著者
HIDEAKI KANZAWA-KIRIYAMA TIMOTHY A. JINAM YOSUKE KAWAI TAKEHIRO SATO KAZUYOSHI HOSOMICHI ATSUSHI TAJIMA NOBORU ADACHI HIROFUMI MATSUMURA KIRILL KRYUKOV NARUYA SAITOU KEN-ICHI SHINODA
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (ISSN:09187960)
巻号頁・発行日
vol.127, no.2, pp.83-108, 2019 (Released:2019-08-29)
参考文献数
139
被引用文献数
1 15

The Funadomari Jomon people were hunter-gatherers living on Rebun Island, Hokkaido, Japan c. 3500–3800 years ago. In this study, we determined the high-depth and low-depth nuclear genome sequences from a Funadomari Jomon female (F23) and male (F5), respectively. We genotyped the nuclear DNA of F23 and determined the human leukocyte antigen (HLA) class-I genotypes and the phenotypic traits. Moreover, a pathogenic mutation in the CPT1A gene was identified in both F23 and F5. The mutation provides metabolic advantages for consumption of a high-fat diet, and its allele frequency is more than 70% in Arctic populations, but is absent elsewhere. This variant may be related to the lifestyle of the Funadomari Jomon people, who fished and hunted land and marine animals. We observed high homozygosity by descent (HBD) in F23, but HBD tracts longer than 10 cM were very limited, suggesting that the population size of Northern Jomon populations were small. Our analysis suggested that population size of the Jomon people started to decrease c. 50000 years ago. The phylogenetic relationship among F23, modern/ancient Eurasians, and Native Americans showed a deep divergence of F23 in East Eurasia, probably before the split of the ancestor of Native Americans from East Eurasians, but after the split of 40000-year-old Tianyuan, indicating that the Northern Jomon people were genetically isolated from continental East Eurasians for a long period. Intriguingly, we found that modern Japanese as well as Ulchi, Korean, aboriginal Taiwanese, and Philippine populations were genetically closer to F23 than to Han Chinese. Moreover, the Y chromosome of F5 belonged to haplogroup D1b2b, which is rare in modern Japanese populations. These findings provided insights into the history and reconstructions of the ancient human population structures in East Eurasia, and the F23 genome data can be considered as the Jomon Reference Genome for future studies.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 57 posts, 22 favorites)

@xiongmao53 @fushunia 4万年前頃の田园(田園)(Tianyuan)人と他集団との遺伝的距離は系統樹で示されます。2019年5月公開の論文の下図で明らかなように、田園人は船泊縄文人(F23)よりも現代ユーラシア東部集団と遠い関係にあります。 https://t.co/XgnWv0P0iC
濃くなるはずがない。 大体、アイヌが7割ぐらい縄文人の遺伝子を受け継いでいるのに対し、和人は1割ぐらいしか受け継いでいないという全ゲノム解析結果は、ある否定論者がリンクした論文に書いてあった話なのである(笑)。 https://t.co/PbUXQjteun
引用否定論者の言う『北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノム』とは以下にリンクした『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan』のことであるが、別に専門論文などよまなくても、一般向けの➡ https://t.co/PbUXQjteun
彼が上左スクショで示した『北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノム』とは以下にリンクした『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan』 https://t.co/PbUXQjteun のことであるが、別に専門論文などよまなくても、一般向けの➡
@Ex_kitaguni グーグルだと機械翻訳できます。 https://t.co/PbUXQjteun 簡単に解説した記事としては。 https://t.co/VxjtvEtqU2
しかも、3500〜3800年前の船泊縄文人の話です。 nobutake_Ishii氏が引用した論文。 https://t.co/PbUXQjteun 大体、本州以南の縄文人が弥生時代以降、列島に渡来した弥生人と交雑して現代本土日本人が形成され、アイヌがオホーツク文化人の影響を受けたものの、基本的に縄文人の遺伝子を色濃く残し➡
はい、曲解。 貴方の提示した論文 https://t.co/PbUXQjteun の概要Abstractで言っている《大陸の集団から長期にわたって遺伝的に孤立していた》のは縄文人一般ではなく、北方縄文人Northern Jomon people。しかも、3500〜3800年前の話。 https://t.co/OVwEPxeDwa https://t.co/NDBh71NJPk
Ishi氏のリンクした論文。正確にはプレスリリース。 https://t.co/6rM4FKAm4U そのプレスが紹介した論文。 https://t.co/PbUXQjteun https://t.co/ybLu3hcE4X https://t.co/1dzFTa2OS9
@nobutake_Ishii 元論文のリンクが切れてますので再リンク。 https://t.co/PbUXQjteun
@ishiwinozomu @nobutake_Ishii 元論文がリンク切れしているので。 https://t.co/PbUXQjteun
@nobutake_Ishii 失礼。 https://t.co/PbUXQjteun
(補足)元論文の該当箇所。 https://t.co/PbUXQjteun Intriguingly, we found that modern Japanese as well as Ulchi, Korean, aboriginal Taiwanese, and Philippine populations were genetically closer to F23 than to Han Chinese.
ただ、《近かった》というのは相対的問題ですね。元の論文https://t.co/aM736DKfsz… には、《現代の日本人とウルチ、韓国人、台湾原住民、フィリピンの住民は、漢民族“よりも”遺伝的にF23に近いことがわかりました。》とあります。 ※F23=今回ゲノム解析された船泊縄文人の女性。 https://t.co/00uo74sBIu
@nobutake_Ishii (参考) 石井氏リンクのプレスリリース。 https://t.co/6rM4FKAm4U 同プレスリリースが発表を伝えた論文。 『Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan(北海道船泊遺跡から出土した後期縄文時代人の男女の全ゲノ ム)』 https://t.co/PbUXQjteun
@nobutake_Ishii 石井氏がリンクされたプレスリリースが発表を伝えた英文論文https://t.co/aM736DKfsz… には、「縄文由来遺伝子の割合は、本土日本人(和人)13%、琉球人27%、アイヌ66%」とあります。 参考までに、元記事スクショとグーグル機械翻訳をスクショしておきます。 https://t.co/UiqK6m0j78
@m_9_fuji プレスリリースの「古代日本人のDNA研究」という表現は、一般向けの表現だとしても不適切じゃよ。 https://t.co/9DPYECraRZ これの中に「古代日本人」にあたる言葉はあるのか? 読んどらんの? (もう一度ミスをおしえるが、遺伝子研究所じゃなく遺伝学研究所じゃよ。あわてず入力するんじゃよ。)
@Ex_kitaguni @OblakoObLaDa @daykazu @C6HgjZhn8RRamo3 @oku3ma3 @MitsuruSwiftie @unkokusaimevius @sarpa50658381 @ozawajun @safefield @mikki_3octave @Mikaduki_1640 @yamamototakpc @onoderamasaru その国立科学博物館のプレスリリースで、 https://t.co/6rM4FKAm4U 日本人類学会の英文雑誌を紹介しているのですが。 https://t.co/PbUXQjteun
@Ex_kitaguni @OblakoObLaDa @daykazu @C6HgjZhn8RRamo3 @oku3ma3 @MitsuruSwiftie @unkokusaimevius @sarpa50658381 @ozawajun @safefield @mikki_3octave @Mikaduki_1640 @yamamototakpc @onoderamasaru プレスリリースは基本、論文を発表したと紹介しただけのもので、日本人類学界の英文雑誌に掲載された当該論文にはちゃんと記載があります。原文とグーグルクロームの翻訳機能を使って和訳したものもスクショします。 https://t.co/PbUXQjteun https://t.co/ga4zqTKJd5

収集済み URL リスト