著者
大森 貴弘
出版者
常葉大学教育学部
雑誌
常葉大学教育学部紀要 = TOKOHA UNIVERSITY FACULTY OF EDUCATION RESEARCH REVIEW
巻号頁・発行日
no.38, pp.409-425, 2017-12-31

ドイツでは、かつては日本と同じく離婚後単独親権を民法で定めていた。しかし、1982 年に連邦憲法裁判所は、離婚後の例外なき単独親権を定めた民法1671 条4 項1文の規定が、親の権利を定めた基本法6 条2 項1 文の権利を侵害すると判示した。これ以後、ドイツでは離婚後の例外なき単独親権は違憲となり、個別事例での対応が続いていたが、1998 年に親子法改正法(1997 年制定)が施行され、離婚後共同親権(共同配慮権)が法制化された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 11 posts, 15 favorites)

@maniac_lawer 日本国憲法は「変えたくない」方々にとっての不磨の大典のようですね。一度、こちらをご覧になられては。ご存知でしたらすいません。 翻訳:ドイツ連邦憲法裁判所の離婚後単独親権違憲判決 https://t.co/klid74S4E0
@sakaiat 内部勉強会での内部資料ですが、ご参考にこちら https://t.co/rSYPaCVAoN
ドイツ連邦憲法裁判所の離婚後単独親権違憲判決 https://t.co/rCf5Yjq9CX
@Hanamum1211 @IRqbOv1jOWZXDRx 資料の存在を教えて頂きありがとうございます リンク貼らせて頂きます。 https://t.co/DBTEi6TYvY
@inotake77 ドイツ方は主文で明示していますね。https://t.co/SxDlkANmCz ただ、共同親権が全ての離婚事件で「使える手段」か、は疑問符。共同親権の可否を判断する基準作りを裁判所の判断で、となると、莫大な… https://t.co/Sc36xIxmbb

収集済み URL リスト