著者
観山 正道 大関 真之
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.63, no.3, pp.104-111, 2020-03-10 (Released:2020-03-10)
参考文献数
16

We will review the principles and applications of recently developing quantum annealers represented by D-Wave machines, and discuss the applicability to material materials science.
著者
野口 亮 黒田 健太 河村 光晶 矢治 光一郎 原沢 あゆみ 飯盛 拓嗣 小森 文夫 辛 埴 尾崎 泰助 近藤 猛
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
日本表面真空学会学術講演会要旨集 2019年日本表面真空学会学術講演会 (ISSN:24348589)
巻号頁・発行日
pp.3Ha04S, 2019 (Released:2019-10-28)

非磁性のスピン分裂が生じるラシュバ効果は、スピントロニクスへの応用が期待されており、様々な物質でその発現が調べられている。本研究で我々は、Ag/Au(111)薄膜の量子井戸バンドにおいて膜厚と量子準位に依存したスピン分裂をレーザースピン分解ARPESによって見出した。さらに第一原理計算により、この振る舞いは量子閉じ込めによる電荷密度分布の変化によって説明できることを明らかにした。
著者
長谷川 瞬 國貞 雄治 坂口 紀史
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.63, no.8, pp.413-418, 2020-08-10 (Released:2020-08-10)
参考文献数
24

We investigated oxygen reduction reaction (ORR) activity of Pt single atoms and Pt sub-nano clusters (Pt1, Pt2 Pt3) on pristine and various light-element doped graphene using first-principles calculations based on density functional theory. We revealed that ORR activity of these systems shows so-called volcano plot with adsorption energy of an OH which is an ORR intermediate as well as bulk metal catalysts. Additionally, we note that ORR activity of Pt1 is higher than those of Pt2 and Pt3, and a support effect caused by light-elements doped graphene is more clearly observed in the cases of Pt1. Therefore, the combination of Pt1 and proper light-element doped graphene support is a promising candidate for designing a new catalyst that competes with the current fuel cell catalyst ; bulk Pt catalyst.
著者
都築 毅
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.62, no.12, pp.731-733, 2019-12-10 (Released:2019-12-10)
参考文献数
5
著者
渡邉 将 金内 貴文 ムン ジョンウォン 田邉 匡生 轟 直人 和田山 智正
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面科学学術講演会要旨集
巻号頁・発行日
vol.2018, 2018

固体高分子形燃料電池(PEFC)のカソードでは酸素還元反応(ORR)が進行する。現在、カソード反応促進のためにカーボンブラック上にPtナノ粒子を担持したPt/C触媒が広く用いられている。本研究ではPtナノ粒子とカーボン担体との相互作用の影響を明らかにするため、多層グラフェン及び欠陥を導入したグラフェンモデル担体上PtのORR特性について調査した。
著者
岡田 隆太 吉越 章隆 寺岡 有殿 神農 宗徹 山田 洋一 佐々木 正洋
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面科学学術講演会要旨集 第32回表面科学学術講演会
巻号頁・発行日
pp.28, 2012 (Released:2012-11-28)

Ge低指数面の中で電子移動度に優れる(111)は、電界効果トランジスタのチャンネルとして検討され、その酸化機構の解明は重要である。本研究では異なるEkによる表面酸化物の違いを放射光XPSにより調べた。Ek増加による酸素吸着量増加とそれに対応したGeの酸化成分の変化を発見した。吸着酸素の増加がGe3+形成に対して1.0 eVにエネルギー閾値を持つ活性化反応に起因することが分かった。
著者
吉越 章隆 岡田 隆太 寺岡 有殿 山田 洋一 佐々木 正洋 神農 宗徹
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面科学学術講演会要旨集 第32回表面科学学術講演会
巻号頁・発行日
pp.27, 2012 (Released:2012-11-28)

電界効果トランジスタの新チャネル材料として、Siよりもキャリア移動度等で優れたGeが注目され、Ge酸化物とその生成機構の解明が重要となっている。本研究では、代表的な低指数面であるGe(100)-2×1表面の超音速酸素分子線(2.2eV)とバックフィリングによる室温酸化を放射光XPSで比較した。分子線による吸着曲線の変化、吸着酸素量の増加と関連する吸着サイトの違いを明らかにしたので報告する。
著者
白根 昌之 山本 剛
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.63, no.3, pp.112-116, 2020-03-10 (Released:2020-03-10)
参考文献数
36

Quantum annealing is a method for finding the global minimum of a given objective function by using quantum fluctuations and is used mainly for combinatorial optimization problems where the search space is discrete. For ideal quantum annealing quantum bits which have long coherence time and scalability are necessary, and superconducting circuits are promising candidates for them. This is because high coherence is expected due to superconducting phenomena and high integration is realized by solid-state devices. In this paper quantum annealing based on superconducting parametric oscillators and related technology are introduced.
著者
桜井 充
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.61, no.8, pp.522-527, 2018-08-10 (Released:2018-08-10)
参考文献数
2
著者
新井 豊子
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.61, no.10, pp.632-638, 2018-10-10 (Released:2018-10-10)
参考文献数
25

Frequency modulation atomic force microscopy (FM-AFM) can simultaneously detect the conservative and non-conservative force interactions between a tip and a sample, based on the resonance frequency shift (Δf) and the mechanical energy dissipation of an oscillating cantilever, respectively. Here, we outline the energy dissipation measured by FM-AFM and introduce our recent results obtained through measurement of the energy dissipation. First, surface resistances can be evaluated in non-contact using the proportional relationship between the energy dissipation due to Joule heat and Δf due to the electrostatic attractive force. Second, Si adatoms on a Si(111)-(7×7) surface, which are observed to be static by FM-AFM, can move back and force between their stable sites and their neighboring quasi-stable sites, detected by measuring of the energy dissipation.
著者
長谷川 瞬 國貞 雄治 坂口 紀史
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.62, no.6, pp.344-349, 2019-06-10 (Released:2019-06-10)
参考文献数
23
被引用文献数
1

We investigated the adsorption states and diffusion behavior of Pt and Fe atoms on pristine and various light-element-doped graphene using first-principle calculations based on density functional theory to reveal the support that can keep particle size of metal clusters for a long time. We show a weak interaction between Pt, Fe atoms and pristine graphene. The corresponding diffusion barrier for a Pt atom on pristine graphene is only 0.14 eV, which causes rapid agglomeration of Pt clusters. However, light-element-doped graphene shows large diffusion barrier for metal atoms. Notably, O, Si and P doped graphene show large diffusion barrier for both Pt and Fe atoms. Therefore, these light-element-doped graphene is a promising support for Pt and Fe clusters.
著者
伝宝 一樹
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.62, no.6, pp.318-323, 2019-06-10 (Released:2019-06-10)
参考文献数
34

We have successfully created a Direct Simulation Monte Carlo (DSMC) model on a commercial FEM software COMSOL Multiphysics (COMSOL). As far as we know, this is the first DSMC model developed on COMSOL. Since two particles as a colliding pair cannot be sampled simultaneously from the same population in the Particle-tracing module of COMSOL, a new inter-molecular collision scheme named “quasi-Nanbu scheme” has been introduced to the model. The results obtained for benchmark problems using the present DSMC model agree well with those from a theory and other DSMC codes.
著者
石川 諒 中野 尭雄 島 龍之介 清水 麻希 本間 芳和
出版者
公益社団法人 日本表面真空学会
雑誌
表面と真空 (ISSN:24335835)
巻号頁・発行日
vol.61, no.12, pp.797-801, 2018-12-10 (Released:2018-12-10)
参考文献数
19

Single-walled carbon nanotubes (CNTs) are light and highly tensile, which makes them a candidate material for space elevator. However, CNTs are not resistant to oxidant. We studied the damage of CNTs caused by exposure to ozone using several kinds of single-walled CNTs with varying crystallinity and morphology. We found a correlation between the initial crystallinity and resistance to ozone : high-crystallinity CNTs with a small number of defects were lightly damaged by ozone exposure, while highly-defective CNTs were further damaged. The thickness of bundling also affected the resistance to ozone. High-crystallinity CNTs forming a thick bundle were most resistant to ozone.