著者
中島 亮一 横澤 一彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.89.17344, (Released:2018-09-20)
参考文献数
24

To investigate the effect of continuous focused attention on change detection, Nakashima & Yokosawa (2018) conducted a single object change detection task, manipulating blank durations and locations of study and test images (same/different). They suggested that attention can focus on a local area during a brief blank period, and that continuous focused attention facilitates only the detection of occurring change. We examined this suggestion further. To examine the possibility that observers strategically move attention during a long blank period rather than attention being spontaneously disengaged from a focused area, the image location condition was blocked. Additionally, the numbers of change trials and no-change trials were equated, in contrast to the larger number of change trials in the previous research. Even with these changes in method, our experiment showed that the change detection performance in the same location condition was better in the short blank than the long blank condition only in change trials. Thus, we suggested that attention certainly focuses on an area only briefly and facilitates change detection.
著者
中島 亮一
出版者
日本認知心理学会
雑誌
日本認知心理学会発表論文集 日本認知心理学会第15回大会
巻号頁・発行日
pp.39, 2017 (Released:2017-10-16)

ある位置を注視していたとしても、頭部方向正面で見るか、横目で見るかによって、視覚処理が変容する。具体的には、頭部正面方向における視覚処理が促進される。本研究では、横目で注視点を見ている時の、視覚的注意の空間的な広がりについて検討した。実験では、注視点位置に呈示されるTの文字の向き判断と、周辺視野に呈示されるドットの検出を同時に行う、二重課題の有効視野課題を行った。また、注視点に対する頭部(と身体)方向を、正面・左右と操作した。注視点の左または右にドットが出てきた場合の検出率の差分を左バイアスという指標とし、頭部方向条件間で比較した。その結果、左バイアスは、頭部方向が左、正面、右の順に大きかった。同様に下バイアスも比較したが、頭部方向条件間に違いは見られなかった。よって、横目観察時には、水平方向において、有効視野が頭部正面側に偏って広がっていることが示唆される。