴覚モデルの提案に至った。

言及状況

Twitter (6 users, 10 posts, 4 favorites)

@hiro_chum3 @drash5296 耳が早熟、ってことで
@S_TAN_ ピッチが上昇して知覚されてるみたい。 https://t.co/WvJLnSG2Mp
__φ( ╹ω╹ ) 。oO(絶対音感保持者に対して ・デジタルピアノ ・純音 ・基本周波数欠落音 ・非調波振幅変調音 ・反復リプル雑音 をヘッドホンで提示。 あれ?ヘッドホンで音聴くとピッチ変わって聴こえてこなかったっけ? https://t.co/WvJLnSG2Mp
@_ADA_LEO これ「加齢性ピッチシフト現象」というらしいです。去年被験者として実験に参加して、自分だけじゃないんだと知り少し気がラクになりました(笑 それからは音叉持ち歩いて暇があれば脳内ピッチと現実のすり合わせしてます。https://t.co/ViqgyitAHQ
https://t.co/JZiIGqAMnE
こんな研究ありました:加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理学的実験検討と計算モデルの構築(入野 俊夫) http://t.co/AyHzPQsQRM
こんな研究ありました:加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理学的実験検討と計算モデルの構築(入野 俊夫) http://t.co/DEZamQJNx8

収集済み URL リスト