著者
加藤 祐三
出版者
東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター
雑誌
アメリカ太平洋研究 (ISSN:13462989)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.9-18, 2005-03

The aim of this article is to reconsider the meaning of the Treaty of Peace and Amity between Japan and the United States of America signed at Yokohama on March 31, 1854 and to place it in the context of world history and Japanese history. When proceeding with the analysis, I considered three issues: (1) war and diplomacy two expressions of international politics, which are still as important today as in the 1850s given current international politics; (2) a comparison of Japan-U.S. diplomatic power, which is the key when negotiations take place between states; and (3) the avoidance of outdated views of history, which is important to understanding modern history. Since Commodore Perry's expedition to Japan and the Japanese encounter with the West was a big event in our history, many documents and materials are reserved in both countries including pictures and prints. Although it is necessary to analyze this chain of events-the cause, the process and the results of the first official U.S.-Japan political negotiation-by a pluralistic approach, this article exclusively analyzes two factors: one is the purpose of Commodore Perry's expedition to Japan (cause) and the other is the negotiation between Japan and the U.S. (process), that enabled both sides to avoid war through the talks of Uraga in 1853 and of Yokohama in 1854. The Treaty of Peace and Amity (result), which eventually led to the opening of Japan, can be highly evaluated because it was a negotiated treaty that was not accompanied by war. Modern Japan was founded on "the modern international regime of four pieces of polity" (the Great Powers, the colony, the loss treaty nation and the negotiation treaty nation), which later changed its feature in 1895, 1905 and 1945.
著者
加藤 祐三 新城 竜一
出版者
琉球大学
雑誌
一般研究(C)
巻号頁・発行日
1995

1993年8月、沖縄島中部西海岸読谷村の海岸でハンマーの打撃で発火する物質の存在が確認され、これが天然の白リンであることが明らかになった。このリンの分布を明らかにすることと、実験にたえる量の試料を採集する目的で、第1発見地点付近を中心に、50m×36mの範囲を2m間隔のメッシュで切り、潮溜まりであるために採集できない場所を除いて系401個の試料採集を行った。採集した試料は水に漬けて実験室に持ち帰った。試料は白色の物が多いが、リンを含む地点の周辺では不規則に黒色に着色している。この黒色物質は不安定で、保管するうちに次第に消失し、試料全体が白色に変化していく。全岩分析をしてP_2O_5%を定量・比較すると、黒色部では明瞭に多く、0.15%以上、最大0.82%含有しているのに対して、白色部では平均0.10%である。これらの値は今回沖縄島各地で採集した琉球石灰岩の平均値0.05%より明らかに多い。リンを主成分とする唯一の造岩鉱物であるアパタイトの含有を、黒色部を粉末にし重液分離して調べたところ、極めて僅かであるが共生鉱物としての存在が確認できた。一方、白リンについてX線粉末回折実験を行った結果、人工合成したリンと、産状から見て人工物と判断されるフィリピンで発見されたリンの2試料には、リンのピークには一致しない不明のブロードピークが同じ位置に存在するのに対して、読谷村産のリンにはこのピークが認められない。このことは、このリンが前2者とは成因が異なり天然産であることの傍証となる。
著者
新城 竜一 伴 雅雄 斎藤 和男 加藤 祐三
出版者
日本岩石鉱物鉱床学会
雑誌
岩鉱 (ISSN:09149783)
巻号頁・発行日
vol.86, no.7, pp.323-328, 1991-07-05 (Released:2008-03-18)
参考文献数
29
被引用文献数
10 11

High magnesian andesites from Kume-jima and Iriomote-jima, the Ryukyu islands were dated by the K-Ar method with the basalts from Kobi-sho and Sekibi-sho, the Senkaku islands. The obtained K-Ar ages of the high magnesian andesites are 6.08 ± 0.46 Ma and 13.1 ± 1.1 Ma for the sample (s) from Kume-jima and Iriomote-jima, respectively. The volcanic activity of the high magnesian andesite magma continued intermittently for at least 6 Ma. The K-Ar age of the basalt from Sekibi-sho is 2.59 ± 0.19 Ma. The age of the basalt lava from Kobi-sho is as young as 0.2 Ma or even younger, and indicates that Kobi-sho is a Quaternary volcano.
著者
加藤 祐三
出版者
公益社団法人 日本地震学会
雑誌
地震 第2輯 (ISSN:00371114)
巻号頁・発行日
vol.40, no.3, pp.377-381, 1987-09-25 (Released:2010-03-11)
参考文献数
6
被引用文献数
1

In Ishigaki Island, the southern Ryukyu Islands, there are many blocks consist of coral limestone. These are considered to be thrown onto the island by Yaeyama Seismic Tsunami in 1771 and so called “tsunami-ishi (means tsunami-stone)”. Based on a distribution of these tsunami-ishi, a record, in archives, saying that the run-up height of the tsunami was 85 meters has been admitted. Or according to the maximum height of the distribution, an assertion that the run-up height is 55 meters has been made.There are two kinds of blocks for these tsunami-ishi. One is genuine tsunami-ishi which is evidently thrown on the island by the tsunami. The other consists of the Pleistocene Ryukyu Limestone block. It cannot be determined whether the existence of these blocks is a result of the tsunami, or not. These coral blocks can be distinguished from each other by its components, either aragonite or calcite. That is to say, when the coral of a block consists of aragonite, it should be a genuine tsunami-ishi. When calcite, it should be a Ryukyu Limestone block. Since the research, made by this method, found out that the maximum height of the distribution of the genuine tsunami-ishi was 25 meters, it is inferred that the run-up height was a little higher than 25 meters.In Miyara Bay of Ishigaki, there is also a block about 100 tons in weight clung by some small coral whose 14C-age corresponds with that of Yaeyama Seismic Tsunami. The 14C-age of this block itself is 2980BP. This suggests that, between at least 3000 years ago and 1771 of Yaeyama Seismic Tsunami, there was no such huge tsunami which could have thrown this large block at Miyara coast. Since, among the genuine tsunami-ishi, the 14C-age of coral of a block, distributing at the altitude of 25 meters, which is the highest altitude for this particular block, is 1810BP, this block is inferred to have been thrown by the tsunami and the value of a little higher than 25 meters is considered to indicate the maximum height of Yaeyama Seismic Tsunami.

1 0 0 0 開国史話

著者
加藤祐三著
出版者
神奈川新聞社
巻号頁・発行日
2008
著者
木村 政昭 上田 誠也 山里 清 加藤 祐三 大森 保
出版者
琉球大学
雑誌
一般研究(A)
巻号頁・発行日
1988

1986年に世界の背弧海盆に先駆けて中央地溝の一つである伊平屋海凹内で研究者らにより、低温で非晶質の熱水性マウンドが発見された。そこで、本研究においては、大洋中央海嶺で発見されたような硫化鉱床や大型生物コロニ-が認められるような高温の熱水性ベント・システムが背弧海盆にも認められるのかということを世界に先駆けて検証することを目標の一つとした。そして、それによって背弧海盆が大洋中央海嶺と同じ様な拡大メカニズムにより形成されたのかどうかということを明らかにしようと努めた。その結果、研究者らが参加・協力した調査・研究において以下に述べるような成果があげられた。昭和63(1988)年度:4ー6月、伊平屋海凹と伊是名海穴で熱水性生ベント・システム発見。ドレッジにより大型生物や硫化鉱床採取(ゾンネ号:「かいよう」)。9月には、前記熱水域に潜航し、熱水性鉱床・生物コロニ-等のサンプル採取に成功(「しんかい2000」)。平成元(1989)年度:4ー5月、伊是名海穴で高温熱水を噴出するブラックスモ-カ-が発見され、さらに新熱水域を発見する(「しんかい2000」)、1990ー91年の調査により、さらに北方の奄西海丘でも熱水性鉱床が発見された。1991年6月、沖縄トラフ南部北縁の潜水調査。トラフ縁の沈水時期を明らかにする(「スコ-ピオン」)。平成4年1月、南西諸島南方海域の海底地形精密調査。海溝運動と島弧・背弧海盆形成メカニズムを探る(「よこすか」)。以上、本研究により、発見された鉱床は、わが国経済水域内にあり、いわゆる黒鉱型鉱床に酷似し、金・銀を多量に含む珍しいものである。そして、シロウリ貝やバクテリア等も発見採取され、生命の起源解明にも寄与した。更に今後熱水域が新たに発見される可能性も指摘することができた。一方、構造探査の方では、沖縄トラフは典型的な大陸性地殻構造を持っていることが明らかになったが、鉱床の性質はそれと予盾しない。
著者
加藤 祐三 新城 竜一 林 大五郎
出版者
琉球大学
雑誌
一般研究(B)
巻号頁・発行日
1991

火山豆石の内部構造は同心円構造が発達したもの(CONC)と、これが認められず不規則なもの(RAND)の2群に大別される。いずれが含まれるかは各火砕物固有の性質である。火山豆石が形成されるとき、構成粒子を結びつける膠着剤が氷の場合がCONC、水の場合がRANDになると考えられる。この推定は後者の場合について、1991年雲仙火山で降下した火山豆石の研究で立証された。火山豆石の内部構造の観察、直径・形状・間隙率・比重の測定を行い詳細に検討した結果、これらの性質と火砕物の噴出様式の差、すなわち降下堆積物(fall)/火砕流堆積物(flow)/ベースサージ堆積物(surge)の別とは密度な関係があることが明らかになった。CONCにはfallとflowの双方が、RANDにはfallとsurgeの場合がある。また、RANDはCONCよりも、間隙率と直径が小さい/見かけ比重が大きい/結晶と岩片が多くガラス片が少ない、という傾向が認められる。沖縄島呉我の火砕物には、一般的な例と異なりCONCとRANDの双方の火山豆石が共存している。含まれるガラスの化学組成を比較すると、基質はRANDと一致しCONCとは異なる。このことから、CONCは別の噴煙柱で生じ、火山豆石だけがこの火砕物に混入したものと推定される。火山豆石は火砕物中に頻繁に産出するので、個々の火砕物を理解するにあたって重要で、豆石の内部構造と諸性質を詳しく調べることによって、火砕物の生成機構が推定できる。