著者
吉福 康郎 唐沢 康弘 阿部 雅子
出版者
人体科学会
雑誌
人体科学 (ISSN:09182489)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.37-46, 2006-10-30
被引用文献数
3

This is a report on speech we observed in 75 cleft palate children during the period of one to five years after operation. The results are summarized as follows:<BR>1) Cases of successful palatal repair<BR>i) About one half of the cases repaired at one year of age showed no deviation in speech throughout the course of observation, while most of the cases repaired at ages of two to three years showed articulation disorders.<BR>ii) Manifestation of articulation disorders appeared to be closely related to speech (articulatory) development of the children. The hyperrhinolalia and the glottal stop were observed less frequently with cases where the palatal repair w as performed at a lower age.<BR>iii) The hyperrhinolalia, which becomes manifest at the age of 1.5 to 2.5 years old, is a direct reflection of the velopharyngeal function, and disappeared spontaneously within a year after the operation.<BR>iv) The glottal stop, the nasal articulation, and the palatalized articulation (use of the body of the tongue instead of the tip or blade, making the articulatory contact with the palate instead of the teeth or the alveolar region) were noted as faulty articulations and were manifest at the age of 1.5 to 2. 5, 2 to 2. 5, and 2.5 to 3 years old respectively. Spontaneous postoperative recovery was observed in the nasal articulation and the glottal stop, but not in the palatalized articulation.<BR>v) From the point of view of speech development, the speech of the mentally retarded children showed a pattern similar to that of the non-retarded children.<BR>vi) There was no case with the pharyngeal fricative articulation which is mentioned in earlier reports. Instead, the palatalized articulation was noted in the present cases, especially those with the complete cleft. This seems to be a new pattern of cleft palate speech where the palatal repair is done early in childhood. This type of faulty articulation appears to be more difficult to correct by training than the glottal stop.<BR>2) Twelve cases underwent repeated surgery after unsuccessful palatal repairs. All of them manifested articulation disorders regardless of the age of the first surgery. The speech was fairly good in cases a satisfactory velopharyngeal function was achieved by the age of 3 years old.
著者
堀口 恵子 神戸 美恵子 永井 由美子 阿部 雅子 高橋 雅子 渡邊 静 綾部 園子
出版者
日本調理科学会
雑誌
大会研究発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.29, 2017-08-31

【目的】日本調理科学会平成24~26年度特別研究で、群馬県各地域の家庭料理について、次世代へ伝え継ぐ資料として聞き書き調査を行い報告した。その後の追加調査や刊行資料調査も含め、群馬県の家庭料理のおやつの特徴について報告する。<br /><br />【方法】平成 25 年 10 月~27 年 2 月に群馬県内の8地域において,各地域 2 名以上(60 歳~80 歳代,居住年数 40 年以上)の調査対象者に対して面接調査を行った。面接は特別研究の方法に従い,調査の同意を得た上で,調査票に沿って対話したものを記録した。その後、嬬恋村において追加調査を行った。<br />【結果】群馬県は,冬期の日照時間が長く、乾燥した気候で、水はけのよい土地であるため、小麦の生産に適し、平坦地では米と麦の二毛作が行われている。小麦粉はおっきりこみやうどんなど主食として食するほか、いろいろなおやつが作られている。中でもまんじゅう類は種類が多く、炭酸まんじゅう(ふかしまんじゅう)、ゆでまんじゅう、すまんじゅう、そばまんじゅう、焼きまんじゅうなどがある。焼きまんじゅうは、すまんじゅうを竹串に刺し、たれ(赤みそ、砂糖、水)をつけて香ばしく焼いたもので、祭りや縁日の屋台で売られ、群馬のソウルフードともいえるおやつである。また小麦粉に野菜などを入れた焼いた焼きもち(ふちたたかっしゃい、もろこしおべった)や、たらし焼、じり焼き、甘ねじなどもある。米粉を使ったものでは、あんぴんもち、草だんご、きびもち、すすり団子などのもちや団子も喜ばれた。また、いも類のおやつでは、さつまいもを蒸して干した乾燥いもや油焼き、里芋をゆでて串にさしたれをつけたいも串、じゃがいもでは、いも餅やいも串などがある。様々なおやつの工夫がみられる。
著者
阿部 雅子
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.239-250, 1987
被引用文献数
3 4

鼻腔構音と称していた構音障害について観察し, 以下の知見を得た.<BR>1) 鼻咽腔構音の音声をサウンドスペクトログラフにて分析した結果, 破裂音や摩擦音に相当する部位に, 低音部から高音部にわたるspike fillやフォルマント構造をもつ弱い雑音成分が認められた.また, 母音に相当する部分には鼻腔共鳴をあらわすフォルマントが認められた.<BR>2) X線映画, ファイバースコープ, ダイナミックパラトグラフにより, 構音器官の動態を観察した結果, 鼻咽腔構音の構音点は鼻咽腔閉鎖の行われる場所にあり, 破裂や摩擦の音は軟口蓋と咽頭壁でつくられる.そして, その際, 舌が口蓋に接して口腔が閉鎖され, 呼気や音声は鼻腔から出されることが明らかになった.<BR>3) この構音障害を表わす用語を検討した結果, 「鼻咽腔構音」 (nasopharyngeal articulation) が適切であると考えた.
著者
海瀬 俊治 菅野 久美子 安達 清子 阿部 雅子 服部 修作 丹治 義勝 富田 健 柵木 智男 松川 明
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
健康医学 (ISSN:09140328)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.67-70, 1993-10-20 (Released:2012-08-27)
参考文献数
13

人間ドックにおける梅毒血清反応生物学的偽陽性(BFP)例について検討した。1989年度から1991年度までの3年間に当所人間ドックで受診した14,337名中26名(0.18%)にBFPが認められた。BFP例の検査成績や質問表を検討したところ,習慣性流産や血小板減少などより4例が抗リン脂質抗体症候群と考えられた。BFP例に遭遇した場合のこのような症候群の存在についても考慮すべきと思われた。