著者
小川 徳雄
出版者
人間-生活環境系学会
雑誌
人間と生活環境 (ISSN:13407694)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.2-7, 1996-12
被引用文献数
1

第2部では,体温調節の性差とその機能の加齢の影響を述べる。体温の性差はないとされるが,正確な測定結果はない。女子では,体温の性周期変動があり,二次化学調節がみられ,男子より代謝量が少なく,皮下脂肪が厚いことなどが熱出納の性差をもたらすとみられる。また女子では発汗が少ないが,汗腺機能も劣る。女子は皮膚の断熱性に優れ,耐寒性が強く,寒冷暴露時の代謝量の増加は少ない。暑熱順化時の発汗活動の増加度は男子の方が大きい。加齢とともに体温は低下傾向を示し,その日周変動幅が狭くなる。高齢者では,温度受容及び温度感覚,求心性・遠心性の神経機能,効果器機能が鈍り,皮膚血流・発汗・ふるえの反応が遅くなるが,個人差が大きい。暑熱・寒冷適応能は加齢とともに,とくに男子で低下する。

1 0 0 0 OA 運動と発汗

著者
小川 徳雄
出版者
The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.289-300, 1996-04-01 (Released:2010-09-30)
参考文献数
86
被引用文献数
2 2
著者
菅屋 潤壹 小川 徳雄 朝山 正巳 宮側 敏明
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.18, no.2, pp.72-79, 1981-10-15 (Released:2010-10-13)
参考文献数
19
被引用文献数
1

発汗発現の部位差を汗腺の分泌能のそれに関連して検討するため, 発汗量対中枢性発汗活動のプロットよりえた回帰直線を, 上半身のいろいろな部位のあいだで比較した。被検者は気候室内で安静椅座位をとり, 室温は2―3℃ずつ30―50分の間隔で35℃から45℃まで段階的に上昇させた。湿度は40%に保持した。室温の各ステップでは, 20分又はそれ以上の平衡時間をとったあとで局所発汗量を測定した。ここでは, 中枢性発汗活動は0.9Tre+0.1Tsであらわし, また, 回帰直線の勾配とx切片をそれぞれ発汗増加能, 発汗発現温度とみなした。汗腺の発汗増加能が低い部位ほど発汗発現温度が高いという一般的傾向が見られた。しかし, 一部の被検者の腋窩と前額は, 発汗増加能が他のどの部位より低いにもかかわらず発汗発現温度ははるかに低かった。各部位からえた回帰直線を外挿したところ, 横軸下の1点に集中することはなかった。このことは, 導管部での水の再吸収量は, おそらくその部位の汗腺の分泌能に比例して変化することを示唆する。腋窩と前額で見られる特異な温熱性発汗のパターンは, それらの部位の再吸収能が極端に低いことを示唆する。
著者
相澤 清香 中島 利誠 山野 春子 仲西 正 菅屋 潤壱 小川 徳雄
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.31-38, 2000-02-25

The present study was carried out to examine the hypothesis that ocular surface temperature measured at the site over the iris by an infrared radiation thermometer could be an indication of core body temperature. In healthy young subjects, ocular surface (T_<os>), tympanic(T_<ty>), esophageal(T_<es>), mean skin(T^-_<sk>) temperatures, and local sweating rates and skin temperature of the forehead(T_<sf>) were measured in a chamber controlled at a moderate climate of 28℃-40%(rh) on two separate tests, a passive body warming and an exercise. The passive body warming was induced by immersion of lower limbs in hot water bath regulated 43℃. The moderate exercise was performed with cycle ergometer at the intensity of 80 W. In both tests, T_<os> didn't follow either core (T_<ty>, T_<es>) or shell (T^-_<sk>, T_<sf>) body temperatures. In the second series of experiments, ambient temperature (T_<am>) was raised from 27℃ to 34℃, or lowered from 34℃ to 27℃ for 10 min. In both tests, T_<os> followed the change of (T_<am>) rapidly in spite of the steady T_<ty>, and the change rates of T_<os> were greater than of T_<sf>. When T_<am> was raised slowly from 20℃ to 23℃ for 20 min, the T_<os> rise was almost simultaneous with the T_<am> rise, and there was a high correlation between these two factors (r=0.99). Moreover, the regional thermograms around eyes showed that skin temperature surrounding eyes was significantly higher than T_<os> (p<0.01). These results suggest that ocular surface temperature measured by an infrared radiation thermometer might reflect corneal temperature rather than iris temperature, and could not be an indication of core temperature.