著者
黒川 博文 佐々木 周作 大竹 文雄
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.50-66, 2017 (Released:2018-02-03)
参考文献数
33

本研究では,A社の協力のもと,社員を対象に,様々な行動経済学的特性に関する質問を含んだ独自調査を行い,その個票とA社より提供を受けた残業時間に関するデータと組み合わせて,長時間労働者の特性を明らかにする.また,A社で導入された,残業時間上限目標を月45時間とし,働く時間と場所を自由に選べるという新たな人事制度の政策評価も行う.分析の結果,いくつかの行動経済学的特性と残業時間は統計的に有意な関係が観察された.例えば,時間選好の特性では,後回し傾向がある人の深夜残業時間が長い.社会的選好の特性では,平等主義者の総残業時間が長い.ビッグ5の性格特性では,誠実性が高い人の深夜残業時間は短いが,総残業時間は長い.一方,新人事制度の導入は残業時間を有意に削減した.特に,導入以前において月45時間以上働いていた人への残業削減効果が大きかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (6 users, 6 posts)

[あとで読む] 論文ッ……あとで読もうと思い続けてはや、、
[overwork][work style reform]
「新人事制度」とあるけど就業時間と場所に関する制度の変更だけなのかな。いずれにしても興味深い調査
[academic][work][HRM] 「新人事制度の導入は残業時間を有意に削減した.特に,導入以前において月45時間以上働いていた人への残業削減効果が大きかった.」

Twitter (86 users, 103 posts, 165 favorites)

黒川・佐々木・大竹(2017)をもとに、佐々木さんがインタビューを受けてくださった記事が、無料公開となりました。論文はこちら https://t.co/Cu5HtmQqjU https://t.co/GFt6KHlP2m
黒川・佐々木・大竹で発表した元論文のリンクも貼っておきます。おかげ様で、アクセス数ランキングは1位で、数か月間独走中です。 https://t.co/38p3lACbC8
こちらがインタビューの元になった論文: https://t.co/38p3lACbC8 日経ビジネスの記者さんが、自分で検索して興味を持ってくださり、私にメール連絡をくださいました。6月18日発売号に、紙面でも掲載されるので是非ご覧ください☺
長時間労働者の特性と働き方改革の効果 https://t.co/gcglLqqiGl
おう。「時間選好の特性では,後回し傾向がある人の深夜残業時間が長い.社会的選好の特性では,平等主義者の総残業時間が長い.ビッグ5の性格特性では,誠実性が高い人の深夜残業時間は短いが,総残業時間は長い.」 - 長時間労働者の特性と働… https://t.co/VgSMeslpYM
大竹先生の論考は、こちらの論文を主に紹介されています。より詳しく知りたい方は、ぜひ元論文もご一読ください。 https://t.co/Cu5HtmQqjU https://t.co/dKL6WrROgQ
時間選好の特性では,後回し傾向がある人の深夜残業時間が長い.社会的選好の特性では,平等主義者の総残業時間が長い.ビッグ5の性格特性では,誠実性が高い人の深夜残業時間は短いが,総残業時間は長い⇒長時間労働者の特性と働き方改革の効果 https://t.co/egwUu3affU
月間アクセス数で、第2位にランクインしてました。 「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」https://t.co/38p3lAkAKA https://t.co/wpNaaSb5Kq
「新人事制度」とあるけど就業時間と場所に関する制度の変更だけなのかな。いずれにしても興味深い調査 / “長時間労働者の特性と働き方改革の効果” https://t.co/oa0nu38z4S
【資料】J-STAGE Articles - 長時間労働者の特性と働き方改革の効果 https://t.co/D9q743SrXF
共著論文が『行動経済学』に掲載されました。 ある企業に協力してもらい、社員に対して行動経済学に関するアンケート調査を行い、その個票データと彼らの残業時間データを紐づけて、長時間労働に関する実証分析を行いました。 「長時間労働者… https://t.co/ZHFGhtoyG1

収集済み URL リスト