著者
HIDEAKI KANZAWA-KIRIYAMA TIMOTHY A. JINAM YOSUKE KAWAI TAKEHIRO SATO KAZUYOSHI HOSOMICHI ATSUSHI TAJIMA NOBORU ADACHI HIROFUMI MATSUMURA KIRILL KRYUKOV NARUYA SAITOU KEN-ICHI SHINODA
出版者
一班社団法人 日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (ISSN:09187960)
巻号頁・発行日
vol.127, no.2, pp.83-108, 2019 (Released:2019-08-29)
参考文献数
139
被引用文献数
28 40

The Funadomari Jomon people were hunter-gatherers living on Rebun Island, Hokkaido, Japan c. 3500–3800 years ago. In this study, we determined the high-depth and low-depth nuclear genome sequences from a Funadomari Jomon female (F23) and male (F5), respectively. We genotyped the nuclear DNA of F23 and determined the human leukocyte antigen (HLA) class-I genotypes and the phenotypic traits. Moreover, a pathogenic mutation in the CPT1A gene was identified in both F23 and F5. The mutation provides metabolic advantages for consumption of a high-fat diet, and its allele frequency is more than 70% in Arctic populations, but is absent elsewhere. This variant may be related to the lifestyle of the Funadomari Jomon people, who fished and hunted land and marine animals. We observed high homozygosity by descent (HBD) in F23, but HBD tracts longer than 10 cM were very limited, suggesting that the population size of Northern Jomon populations were small. Our analysis suggested that population size of the Jomon people started to decrease c. 50000 years ago. The phylogenetic relationship among F23, modern/ancient Eurasians, and Native Americans showed a deep divergence of F23 in East Eurasia, probably before the split of the ancestor of Native Americans from East Eurasians, but after the split of 40000-year-old Tianyuan, indicating that the Northern Jomon people were genetically isolated from continental East Eurasians for a long period. Intriguingly, we found that modern Japanese as well as Ulchi, Korean, aboriginal Taiwanese, and Philippine populations were genetically closer to F23 than to Han Chinese. Moreover, the Y chromosome of F5 belonged to haplogroup D1b2b, which is rare in modern Japanese populations. These findings provided insights into the history and reconstructions of the ancient human population structures in East Eurasia, and the F23 genome data can be considered as the Jomon Reference Genome for future studies.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[あとで読む][アイヌ]

Twitter (70 users, 180 posts, 137 favorites)

@neo4558 @aurXCanJyw3ePxS @tokyoumare02 @nobutake_Ishii @uirousakura @motto1128 @azkn_t @hot_fujii Y-chromosome haplogroup D is common in , and Japanese (D1b) populations (Thangaraj et al., 2003) and is rare or absent in other populations. Haplogroup D1b is observed at high frequencies in three Japanese populations: Ainu (87.6%), https://t.co/tUWgwDKA2N
@xN15R2sCcpoCmSN 最初から間違ってますね DNAの調査からアイヌは縄文人に日本列島内で最も縄文人に近い遺伝的連続性を持つ人達であることが示されています https://t.co/k17pOxUQUc https://t.co/tUWgwDKA2N https://t.co/Zv4ibAmQ2H
@ishiwinozomu @bokukurakendayo @live_in_Toulon @tim123456789021 @Furuya_keiji >父系なら日本人の七割が日本固有種。  https://t.co/fd2VaGfr9F これもメチャクチャ、日本列島固有とされるY染色体遺伝子の変異型はアイヌ87%沖縄56%本土日本人(本州と九州で各36.6%27.8%) 根拠にするなら論文の様な客観的根拠に成るものを提示ください。君は勉強不足 https://t.co/tUWgwDtx0N
@alto_pocodun @nobutake_Ishii 図とは別のモノですが https://t.co/tUWgwDKA2N これが元に成る論文で先の論文のGrの論文の一つです 先の論文の連続性の文の後の This possible genetic continuity is corroborated by Y chromosome DNA analysis of the modern Ainu. 此処に相当する論文です
@numachili @nobutake_Ishii @choco__cornet @debi_wot @naopanama 縄文の系統は女系にも男系にも入っています。 先の論文は女系(mtDNA)の研究結果です 男系(Y染色体)を含む核DNAの研究は https://t.co/tUWgwDtx0N
@sanemarodreamj1 @tokyoumare02 @bernie_jrt この神澤(HIDEAKI KANZAWA)さんの論文に書いてあるのですよ https://t.co/tUWgwDtx0N ハプログループD1bは、アイヌ(87.6%)、内地(本州と九州でそれぞれ36.6%と27.8%)、琉球人(55.6%)の3つの日本人集団で高頻度に観察されます
@Lenny_gtr @rosswise @aminah2500 @vformZPAN8xNXWc 日本列島固有のY染色体遺伝子を87%保持している事がDNAの調査で示されているから 「先史時代の日本における新石器時代の縄文人の男性またはその祖先のグループ」の近縁の子孫であることがDNAの調査で示されています https://t.co/tUWgwDKA2N  貴方の知識はガセネタです
未だ論文を無視するの? https://t.co/tUWgwDtx0N this Y chromosome haplotype is thought to have contributed to the formation of the Neolithic Jomon males or their ancestral groups in prehistoric Japan . The classification of the F5 Y-haplogroup as D1b2b supports this hypothesis. https://t.co/YIN6IVl6oD
https://t.co/tUWgwDtx0N Y-chromosome haplogroup D is common in , and Japanese (D1b) populations (Thangaraj et al., 2003) and is rare or absent in other populations. Haplogroup D1b is observed at high frequencies in three Japanese populations: Ainu (87.6%),
@usK80ZMJunwHIrq @mir0_ @rosswise @sugipeak 否定したいなら何か客観的な根拠を見つけてからにしませんか? https://t.co/tUWgwDtx0N
@nonbei13 @forthman https://t.co/tUWgwDtx0N https://t.co/1Kx9wFBKq4
@hilo218 私の創作でなく 論文です https://t.co/tUWgwDtx0N
@hilo218 根拠に竹田をだしてどうすんの? https://t.co/tUWgwDKA2N ハプログループD1bは,アイヌ(87.6%),本土(36.6%と27.8%),琉球人(55.6%)の3つの日本人集団で高頻度に観察されます; このY染色体ハプロタイプは,先史時代の日本における新石器時代の縄文人の男性またはその祖先のグループの形成に貢献した
@hriihM @BeJapanese @gc8555Alto @rosswise https://t.co/hnJfl4aaAc In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/k17pOxDNSc Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people. などです
@fbunkpjqye8HOfE @rosswise @Lynch20063655 20世紀です 解析は最近です https://t.co/tUWgwDtx0N 論文はこれです
@saintarrow @nagaoka_sun @ASakumugi @tokunaga_eri だから、この論文の中のどこの記述から分かるのですか? https://t.co/pL28ZstRUv
@yMOfVU5mOqJcntl @nagaoka_sun @ASakumugi @tokunaga_eri 仕方がない人だな、調べればすぐに出てくる事です 論文はこれ https://t.co/tUWgwDtx0N アイヌの先住民問題とは関係ない科学の話です
@yYtTNxZXF1UvWZR @qiTxSidbY1amHXp @onoderamasaru @Japan_hh https://t.co/tUWgwDtx0N これが現時点の研究成果です https://t.co/lTNOolapNf
@jpkhxt01 @rosswise @LWSsKz2hObBBuYv https://t.co/tUWgwDtx0N 日本人の縄文人の祖先の割合は13%であり,TreeMix(15.7%)およびqpGraph分析(9%;図13,表5 )の値よりもわずかに小さかった。琉球とアイヌの比率はそれぞれ約27%と66%でした ハプログループD1bは,アイヌ(87.6%),日本本土(本州と九州でそれぞれ36.6%と27.8%),琉球人(55.6%
@hiroshi55954494 @onoderamasaru DNAの研究結果です https://t.co/tUWgwDsZbf 日本人本土の縄文人の祖先の割合は13%であり、reeMix(15.7%)およびqpGraph分析(9%;図13、表5 )の値よりもわずかに小さかった。)。琉球とアイヌの比率はそれぞれ約27%と66%でした。
@MASA75474659 @rosswise @kikigaki_owl @yamazogaikuzo >食文化の変化から 要は狩猟から稲作へ切り替わったから 縄文人→弥生人へと骨格が変わって来た 何処の論文に書いてあるの? ゲノム解析の結果は違います https://t.co/tUWgwDtx0N 「本土日本人の縄文人の祖先の割合は13%」 ですので、 遺伝子が変わっているのです
@amamiya_Key @Kokihanada3 否定などされていません。貴方の思い違いです 現時点での遺伝子科学で示せている事です 論文は https://t.co/tUWgwDtx0N 縄文人とアイヌが近縁であることは現時点で覆す知見は見つかっていません
@8fZvLE6GsjWDkrc @Serok_Ayris https://t.co/l83e8qTBJ5 この様な嘘があるが、アイヌが持つY染色体ハプログループD1b自体が日本固有で this Y chromosome haplotype is thought to have contributed to the formation of the Neolithic Jomon males or their ancestral groups in prehistoric Japan https://t.co/tUWgwDtx0N となる
@8fZvLE6GsjWDkrc @Serok_Ayris 現在の遺伝子解析で得られている知見は https://t.co/hnJfl4aaAc In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/k17pOxDNSc Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people.
@Ax2Junky @nobutake_Ishii 現在の遺伝子解析で得られている知見は https://t.co/tUWgwDtx0N In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/k17pOxDNSc Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people.
@m_9_fuji @nobutake_Ishii @TwitterSupport https://t.co/nNlYwnoxi8 これをリツイートしてますね 論文を否定するのですね? https://t.co/tUWgwDKA2N In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon
@m_9_fuji @nobutake_Ishii シドさんは https://t.co/tUWgwDtx0N この論文が this Y chromosome haplotype is thought to have contributed to the formation of the Neolithic Jomon males or their ancestral groups in prehistoric Japan として アイヌをY染色体遺伝子で縄文に辿って居ることを否定しますか?
@nobutake_Ishii @lqvvjMRsfd1Q4hX パルチザン石井の嘘の事例 https://t.co/o29kBG6dtH 論文の結論は https://t.co/tUWgwDKA2N In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon,
@m_9_fuji mtDNAだけでは縄文との遺伝関係は明確になりません 情報量が少ないからです それでも安達登先生は遺伝的特性を色濃く受け継ぐとしてますhttps://t.co/hiqkrlorgR 別にY染色体を含む核DNAの解析が行われ「アイヌは船泊縄文人に遺伝的に最も近い」の結果も得られてます。 https://t.co/tUWgwDtx0N
モダンアイヌのD1b2bを特定した研究論文は辿ってます https://t.co/tUWgwDtx0N 先史時代の日本における新石器時代の縄文人の男性またはその祖先のグループの形成に貢献したと考えられ アイヌは船泊縄文人に遺伝的に最も近いが、カムチャツカ半島、、、、生息する先祖の集団からも遺伝子流動を受けた https://t.co/t4B5kv551F
@AwtWEx1ajAcuglf @tokyoumare02 「日本人本土の縄文人の祖先の割合は13%であり、TreeMix(15.7%)およびqpGraph分析(9%;図13、表5 )の値よりもわずかに小さかった。)。琉球とアイヌの比率はそれぞれ約27%と66%でした。」 https://t.co/tUWgwDtx0N
@nobutake_Ishii @YM5E9FdHJbBIPkE @TGonzaburo ここ >mtDNAとY染色体ハプログループを合わせた整合性のある情報が見聞したい 回答 https://t.co/hnJfl4aaAc the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/k17pOxDNSc Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people
@SAKUMA75423993 インチキに誤魔化されてはダメ https://t.co/tUWgwDKA2N 「アイヌは船泊縄文人に遺伝的に最も近いが、カムチャツカ,アムール川下流域,およびシベリア北東部に生息する先祖の集団からも遺伝子流動」 アイヌは船泊縄文人に遺伝的に最も近い
@mU9PmtYLvahABi9 アイヌの遺伝的特徴は、北海道縄文人とそれに続くオホーツク文化の人々を通じたアムール南部地域のシベリア遺伝子の入力に基づいている(日本語訳) https://t.co/tUWgwDtx0N この江戸期のアイヌのmtDNA解析で分かったことです
@ktakano18 @nobutake_Ishii https://t.co/E4PcqJdpUs https://t.co/tUWgwDtx0N F23を3つの日本人集団(アイヌ、内地日本人、琉球)および他の東ユーラシア人と比較し、アイヌは遺伝的にF23に最も近いが、正確にはクラスター化していない (日本語訳)F23は縄文人女性
@nobutake_Ishii @nagaoka_sun 石井さんが根拠にだしたこのブログhttps://t.co/WSjAK1Ozok のアイヌのY染色体DNAのネタ元は https://t.co/tUWgwDtx0N この論文でしょう。 従って、下図の結果(アイヌは縄文に最も近縁)となるモダンアイヌのDNAです https://t.co/E79CfNiTaf
@nobutake_Ishii @nagaoka_sun このブログhttps://t.co/mo01Crh13X を根拠にして 論文 礼文島船泊縄文人F5,F23研究の論文https://t.co/tUWgwDtx0N の見解を自信満々で無視する石井さん。
@nobutake_Ishii https://t.co/tUWgwDtx0N Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan の日本語訳より
@azkn_t @ryoutaro_kun 鎌倉時代に、まだ縄文人が住んでいたと思うのかな? https://t.co/tUWgwDtx0N 日本人3集団における縄文人DNAの割合を推定しました。韓国語をソース母集団として使用した場合、日本人本土の縄文人の祖先の割合は13%であり、、、琉球とアイヌの比率はそれぞれ約27%と66%でした。
@haplotypeD @nobutake_Ishii >遺伝的特徴を持つ集団が、他の集団とどれ位しっかり混ざっているか? この解析結果(↓図)では琉球と本土日本でも区別可能な差があり、アイヌは縄文と最も近い特性がでている。 アイヌは本土日本人の影響を受けていることも示している https://t.co/ySMIMs9lEk
@haplotypeD @nobutake_Ishii https://t.co/tUWgwDtx0N この論文に活用されている SNP解析は統計学の応用。 論文にあるグラフはSNP解析を使ってアイヌや本土日本人や琉球人や中国人などの集団の特徴(違いや類似)を示しています https://t.co/ySMIMs9lEk
@haplotypeD @nobutake_Ishii https://t.co/tUWgwDtx0N この論文に活用されている SNP解析は統計学の応用。 論文にあるグラフはSNP解析を使ってアイヌや本土日本人や琉球人や中国人などの集団の特徴(違いや類似)を示しています https://t.co/ySMIMs9lEk
@nobutake_Ishii https://t.co/ySMIMs9lEk しかし、綺麗なグラフですね 琉球人と本土日本人と縄文人と大陸や朝鮮の人との関連性がとても良く示され、アイヌの人がとても縄文人に近いことも示されています
@nobutake_Ishii 出典は https://t.co/tUWgwDKA2N の Figure 12 Principal component analysis of F23, Ainu, Ryukyuan, Mainland Japanese, and fully public Affymetrix Human Origins present-day East Asians. で アイヌは遺伝的にF23に最も近いが、正確にはクラスター化していないことを示しました(日本語訳)
@nobutake_Ishii 論文が根拠に成らないのですか? https://t.co/wD45J5dBRa アイヌは遺伝的にF23に最も近い
@nobutake_Ishii ?論文が根拠に成らないのですか? https://t.co/wD45J5dBRa https://t.co/c1i81JREIV
@nobutake_Ishii 「アイヌは縄文と関係が無い」 DNAの解析によりアイヌは縄文と関係が強い事が示された https://t.co/c1i81JREIV https://t.co/wD45J5dBRa 「アイヌ語由来の地名はない」 洞爺湖はアイヌ語の「ト(沼)」+「ヤ(岸辺)」に由来する。 「無い」を否定するには1事例を示せばお終い
@tokyoumare02 https://t.co/wD45J5dBRa In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/c1i81JREIV Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people. 縄文=アイヌを否定しアイヌと縄文が近い事を明らかにした
@inocche2222 @HmdoxjmZ @YM5E9FdHJbBIPkE @BjOgu5F4DGuCGwn @Takitsu_Fuji @pralinek_ @keinikuniku @komakimaco @mfuji1 @soft_tractor @Pooh_advanced @MituzoJ @axh3tv4f @KaYamada126 @Bo_San_2D @PachelbelCanonD @lovejpkr39 @onino_huguri @6E1944 @VdTZa92sTDsY4tD @busokuten @mitugoro2 @YlFazqjm2dbwKkj @battlepodx @endofjapanboy @yukon453 @hirohir00010018 @kakitubata14 @asakurareiya @nagaoka_sun @asacoa @jupiterthunder_ @Venom76392163 @kana71764655 @sato859 @izumiya_001 @karusatonotora @goldbug15 @Number_2019 @schmalkaizen @ManWood01123840 @newmakkiki @asatian @satsuma00ss @ekesete1 @tim123456789021 @kentaha9 @go8O7zf4o5jW1ZL @ObLaDiOblako2 @1Y3x7tdVLGVp8cg 書籍なら「日本人の源流」斎藤成也 論文なら https://t.co/wD45J5dBRa In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/c1i81JREIV Our findings indicate that the Ainu still retain the matrilineage of the Hokkaido Jomon people. でしょう。
@HmdoxjmZ @karusatonotora @6E1944 @inocche2222 @komakimaco @pralinek_ @nagaoka_sun @rosswise @keinikuniku @jupiterthunder_ @ogunono @K94_5010 @asakurareiya @Pooh_advanced @Bo_San_2D @cawaiikumasan @hirohir00010018 @yukon453 @kakitubata14 @ponta0088 @mfuji1 @mitugoro2 @PachelbelCanonD @asacoa @Venom76392163 @VdTZa92sTDsY4tD @kana71764655 @sato859 @izumiya_001 @soft_tractor @BjOgu5F4DGuCGwn @goldbug15 @onino_huguri @Number_2019 @schmalkaizen @ManWood01123840 @newmakkiki @asatian @satsuma00ss @ekesete1 @tim123456789021 @kentaha9 @go8O7zf4o5jW1ZL @battlepodx @ObLaDiOblako2 @MituzoJ @1Y3x7tdVLGVp8cg @makotodeth @twstament2338 @ainu_museum https://t.co/wD45J5dBRa In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, but also received gene flow from ancestral populations that inhabited Kamchatka, Lower Amur River region, and far northeast Siberia. アイヌは船泊縄文に遺伝的に最も近い。
@YM5E9FdHJbBIPkE @m_9_fuji ミトコンドリアDNAやY染色体DNAで分析していた時代の論理でしょうね。現在は多くの核DNAの分析で遺伝的つながりを調ます。https://t.co/wD45J5dBRa In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, https://t.co/cQsXshTYzr
@nobutake_Ishii https://t.co/wD45J5dBRa これを何度も上げてます ここの最後の方の図です
@m_9_fuji @tulalalan >アイヌと縄文は違う。 此処から間違いですね アイヌと縄文人の遺伝情報は近いです https://t.co/kbLdRUJzta 2019 In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, アイヌは船泊縄文に遺伝的に最も近い。 F23が縄文人の遺伝情報です https://t.co/avId7nqWaO
@nobutake_Ishii @NecoskiN @Mirai_Watalu そうだね。 アイヌが縄文人に一番近い人達だとわかった https://t.co/wD45J5dBRa https://t.co/85QQEItpkd
@MAKIZUSIch https://t.co/wD45J5dBRa In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, 現在の研究では、アイヌは遺伝的に船戸縄縄文人に最も近い https://t.co/lULN0onF3R
@tantantakotan @onoderamasaru https://t.co/wD45J5dBRa アイヌが新石器時代の縄文人に最も近いようだよ
@m61963133 @manabu03 @onoderamasaru https://t.co/wD45J5dBRa この研究では アイヌは遺伝的に新石器時代の先住民の縄文人に持ったも近いとしています。 東アジアからの渡来人の遺伝が強い倭人が住んでいた場所にアイヌが渡来した事をしめす科学的根拠は有りません
@kov_japan @suzukinaomichi https://t.co/wD45J5dBRa リンク提示し直しました
@nobutake_Ishii 1) https://t.co/gYWiAO048n 2) https://t.co/kbLdRUJzta 3) https://t.co/c1i81JREIV これで3本の論文が「アイヌは縄文と関係が無い」と逆の結論でした。 何を根拠に君は「アイヌは縄文と関係が無い」するのだ?
@m_9_fuji https://t.co/wD45J5dBRa この論文の一員に篠田謙一先生が参加されてました https://t.co/VYz8hBSypS
@hahahashindo @nobutake_Ishii 1) https://t.co/gYWiAO048n 2) https://t.co/wD45J5dBRa 3) https://t.co/c1i81JREIV これで3本の論文が「アイヌは縄文と関係が無い」と逆の結論でした。 リンク不具合訂正
@HmdoxjmZ @PachelbelCanonD @BjOgu5F4DGuCGwn @raku_ironman @VdTZa92sTDsY4tD @lovejpkr39 @sato859 @inocche2222 @6E1944 @uNqX3QJ5iXEVoTG @Venom76392163 @komakimaco @kentaha9 @hirohir00010018 @schmalkaizen @ManWood01123840 @newmakkiki @mfuji1 @asatian @satsuma00ss @ekesete1 @tim123456789021 @asakurareiya @go8O7zf4o5jW1ZL @battlepodx @ObLaDiOblako2 @Pooh_advanced @MituzoJ @Bo_San_2D @1Y3x7tdVLGVp8cg @makotodeth @soft_tractor @twstament2338 @ogunono @drbsiel1saq3bXx @badjoe20151 @otsukaikumasan @dennokoziguzagu @anokodokonoko @Number_2019 @onino_huguri @asacoa @Magmag214 @2goRPeSy5hsxd37 @jupiterthunder_ @SunSon_Snow27 @mgdagmpavmgd @KebyJr @kamikaze_49_730 @WAYvAGlSb6RcNym Y染色体の単純な違いだけで適当に作られた動画を根拠にしても無意味です 私の提示した図は今現在の科学的解析で得られた研究結果で論文に成っています https://t.co/wD45J5dBRa 2019年ですから最新でしょう SNPを活用して主成分分析した結果です
@hahahashindo @nobutake_Ishii 根拠あるの DNAの相対的位置関係や骨の形質で科学的に近い事が今現在の科学的分析で示されています 1) https://t.co/gYWiAO048n 2) https://t.co/kbLdRUJzta 3) https://t.co/c1i81JREIV これで3本の論文が「アイヌは縄文と関係が無い」と逆の結論でした。
@nobutake_Ishii 1) https://t.co/5hvO2LyPD7 2) https://t.co/wD45J5dBRa 3) https://t.co/c1i81JREIV これで3本の論文が「アイヌは縄文と関係が無い」と逆の結論でした。
@ken2293 @nobutake_Ishii this Y chromosome haplotype is thought to have contributed to the formation of the Neolithic Jomon males or their ancestral groups in prehistoric Japan . The classification of the F5 Y-haplogroup as D1b2b supports this hypothesis. https://t.co/Agzbs1OBnP より
@nobutake_Ishii https://t.co/wD45J5dBRa Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan この図も1点は1検体です。右上の点がF23 の相対位置です。これを差別とする非難があるのでしょうか? https://t.co/ikr10BKpWT
@chisatan @nobutake_Ishii https://t.co/wD45J5dBRa 2019 In the current study, the Ainu was genetically closest to the Funadomari Jomon, but also received gene flow from ancestral populations that inhabited Kamchatka, Lower Amur River region, and far northeast Siberia. アイヌは船泊縄文に遺伝的に最も近い。
@nobutake_Ishii https://t.co/n2I0dzJ9fE Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan HIDEAKI KANZAWA-KIRIYAMA, TIMOTHY A. JINAM, YOSUKE KAWAI, TAKEHIRO SATO, KAZUYOSHI
@nagaoka_sun @ichi1ichi12 @inocche2222 @asacoa @Mi5Sas @PachelbelCanonD @jupiterthunder_ @ogunono @Takitsu_Fuji @K94_5010 @HmdoxjmZ @schmalkaizen @sports_hoo @rosswise @Bo_San_2D @BvVnTUGEwwqBJy1 @BjOgu5F4DGuCGwn @asakurareiya @AARKdbWeK7hQeCV @MituzoJ @pralinek_ @WAYvAGlSb6RcNym @drbsiel1saq3bXx @My068ddc7nB8SEd @LOI_NTV @Number_2019 @Venom76392163 @onino_huguri @noharra @1Y3x7tdVLGVp8cg @hirohir00010018 @w40910293 @newmakkiki @6E1944 @Pooh_advanced @sato859 @asatian @satsuma00ss @ekesete1 @komakimaco @tim123456789021 @kentaha9 @go8O7zf4o5jW1ZL @battlepodx @ManWood01123840 @ObLaDiOblako2 @makotodeth @VdTZa92sTDsY4tD @soft_tractor @twstament2338 礼文島の船泊貝塚で1998年に発見された二つの人類遺骸のうち、F5と呼ばれるものは男性でYHg-D1b2bが発見されました。これまで「縄文系」のYHgで詳細に分類できていた個体は全員D1b2aだったので新発見と書いていますね。online:https://t.co/x7LSFSOWvR
@nobutake_Ishii まず、大和政権に支配される前に群馬栃木が出雲の神道の崇拝と縄文人の分布を知りたいのです。 https://t.co/ZMmdclSod3 「縄文人が現代の東ユーラシア人にとって系統発生的に基礎的であり、彼らのDNAが現代の日本人集団に受け継がれていることを明らかにしました。」 https://t.co/uL2mcvoVfF
礼文島の船泊貝塚で1998年に発見された二つの人類遺骸のうち、F5と呼ばれるものは男性でYHg-D1b2bが発見されました。これまで「縄文系」のYHgで詳細に分類できていた個体は全員D1b2aだったので新発見と書いていますね。online: https://t.co/x7LSFSOWvR https://t.co/CRYfcENvqS
@zDt3D4A5i4kvPI9 礼文島の船泊貝塚で1998年に発見された二つの人類遺骸のうち、F5と呼ばれるものは男性でYHg-D1b2bが発見されました。これまで「縄文系」のYHgで詳細に分類できていた個体は全員D1b2aだったので新発見と書いていますね。 https://t.co/x7LSFSOWvR
@sports_hoo Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan https://t.co/yp8tkHlQlf
@xiongmao53 @fushunia 4万年前頃の田园(田園)(Tianyuan)人と他集団との遺伝的距離は系統樹で示されます。2019年5月公開の論文の下図で明らかなように、田園人は船泊縄文人(F23)よりも現代ユーラシア東部集団と遠い関係にあります。 https://t.co/XgnWv0P0iC
濃くなるはずがない。 大体、アイヌが7割ぐらい縄文人の遺伝子を受け継いでいるのに対し、和人は1割ぐらいしか受け継いでいないという全ゲノム解析結果は、ある否定論者がリンクした論文に書いてあった話なのである(笑)。 https://t.co/PbUXQjteun
引用否定論者の言う『北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノム』とは以下にリンクした『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan』のことであるが、別に専門論文などよまなくても、一般向けの➡ https://t.co/PbUXQjteun
彼が上左スクショで示した『北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノム』とは以下にリンクした『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan』 https://t.co/PbUXQjteun のことであるが、別に専門論文などよまなくても、一般向けの➡
@Ex_kitaguni グーグルだと機械翻訳できます。 https://t.co/PbUXQjteun 簡単に解説した記事としては。 https://t.co/VxjtvEtqU2
しかも、3500〜3800年前の船泊縄文人の話です。 nobutake_Ishii氏が引用した論文。 https://t.co/PbUXQjteun 大体、本州以南の縄文人が弥生時代以降、列島に渡来した弥生人と交雑して現代本土日本人が形成され、アイヌがオホーツク文化人の影響を受けたものの、基本的に縄文人の遺伝子を色濃く残し➡
はい、曲解。 貴方の提示した論文 https://t.co/PbUXQjteun の概要Abstractで言っている《大陸の集団から長期にわたって遺伝的に孤立していた》のは縄文人一般ではなく、北方縄文人Northern Jomon people。しかも、3500〜3800年前の話。 https://t.co/OVwEPxeDwa https://t.co/NDBh71NJPk
Ishi氏のリンクした論文。正確にはプレスリリース。 https://t.co/6rM4FKAm4U そのプレスが紹介した論文。 https://t.co/PbUXQjteun https://t.co/ybLu3hcE4X https://t.co/1dzFTa2OS9
@nobutake_Ishii 元論文のリンクが切れてますので再リンク。 https://t.co/PbUXQjteun
@ishiwinozomu @nobutake_Ishii 元論文がリンク切れしているので。 https://t.co/PbUXQjteun
@nobutake_Ishii 失礼。 https://t.co/PbUXQjteun
(補足)元論文の該当箇所。 https://t.co/PbUXQjteun Intriguingly, we found that modern Japanese as well as Ulchi, Korean, aboriginal Taiwanese, and Philippine populations were genetically closer to F23 than to Han Chinese.
ただ、《近かった》というのは相対的問題ですね。元の論文https://t.co/aM736DKfsz… には、《現代の日本人とウルチ、韓国人、台湾原住民、フィリピンの住民は、漢民族“よりも”遺伝的にF23に近いことがわかりました。》とあります。 ※F23=今回ゲノム解析された船泊縄文人の女性。 https://t.co/00uo74sBIu
@nobutake_Ishii (参考) 石井氏リンクのプレスリリース。 https://t.co/6rM4FKAm4U 同プレスリリースが発表を伝えた論文。 『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan(北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノ ム)』 https://t.co/PbUXQjteun
@nobutake_Ishii 石井氏がリンクされたプレスリリースが発表を伝えた英文論文https://t.co/aM736DKfsz… には、「縄文由来遺伝子の割合は、本土日本人(和人)13%、琉球人27%、アイヌ66%」とあります。 参考までに、元記事スクショとグーグル機械翻訳をスクショしておきます。 https://t.co/UiqK6m0j78
@m_9_fuji プレスリリースの「古代日本人のDNA研究」という表現は、一般向けの表現だとしても不適切じゃよ。 https://t.co/9DPYECraRZ これの中に「古代日本人」にあたる言葉はあるのか? 読んどらんの? (もう一度ミスをおしえるが、遺伝子研究所じゃなく遺伝学研究所じゃよ。あわてず入力するんじゃよ。)
@Ex_kitaguni @OblakoObLaDa @daykazu @C6HgjZhn8RRamo3 @oku3ma3 @MitsuruSwiftie @unkokusaimevius @sarpa50658381 @ozawajun @safefield @mikki_3octave @Mikaduki_1640 @yamamototakpc @onoderamasaru その国立科学博物館のプレスリリースで、 https://t.co/6rM4FKAm4U 日本人類学会の英文雑誌を紹介しているのですが。 https://t.co/PbUXQjteun
@Ex_kitaguni @OblakoObLaDa @daykazu @C6HgjZhn8RRamo3 @oku3ma3 @MitsuruSwiftie @unkokusaimevius @sarpa50658381 @ozawajun @safefield @mikki_3octave @Mikaduki_1640 @yamamototakpc @onoderamasaru プレスリリースは基本、論文を発表したと紹介しただけのもので、日本人類学界の英文雑誌に掲載された当該論文にはちゃんと記載があります。原文とグーグルクロームの翻訳機能を使って和訳したものもスクショします。 https://t.co/PbUXQjteun https://t.co/ga4zqTKJd5

収集済み URL リスト