野崎篤志 Atsushi Nozaki - IP (@conductor_hvk)

投稿一覧(最新100件)

今日は企画セッション「食とAI -AIで切り開く未来社会-」から聴講開始 https://t.co/CTiMRW7giq
アイリスグループ会長の大山氏の招待講演の内容 アイリスオーヤマのイノベーション https://t.co/l0rEg5bCXy https://t.co/l0rEg5bCXy
よりフィットする表現がないかな~と思い Business Landscape Competitive Landscape などで検索していたら「競争ダイナミクスの文献サーベイ」という論文がヒットした 特許についても1か所だけ… https://t.co/AwkH5ONHY1
3i研究会第5期の方の論考です 「特許情報と論文情報のテキストマイニング解析と目視解析を併用」した分析を行っています https://t.co/xm74EJ6qN1
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2018年12月号 3i研究会報告:高齢者の屋外行動監視の現状調査とサービスの提案…3i研究会 第5期大阪Aグループ https://t.co/8AJI73X46n
昨晩参加させていただいたPLASDOCオンライン研究会の2016年度の研究成果です https://t.co/dHwVrF7J8c
@designyasu 吉岡先生の以下の論文で取り上げられたからではないでしょうか? https://t.co/onrrwbdpXT
あとで読む イノベーションを生み出す人材もそうだが、イノベーションを生み出すためのサポート人材もどうなっているのかな 科学技術イノベーション人材の現状と課題 https://t.co/TL7L9DdMR5
調査知識をルール化して利用した特許調査支援環境の提案 https://t.co/yZguWaCJmp
三菱化成工業の五月女 正三氏の論考「経営戦略としての特許管理」です。1973年に執筆された論文です。 さて、この45年前を論文を読んでいただいた上で、なんとかスケープの新規性とは、これいかに? https://t.co/6MFn12K9zW
14年前の記事。戦略的な役割といっても限定的かな CiNii 論文 - ものづくリサーチ 今月の調査テーマ 特許出願と知財部門の役割 戦略を練る先導役を期待 https://t.co/sOoHXSvIAO #CiNii https://t.co/sOoHXSvIAO
14年前の記事。戦略的な役割といっても限定的かな CiNii 論文 -  ものづくリサーチ 今月の調査テーマ 特許出願と知財部門の役割 戦略を練る先導役を期待 https://t.co/sOoHXSvIAO #CiNii
面白そうだ、あとで読もう J-STAGE Articles - 特許検索のための物理法則概念による文書分類の研究 https://t.co/ZiwfkwVnkp
J-STAGE Articles - 機械学習をもちいた特許情報分析 https://t.co/jdEdYmyaw2
温故知新、旧NTS(現在クラリベイト)の武藤さんの論考で2001年のもの J-STAGE Articles - IPポートフォリオ・マネージメント https://t.co/wR9pd81AwF
あとで読む J-STAGE Articles - 電子部品産業における専業メーカーの競争優位 ~アーキテクチャ戦略と製品開発体制の適合性の観点から~ https://t.co/U1ckweFCFM
CiNii 論文 - 2F13 集団によるアイデア創生方法の提案 : MKJ法の提案(知的財産権 (2)) https://t.co/zI3KYowhdK #CiNii https://t.co/zI3KYowhdK
CiNii 論文 -  2F13 集団によるアイデア創生方法の提案 : MKJ法の提案(知的財産権 (2)) https://t.co/zI3KYowhdK #CiNii
RT @infostaorjp: 今年のインフォプロのトーク&トークは昨年に続きAIを取り上げ、インフォプロの業務に近い現場においてAI がどこまで実装されているのか(実装されつつあるのか)、課題や限界をより具体的に探ります。昨年の「人工知能(AI)とインフォプロのイイ関係」は…
たまに「パテントマップ」などのキーワードでGoogle検索をしてサーフィンするのですが、久しぶりに8年前の2010年に書いた論考を見つけました 懐かしい・・・ Excelを使ったパテントマップ作成方法… https://t.co/s0ZIWuri7c
今月号で最後ですね・・・ いろいろな事情があっての休刊だとは思いますが、2002年にNGBに入社以来、この「情報管理」誌でいろいろと勉強させていただきました、ありがとうございました 「情報管理」誌の記事から:最近10年間の情報… https://t.co/8Vs13pyS3x
今後「新規事業開発」関連のセミナーを行う際の基礎データとして使おう 中小企業の新事業展開を通じた産業変革―経営資源を活用した事業転換の促進が必要:レファレンス https://t.co/175ayaCPDS
JSTサービス紹介 J-GLOBAL これからもイノベーション創出に貢献していく https://t.co/MZPEyyRy7i
J-STAGE Articles - 日系自動車部品企業の現調化基本戦略 https://t.co/7DGjM17jMY
情報管理が休刊になるとのことで残念です この15年間いろいろと勉強させていただきました ありがとうございました J-STAGE Articles - 「情報管理」誌休刊のお知らせ https://t.co/hdcP26ty83
恩師の菱田先生の論考(講演会記録?) 久しぶりにレーザー計測関係の論文呼んだな(^^;) 混相流動計測:点・面・時空間、さらにその先へ https://t.co/7OjgC5QylF
<特集>3Dプリントイノベーション 大崎 拓司|新技術応用新商品の市場投入戦略立案に必要な視点について https://t.co/kMckceNwyp
今月号の「情報の科学と技術」 あとで読む 知識創出支援ツールとしてのテキストマイニングの強みと弱み https://t.co/IcCf7CE4dJ
ビッグデータ×機械学習の展望:最先端の技術的チャレンジと広がる応用 https://t.co/WKA7p1OhbX
「情報」とはなにか 第6回 ■情報×分析 インフォメーションからインテリジェンスへ:「分析」にみるインテリジェンス研究最先端 https://t.co/ibI6tmi1In
後で読む 探索戦略の迷走 - 富士フイルムとコダックの分岐点 赤門マネジメント・レビュー, Vol. 16 (2017) No. 5 p. 213-232 https://t.co/lcvUKTBNOr
3Dプリンティングにまつわる情報学的研究課題:データ標準化,次世代モデリング環境,AIとの連結 https://t.co/pQ2DtCKiMf
「オープンなデータ取引市場」実現の取り組み:データ流通推進のための取引市場の要件,課題と実装事例 https://t.co/0aBFQ4nU1T
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2017年7月号 特集:「特許情報と人工知能(AI)」の編集にあたって…パテントドキュメンテーション委員会 https://t.co/1Egeyn6RPj
あとで読む 競争ダイナミクスの文献サーベイ https://t.co/xZFNvYtf8Y
アイデア創出ワークショップセミナーの参考書籍の著者であるパナソニック・大嶋氏の論考 あとでしっかり読む シリアルイノベーターとしての 40 年間の技術者人生 大嶋光昭 - 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, 2017 https://t.co/Txa2X7uL38
広岡 淳二|地域におけるデータ分析力の裾野拡大に向けた取り組みについて 情報管理, Vol. 60 (2017) No. 3 p. 182-191 https://t.co/aJB8pyPtdG
効果的なマニュアル作成法 : ノウハウを伝えるノウハウ(<特集>ノウハウの蓄積と伝達) https://t.co/Vwk0NjFZ51
旭化成の中村さんに赤本改訂版の書評を寄せていただきました ありがとうございます! https://t.co/xqTEu1n0i7 https://t.co/EiK4nX4oSn
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2017年4月号 連載:情報分析・解析ツール紹介 第16回 特許,文献情報分析ツール Intellixir…馬場 光明 https://t.co/AOAhWKCCTi
第3期3i研究会(大阪Bグループ)の研究成果報告です(閲覧にはID要) 次世代ニーズを予測するための解析手法の研究 ~シャンプー開発を例として~ https://t.co/DbGvMGPTeq
鳥谷 真佐子|研究分析・評価ツールの比較とその活用 情報の科学と技術, Vol. 67 (2017) No. 4 p. 171-178 https://t.co/nHLncJ9631
西田 豊明|視点 人工知能スキーマ:人々は人工知能をどうとらえているか 情報管理, Vol. 60 (2017) No. 1 p. 50-55 https://t.co/DGPVxOK45H
西村 正貴|Linked Open Data(LOD)による統計データの提供:政府統計データ(e-Stat)の新しい形 情報管理, Vol. 59 (2016) No. 12 p. 812-821 https://t.co/Jk1uokbmEF
昨年実際にその場で講演を聴いていましたが非常に面白い内容でした INFOPRO2016特別講演 西内 啓 | ビジネスに活かす統計学:エビデンスに基づく価値創造 https://t.co/phlMhu1QoC
あとで読む こういうまとまった動向記事は知識のインプットに非常に役に立つ 野波 健蔵|ドローン技術の現状と課題およびビジネス最前線 情報管理, Vol. 59 (2016) No. 11 p. 755-763 https://t.co/UoIZZtYX7C
今度データダウンロードして確認してみよ。DesignViewとかTMViewとは違うのかな・・・・ 意匠権及び商標権に関するデータベースの構築 https://t.co/5vsYQvGbVt
江渡 浩一郎、土井 裕人 共創型イノベーションを創出する:ニコニコ学会βの活動を通じて 情報管理, Vol. 59 (2016) No. 10 p. 666-675 https://t.co/hyEEnGHtRS
ロボット介護機器やITによる介護支援や介護予防サービスの現状を概観 柴田 智広, 介護サービスとロボット技術:研究開発および社会実装の現状と展望 情報管理, Vol. 59 (2016) No. 9 p. 607-615 https://t.co/XWpDcqwVED
中島庸介, 保井俊之, 神武直彦 オープンソース・インテリジェンスの競争分析への活用の戦略的枠組み テキスト・マイニングによる日本の製薬業界の2010年問題におけるM&A情報分析を事例として https://t.co/jimK12X7mZ
「技術流出の構図」という書籍の著者 発明者からの分析はいろいろ発見があり面白いです 藤原 綾乃 人材流動化とイノベーション新興国に移動する発明者の分析 組織学会大会論文集 Vol. 5 (2016) No. 2 p. 26-32 https://t.co/YTkvt8Bgqt
村山 博|素材開発企業と部品組立企業の特許グローバル化速度に関する研究─素材開発企業におけるイノベーションの源泉─ 桃山学院大学環太平洋圏経営研究 (17), 3-51, 2016-02-15 https://t.co/czQnjaXv6K
このような研究をもう少し幅広く突っ込んでやっていく予定(予定は予定) 中尾 武寿・伊佐田 文彦|知的財産情報による製品ライフサイクルとアーキテクチャの定量分析 年次学術大会講演要旨集 29, 732-736, 2014-10-18 https://t.co/UMHczB0wcZ
若林 隆久|特許技術を用いた商品企画による地域活性化 : 2015年度まえばし企業魅力発掘プロジェクトの事例から 産業研究 51(1/2), 95-100, 2016-03-25 https://t.co/mrke4ABGFT
特許調査業務を改善する特許読解支援システム-特許情報と技術者を近づけるための技術- https://t.co/88eoXJQ0aS
TKM(技術ナレッジマネジメント)の構築(<特集>技術経営と知識経営の共進化) https://t.co/JT9ggLaexX
こちらで「特許情報分析とパテントマップ作成入門」を紹介いただいておりましたが気づきませんでした 情報分析・解析ツール紹介 第1回 情報の分析・解析とは 情報の科学と技術 Vol. 66 (2016) No. 1 p. 38-39 https://t.co/zaIZNK6bTO
似たようなことを頭の中でボンヤリとは考えていたが、こうやって整理・検証されていると非常にありがたい 廣瀬正幸|抽象化に基づく類推とコア技術の用途開発 年次学術大会講演要旨集 30, 931-936, 2015-10-10 https://t.co/4Kl4UINYEq
吉村 哲哉|グローバルニッチトップ企業の企業戦略の特性の類型化の試み 年次学術大会講演要旨集 29, 325-328, 2014-10-18 https://t.co/D9zxnicLuN
吉村哲哉|グローバル・ニッチトップ企業の企業タイプの類型化 年次学術大会講演要旨集 30, 166-169, 2015-10-10 https://t.co/0IUwqDelXs
大瀧 光弘|特許検索ツールを用いた大学,公的研究機関における技術調査方法 軽金属, Vol. 66 (2016) No. 1 p. 19-25 https://t.co/92okzoJdXo
こういうケーススタディって、読むのは楽だが、まとめる方はすごい大変な労力だと思う。 貴志 奈央子|外部知識の活用による事業機会の獲得 赤門マネジメント・レビュー, Vol. 14 (2015) No. 6 p. 311-332 https://t.co/TjojlHZGLt
書評:“磁石の発明特許物語” 鈴木 雄一 著(アグネ技術センター発行) https://t.co/EcWOmgmvlv
技術企業における中央研究所の今日的な創造的風土に関する考察 年次学術大会講演要旨集 30, 83-86, 2015-10-10 https://t.co/mT2oixltya
石井正道|独創的な商品開発を担う研究者・技術者の研究 DISCUSSION PAPER;038 https://t.co/x4IemGyOV2
技術系企業における発見の支援を目的としたマネジメントに関する定性的研究 経営行動科学 24(2), 109-123, 2011 https://t.co/ElHQ6cetzG
発見型研究における発見志向の研究行動を促すマネジメントに関する定性的研究 研究技術計画 26(1/2), 85-97, 2012-09-20 https://t.co/NSRwRHHBW5
特許の価値と陳腐化率 <特集>研究開発戦略・特許制度と産業組織 社會科學研究. 第61巻 第2号, 2010.1, pp. 79-96 https://t.co/znGZSPaop2
多国籍企業の技術戦略サイクルに関する一考察 : 米国多国籍企業による技術管理戦略の展開を中心に 日本経営学会誌 (5), 38-49, 2000-05-30 https://t.co/sKcGAhhCdi
市場条件と製品特性による特許戦略類型化の試み : 日本企業の特許戦略を中心として 研究・イノベーション学会 年次学術大会講演要旨集 15, 15-18, 2000-10-21 https://t.co/6zrn2KbAmr
特許戦略と製品戦略の共進化モデル 研究・イノベーション学会 年次学術大会講演要旨集 15, 40-43, 2000-10-21 https://t.co/JaNG27lYOn
日本大手企業の特許認識と特許戦略について 日本経営診断学会論集 6, 243-254, 2006 https://t.co/kHnXszxFEy
湯上 伸弘|ビッグデータ活用の現状と今後~分析技術の観点から 赤門マネジメント・レビュー、Vol. 13 (2014) No. 1 p. 37-52 https://t.co/mHh9gzVOMc
機能性化学品の製品開発と持続的競争優位:日立化成「アニソルム」のケース 赤門マネジメント・レビュー 13(9), 313-352, 2014 https://t.co/nhPzL7DDE2
企業における知財戦略とはなにか : 戦略論からみた企業知財戦略の概念整理と知財組織論への展開 研究・イノベーション学会 年次学術大会講演要旨集 18, 381-384, 2003-11-07 https://t.co/6mrcMco5kH
カーブアウト企業が材料・化学分野で取るべき戦略 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2011f(0), 30-30, 2011 https://t.co/ozYTpz2fP1
特許データの分析による手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」の日本市場における知財戦略 研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2013-EIP-62(2), 1-6, 2013-11-14 https://t.co/GicWxyVh4i
オープン・クローズド設計による三位一体(事業戦略・技術戦略・知財戦略)の戦略論 研究・イノベーション学会 年次学術大会講演要旨集 29, 909-912, 2014-10-18 https://t.co/2gCMWwZmFj
技術経営における知的財産戦略 : 企業資産としての知的財産を活用した経営戦略の重要性 まてりあ : 日本金属学会会報 45(1), 3-7, 2006-01-20 https://t.co/MhFJw5BPgJ
関水 信和|ベンチャー・中小企業の知的財産戦略 : 欧米文献の分析を中心に CUC policy studies review 14, 89-116, 2007-03 https://t.co/8yBBvVXffc
黄 一修|知的財産戦略の発展段階に関する研究(平成18年度博士学位論文要旨) 地域経済政策研究 8, 123-128, 2007-03-31 https://t.co/gFEuVleMVo
河合 英則|エレクトロニクス企業における知的財産戦略 : 特許権の有効活用を中心に 関西学院商学研究 58, 37-50, 2007-09 https://t.co/DkfHkTDXhm
田中 智規|特許情報によるサプライヤ・システムの動向分析 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 108(75), 25-30, 2008-05-23 https://t.co/kQVDvjjI3K
わが国製造業の多角化と収益性の定量分析 https://t.co/DOHSXBawnG
2E24 戦略的技術マネジメントのパターン(R&Dとマネジメント) https://t.co/UH14Cd2jHa
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2016年5月号 3i研究会報告:良い会社とは:そして目指す企業への成功因子…3i研究会 第2期Aグループ https://t.co/6i8T4HslCe
ちょっと古い論文ですが表1とか興味深い テクノロジー・マネジメントの日米比較 https://t.co/GJZuDiAeQd
「先行する研究成果、つまり研究のプライオリティの尊重です」はまさにその通りだと思う。なぜ出願前調査はするのに先行研究調査を疎かにする人が多いのか理解できない・・・あと日本語文献だけに限定する点も 事例研究の積み上げシステムの確立を https://t.co/efrvlPNtjq
ちょっと古い論文ですが 各国特許調査機関での先行技術調査 薬学図書館, Vol. 52 (2007) No. 2 P 171-177 https://t.co/N6qzwEMJFP
何事も歴史を踏まえることは重要 特許文献の調査と活用 情報管理, Vol. 2 (1959) No. 9 月刊JICST p. 16-18 https://t.co/EqYs7HB713
人工知能やロボットの社会的影響に関する先行的研究動向 研究・イノベーション学会 年次学術大会講演要旨集 30, 479-482, 2015-10-10 https://t.co/2JOSkHoZvA
企業間提携のパターン別成功要因の分析 : 研究開発型ベンチャーの分析を中心として 経営情報学会誌 12(2), 1-19, 2003-09 https://t.co/7r6cST7OY7
ソフトウェア分野における研究開発テーマ策定の方法論とその評価 経営情報学会誌 15(1), 15-29, 2006-06 https://t.co/XZNnNmPa5h
戦略と整合したTo-Beモデル設計のための新ビジネスモデル設計手法の提案 経営情報学会誌 15(3), 51-70, 2006-12 https://t.co/sAIfw3SnGu
事業定義と長期的企業成長の関係 : 電機・化学業界における実証的研究 経営情報学会誌 15(4), 29-49, 2007-03 https://t.co/gO6sElHJeQ
トレンドを知るためのビジネス情報収集手法:情報プロフェッショナルが磨いておきたい選択眼とは https://t.co/zwAeExmUbv
RT @khcoder: #研究事例リストに追加しました:橋本泰樹・上野修平・大内紀知 2015 「テキストマイニングを用いた製品の付加価値の定量的把握」 『経営情報学会 全国研究発表大会要旨集』 2015f: 160-163 https://t.co/AwoKbReoDL
集会報告 インフォ・スペシャリスト交流会 第76回研究会 「イノベーションへの気づき,新規事業の意志決定につながる技術・知財情報の分析」 https://t.co/MSW7sgDCfT
マインドマップから見る未来の社会像と技術課題の関連性 : 国際的視点からのシナリオプランニング https://t.co/IkMl48msPF

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 特許出願から予測する製品ライフサイクルステージ https://t.co/h3a97lbQdA
「情報管理」2018年2月号 この本!~おすすめします~ 仮想通貨の仕組みと未来を読み解く5冊 楠正憲氏のお勧めは『デジタル・ゴールド』『負債論』『貨幣の「新」世界史』『ビットコインとブロックチェーン』『ブロックチェーン技術の未解… https://t.co/HKIBfYVaFo

フォロー(850ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hshimodaira: 最初に情報幾何考えてた経緯とかわくわく感がスゴイ.大型予算とか「優秀な人材はどこにいても育つのである」あたりの話は今でも通用するね.個人研究万歳! 「情報幾何の生い立ち」甘利俊一 応用数理 (2001) https://t.co/8d0uXL…
J-STAGE Articles - 特許出願から予測する製品ライフサイクルステージ https://t.co/h3a97lbQdA
CiNii 論文 -  教育歴の分化と非行発生:一九四二年コーホートの追跡的研究 https://t.co/cbA7gLPptW #CiNii 師匠の研究。これは追跡法による。都内の中卒者5000人を,成人するまで追跡。スゴイよね。
教職課程で求められるICTスキルって、エクセルとワードの活用や、インターネットに地域のことを紹介する記事を書くとか、その程度の最低限のスキルしか求められないけど、どうなんだろと思いながら下を読んでいた。 現職教師がブログでつくる… https://t.co/606buLSZeR
RT @jack19998: レヴィ=ストロースの料理の三角形や、分子料理というジャンルがあることも初めて知った。 レヴィ=ストロースの料理構造論―料理の三角形から料理の四面体へ―川 端 晶 子 https://t.co/VFK4V8jB1L 分子ガストロノミー https…
社会教育学会は,紀要に論文を2本載せてもらうなど世話になったが,肌に合わないと,2011年で退会した。https://t.co/hHhgF7PgLo
RT @mikumo_hk: 知らなかったけど、強風時にネットを下ろさず、ゴルフ練習場の柱が倒れる事件はときどき起きているんですね…。 https://t.co/EI8swbyE7u https://t.co/wAYJIZySH1
RT @tazawa: 『キャリア教育研究』掲載の論文を読む-基本的統計資料の理解を中心に−(日本キャリア教育学会 研究推進委員会) https://t.co/SrGvs5y28k 平均、標準偏差、相関、因子分析、重回帰分析、有意水準などを解説。 対象論文→https://t.…
RT @shigekzishihara: @okajimania https://t.co/zSA1OA1Gpo 渡邊 豊英 (2010) 産業日本語プロジェクトの概要 特許・技術情報の利用性向上のために 情報管理 53 巻 9 号 結構,お金も時間もかけて取り組まれて来た…
@okajimania https://t.co/zSA1OA1Gpo 渡邊 豊英 (2010) 産業日本語プロジェクトの概要 特許・技術情報の利用性向上のために 情報管理 53 巻 9 号 結構,お金も時間もかけて取り組まれて来たのですが..

フォロワー(1945ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hshimodaira: 最初に情報幾何考えてた経緯とかわくわく感がスゴイ.大型予算とか「優秀な人材はどこにいても育つのである」あたりの話は今でも通用するね.個人研究万歳! 「情報幾何の生い立ち」甘利俊一 応用数理 (2001) https://t.co/8d0uXL…
J-STAGE Articles - 特許出願から予測する製品ライフサイクルステージ https://t.co/h3a97lbQdA
“深層学習の主要なモデルの一つである CNN を株価予測に 応用した.その結果,一定の予測力改善が見られ,金融データに対する CNN 利用の可能性を示した.” > 深層学習を用いた株価予測の分析… https://t.co/HusVqg5VZX
教職課程で求められるICTスキルって、エクセルとワードの活用や、インターネットに地域のことを紹介する記事を書くとか、その程度の最低限のスキルしか求められないけど、どうなんだろと思いながら下を読んでいた。 現職教師がブログでつくる… https://t.co/606buLSZeR
RT @ystk_hara: 日本ロボット学会誌の今月号は「衛星測位とロボティクス」特集。GNSS の誤差の性質やよくある誤解、他のセンサとの干渉など、とても勉強になる! 目黒 淳一, 竹内 栄二朗, 鈴木 太郎: "ロボティクスにおける GNSS 失敗学" https://…
RT @tazawa: 『キャリア教育研究』掲載の論文を読む-基本的統計資料の理解を中心に−(日本キャリア教育学会 研究推進委員会) https://t.co/SrGvs5y28k 平均、標準偏差、相関、因子分析、重回帰分析、有意水準などを解説。 対象論文→https://t.…
RT @kenichi_ohkubo: 次はポジティブ生徒指導のシンポジウム。 https://t.co/6wJPC3FUKc
RT @kenichi_ohkubo: 午後はこれに参加。通常学級のインクルーシブ教育シンポ。 https://t.co/U33Tt7gHPH