Hiro Hosoma (@kaerusan)

投稿一覧(最新100件)

堀口甚吉(1968)によれば、浅草十二階の基礎には「地下2丈に松杭20尺のものを打ち、その上に4寸角の筏地形をしその上に厚さ2尺5寸巾8尺のコンクリートを打った」とある。 https://t.co/r4wnqyaMG2

2 0 0 0 OA 酒造り唄

蔭山公雄「酒造り唄」(日本醸造協会雑誌)Vol. 75 (1980) No. 3 pp. 209-213  https://t.co/uhT3sEr6Uk
恵方巻については二年前のこのツイートを(リンク先変わりました)。「今まで見た恵方巻の歴史考察の中で最も納得がいった。 江戸東京博の沓沢博行さんの論考。CiNiiへのリンクです。 http://t.co/parlBOcI5c」
「相互行為としてのページめくり」という論文を『認知科学』に書いた。高校の音楽鑑賞の授業中、一冊の本を同級生と黙って読んだ不思議な経験から直感したことをずっと論文にしたいと思っていたが、ようやく実現した。 http://t.co/wiHJnnqFeo
山本陽子さんの「マンガ以前の日本絵画の時間 と空間表現 : マンガのコマとの対比において」。コマ割り表現の可能性は明治以前から散見されるにもかかわらず、それがなぜマンガとして広まらなかったかを丁寧に扱った論文。 http://t.co/1cAVNST3cd
時系列にコマが並んでいるかどうかはちょっと微妙だが、しかし、空間配置によって異なる場面を見せている点ではコマ割りに近い。これすごい!松田洋子さんのツイートから。銃猟新書 : 傍訓図解 http://t.co/190XGZzWtL …
RT @matuda: 明治漫画ぽいの、興味持たれた方が多かったので貼っておきます。続きはないですよ。 銃猟新書 : 傍訓図解 http://t.co/thqZfgBcNa
アンドロイドを考えるときには、それがアイコンとしてどのように受け止められるかもさることながら、実際に物理的存在として目の当たりにしたときにどんな風に関わりうるかが問題になります。まずはその問題の端緒に取りかかりました。 https://t.co/KJlD5Du0dp
「ヴォルガの舟歌」で知られるヴォルガの舟ひきに関する視覚・聴覚表現を丹念にたどり、読み手をヴォルガの一滴と化す論考。鈴木正美『ヴォルガの視覚表象 : 絵はがきと風景写真、映画『ヴォルガ、ヴォルガ』から現代アートへ』(PDF) http://t.co/cCRGS81ESk
さっき「音風景分析」って書いちゃった。聴覚情景分析 Audio Scene Analysis (ASA)ですよな。概説がCINIIにあります。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004027059

お気に入り一覧(最新100件)

これか:J-STAGE Articles - 漢字は地域をつなぐ・カタカナは地域を越える https://t.co/l26QA2KqL7 https://t.co/TOR9wN61tK
カルメン・ミランダについての日本語先行研究としては笹川慶子「カルメン・ミランダとFOX『バナナ・ムーヴィー』 」(『映画学』第十三号)http://t.co/3WBDYT8Yv2 があります。英語先行研究を踏まえまとめており論点は尽くされてるような気もしますが少し違った角度から。

フォロー(1421ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kenichi_ohkubo: でも良い論文見つけた。 J-STAGE Articles - <b>特別支援学校の不登校に関する予備的検討 </b> https://t.co/GkXozQaLUw

23 19 19 8 OA うた日記

RT @seinendan_org: 【日本文学盛衰史のロゴ・3】ロゴの三文字目「文」の字は、森鴎外の日露戦争従軍詩歌集『うた日記』原稿の字が使われています。1907年(明治40年)刊行、国立国会図書館のデジタルコレクションにて、インターネット公開されています。 https:/…
RT @monogragh: 中本義彦(2017)「実践的思惟」としてのリアリズム : 永井陽之助の政治学と「アメリカン・ソーシャル・サイエンス」https://t.co/KFlzBMsF3l
石原 茂和, 長町 三生 (1994) 人工知能と人間工学への応用,人間工学,30 巻 6 号,359-365 https://t.co/mXn5J8E4eh 75本の論文から,同一著者の重複内容を削り最終的に57本を取り上げた.… https://t.co/Vl1iqfrcHW
RT @ScreamoTAI: まだ色々反応来てますが、いいですかみなさん。 イギリスはロリだけではなく、レイプ系の日本のエロ漫画とか持ち込んだら逮捕っすからね。そういう国ですよ。分かってます? 【イギリス】レイプ等を扱ったポルノ規制の強化 https://t.co/JDwO1…
ハードウェア並びに高速化技術によるデータ処理速度向上の助けも受け, 新たな発展が進んでいる. 」 https://t.co/6hmckxKM9c
RT @uranus_2: スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪性と異性への関心 h…
RT @uranus_2: 恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して https://t.co/9alO2YYx5u
RT @uranus_2: 考え続ける義務感と様々な心理的症状の関連の検討 ――反復思考を媒介変数と捉えて https://t.co/S6hoez3IXx
RT @uranus_2: 日本語版嗅覚イメージ鮮明度質問紙作成の試み https://t.co/3hsiNKHc9h
RT @uranus_2: 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/Yk4wuz8g6M

1 1 1 0 岬町史紀要

https://t.co/f7hMT05wy1

23 19 19 8 OA うた日記

【日本文学盛衰史のロゴ・3】ロゴの三文字目「文」の字は、森鴎外の日露戦争従軍詩歌集『うた日記』原稿の字が使われています。1907年(明治40年)刊行、国立国会図書館のデジタルコレクションにて、インターネット公開されています。… https://t.co/BdLVERFyEK
そういえば、妖怪博士こと井上円了は「哲学飛将碁」というゲームも考案しておりましたね。哲学教育に資するものをと意図して、唯心論と唯物論が戦う設定です(いつか円了展で見た気がします)。いまならシリアスゲームと呼ばれるところでしょうか。… https://t.co/xjhXUg4X2U
RT @oui_ui: 林豊. 「次世代リポジトリ」のヴィジョン. 情報の科学と技術. 2018, 68(5) https://t.co/fJ3kROqm4D ”ただし,(次世代リポジトリの)技術面ばかりに注目していてはその本質を見失う。”
RT @oui_ui: 佐藤翔. オープンアクセスメガジャーナルの興隆,と,停滞. 情報の科学と技術. 2018, 68(4) https://t.co/nJwLDtjZxZ ”OAメガジャーナルが成し得なかった,学術情報流通のラディカルな変革は起きるのか?”
RT @J_geiste: @kankimura 渡部昇一センセイですら科研費貰ってますが…これはいいエア教授ですね。 https://t.co/4s3OEiOYYZ
“35 : HUSCAP” https://t.co/1KEnwCtyG3
“第6章 アイヌの人々のメディア利用と情報発信 : HUSCAP” https://t.co/LYPSXEzWJU

33 11 11 0 OA 実用図按装飾文字

RT @TOYOLibrary_asa: 『まちの文字図鑑 よきかなひらがな』の「もじコラム1」で紹介されている日本最古の描き文字集『実用図按装飾文字』は「国会図書館デジタルコレクション」で全ページを見られますよ。 こちらからどうぞ→ https://t.co/NpdWXYoS…
ここで言及されている『偉盲 貝島嘉蔵翁』は国会図書館デジタルコレクションで見ることができる。近代の盲人の伝記として外せない一冊。https://t.co/8Qdop1naJK

フォロワー(7134ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
RT @Haruwas: 元ネタなんだっけと思って「民事訴訟法 表裏一体 不即不離」でググったらこれがトップでヒットした 権利能力なき社団の不動産に関する訴訟における社団の当事者適格と判決の効力(中本香織) https://t.co/U0JPOM3H9n
栁田直美(2008)「中国人学習者に対する「聞き手ストラテジー」指導の効果-授業活動と日本語母語話者の対中国人学習者評価から-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』23, pp.15-30, 筑波大学留学生センター https://t.co/xJysfvwoiY
RT @fringejp: 舞台での喫煙シーン、私も以前はネオシーダーは問題なしと思い込んでいたのが、2014年の下記論文を読んで紙巻きタバコと同じと知り、愕然とした。もちろん演出上は必要で、あとは情報を共有して折り合いをつけるしかないんじゃないかな。 https://t.co…
RT @kenichi_ohkubo: でも良い論文見つけた。 J-STAGE Articles - <b>特別支援学校の不登校に関する予備的検討 </b> https://t.co/GkXozQaLUw
清野惇 「私立大学における課外活動とその法的諸問題」 『修道法学』(広島修道大学)2009 pdfが読める https://t.co/96BfUu9dT1
RT @NIJL_collectors: 活版屋「まだ原稿は揃ひませんか」 小僧「校正はまだですか」 本屋「新板は何が出来ますか」 諸職工「みんな手を明て待ってをり升が」 社員「でも御座いませうが□(此?)通り責て来てこまり升からお早く願ひ升」 (『寓意諷諫当世滑稽文章』口絵h…
RT @monogragh: 中本義彦(2017)「実践的思惟」としてのリアリズム : 永井陽之助の政治学と「アメリカン・ソーシャル・サイエンス」https://t.co/KFlzBMsF3l
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
石原 茂和, 長町 三生 (1994) 人工知能と人間工学への応用,人間工学,30 巻 6 号,359-365 https://t.co/mXn5J8E4eh 75本の論文から,同一著者の重複内容を削り最終的に57本を取り上げた.… https://t.co/Vl1iqfrcHW
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAncqjd
RT @ScreamoTAI: まだ色々反応来てますが、いいですかみなさん。 イギリスはロリだけではなく、レイプ系の日本のエロ漫画とか持ち込んだら逮捕っすからね。そういう国ですよ。分かってます? 【イギリス】レイプ等を扱ったポルノ規制の強化 https://t.co/JDwO1…
RT @tsundokulib: これの原題が"The steal : a cultural history of shoplifting" CiNii 図書 - 万引きの文化史 https://t.co/fKGoIF33sf #CiNii
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
ハードウェア並びに高速化技術によるデータ処理速度向上の助けも受け, 新たな発展が進んでいる. 」 https://t.co/6hmckxKM9c
RT @uranus_2: スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪性と異性への関心 h…
RT @uranus_2: スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪性と異性への関心 h…
RT @uranus_2: 恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して https://t.co/9alO2YYx5u
RT @uranus_2: 考え続ける義務感と様々な心理的症状の関連の検討 ――反復思考を媒介変数と捉えて https://t.co/S6hoez3IXx
RT @uranus_2: 日本語版嗅覚イメージ鮮明度質問紙作成の試み https://t.co/3hsiNKHc9h
RT @uranus_2: 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/Yk4wuz8g6M

71 3 3 0 OA 世界遊戯法大全

RT @nue1: 異世界モノで「現代人が異世界に持ち込むゲーム」として定番の 「リバーシ」だが、日本に来たのは意外に古く、 明治40年出版 世界遊戯法大全 にその記述がある。 当時は白黒じゃなくて赤黒だったのね。 https://t.co/8T0ougzCWV https:/…
鹿がと言われ、大橋くんに何年かぶりに電話して良かった。彼は鹿対策で論文も書いてたので。 https://t.co/HUE0hpbfRl
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
ハーバーマスの「生活世界」概念の位置づけ https://t.co/4vayucuQjz
RT @PAPS_jp: 現在の性教育の遅れの原因は、90年代のバックラッシュにありました。フェリス女学院大学の和田 悠、井上 惠美子氏による論文です。 1990年代後半~2000年代におけるジェンダーバックラッシュの経過とその意味 https://t.co/1aI0VrZ5…
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @jnsgsec: 情報科の普通免許状の授与件数は全教科の2.7%である. しかしながら,公立学校採用数では情報科での採用は全教科の0.68%であり,一方,臨時免許状は全教科の13%が,免許外教科担任は全教科の33%が情報科で占められるという状況である.#ipsjce #…
栁田直美(2009)「接触場面における母語話者の情報やりとりの特徴の記述―情報やりとりの発話カテゴリーの設定に向けて―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』24, pp.51-68, 筑波大学留学生センター https://t.co/TrC35nAIQL
サタワル島における伝統的航海術の研究 :洋上における位置確認方法とエタック(yeták)について・みんぱくリポジトリ https://t.co/odsaaGr3K7
RT @monogragh: 中本義彦(2017)「実践的思惟」としてのリアリズム : 永井陽之助の政治学と「アメリカン・ソーシャル・サイエンス」https://t.co/KFlzBMsF3l
西川杏太郎・中里壽克「東大医学部蔵人頭模型の製作技法調査と修復処置」『保存科学』第16号、1977年☞https://t.co/mTZYUgVohM 鈴木常八制作の人頭解剖図模型についての本格的調査。檜材、胡粉に岩絵具、刷毛眼塗り… https://t.co/2rJTfJ9wIq
RT @kuma_kazu: CiNii 論文 -  小説『野ブタ。をプロデュース』に見る自己愛 : ペルソナと自己プロデュース https://t.co/X5UYnufHd5 #CiNii
RT @s37311273063: 「人間と呼ばれるものへの抗排であるように : 佐々木昌雄とアイヌ近現代思想史における贖いの政治」(マーク・ウィンチェスター) ・ある種の政治哲学にまで高められた佐々木昌雄のアイヌ―日本の関係論の紹介。はじめて読むには衝撃がつよすぎるかもしれ…
栁田直美(2008)「中上級レベルの「討論会」における準備活動の効果-アイスブレーキングとプレ討論会-」『日本語教育方法研究会誌』15-2, pp.34-35, 日本語教育方法研究会 https://t.co/EMvWrqmGyz
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著

1 1 1 0 岬町史紀要

https://t.co/f7hMT05wy1
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
@asarin @gongon2018 これ. https://t.co/V70bDeZwH5 亡くなられた後,この予算でたくさん論文を書かせていただきました.感謝してます.
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
そういえば、妖怪博士こと井上円了は「哲学飛将碁」というゲームも考案しておりましたね。哲学教育に資するものをと意図して、唯心論と唯物論が戦う設定です(いつか円了展で見た気がします)。いまならシリアスゲームと呼ばれるところでしょうか。… https://t.co/xjhXUg4X2U
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 初音ミクは浮遊する : 神話装置としての冨田勲《イーハトーヴ交響曲》(木村 直弘ほか),2015 https://t.co/pRiOJpzK9Q
RT @jnsgsec: 初等中等段階を通した情報教育の必要性とカリキュラム体系の提案, #IPSJ 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.1, No.3, pp.48-61 (2015). https://t.co/VRMgpkWElo #ipsjce #jns…
RT @J_geiste: @kankimura 渡部昇一センセイですら科研費貰ってますが…これはいいエア教授ですね。 https://t.co/4s3OEiOYYZ

33 11 11 0 OA 実用図按装飾文字

RT @TOYOLibrary_asa: 『まちの文字図鑑 よきかなひらがな』の「もじコラム1」で紹介されている日本最古の描き文字集『実用図按装飾文字』は「国会図書館デジタルコレクション」で全ページを見られますよ。 こちらからどうぞ→ https://t.co/NpdWXYoS…
ここで言及されている『偉盲 貝島嘉蔵翁』は国会図書館デジタルコレクションで見ることができる。近代の盲人の伝記として外せない一冊。https://t.co/8Qdop1naJK
RT @SendaiHisCafe: 哲学者アリストテレスも美女の魅惑には勝てず、馬乗りになって鞭打たれることすら受け入れてしまった、という逸話は中世ヨーロッパに流布していましたが、その起源を探る論文がこちら。 https://t.co/0KVckR50kT
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
こんなコンセプトが、2006年に、、、 叶わないな。これ以上なにをすることがあるんだろう。 読んでて泣けてきちゃった。 https://t.co/nJGfLSxlX9
RT @arishima_takeo: 高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」、『科学基礎論研究』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mepQc6ptFV
RT @arishima_takeo: 高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」、『科学基礎論研究』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mepQc6ptFV
RT @arishima_takeo: 高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」、『科学基礎論研究』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mepQc6ptFV