著者
柳原 正治 植木 俊哉 明石 欽司 岩本 禎之 三牧 聖子 丸山 政己
出版者
放送大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2017-04-01

2019年5月に『世界万国の平和を期して―安達峰一郎著作選』(研究代表者が編者)を出版した。公表された学術論文や随筆のみならず、外交官として書き記した口上書や調書や報告書、日露戦争の捕獲審検所評定官としての調査書や判決、国際連盟や万国国際法学会での報告書、常設国際司法裁判所所長としての報告書や命令・勧告的意見に対する反対意見などを一冊にまとめた、安達峰一郎の最初の著作集である。フランス語を主とする欧文著作(書簡を含む)も巻末に一括して掲載した(100頁あまり)。この著作集の出版によって、安達の業績が内外に一層広く知られることとなることが期待される。また、6月15日には東京で、安達峰一郎記念財団の主催で「よみがえる安達峰一郎―世界が称賛した国際人に学ぶ」という記念シンポジウムが開催された。200名近くの参加者を得て、安達の思想と行動が現在の混迷する国際社会にとって持つ意義について、熱心な討論が行われた。研究代表者が基調報告を務め、複数の研究分担者も個別報告を担当するとともに、パネルディスカッションにも参加した。また、国際法協会日本支部が主催して、2019年4月27日に「日本における国際法学の誕生」という共通テーマでの研究大会が行われた。研究分担者の三牧が「大戦間期の戦争違法化と安達峰一郎」というテーマで報告を行った。海外の史料館の一次史料の収集作業も引き続き行った。ベルギーの外交史料館で再度の一次史料の収集作業を行った。これまでほとんど知られていない、黒澤二郎関連の史料をかなりの数収集できた(“Correspondance politique Japon”や13.584など)。
著者
三牧 聖子
出版者
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構アメリカ太平洋地域研究センター
雑誌
アメリカ太平洋研究 (ISSN:13462989)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.22-31, 2013-03

特集 : 太平洋関係のなかのアメリカと日本 : 歴史からの問い
著者
三牧 聖子
出版者
日本政治学会
雑誌
日本政治學會年報政治學 (ISSN:05494192)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.1_306-1_323, 2008

&nbsp;&nbsp;This thesis revisits &ldquo;Twenty Years&rsquo; Crisis&rdquo; and considers what E. H. Carr means by &ldquo;realism.&rdquo; Since the 1990s, many works have challenged the stereotyped picture of a &ldquo;realist Carr.&rdquo; Now we know much about a &ldquo;non-realist&rdquo; Carr, but there still remain a lot of questions about Carr's &ldquo;realism.&rdquo; Contrary to the prevailing image of anti-idealism, Carr's &ldquo;realism&rdquo; is a &ldquo;weapon&rdquo; to demolish the inequalities between nations, and to rebuild a more equal order. <br>&nbsp;&nbsp;During the 1930s, the &ldquo;idealists&rdquo; such as Norman Angell and Leonard Woolf abandoned their optimistic beliefs in public opinion, and advocated the League sanctions against the fascist countries. Together with the pacifists, Carr criticized the League sanctions as a superficial solution, and insisted that the fundamental problem was the inequalities between the &ldquo;have&rdquo; and &ldquo;have-not&rdquo; countries. His criticisms toward the League were not a denial of the League itself. He criticized the &ldquo;Coercive League,&rdquo; which was hostile to the &ldquo;have-not&rdquo; countries, but supported the &ldquo;Consultative League,&rdquo; which functioned as a forum between the &ldquo;have&rdquo; and &ldquo;have-not.&rdquo; <br>&nbsp;&nbsp;Now we are in the long fight against terrorism. Global terrorism is, in part, a reaction to global inequalities. Carr's &ldquo;realism&rdquo; tells us that military actions alone never beat global terrorism.