著者
熊谷 学而 川原 繁人
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.65-99, 2019 (Released:2019-10-02)
参考文献数
98

本研究では,ポケモンの名付けにおける新たな音象徴的イメージを検証した2つの実験を報告する。実験1では,進化後のポケモンの名前として,開口度の大きい母音[a]が,開口度の小さい母音[i, u]よりもふさわしいことが明らかになった。また,有声阻害音の数の効果を検証した結果,進化後のポケモンの名前として,有声阻害音が2つ含まれる名前は,それが1つしか含まれていない名前よりふさわしいこともわかった。実験2では,母音と有声阻害音の優先性や相乗効果の検証も行った。その結果,ブーバ・キキ効果と同様に,母音の効果より,子音の効果のほうが強く現れること,そして,母音と有声阻害音の組み合わせは,どちらか一方を含む場合よりも,進化後のポケモンの名前として判断されやすいことが明らかになった。さらに,本研究では,実験2で得られた母音と有声阻害音の音象徴的効果について,制約理論である最大エントロピーモデル(Maximum Entropy (MaxEnt) Grammar)の枠組みでの分析も提供し,音象徴を生成言語理論の視点から捉える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

! 論文「ポケモンの名付けにおける母音と有声阻害音の効果」。日本言語学の頂点にある機関誌に!! https://t.co/prnRHkEL2q
変な研究を見つけてしまったが、進化後ポケモンは進化前に比べ開口母音、濁音が多い特徴があるらしい(強そう)。架空のポケモンに名前付けさせても同様。海外版ポケモンの名前の研究してる人もいるらしい。人類の知がまた広がったな https://t.co/w3zWgPeb4S

収集済み URL リスト