サクラ (@1997_takahashi)

投稿一覧(最新100件)

2 0 0 0 OA 級数概論

大正から昭和の初めにかけて幾つか個人的に気になった文献を紹介する. 1912(大正1)年発行の林鶴一, 小倉金之助著『級数概論』https://t.co/965vYX7uec 1913(大正2)年発行のひるべると原著『幾何学原理』https://t.co/ej6WxOQwHi 1928(昭和3)年発行の米山国蔵著『数学之基礎』https://t.co/Xl4Tg9C48h

1 0 0 0 OA 数学之基礎

大正から昭和の初めにかけて幾つか個人的に気になった文献を紹介する. 1912(大正1)年発行の林鶴一, 小倉金之助著『級数概論』https://t.co/965vYX7uec 1913(大正2)年発行のひるべると原著『幾何学原理』https://t.co/ej6WxOQwHi 1928(昭和3)年発行の米山国蔵著『数学之基礎』https://t.co/Xl4Tg9C48h

3 0 0 0 OA 幾何学原理

大正から昭和の初めにかけて幾つか個人的に気になった文献を紹介する. 1912(大正1)年発行の林鶴一, 小倉金之助著『級数概論』https://t.co/965vYX7uec 1913(大正2)年発行のひるべると原著『幾何学原理』https://t.co/ej6WxOQwHi 1928(昭和3)年発行の米山国蔵著『数学之基礎』https://t.co/Xl4Tg9C48h

1 0 0 0 OA 極大極小論

1911(明治44)年発行の三輪桓一郎著『極大極小論』を明治の終わり頃の文献として紹介する.序文には「(引用開始)京都帝国大学に於て第一回夏季講習会を開催するに当り予は極大極小論を講義せり(引用終了)」とあり,当時の帝国大学での講義内容を推し量る上で役に立つだろう. https://t.co/mh2c2Fijk1

1 0 0 0 OA 代数学講義

1904(明治37)年発行の田中三四郎 著『代数学講義』あたりまで時代が下ると内容も次第に面白くなってきたので紹介します.3,4枚目は級数に関する章の序盤で,今では使われない用語法も見られます.具体的には4枚目右下にある中立級数は寡聞にして知りませんでした. https://t.co/Qns6I13tHs https://t.co/Wd36FcPrRS
1893(明治26年)発行の『クリスタル氏代数学問題詳解』は横書きで,組版自体は大分見慣れた形に落ち着いてきたようです.数学書の縦横如何は明治20年代が過渡期だったのでしょう. https://t.co/M97VM4bGLV

1 0 0 0 OA 代數學

この文献は①出版者が藩学校名義であり②漢文で書かれており③アラビア数字の使用避けられていることが特徴. 次の1876に刊行された『代數學』は①文部省出版であり②漢文調だが書き下し文で書かれており③アラビア数字・アルファベットの使用が見られる点で大分読みやすい. https://t.co/0WDrXjxr3k

2 0 0 0 OA 代数学

戦前の教科書を少し調べて見ました.次は明治元年(1868年)に開設された藩学校である静岡学問所名義で1872年に発行された刊行物『代数学1-3』です.棣麼甘(De Morgan)の著わした教科書の訳本のようです. https://t.co/vdEGTfS5b3 https://t.co/l1yDQigifJ https://t.co/3Sy2uDwb0v

11 0 0 0 OA 代数学

戦前の教科書を少し調べて見ました.次は明治元年(1868年)に開設された藩学校である静岡学問所名義で1872年に発行された刊行物『代数学1-3』です.棣麼甘(De Morgan)の著わした教科書の訳本のようです. https://t.co/vdEGTfS5b3 https://t.co/l1yDQigifJ https://t.co/3Sy2uDwb0v

2 0 0 0 OA 代数学

戦前の教科書を少し調べて見ました.次は明治元年(1868年)に開設された藩学校である静岡学問所名義で1872年に発行された刊行物『代数学1-3』です.棣麼甘(De Morgan)の著わした教科書の訳本のようです. https://t.co/vdEGTfS5b3 https://t.co/l1yDQigifJ https://t.co/3Sy2uDwb0v
「順序空間の正則性を用いたRiesz空間値非加法的測度の研究」https://t.co/dk57LvBR0v

1 0 0 0 OA 春色梅児誉美

@o_ccah どちらも国立国会図書館のデジタル化資料から閲覧できるのでURLを貼っておきます. 浮世風呂(https://t.co/HN0mm0CoOI)/春色梅児誉美(https://t.co/qVO5WlANXj)

9 1 0 0 OA 浮世風呂

@o_ccah どちらも国立国会図書館のデジタル化資料から閲覧できるのでURLを貼っておきます. 浮世風呂(https://t.co/HN0mm0CoOI)/春色梅児誉美(https://t.co/qVO5WlANXj)
RT @dandonban: @cxp02120 wiki見ていたら昭和9年の書籍にリンクのようなものが、また柳田国男 (1946), 「毎日の言葉」, 『柳田国男全集 第15巻』(1998) に再収, 筑摩書房, 249-250頁の中にも何点かの引用あるもようで、もう少し早く…
RT @YohYasuda: 昨年12月に発表した学会発表論文がこのほど公開されました(当学会は発表から1年後に無料公開)。 ・安田陽, 濱崎博: 風力発電大量導入を考慮した2050年長期エネルギーシナリオにおける電力系統投資・経済モデル分析, 第39回風力エネルギー利用シンポ…

6 0 0 0 OA 浮城物語

近代デジタルライブラリくっそ助かる http://t.co/tu7oxByjwt 浮城物語

お気に入り一覧(最新100件)

「配偶者選択の模倣」というまあまあ嫌味(いやあじ)な概念を入手した https://t.co/WVjG34sqYq https://t.co/6A1i14omwe
@cxp02120 wiki見ていたら昭和9年の書籍にリンクのようなものが、また柳田国男 (1946), 「毎日の言葉」, 『柳田国男全集 第15巻』(1998) に再収, 筑摩書房, 249-250頁の中にも何点かの引用あるもようで、もう少し早く戦中教育の可能性もあるかもです。 https://t.co/xLMvh3a59Q
昨年12月に発表した学会発表論文がこのほど公開されました(当学会は発表から1年後に無料公開)。 ・安田陽, 濱崎博: 風力発電大量導入を考慮した2050年長期エネルギーシナリオにおける電力系統投資・経済モデル分析, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.492-495 (2017) https://t.co/uQkyWcS1JH
「楕円曲線 細胞分裂」でググったらなんかすんごいのが出てきました… (リンデンマイヤ・システムから導出した隣接細胞間の相互作用ルールをなんかすごい変換でいじくったら楕円曲線の標準形が出てくる…) https://t.co/SATuReDT83 これが『代数生物学』… https://t.co/0qnOuWrx20
「Sheaf の理論と位相空間への応用について」児玉之宏・RIMS講究録0148 (1972) https://t.co/qh7K49Fqcd

フォロー(861ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  宇宙際Teichmüller理論入門(On the examination and further development of inter-universal Teichmuller theory) #IUTABC https://t.co/ySnbSAFKyg #CiNii
ふとこれを読んでいたのだが全空間のBesov空間の定義と全く異なっていて困惑している https://t.co/FmFPNCLsTv
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl
RT @drinami: 動物にヘリウムと言えば、伊福部先生らが1982年に発表した、九官鳥はヘリウム中でも声変わりしないという研究はサプライズがあって好き https://t.co/iw2WPdSUu9 https://t.co/VHbVxDVFM0 > RT

フォロワー(1312ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ふとこれを読んでいたのだが全空間のBesov空間の定義と全く異なっていて困惑している https://t.co/FmFPNCLsTv
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo https://t.co/8qQSEuvzXg
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFEQMt
RT @drinami: 動物にヘリウムと言えば、伊福部先生らが1982年に発表した、九官鳥はヘリウム中でも声変わりしないという研究はサプライズがあって好き https://t.co/iw2WPdSUu9 https://t.co/VHbVxDVFM0 > RT