著者
西守 隆 伊藤 章
出版者
公益社団法人日本理学療法士協会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.33, no.6, pp.318-323, 2006-10-20
被引用文献数
3

本研究の目的は,歩行・走行時の骨盤と体幹の回旋角度を測定し,移動速度との関係や位相性変化を検討することである。大学陸上競技部の男子短距離選手6名を対象とした。移動速度条件として,歩行は1.3,1.9m/sの2条件,走行は2.5,4.5,6.5m/s及び最高速度の4条件とした。全試技を3台のハイスピードカメラを用いて撮影した。得られた座標値から骨盤回旋角度と体幹回旋角度を求めた。得られた骨盤回旋角度と体幹回旋角度について,時系列データとして相互相関分析を行ったあと,位相性の違いを算出した。その結果,歩行では移動速度の増加と共に骨盤回旋運動の振幅は直線的に増大した。走行では2次曲線の傾向を示し,2.5m/sから6.5m/s付近まで増加したが,それ以上の速度では逆に減少した。骨盤回旋と体幹回旋との関係は,歩行では互いに逆方向に回旋していたのに対し,走行では移動速度の増加とともに同方向への回旋運動に変化した。これは移動速度が向上するに従い,歩行周期における骨盤回旋運動の位相が変化し,体幹回旋運動の動きの方向に近づいていくことを示している。
著者
西守 隆 大工谷 新一
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.37-41, 2004 (Released:2005-03-11)
参考文献数
4

Interpretation and integration are defined as tying up a patient's capacity for action and measurement results. This paper explains the interpretation and integration divided into the following five. “Solving relativity of impairment and active limitation”. “Solving the cause of impairment”. “Solving the correlation of impairment”. “Solving the correlation of active limitation”. “Inferring a prognosis of impairment from references or improvement of clinical physical therapy”. Interpretation and integration are the most important parts of physiotherapy evaluation.
著者
鈴木 俊明 西守 隆
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.33-39, 2003 (Released:2005-04-12)
参考文献数
2
被引用文献数
2

We reported the important points and methods of motion observation and motion analysis, which are evaluations in physical therapy. Motion observation involves watching and thinking in detail, and the problems were differentiated between those with impairment and disability. Motion observation and motion analysis by therapists are a very important techniques in physical therapy. To observe and analyze a patient's motion in detail is the first step in solving their problems in physical therapy.
著者
西守 隆 長谷川 治
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.89-93, 2003 (Released:2005-04-12)

The first edition of this book was published in 1946 and it has now reached the seventh edition. The principal change made in the sixth edition was the information on the testing of infants and young children. And also the hip extension test in the supine position has been added. If for any reason a patient cannot lie prone, the new method is used.