著者
佐倉 統 平石 界 池田 功毅 中西 大輔 横田 晋大 三浦 麻子 小森 政嗣 松村 真宏 林 香里 武田 徹
巻号頁・発行日
2013-10-21 (Released:2013-10-24)

今年度は当プロジェクトが本格的に始動した年度である。最初に全体研究会をおこない(2014年5月)、共通認識を醸成した(「放射能」に対する懸念や恐怖感は地域によらない可能性がある、欠如モデルによるリスクコミュニケーションは逆効果、など)。全体研究会は9月と11月にも行なった。11月は福島大学の研究者との合同研究会をおこない、放射線測定活動を続けている地域の方々と、食品の小売り店を訪問し、生活者から見たときの放射能汚染とそれをめぐる「風評被害」の影響について意見交換をおこなった。行動免疫班は、放射能関連リスクならびに、それ以外のリスク要因に対する認知、感情、ならびに情報源への信頼について、2月(非放射能関連リスク)と3月(放射能関連リスク)の2回に分け1600名に対するWeb調査を実施した。放射能関連リスクについては認知と感情の関連が強く、またいかなる情報源も信頼されていないことが示された。ソーシャルメディア班は震災時に流布したデマツイートを見たユーザのうちどういう人が「RTした(しなかった)」か、その特徴を、ユーザのネットワーク特性によって分析した。分析は今年度はまだ途上であるが、恐怖心を抱いているとRTの回数が多いことが示唆されている。社会実装班は、過去の病気の比較やマスメディアの動向を調査すると同時に、原発震災後の政治的ガバナンスの問題点を論じるシンポジウムをおこなった。演者として事故直後に政権の内部から対処に当たった政治家やアメリカから当時派遣された専門家も含め、日本の危機管理体制の問題点を浮き彫りにする論点が出された。年度繰越し分の研究費によって、これらの成果の一部を国際学会で発表し、また、被災者対象保養キャンプの参加者の放射能汚染の認識を調査した。

言及状況

Twitter (21 users, 27 posts, 18 favorites)

全部書け書け言うのにKAKENから研究分担者の情報を勝手に省略したのはどちらのどいつよ.私これの分担者させていただいてるけど,どこにも名前乗ってへんやん.載せへんのやったら書かせんとって→http://t.co/PJDufF0jZC
リスク認知とソーシャルメディア情報拡散過程の進化論的解明:基礎研究から社会実装へ 佐倉 統http://t.co/bLzMqOg6VU こんな研究に3,200万円もかからないでしょうに。しかし相変わらず「進化論的」とか言ってるのね。「進化論的解明」ってなに?
佐倉先生の科研費は2年間3300万円ですよね。 それで事故直後の鼻血調査されては。 http://t.co/oIe7BpcfsR 地域ごとに避難者と定住者をわけて。
それよか佐倉先生の「リスク認知とソーシャルメディア情報拡散過程の進化論的解明」2年間3300万円に注目 http://t.co/7WxrKd7D6z  TwとFBの解析ってそんなに金かかるんだ。
.。oO(バベルの塔というべきか) http://t.co/fvRns7IW1q
うへえすごい。進化心理学やらの結果を実社会に応用、ですと。しかも実装ときたか。「風評のパニック的な連鎖が発生するのは、進化の過程で私たちの脳に実装されたメカニズムによるものだ。これを防ぐための仕組みを社会の側に実装する」とか? http://t.co/U0WjRcbQZW

収集済み URL リスト