田上孝一 (@tagamimp)

投稿一覧(最新100件)

そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
目次https://t.co/O962ChnUZy第六章な。第八章のエンゲルス論がオリジナルな私の基本認識。
RT @t_nomura0713: こうした論文もあるのね。 CiNii 論文 -  なぜ論文を〈です・ます〉で書いてはならないのか : 日本語からの哲学・序論(2) https://t.co/89a7ekjpQe #CiNii
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @futiansuzi: サイニーブックス、今のところ18 館。皆さん所属先にリクエスト出してくださいお願いします。 https://t.co/iLn93pPuES
RT @n_jacoken: 短いながら得るところの多いノートでした。ちょうど同じ著者の『視座』を読んでいるところなのでスイスイ読めた。 https://t.co/Xd0whFkvFv
鍵RT「僅か4頁で『資本論』(第一巻)におけるマルクスの結論とそれが誤読された経緯という論点に的を絞って明快に論じられており、きわめて分かりやすく勉強になるので未読の方はぜひ。」https://t.co/QVHwDq02WF
RT @evil_empire1982: スーパーヴィーンの日本語訳ダサい問題で思い出したのだが、珍しくハロルド・キンケイドの議論が日本語で読めるこれがありましたね。 太田雅子『付随性と説明の十分性について』 https://t.co/708w5wzrE5
RT @eguchi2018: この論文でした。私がまちがってるかもしれないので判断は各自おこなってください。私は、一番重要な「かんぶれ」先生のツイートを正確に引用しないで「批判」しているとてもよくない論文だと思います。 https://t.co/Mw3e39XjUG
RT @uocham: こちらも刷ってきた。『政治思想研究』2019掲載「現代デモクラシー論における熟議の認知的価値:政治における「理由づけ」の機能とその意義をめぐる再検討」はOAは来年。 内田智さん J-STAGE Articles - 熟議デモクラシー,国境横断的なその制…
そういえば私の毛沢東論、謎の大好評だったんだよねhttps://t.co/pYt4OXD1hy
そういえば弁証法ってよく分からないから昔翻訳したことあるんだよhttps://t.co/PuIKzvnOYU
ちなみに「廣松渉哲学の虚妄性」は博士論文の第9章https://t.co/O962ChnUZy原タイトルが露骨過ぎるので変更させられたw
何か個人的所有が問題になっているようなので、便乗で宣伝https://t.co/V3uam75Krf
RT @n_jacoken: 「あわせて四丁」のところで以前読んだことを思い出した。https://t.co/uBK4BtupiY https://t.co/KiwoTSHdPO
読んだが、イリイチはよい。今度作るユートピア論集にイリイチ論を入れたくなった。https://t.co/kuVRzkWkLs
RT @uocham: CiNii 論文 -  小沢佳史 停止状態に関するJ.S.ミルの展望 : アソシエーション論の変遷と理想的な停止状態の実現過程 https://t.co/8ELOIMfN9K #CiNii
RT @KijimaTaizo: 法政哲学会の雑誌に掲載された、長谷川悦宏さん執筆の、拙訳スタノヴィッチ『現代世界における意思決定と合理性』の図書紹介がウェブ公開されてました。 https://t.co/iqAWxQNMeh 同号に僕が書いた、大橋基さん著『一八歳で学ぶ哲学的リ…
RT @KijimaTaizo: 法政哲学会の雑誌に掲載された、長谷川悦宏さん執筆の、拙訳スタノヴィッチ『現代世界における意思決定と合理性』の図書紹介がウェブ公開されてました。 https://t.co/iqAWxQNMeh 同号に僕が書いた、大橋基さん著『一八歳で学ぶ哲学的リ…
RT @OohimeSoukyok: 浜野研三という名前、どこかで見たと思ったら、「『人間である』という概念の意義:種差別批判に抗して」なる珍論文(https://t.co/MYjWRPeI6I)を書いた御仁だった。もはや戦意喪失。 それにしても、ポツポツ動物倫理の基本文献が増…
RT @ogamachimasuya: J-STAGE Articles -西原志保「『源氏物語』の人形」(にんぎょう)論―雛と「人形(ひとがた)」の手法」 子どものままごと遊びとして始発しながら、男性(薫)のオブジェ嗜好を経て、女君自身(浮舟)の人形(にんぎょう)化願望へと…
RT @OohimeSoukyok: 浜野研三という名前、どこかで見たと思ったら、「『人間である』という概念の意義:種差別批判に抗して」なる珍論文(https://t.co/MYjWRPeI6I)を書いた御仁だった。もはや戦意喪失。 それにしても、ポツポツ動物倫理の基本文献が増…
RT @Saroad: 拙論「アリストテレス倫理学に依拠したコーチの「幸福」」(『体育・スポーツ哲学研究』40巻2号)がJ-stage上でダウンロードできるようになりました。 興味のある方はぜひご一読ください。 https://t.co/s7QD1C5Mdk
目次を見てもらえば分かるとおりに、こういう博士論文を書いた身でありながら、マルクスとエンゲルスの関係が分かってないかのように見られる理不尽さ。一体どうすればいいのか?https://t.co/O962ChnUZy
最初の一冊は海洋大学https://t.co/xz7rj9mg66意外。しかし実は立正にも既に入っている。
新メガ試行版は実物が日本に殆どないため、研究者でも見ている人は少ないだろうhttps://t.co/Bawa65Lhorちなみに私は持っている。
図書館にもあんまり入ってないなhttps://t.co/ufbqCkN1Av出版社に在庫がないとしたら、レア本だ。
RT @evil_empire1982: これ読む限り「批判的実在論」も、ヒースのいう「批判的」研究の一派やな。実在が怪しい「実証主義」を批判することで自分の立場を打ち出すという…その「実証主義」、どこに居るの。 超越論的実在論の批判的検討--R.バスカーの所説を中心に htt…
やはり最初に法政に納入されるわけかhttps://t.co/rp0EeR9LYs
@shira10ri 小沢佳史君といいます。博士論文が読めますhttps://t.co/T2pACIglvZ件の副題は、今度出る私の編著『支配の政治理論』に収録されるミル論のものです。
RT @nonstopmasashit: 例えばこういう論文とか。サイニーでお名前検索するだけで、こりゃすごい、と。|J-STAGE Articles 青木滋之- ロックの経験論のルーツ https://t.co/hqPwfGZ5yG
RT @hayakawa2600: 「まずは、簡略ではあるが、歴史学研究会と「新しい教科書をつくる会」の設立の概要から説明していきたい」からはじまる文章に噴飯。この二つを並列に並べられる大学の紀要論文があるとは驚愕:長谷亮介/戦後歴史学と自由主義史観――近現代史を巡る歴史像の違…
RT @akabishi2: 飛ばし読みだけど、こんなのが博論なのか…。 つくる会や、その反対勢力に対する評価が酷い。事実誤認(故意?)もあるし。 著者は西岡・高橋らの「歴史認識問題研究会」事務局次長… 《「戦後歴史学」から見る戦後日本における歴史学の変遷 : 歴史学研究会を…
目次が分かって一番ガッカリしたのがこれhttps://t.co/1UvFpaYl6o実は翻訳書の訳者解説だったという。
「動物は言語を構成する能力がなく精神をもたないゆ えに、物理的刺激によって動 くだけの機械とみな され、精神が身体に結びついた人聞とは決定的に区別される」https://t.co/uyu1IvP9zo
RT @saisenreiha: 『ミュンスター宗教改革-1525-34年反教権主義的騒擾、宗教改革・再洗礼派運動の全体像』、大変ありがたいことに、現在12の大学図書館に入れていただいています。ちょっと読んでみたいという方は、ぜひ自分の大学や自治体の図書館にリクエストを出してみ…
RT @tamurais: 浜野研三「「人間である」という概念の意義:種差別批判に抗して」(2017) https://t.co/pdWF4Q7DHu
最初の一館は同志社だったhttps://t.co/fhZuv9azGw
博士論文詳細目次https://t.co/O962ChnUZy未だに多くの需要がある模様だが、増補改訂は遥か先。
永野さんの博士論文は2010年かhttps://t.co/QeeVNt3XtG大分前だな。今度出版するらしいが。
RT @shogo_takahashi: CiNii 論文 -  吉崎 祥司 , 稲野 一彦「相撲における「女人禁制の伝統」について」北海道教育大学紀要. 人文科学・社会科学編 59(1), 71-86, 2008-08  https://t.co/9gaYMDwyWZ #Ci…
RT @obviousness2525: 今後、廣松渉について語るときは、田上孝一先生の『初期マルクスの疎外論』のとりわけ第九章、それに付け加えるならば松尾匡先生の『疎外論の問題意識と「物象化」論 : 廣松渉は何を誤読したのか(https://t.co/488SIwKKtR)』…
今更気付いたんだが、私がこの論文https://t.co/qpgHeK90uf以来主張している、後期エンゲルスの自己批判が決定的な意味があったという論点は、実は私しか主張していないのではないかという。つまり独創的な解釈だということ。
所蔵館何と一館https://t.co/tkHa1jNkqgしかもこれは私が教えたから松井マルクスが入れたもの。ゼロだったという。
これは殆ど自費出版のレベルではないかと思うhttps://t.co/LMdZZSLtGoしかし内容には興味が湧く。
RT @shogo_takahashi: これの最終章を読みながら思った.|CiNii 図書 - 田上孝一編『権利の哲学入門』 https://t.co/AYIyyO2ZGz #CiNii
RT @ryusukematsuo: CiNii 博士論文 - エドマンド・バークの政治思想 https://t.co/6MdmdbBMtz #CiNii
これ読みたいんだけどどうすればいいのかhttps://t.co/YCohCf9quIこういう場合があるから、出版するのは大切だ。
サイニーは目次が載ってる場合と載ってない場合があって、載ってないとどんなものなのかさっぱり分からない。私の場合は載ってるので便利https://t.co/l6mv1mIKR0
RT @MBMtw: CiNii 論文 -  文献紹介 フランク・ジャクソン著『形而上学から倫理学へ : 概念分析の擁護』 https://t.co/d0Sp5QrYQE #CiNii
RT @Tama_Goldheart: 今年の春に東北学院大学さんの紀要に掲載された論文「健康増進のための肥満対策が有する倫理的課題」が電子化されました。肥満をめぐる政策介入の「倫理的」課題について論点整理を行った論文です!多くの方に読んでいただけたら嬉しく思います。https…
サイニーから見れるようになってたhttps://t.co/eUKLCKV8kE
この前書いたゲノッセンシャフト論がダウンロードできるようになったhttps://t.co/leNiMbXFwi
RT @gengoroumaru2: ある意味、色んな人に勧めたいのは、「日本史の謎に対して大胆な一つの仮説を立てた」と称する「日本・イスラエル比較文化研究(2)日本列島は誰が創った? 」(https://t.co/aCrJUvMW05)
RT @gengoroumaru2: 色んな人に勧めたいのが、「古代中国にUFOは飛来していたか? (其一)」 (https://t.co/bFDOMtdOIW)其の四まである。必読。
RT @HAYASHI_twit: 立花史「ジャック・デリダのマラルメ」(フランス語フランス文学研究) https://t.co/5SEAEe1nL7 #PDF 特にリシャールとの関係において、文学研究に対するデリダの介入の意義を捉え直す「二重の会」読解で「脱構築的読解が含み持…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @Sukuitohananika: 海山宏之「クリオニクスの生命倫理的位置づけ」という論文https://t.co/EGYn7dKD3D、引用紹介してる論文たちが、私の「生延長の哲学と生命倫理学」https://t.co/H3uxPjy9FPで紹介したものとまったく同じな…
瀬戸岡さんの戦争論https://t.co/eLGMzbaK1M面白い。よく言えば壮大、悪く言えば大雑把。しかし取りあえずかなり面白いのは確か。
研究ノート「マルクスのプロレタリア独裁概念について」https://t.co/axOZQjnsGI
国際関係論なのかhttps://t.co/Rpxgsincdu
RT @hahaha8201: ライプニッツの哲学を「退屈」と批評し、カントの時間論・空間論を「極めて貧弱な規定」と断定。ヘーゲルの哲学がニーチェに先立ったイデオロギー批判と唱え、むしろニーチェが牧歌的に見えるヘーゲル像です。 https://t.co/pkHDTkPndA
RT @kyototekken: マルクスの物象化論と廣松の物象化論はネットに公開されています。これを読んでおくと廣松がわかりやすくなるのでオススメ。 https://t.co/IaWOOen3HT
目次詳細公開やばいね。明らかに単著未満的なのがばれてしまう。こんな感じでhttps://t.co/tkelXbrzS9
今知ったが、渋谷さんのドイデ博論は、そもそも本にできるものではなかったんだねhttps://t.co/AGV5G8riBo何で出版しないのだろうと思ってたが。昔出た訳書の解説部分がほぼそれだったわけだ。
細かく目次が出てるなhttps://t.co/tAuLg0k3kA
ただこの人の博士論文、目次を見ると45頁しかないんだけど、こんなんでも取れちゃったわけだな。一時期はhttp://t.co/eaXVnJN2vWもう今は駄目だと思うが。流石に。

1 0 0 0 文明論

これ凄いな。タイトルが。「文明論」http://t.co/njTQQnQaXs
この人、老人だよね?http://t.co/xs01F7wIgR
一寸しか入ってないhttp://t.co/51qSNppa2W
ロハで読めるようになったったね。8年くらい経つとそんな感じかhttp://t.co/aTvq2Rb9zW絶版か。
RT @TheaetetusNo: CiNii 論文 -  外界の存在と時間規定:カントの観念論論駁 http://t.co/vcoP39lCku
最終年度でやっとアップされたという。科研https://t.co/p1QYi2aN7G
検索したらヤバイの出てきたぞhttps://t.co/TqoSosVNod
RT @jazz_kissa: 戦前のジャズ喫茶に関しては、細川周平さんの「ジャズ喫茶の文化史戦前篇:複製技術時代の音楽鑑賞空間」という論考がいまのところ一番詳しいかも。PDFファイルで読むことができますよ。>RT http://t.co/0tOdJ2St25
諸相は一寸しか入ってないhttp://t.co/eqgTDbahzd
そういえば、人間本は図書館に沢山入ってるんだよな。なぜかhttp://t.co/gxykFGPpPo
RT @kiryuno: http://t.co/fL5BlogZ6o 佐々木隆治『マルクスの物象化論』への書評。マルクス労働論からの逃亡という手厳しい評価がされているのでここにも記録しておこう。
RT @tatewakiyokado: 「筋肉的キリスト教」なる用語があることを知り、驚く。初め、「受肉」の間違いかと思う。http://t.co/Q6iziRVJrx
謎の好評毛沢東論http://t.co/4zl2vGzdEP
元々はこういうテーマを研究していたのかhttp://t.co/mgxtufPswc
RT @sacreconomie: 浅沼光樹「京都学派の哲学史的洞察 : 西谷啓治の卒業論文「シェリングの絶対的観念論とベルグソンの純粋持続」について」『近世哲学研究』第18巻、2014年。 http://t.co/yhPGiM93Fo
サイニーに出てたhttp://t.co/4zl2vGzdEP
昔抜き刷りを貰ったんだが、どこかに行ってしまったhttp://t.co/hhh1liCz6Fこういう時に、ダウンロードできない紀要は不便だね。
これとかhttp://t.co/1enU5NyRO5何と全国で一冊だけ。しかも明らかに私が教えたので、松井マルクスが入れたものw私は個人的に所有。
RT @2ndlab: 後で読む > 大学紀要というメディア : 限りなく透明に近いグレイ? http://t.co/wX03O7FAqB
何とこれは専修だけhttp://t.co/1enU5O84kJ松井マルクスが入れたに違いないw
お、これは松井マルクスが入れたんだなhttp://t.co/v9v9xBEt3x確か法政にしか入ってなかったはずだからwしかしこれは真の名著。
三館にしか入ってないhttp://t.co/fe4L6qan5q
実は動物権利論それ自体を扱った論文はこれhttp://t.co/iwga8wXIt8くらいしか書いてないので、新たに書きたいとは思ってた。本では度々書いてるんだが。
@ISayNothingTrue これhttp://t.co/VCwtvlx57I大幅に書き換えて博士論文の一部にした。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1168ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: そもそも日本自身が植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
RT @ropcb08: [PDF] Issue Brief 住宅セーフティネット政策の課題 国立国会図書館調査及び立法考査局 国土交通課長 塚田洋 / https://t.co/PN5WesisyT
RT @ropcb08: [PDF] Issue Brief 高齢者の保有金融資産の現状及び課題 梶 朋美(国立国会図書館) / https://t.co/FdYRpiyME2

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
中田晃「平成期公立大学の設置政策に関する研究―政策の窓モデルによる分析―」 https://t.co/R9ThMNozGh
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu https://t.c…
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu
RT @mangata614: 新暦の七夕は過ぎちゃったけど、この論文は勉強になるので貼っときます。 CiNii 論文 -  鵲について : 平安詩歌を中心に(高橋伸幸教授追悼号) https://t.co/ily04idbrl #CiNii
メモ4 https://t.co/6EP4JuUpYl https://t.co/OnJsTJWg9z
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu https://t.c…
下記の拙稿が、J-STAGEで公開、PDF版読み出し可能に。興味のある方はご覧ください。 https://t.co/f8eqqUPYeR https://t.co/Yy2jInQKLj

47 20 16 8 OA 東亜聯盟論

RT @ekesete1: 八紘一宇とは「日本が世界を指導し、天皇が世界の中心頂点に立つ。逆らうやつはやっつける」という思想> 宮崎正義「東亜連盟論」1938年 八紘一宇の中心に位し給ふは、最高絶対価値としての天皇にあらせられる(115頁) https://t.co/fVft…

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: 日本自身が植民地を持っていたんだが、なぜ解放しなかったんだろうか? 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t…
RT @ryhrt: https://t.co/D4oeptsDqN 「実況系ネットロア」がReal Condition System Netloreと訳されておる‥‥

3 3 3 3 OA EBM・NBM と鍼灸

RT @MUMSAIC: 偽鍼についてはこちらの解説もどうぞ。 EBM・NBM と #鍼灸 山下 仁, 高梨 知揚, 鶴岡 浩樹, 若山 育郎 全日本鍼灸学会雑誌68 巻 (2018) 3 号 https://t.co/YPj8cmJLvd

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: そもそも日本自身が植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4
RT @TR_727: 「障害者抹殺作戦を本格化させるための状況は整っていた。ドイツは第一次大戦敗北後の大不況のさなか/。障害者らはヒトラーが妄想する「最優秀人種/」を汚す存在/とされたばかりか、ドイツ経済/危機/の中で、役に立たない「穀潰し」/とする宣伝が行き渡っていた」澤田…
『史学雑誌』が届いた。待望の「回顧と展望」。ノイヴィートの宗教的寛容について書いた私の論文二本も取り上げていただいた。https://t.co/RsPnwy1eqw https://t.co/wH5SssrGfm 「「寛容」の内実や形成過程を十分に検討していないように思われた。」との的確なご批判あり。ありがたい。
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @shoemaker_levy: 過去に何度も紹介していますが、タイムリーな話題でしかもオンラインで公開されてるこの論文を。またTLに薩摩義士の陰がよぎったので。 羽賀祥二「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」『名古屋大学附属図書館研究年報』3号、2005年。 https://…
この「補充学級」っやつだ。「今日はお父さん補充学級やから遅いで」みたいな日がたまにあって、親父抜きで晩ごはんを食べてたな……。 https://t.co/jSwaJ6mBT3
CiNii 論文 -  上座部仏教僧侶の喫煙に関する研究 : 戒律文献の規定と実際 https://t.co/6XZh8Fftlb #CiNii
[memo] J-STAGE Articles - 非時食学處の成立背景 https://t.co/7aC8vLA4Wa

10 5 3 0 OA 世界植民地現勢

RT @ekesete1: @TskLimited @kankimura 当時は植民地とされてたようだ 朝鮮総督府編「世界植民地現勢」1924年 二、合衆国領植民地 アラスカ 布哇(ハワイ) ポルトリコ ヴァージン諸島 比律賓(フィリピン)諸島 グアム サモア諸島 https…

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: 日本は幾つも植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4 htt…
RT @ekesete1: 朝鮮は植民地であり、内地人と朝鮮人は明確に区別されていた> 官報. 1921年07月23日 目次:府令 / 朝鮮總督府 / 第99号 / 朝鮮人ト内地人トノ婚姻ノ民籍手續ニ關スル件 https://t.co/dTLvQHztUD https://t…
RT @influenzer3: →文献を見つけられませんが、ナファモスタットにはC3, C5の補体活性化抑制作用がある事が知られています。 その意味では適度な免疫抑制活性もある?? それが進行例で奏功した理由か?? https://t.co/FYgKiDNcya https:…
RT @makunegao: →制度分析はきっと、そんな僕らを助ける理論になってくれる。制度分析については、上記文献のほか、僕が以前書いた論文(https://t.co/jaJV9RQO18)に引用した参考文献や、数年前には『精神医学と制度精神療法』や『コレクティフ』という本も…
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
RT @hrk_book: 再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
RT @hrk_book: 再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
ようです(田中敦『落語九十九旅』岩波書店、2016年5月、70~73頁)。これによると「はなしかさん」は「花鹿山」と表記されています。 『むらく新落語集』(三芳屋、明治43年10月)より「深山がくれ」 https://t.co/LEHHi50JC0 こちらでは「落語家山」(はなしかざん)と表記されています(126頁)。
メモ:多元論の立場から--「生命科学と人間の会議」総括意見 Hampshire Stuart https://t.co/ViA6ZWG7Re
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
CiNii 論文 -  非常勤講師と研究 (特集 非正規・不安定雇用と学問継承の危機) https://t.co/5ZVACAfmZL
RT @ishihara_shun: 明学平和研機関誌『#PRIME』43号(20年3月)に掲載された、清水美里先生による拙著『硫黄島』(#中公新書)の書評が公開されました。これは本当にすばらしい書評で、ぼくがこの本に注ぎ込んだいくつもの意図や仕掛けを、ほぼすべて掴み取っていた…

21 17 17 0 OA 芸用解剖学

どうぞ。https://t.co/6W7ixa3vXI https://t.co/wjPV2I1eMG https://t.co/a49BIBmEiP
RT @ishihara_shun: 明学平和研機関誌『#PRIME』43号(20年3月)に掲載された、清水美里先生による拙著『硫黄島』(#中公新書)の書評が公開されました。これは本当にすばらしい書評で、ぼくがこの本に注ぎ込んだいくつもの意図や仕掛けを、ほぼすべて掴み取っていた…
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
@merrynail ありがとうございました。デュッセルドルフ、インゴルシュタット、ともに馴染みのある都市です!インゴルシュタットは過去に物したこともあるほどにハマってました(笑)。 https://t.co/MCkAwKEj9g
これ知らんかったわ。 東武瑠「社会運動論の方法論的拡充に向けて――Luhmann 機能的システム理論導入の試み――」 慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学・心理学・教育学 : 人間と社会の探究 (85), 1-18, 2018 https://t.co/XSt07OuTYW
RT @yokuyama: 荒瀬ダムの撤去の経緯についてはちょっと調べただけでも様々な記事が見つかります。例えばこれとか。 https://t.co/zzvW5lU05T
RT @trods_klods: CiNii 図書 - Zimmer--Kopf--Welten : zur Motivgeschichte des Intérieurs im 19. und 20. Jahrhundert https://t.co/3ckVp2Vl1r #C…
RT @matsusakat: 論文では、志村どうぶつ園のこういったシーンの撮影が、パンくんの不安や恐怖や不満に実際につながっていたことを、表情の分析から示しています。志村さんの追悼番組で、再びこのような問題を含む映像を放映し、美化し、正当化するようなことを許してはいけないと思…
RT @matsusakat: どういう問題かは、たとえば以下を参照。 プリンちゃんは母親から引き離された https://t.co/TszjbmuQwx 志村どうぶつ園のチンパンジー使用の問題点 https://t.co/5EUkX5sqIW パンくんの表情分析の論文 htt…
RT @yokuyama: 荒瀬ダムの撤去の経緯についてはちょっと調べただけでも様々な記事が見つかります。例えばこれとか。 https://t.co/zzvW5lU05T
何の話題かというと、こちらの論文でテーマになってるものでしょうか? #何か見た CiNii 論文 -  インドにおけるサティー(寡婦殉死)の風習 : その宗教性と社会的背景 https://t.co/WizSi5rFh1
CiNii 図書 - Zimmer--Kopf--Welten : zur Motivgeschichte des Intérieurs im 19. und 20. Jahrhundert https://t.co/3ckVp2Vl1r #CiNii
RT @SendaiHisCafe: この大津波災害については、山沢孝至先生による文献史料の詳しい紹介と分析があります。当時の人々にとっても大変に衝撃的な事件でした。論文はリンク先からダウンロードできます! https://t.co/Nv6D7Kfkp8 https://t.c…
「動物福祉」の考え方は哲学者から見ると一貫性がないように見えるので哲学的に整理してみたが、やはり筋が通ってないよね、と。著者の整理の胆力がぱねえ。読むと頭の中が整理される。 伊勢田哲治(2018)「人と動物のあるべき関係とは---動物福祉の考え方を深化させる---」 https://t.co/GOBoZFeXBd
CiNii 論文 -  自殺の悪さについての哲学的な議論の調査 https://t.co/4EFe4EERsq
RT @ropcb08: [PDF] 東アジアにおける輸出構造の高度化~中所得国の罠へのインプリケーション 熊谷 聡 黒岩 郁雄 / https://t.co/jnaw3oRqe2
CiNii 論文 -  九大教養部社会科学研究室45年の歩み https://t.co/efbsJrm0S7 #CiNii
CiNii 論文 -  解釈的不正義と行為者性 : ミランダ・フリッカーによる解釈的不正義の検討を中心に https://t.co/xwOYLGJvhv #CiNii これ読みたいんだけどいつネット公開されるのかしら
RT @bowwowolf: 今更ながら満井佐吉(翼賛選挙で当選)のやばさに気づいている。神国がどうのとか言いまくってる満井の著作が国会図書館デジ・コレクションでタダで読めるので『世界時局と神国日本』(愛国労働農民同志会)をめくっていたら、ラストでいきなり神道天行居の宣伝になり…
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
海老田大五朗・酒井りさ子・嶋津祐「輝自己覚知再考のための予備的研究 : 学生の「気付き」に基づいたソーシャルワーク実習教育のあり方を考える 」 この論文での「気づき」は実習指導ならではのことだし、それらを互いに共有できれば、大きな実りになるだろう。 https://t.co/ZJvMAPYBjz #CiNii
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
J-STAGE Articles - 「英雄の旅」としての仏伝Lalitavistaraの理解 https://t.co/Nag7OYqnaY
RT @akinaln: interesting... CiNii 論文 -  女子のトラブルを「ドロドロしたもの」とみなす教師のジェンダー・バイアス -関係性への焦点化に着目して- https://t.co/OTtAcK58HB #CiNii
議論を展開し切れていないのが残念だが、今後発展させる本論にとっての序論に相当するものだと考えて期待したい。 90年代以降の変容や『王家の紋章』が異世界愛され系に見える記述が面白かった ローベル柊子「日本におけるファンタジージャンルの展開と少女マ ンガ」(2020)https://t.co/ALxdNPI66o
“CiNii 論文 -  ことばに頼らないでことばをつかう--山之口貘の詩 (国語ではない日本語<特集>)” https://t.co/qjnwJYuYXe
“CiNii 論文 -  日本語圏文学の「声」と「言葉」 : 崎山多美氏、ぱくきょんみ氏の対話に寄せて (特集 アジアにおける分断と交差) -- (国際ワークショップ「アラブ文学との対話Ⅱ 記憶 声 土地 交差するアートワーク」から)” https://t.co/ZZCZUyxEcN
RT @NDLJP_en: Baba Bunko, a legendary storyteller in the Edo period, wrote more than a dozen books. Read more about them here! #ndldigital…
RT @kapibaku: 山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論につい…
佐藤亜樹:ペット・ロスと飼い主の悲嘆―援助者にジェンダーの視点は必要か― https://t.co/m1sEKDbdAX #CiNii
佐藤亜樹:ソーシャルワーカーの新しい機能 : ペット・ロスが飼い主に与える影響とソーシャルワーク・サービスの可能性 : 先行業績レビューを通しての考察 https://t.co/pP0k2v9G74 #CiNii
清島絵利子:現代文の教材「家族化するペット」から読み解く家族とバーチャルな存在 https://t.co/fZsQ1U2dcw #CiNii
上野善子:人と動物との関係構築にかんする予備的考察 : 社会的養護におけるアニマル・セラピーと伴侶動物による家族の形成 https://t.co/7U2CkBEUXm #CiNii
しーなまさんが、アニマル・ソーシャルワーク読書会に向けて日本の代表的な先行研究を提示していたので、私も予習で読んでおくアクセスフリーなものを選んでみた。 人とモノと動物と : アニマルライツの周辺をめぐって 岡崎彰×青木人志 (特集 善悪をめぐる対話と省察) https://t.co/b8AAj0eqpf #CiNii
伊勢田哲治:人と動物のあるべき関係とは---動物福祉の考え方を深化させる--- https://t.co/KRo5DlKSWH #CiNii
RT @kapibaku: 山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論につい…
荒川雪「建国初期の中国外交部での組織構築に関する一考察─中国外交部档案を手がかりに」『アジア文化研究所研究年報』54巻(2020年)https://t.co/GeSs46S4sg 最近の注目だとこちらもですね。
「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法學』65巻2号https://t.co/Lfo5U6053R コンスタントな発表が続いておられますね。
「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法學』65巻2号https://t.co/Lfo5U6053R コンスタントな発表が続いておられますね。
吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
RT @bokukoui: 宮紀子「諫早庸一「書評 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』」に対する疑義」 https://t.co/o9F2dX6AEE 絨毯爆撃を受けたような読後感。全くの門外漢で、登場する人名も失礼ながら誰も存じ上げなかったけれど、たいへんなものを読んだと…
山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論については未だに決定的な研究が出ていないように思いますね。
RT @tUKa0i9AuBOUHNZ: アレントにおける「自由の遡及的性格」という、この論文の切り口が偉大だ。やっぱり先達の論文は繰り返し何度も探さないとな。https://t.co/rNW6IVPGvR
藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は共通の過去であり、ローマ理念は彼らの心性に息づいていたという。
翻訳 平等をめざす、いわゆるバブーフの陰謀(1) https://t.co/ZNyORkAtem これ面白そう。
片桐真弓(2016)「イクメンの現状と課題:母親の語りの分析を通して」『尚絅大学研究紀要A 人文・社会科学編』48 巻 p. 137-148. https://t.co/GYnjQiC1Vx https://t.co/as76c4XDLB

フォロワー(2581ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: そもそも日本自身が植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

6466 6466 6466 6466 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
中田晃「平成期公立大学の設置政策に関する研究―政策の窓モデルによる分析―」 https://t.co/R9ThMNozGh
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu
J-STAGE Articles - 出家とは何か -大乗仏教の起源をめぐって- https://t.co/lQUHVwytBj ちなみにこれをちょろっと流し読みした感じだと出家はむしろ輪廻転生の輪から脱するやつっぽく「出家して転生」は変っぽい(?)
RT @mangata614: 新暦の七夕は過ぎちゃったけど、この論文は勉強になるので貼っときます。 CiNii 論文 -  鵲について : 平安詩歌を中心に(高橋伸幸教授追悼号) https://t.co/ily04idbrl #CiNii
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu https://t.c…
下記の拙稿が、J-STAGEで公開、PDF版読み出し可能に。興味のある方はご覧ください。 https://t.co/f8eqqUPYeR https://t.co/Yy2jInQKLj

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: 日本自身が植民地を持っていたんだが、なぜ解放しなかったんだろうか? 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t…

3 3 3 3 OA EBM・NBM と鍼灸

RT @MUMSAIC: 偽鍼についてはこちらの解説もどうぞ。 EBM・NBM と #鍼灸 山下 仁, 高梨 知揚, 鶴岡 浩樹, 若山 育郎 全日本鍼灸学会雑誌68 巻 (2018) 3 号 https://t.co/YPj8cmJLvd

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: そもそも日本自身が植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4
『史学雑誌』が届いた。待望の「回顧と展望」。ノイヴィートの宗教的寛容について書いた私の論文二本も取り上げていただいた。https://t.co/RsPnwy1eqw https://t.co/wH5SssrGfm 「「寛容」の内実や形成過程を十分に検討していないように思われた。」との的確なご批判あり。ありがたい。
RT @shoemaker_levy: 過去に何度も紹介していますが、タイムリーな話題でしかもオンラインで公開されてるこの論文を。またTLに薩摩義士の陰がよぎったので。 羽賀祥二「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」『名古屋大学附属図書館研究年報』3号、2005年。 https://…

10 5 3 0 OA 世界植民地現勢

RT @ekesete1: @TskLimited @kankimura 当時は植民地とされてたようだ 朝鮮総督府編「世界植民地現勢」1924年 二、合衆国領植民地 アラスカ 布哇(ハワイ) ポルトリコ ヴァージン諸島 比律賓(フィリピン)諸島 グアム サモア諸島 https…

265 143 39 6 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: 日本は幾つも植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4 htt…
RT @ekesete1: 朝鮮は植民地であり、内地人と朝鮮人は明確に区別されていた> 官報. 1921年07月23日 目次:府令 / 朝鮮總督府 / 第99号 / 朝鮮人ト内地人トノ婚姻ノ民籍手續ニ關スル件 https://t.co/dTLvQHztUD https://t…
e-Sportsにおける動画コンテンツを用いた戦略思考分析手法に関する検討: https://t.co/IyKtJPpngj
RT @makunegao: →制度分析はきっと、そんな僕らを助ける理論になってくれる。制度分析については、上記文献のほか、僕が以前書いた論文(https://t.co/jaJV9RQO18)に引用した参考文献や、数年前には『精神医学と制度精神療法』や『コレクティフ』という本も…
RT @hrk_book: 再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
RT @hrk_book: 再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
メモ:多元論の立場から--「生命科学と人間の会議」総括意見 Hampshire Stuart https://t.co/ViA6ZWG7Re
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
CiNii 論文 -  非常勤講師と研究 (特集 非正規・不安定雇用と学問継承の危機) https://t.co/5ZVACAfmZL
RT @ishihara_shun: 明学平和研機関誌『#PRIME』43号(20年3月)に掲載された、清水美里先生による拙著『硫黄島』(#中公新書)の書評が公開されました。これは本当にすばらしい書評で、ぼくがこの本に注ぎ込んだいくつもの意図や仕掛けを、ほぼすべて掴み取っていた…
@merrynail ありがとうございました。デュッセルドルフ、インゴルシュタット、ともに馴染みのある都市です!インゴルシュタットは過去に物したこともあるほどにハマってました(笑)。 https://t.co/MCkAwKEj9g
これ知らんかったわ。 東武瑠「社会運動論の方法論的拡充に向けて――Luhmann 機能的システム理論導入の試み――」 慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学・心理学・教育学 : 人間と社会の探究 (85), 1-18, 2018 https://t.co/XSt07OuTYW
何の話題かというと、こちらの論文でテーマになってるものでしょうか? #何か見た CiNii 論文 -  インドにおけるサティー(寡婦殉死)の風習 : その宗教性と社会的背景 https://t.co/WizSi5rFh1
RT @SendaiHisCafe: この大津波災害については、山沢孝至先生による文献史料の詳しい紹介と分析があります。当時の人々にとっても大変に衝撃的な事件でした。論文はリンク先からダウンロードできます! https://t.co/Nv6D7Kfkp8 https://t.c…
「動物福祉」の考え方は哲学者から見ると一貫性がないように見えるので哲学的に整理してみたが、やはり筋が通ってないよね、と。著者の整理の胆力がぱねえ。読むと頭の中が整理される。 伊勢田哲治(2018)「人と動物のあるべき関係とは---動物福祉の考え方を深化させる---」 https://t.co/GOBoZFeXBd
CiNii 論文 -  自殺の悪さについての哲学的な議論の調査 https://t.co/4EFe4EERsq
CiNii 論文 -  解釈的不正義と行為者性 : ミランダ・フリッカーによる解釈的不正義の検討を中心に https://t.co/xwOYLGJvhv #CiNii これ読みたいんだけどいつネット公開されるのかしら
RT @bowwowolf: 今更ながら満井佐吉(翼賛選挙で当選)のやばさに気づいている。神国がどうのとか言いまくってる満井の著作が国会図書館デジ・コレクションでタダで読めるので『世界時局と神国日本』(愛国労働農民同志会)をめくっていたら、ラストでいきなり神道天行居の宣伝になり…
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
海老田大五朗・酒井りさ子・嶋津祐「輝自己覚知再考のための予備的研究 : 学生の「気付き」に基づいたソーシャルワーク実習教育のあり方を考える 」 この論文での「気づき」は実習指導ならではのことだし、それらを互いに共有できれば、大きな実りになるだろう。 https://t.co/ZJvMAPYBjz #CiNii
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
@Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されていると思います。 https://t.co/uwbUHg2A9l https://t.co/4lV8pIZVSO https://t.co/56sRwnRkrk
RT @akinaln: interesting... CiNii 論文 -  女子のトラブルを「ドロドロしたもの」とみなす教師のジェンダー・バイアス -関係性への焦点化に着目して- https://t.co/OTtAcK58HB #CiNii
議論を展開し切れていないのが残念だが、今後発展させる本論にとっての序論に相当するものだと考えて期待したい。 90年代以降の変容や『王家の紋章』が異世界愛され系に見える記述が面白かった ローベル柊子「日本におけるファンタジージャンルの展開と少女マ ンガ」(2020)https://t.co/ALxdNPI66o
“CiNii 論文 -  ことばに頼らないでことばをつかう--山之口貘の詩 (国語ではない日本語<特集>)” https://t.co/qjnwJYuYXe
“CiNii 論文 -  日本語圏文学の「声」と「言葉」 : 崎山多美氏、ぱくきょんみ氏の対話に寄せて (特集 アジアにおける分断と交差) -- (国際ワークショップ「アラブ文学との対話Ⅱ 記憶 声 土地 交差するアートワーク」から)” https://t.co/ZZCZUyxEcN
RT @NDLJP_en: Baba Bunko, a legendary storyteller in the Edo period, wrote more than a dozen books. Read more about them here! #ndldigital…
RT @kapibaku: 山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論につい…
佐藤亜樹:ペット・ロスと飼い主の悲嘆―援助者にジェンダーの視点は必要か― https://t.co/m1sEKDbdAX #CiNii
佐藤亜樹:ソーシャルワーカーの新しい機能 : ペット・ロスが飼い主に与える影響とソーシャルワーク・サービスの可能性 : 先行業績レビューを通しての考察 https://t.co/pP0k2v9G74 #CiNii
清島絵利子:現代文の教材「家族化するペット」から読み解く家族とバーチャルな存在 https://t.co/fZsQ1U2dcw #CiNii
上野善子:人と動物との関係構築にかんする予備的考察 : 社会的養護におけるアニマル・セラピーと伴侶動物による家族の形成 https://t.co/7U2CkBEUXm #CiNii
しーなまさんが、アニマル・ソーシャルワーク読書会に向けて日本の代表的な先行研究を提示していたので、私も予習で読んでおくアクセスフリーなものを選んでみた。 人とモノと動物と : アニマルライツの周辺をめぐって 岡崎彰×青木人志 (特集 善悪をめぐる対話と省察) https://t.co/b8AAj0eqpf #CiNii
伊勢田哲治:人と動物のあるべき関係とは---動物福祉の考え方を深化させる--- https://t.co/KRo5DlKSWH #CiNii
エンゲストロームの活動理論で考えると主体性ってどうやって捉えられるんだろうかといったことを越境する認知科学『大人につきあう子どもたち: 子育てへの文化歴史的アプローチ』を読んでるときに思ったな。リンクは後で読み返したい論文。 https://t.co/NpPqWu0XMm
RT @kapibaku: 山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論につい…
山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論については未だに決定的な研究が出ていないように思いますね。
RT @tUKa0i9AuBOUHNZ: アレントにおける「自由の遡及的性格」という、この論文の切り口が偉大だ。やっぱり先達の論文は繰り返し何度も探さないとな。https://t.co/rNW6IVPGvR
藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は共通の過去であり、ローマ理念は彼らの心性に息づいていたという。
翻訳 平等をめざす、いわゆるバブーフの陰謀(1) https://t.co/ZNyORkAtem これ面白そう。
片桐真弓(2016)「イクメンの現状と課題:母親の語りの分析を通して」『尚絅大学研究紀要A 人文・社会科学編』48 巻 p. 137-148. https://t.co/GYnjQiC1Vx https://t.co/as76c4XDLB