千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 (@masayachiba)

投稿一覧(最新100件)

RT @lwrdhtw: 浅野光紀「汎心論と物理主義」を読んだ。 近年の汎心論を再評価する動向について、クリアに整理された論文。 https://t.co/bQN9RmIUWA
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @hiraiyasushi1: 拡張ベルクソン主義からの遅延テーゼ・記憶のモデルについて、一番まとめたのは昨年の『人工知能』の論文「心と記憶力」で、しばらくはフリーだったのに今は有料になってしまった。 DL数のわりにまだ届くべきところに届いてない気がする。 https:/…
RT @bungakuron: デリダの「文学化」とかいうけどホント?というのを論文引用数から検討。フーコー、ドゥルーズとも比較してる。こういうのもっと読みたい/佐々木 基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」 https://t.co/FmaQtC…
RT @uocham: 松元雅和先生の論文。見落としてた。重要。 CiNii 論文 -  政治的悪の規範理論的分析 : 政治的リアリズムを中心に https://t.co/W0TES7Lbrj #CiNii
串田純一「為されざる要なきを為すこととしての能力」めっちゃおもしろい。きわめて重要な問題を扱っていて、かつ、淡々と真面目な表情で語られるユーモアでもあると思った。これも含まれている『ハイデガーと生き物の問題』はとてつもない本に違い… https://t.co/bYvKY5JXvb
RT @inaphenomeneuro: 河本先生の「自然という現実性 ― ひとつの科学哲学的考察」とても面白い。自然の四つの基本形を「主体-客体(物自体)」、「環世界」、「個体と環境」、「自己組織化」として描いている。さらにメイヤスーの思い出?も語られている。。 https…
RT @ioka_utako: 岡田温司研究室の紀要『ディアファネース:芸術と思想』がウェブ公開されました。いままで発行された3号まで。一部、欧文要旨のみ掲載の論文もありますが、ほとんど公開されています。ぜひご覧ください。 https://t.co/WDKFMcFYyx
RT @leeswijzer: [欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3…
RT @leeswijzer: [欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3…
本日の基礎ゼミでは、竹内比呂也「大学紀要というメディア:限りなく透明に近いグレイ?」を読みます。とくに人文系において独特の存在感をもっている紀要について、その位置づけを考える論文。https://t.co/PnC1TRsjEA
RT @iamojsn: https://t.co/cVKWsZ39yR これ、RTが伸びてたので気になって見た文献探しました。 石井直方さんの論文では無かったですね。 ↓これを根拠としてツイートしました(PDF注意) https://t.co/BqZLao2gpw
RT @parages: 日曜のWSのための参考文献。ナンシー「パラレルな差異」https://t.co/6UJB5fc86j マルタン「ドゥルーズとデリダ、両者の運動は同じではない」https://t.co/P4f4tVqIil 檜垣立哉「「差異」の差異」https://t.…
RT @qwertett: 上利博規(2004)「「絵画における真理」をめぐるデリダの言説」 静岡大学人文論集 54(2) - CiNii 論文” http://t.co/dydUZkBcaI #Derrida #aesthetics
RT @call_me_nots: おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
モンテベロについては、この論文が翻訳されています。大阪大檜垣チームの成果。助かります。http://t.co/6orPlvsmr1
RT @bmonkey1966: こちらも。 吉田寛「近代オリンピックにおける芸術競技の考察──芸術とスポーツの共存(不)可能性をめぐって」『美学』226、2006年9月 http://t.co/Dc0hP9gbtP

お気に入り一覧(最新100件)

舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家… https://t.co/BstuC9zgMn
拡張ベルクソン主義からの遅延テーゼ・記憶のモデルについて、一番まとめたのは昨年の『人工知能』の論文「心と記憶力」で、しばらくはフリーだったのに今は有料になってしまった。 DL数のわりにまだ届くべきところに届いてない気がする。… https://t.co/aswXinEUNf
CiNii 論文 -  キャラクターイラストレーション領域の概念整理と方法論確立のための基礎研究 http://t.co/6Yb6ZhmIOe #CiNii
「阪大生のためのアカデミック・ライティング入門」,指導する教員向けのマニュアルと教材も公開されてました。これは偉い。 / “大阪大学リポジトリ: 「阪大生のためのアカデミック・ライティング入門」ライティング指導教員マニュアル” http://t.co/J1dQh764Vb
CiNii 論文 -  バカロレア哲学試験は何を評価しているか? : 受験対策参考書からの考察 http://t.co/Dgbwb7Bnka
『雑誌モデル・ファンのエスノグラフィー: 「読書」空間とガールズイベントをめぐる経験から』(佐々木 孝侍,2012,日本マス・コミュニケーション学会) http://t.co/w4gMB0JsG9 ざっと読んだ。肌感覚では、ギャルは本論文の分析の限りではなさそう。
【CiNii論文】研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析 http://t.co/By1P8QmbsS

4 0 0 0 OA 認識の対象

諸君、もう古本で高く買う必要はないぞ。/リッケルト『認識の対象』中川得立訳、岩波書店、1916年。 http://t.co/O1hbRPdj via 近代デジタルライブラリー

フォロー(319ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ちょっと前にみつけて、中身が気になっていたもの。https://t.co/csgVwMG1Aj
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i

フォロワー(40183ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

近代になってから氷河論争という論争が起こったらしいが意外とおもしろそう。 https://t.co/DJRGaOxy27
本の中で一番興味があった項目が閲覧可能な論文で拝読できたのは良かった。 〈ヤンチャな子ら〉の学校経験 ──学校文化への異化と同化のジレンマのなかで── 著者:知念 渉 https://t.co/9E1cCKoaZc
@KGN_works 調べてみたら、なるほど、ありました。「餅の主な構成成分であるでんぷんはアミラーゼにより分解されるアミロースが少なく,分解されにくいアミロペクチンが多く含まれる。このため餅は膨化性や付着性が高く,不十分な咀嚼な… https://t.co/gTbwMMOJfX
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
@pirotan21 すいません。私も興味があります。読んでみたいのですが、『精神分析研究』はこれですか? https://t.co/zQJeYHqGtw
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv

17 15 14 14 OA 9・30事件と日本

(引用元) 『アジア太平洋討究』No. 26 (March 2016) 9・30 事件と日本 倉 沢 愛 子 https://t.co/atIYOXdVjh
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
平井知子 「日本占領をジェンダー視点で問い直す - 日米合作の性政策と女性の分断 - 」(ジェンダー史学,第10号, 2014)PDF https://t.co/9Bmn8ubuvy
後藤嘉宏、2018、中井正一「委員会の論理」(1936)における嘘言の媒介について『情報メディア研究』16(1) https://t.co/rapZhZhoP3
RT @reigi_anime: @ichikawakon 下記URLは「女ことば」「男ことば」の差異と変遷に関する研究です。当該論文は年代が明治大正まで遡行してないのが残念ですが、ご参考までに。 https://t.co/j9pnCYqulg
CiNii 論文 -  戦後における無理心中の実態 https://t.co/SlubET3oue #CiNii 男性から女性へ仕掛けた無理心中ってある種の非モテ的心性なのではと思って調べてたら、まさにそういう分析が出てきた
RT @Naga_Kyoto: 佐藤 廉也「改善されない高校地理教科書の焼畑に関する誤記述」https://t.co/EryUSFaEsa メディアや教科書の焼畑記述に見られる誤りや偏見 (1)常畑耕地造成のための火入れ地拵えを焼畑と混同する誤り (2)焼畑を「原始的農耕」な…
彫刻の場としての公園に関する一考察 ―1950年代から60年代にかけての都市公園・児童公園の事例から 市川寛也 https://t.co/9p62Cy2T4W https://t.co/MffUZM4fzK
RT @khcoder: なお「KH」の由来については #KHCoderの本 の「あとがき」を,と申してしまいましたが,「よくある質問」ページにも簡単な記載ございます。https://t.co/oEi4t4I0z4 簡単ではなく詳しいことをという方は「あとがき」をどうぞ。幸いに…
日本学術会議のオープンデータ: 提言の俯瞰的可視化(小山田 耕二) https://t.co/s90JyYcVKS
RT @khargush1969: Atwood, C. 2006: Ulus Emirs, Keshig Elders, Signatures, and Marriage Partners: The Evolution of a Classic Mongol Institut…
CiNii 論文 -  最適通貨圏の理論とユーロ危機 : OCA理論は生き残れるのか (岡本悳也教授 退職記念号) https://t.co/rEhaCbTgYZ #CiNii
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
「アントレプレナーと被災者 渋谷望」これはハッとした。主体すらも無意識に選ばされている。ネオリベ的な思想も一種の思想であることに自覚的でありたい。https://t.co/DA6oiQmHvq
J-STAGE Articles - ヘーゲル研究のゆくえ https://t.co/XCo3Xx7V3g
@NashiyaArie いま検索をかけてみたら、『ファンタジー童話傑作選』という本でした。二十数年まえに読んだので、記憶違いだったらごめんなさい。https://t.co/OsvccnLqSH
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @philomyu: 毎年多額の医療費が花粉症に使われてるので、個人差もあるけど自分みたいに「1年でほぼ完治する人もいる」とか、本人にとっても社会にとってもすごいメリット大きい。なお原理的にはスギに効果あるものだけど、症例報告レベルでは多少はヒノキにも効くかも?と示唆され…
RT @J_Steman: o0( 自分でなんとなく書いてから思ったけど、やはり「香害」というテーマは公的研究費でやるべきものなのだろうなぁ…市場の側で否定的結果を覚悟して分析するインセンティブが想像付かない。 科研費で検索したら一件だけあった。 https://t.co/qy…
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 世田谷線沿線地域を対象とした継続的な協働型まちづくり手法の提案とその試み(鳩山 紀一郎ほか),2005 https://t.co/BP7ID88Bs6
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @khargush1969: サファヴィー朝期のギルドに関する Keyvani, Mehdi 1982: Artisans and guild life in the later Safavid period https://t.co/WqaVbJQzfa のもとの博論…
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
ちょっと前にみつけて、中身が気になっていたもの。https://t.co/csgVwMG1Aj
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
ともにガラパゴス化する“日本型ジャーナリズム”と“日本型ジャーナリズム論” 米英との比較を手がかりに 司会者:小黒 純(同志社大学) 問題提起者:澤 康臣(共同通信社) » ワークショップ2 https://t.co/eDPZFW4C1E
CiNii 論文 -  利他心と経済学 https://t.co/VGA34L1kv8 #CiNii
CiNii 論文 -  戦後思潮考究「序説」(五) https://t.co/YKyuK28Ss9 #CiNii
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
@ukulele_camp 、その中で切削加工するとなると刃のほうが性能を出せないと思うのですよね(ズバリじゃないですけど一応のpdf https://t.co/IeABH8gxjb )。まあ良い手は出てきませんでしたが、うまく進みますように〜〜。
RT @nekonoizumi: これの成果がついにまとまった。 KAKEN 近現代日本の民間精神療法に関する宗教史的考究 身体と社会の観点から (KAKENHI-PROJECT-24520075) https://t.co/PyQU8UpEpV
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @NakanisiTakashi: 朝鮮総連の誕生と性格 韓国で起きたこと、そして今過激な形で表れている事態を理解する助けになります。 https://t.co/wuO80WXP4j
RT @gcyn: #dommune “芸術 と技術(京都学芸大学 々長 山内得立) https://t.co/S4P0bV1xet
#dommune “芸術 と技術(京都学芸大学 々長 山内得立) https://t.co/S4P0bV1xet
RT @arishima_takeo: 佐々木基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」、『京都大学大学院教育学研究科紀要』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/qzZT0DojKc
RT @lgbtqa_bib: 【LGB/文化】ギルバート・ハート著ほか『同性愛のカルチャー研究』現代書館, (2002-02) ISBN-4-7684-6811-X https://t.co/a4xwaPJJsC
RT @illcommonz: 実家では母のおつかいで、車を運転することがあるので、「あおり運転」にまきこまれないようにする、という観点でいうと、この調査研究が参考になった。 矢武陽子「日本におけるあおり運転の事例調査」 「国際交通安全学会誌」2019年43巻3号 [PDF]…
RT @contractio: 高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
RT @nanamubel: アパレルの労働搾取についてこの(↓)論文を流し読みしてみたんだけど、市場が要求する賃金を無理矢理引き上げればいいっていう単純な構造ではないっていうのはまあそうなるよね。一社だけの問題でもないんだと思うし。 https://t.co/HyhJMzr3…
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
RT @Umm_aziz_wkmisr: A. ミハイル著『オスマン朝期エジプトにおける自然と帝国——環境の歴史』の書評(拙稿)もあります. https://t.co/yFFWP3iSmC

20 18 18 1 OA てにをは紐鏡

RT @yhkondo: @kotonoha_yakata これは、現代版の「てにをは紐鏡」ですね!https://t.co/yufB6MXCHv
CiNii 論文 -  北富士演習場の入会権についての判決 https://t.co/9r0DUB51Wt #CiNii
CiNii 論文 -  本土復帰後の沖縄の米軍基地と森林問題 https://t.co/eWoRnAdcKA #CiNii
明治後期あたりから、女性的表現の傾向が強まったそう https://t.co/iNixKpbrmL ちなみに、自分の地元の方言に終助詞「かしらん」が残っています もっとも、今の今まで終助詞というより「〜か(どうか)知らん」と認識していましたけど
RT @reigi_anime: @ichikawakon 下記URLは「女ことば」「男ことば」の差異と変遷に関する研究です。当該論文は年代が明治大正まで遡行してないのが残念ですが、ご参考までに。 https://t.co/j9pnCYqulg
RT @wrmtw: 美的労働(aesthetic labour)概念が提起するもの https://t.co/i1Jq9oiDDV 「労働市場で資本となりうる『美』はジェンダー、エスニシティ、階級、障害などによって不均等に配分されており、かつそれは組織的な統制・管理下にある」…
RT @comgame2014: @librarian03 @linelinglink なお、ASDをはじめとする発達障害のある子どもや青年たちの余暇支援は、彼らの「生活の質(QOL)の向上」という点からも注目されています。 「ASD・余暇・TRPG・QOL」という観点では、…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @ayumochineko: このポリアクリルアミドは生育障害を来すとの発表もある。クソの役にも立たないような有害物質をわざわざ規制緩和して畑にぶち込ませるのも、何らかの利権なのだろうか? https://t.co/AYbebNrtr9
@m__seki こんにちは。いくつかあるのですが、たとえば以下のやつを読んでいました! https://t.co/vqKnjP2Zae https://t.co/TNZOxFzSj6
@m__seki こんにちは。いくつかあるのですが、たとえば以下のやつを読んでいました! https://t.co/vqKnjP2Zae https://t.co/TNZOxFzSj6
戦後教育改革期の学校儀式と御真影再下付問題 : 1958年の学習指導要領改訂前後までの経緯を中心に [in Japanese] https://t.co/lirBH4HTv3
岩城見一, 『<誤謬>論 カント『純粋理性批判』への感性論的アプローチ』, 萌書房, 二〇〇五年, 三一一頁 https://t.co/Y9F7twvAHP
CiNii 論文 -  脳科学の成果をめぐる自由意志論争と刑事責任(続)神経科学者と哲学者とのディベート https://t.co/OgxmrE4zeu
RT @kurage_ya_lab: タイにおいて新種の箱虫綱が2種発見されました!! https://t.co/ru4oZNpDio 体の縦線がなんとも可愛らしい! #jellyfish #クラゲ https://t.co/hVPQgWOcUS
RT @nishio: 未踏20年の日経記事を名鑑に貼るついでに「合議ではなく、1人が気に入ればプロジェクトが審査を通るようにしたのが大きい」についての詳しい情報として未踏11年の論文を貼ったのだが、この論文9年前に書かれたとは思えない https://t.co/8EkmcT7…
RT @nishio: 未踏20年の日経記事を名鑑に貼るついでに「合議ではなく、1人が気に入ればプロジェクトが審査を通るようにしたのが大きい」についての詳しい情報として未踏11年の論文を貼ったのだが、この論文9年前に書かれたとは思えない https://t.co/8EkmcT7…
短い研究ノートなのでサクッと読めて勉強になる。メモ https://t.co/i1Jq9oiDDV
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
美的労働(aesthetic labour)概念が提起するもの https://t.co/i1Jq9oiDDV 「労働市場で資本となりうる『美』はジェンダー、エスニシティ、階級、障害などによって不均等に配分されており、かつそれは組… https://t.co/P0wETs1n9W
「失体感症」概念のなりたちと,その特徴に関する考察 https://t.co/ttE0OkwT2H
アダム・スミス研究の動向 https://t.co/ooGCXjjFXb
RT @kirikomio: @kirikomio 参考:「ジェ ンダー視角から見た全電通「育児休職」 協約化の成立過程」 https://t.co/nrFMMf0Sz8
ハヤシライスを煮込んでいる。皿洗いをしている間にグラスを1個割ってしまった。がっかり。さて、ハヤシを煮込んでいる間に、論文のレイアウトのやり方を学ぶぞ
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
RT @philosophoi_ou: 今日8/21は 「社会学とシミュレーション」 https://t.co/AsSkbPFt9f を読みます。 17:00-グロコモです!
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
今日8/21は 「社会学とシミュレーション」 https://t.co/AsSkbPFt9f を読みます。 17:00-グロコモです!
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
RT @tuyamagu: 日本生態学会 野外安全管理委員会 (2019)『フィールド調査における安全管理マニュアル』https://t.co/61rjNzoP4u 研究者じゃなくてもフィールドに行く虫屋・生き物屋は目を通しておいたほうが良さそう。
RT @whereswikitopia: 8月10日発行の「計測と制御」誌に、Wikitopia Projectについて解説した論説記事が載っています。現状、Wikitopiaはまだ漠然としたイメージに過ぎませんが、理論化を推し進めて、いずれ新たな都市の設計原理として確立させた…
RT @mipoko611: @dappi2019 少し調べたらデマとわかるツイートを何を思って拡散してるのか知りませんが、各国の専門家も加わっての綿密な考証があったものを捻じ曲げるデマで、おかしな勢力を国内に増やしたところで、この国をスポイルして他国からはドン引きされる結果し…
RT @uncorrelated: https://t.co/w1Jujllruw 景気ドライブンで中央政府への不満が高まっているように思える。 https://t.co/pEMB0pX2UQ
https://t.co/PbjBBX3TUx こういうの!こういうのです!こういうの好きです!!!!!!!!
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @BungakuReportRS: 中嶋 奈津子 -  岩手山神社山伏神楽の近現代 : なぜ、神楽は継承できたのか https://t.co/188i8Gmr8k
RT @k_tairiku: 防衛白書の地図問題、専門家の間で有名でした。昨年も論文でこれだけ指摘されています。 https://t.co/giDWsDG367 https://t.co/tYBIzKpWpQ
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW

4 4 4 0 傳記文學

RT @KogachiRyuichi: 『伝記文学』のバックナンバー、東豊書店のどのあたりに置いてあったかな。ああいうのも、国内の所蔵は多くないのではないかな。 https://t.co/zboVlX2ZH7