著者
工藤 彰 岡田 猛 ドミニク チェン
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.22, no.4, pp.573-590, 2015-12-01 (Released:2016-06-01)
参考文献数
43

The purpose of this study is to investigate the writing style and revision process ofa contemporary fiction writer from a cognitive science perspective. We focus on the work of Mishima Prize winning author, Otaro Maijo. Using Type Trace, a text editor devised by Dividual Inc., as an analysis tool for observing the writing process, we con-sider features that have not been detected by creative experiment, protocol analysis or manuscript research. Based on observations of Maijo’s writing process, firstly revisions are categorized as additions, deletions, substitutions, distributions, or consolidations. Secondly, revisions are further classified as “revisions at a generative point”, “revisions in a generative sentence”, “revisions in a generative paragraph”, or “revisions beyond the generative paragraph”, according to the remoteness of the revision from the point of composition. The results reveal that revisions such as the substitution of words and adjustments in sentence length were mostly performed together with text generation. All revisions that were made after an interlude took the form of revisions far removed from sentence generation. We find that Maijo’s writing style tends to be maintained for several weeks to months and then changes substantially.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (12 users, 12 posts)

[book] “The results reveal that revisions such as the substitution of words and adjustments in sentence length were mostly performed together with text generation.”
[文芸][研究][あとで読む] ユニークな研究。

Twitter (1136 users, 1142 posts, 42 favorites)

おもしろいなぁ J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/Wj53drgPkZ
@tenjuu99 しかし、テキスト制作における環境の制約から、その制作プロセスを追った研究は、ないことはない。ドミニク・チェンがログを動的に再生するテキストエディタをつくり、そのエディタで舞城王太郎が小説をかくプロセスを追ったりした研究がある。 https://t.co/ZqDZd7a5Jy
リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/3ftdaj5a46
先日RTしたパソコンを用いた創作における執筆と推敲に関する研究論文、読んでみたら面白かった。2007〜08年のインスタレーションで展示された舞城王太郎のType Traceを使用した執筆過程を分析したもの/リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/z5pCo8yCxc
読んでみる https://t.co/D6K3EdVdqQ
J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/c5vvU9551v
J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/8ISbq59X2G
舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究がありえるのかと。 https://t.co/ZoPHtSKzGE https://t.co/xYIHkZnVP1
読まなきゃこれ! リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/CNWTeBxBqt
J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/AWoNEmvabn
J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/VUwOmljtVL 舞城、インタビューとかほぼないから助かる(?)。
舞城王太郎の創作過程研究、すげえな J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/r2VJOwK0fT
@sakinotk おそらくそのレベルのサポートは、文の生成レベル、つまりどうキーボードを叩いてるか、という末端のレベルから分析しないといけないと思っています(専門がそれだから、というのもありますが)。創作において、ドミニク・チェン先生が舞城王太郎先生とやられていたように https://t.co/IAfeW4KyGb
リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/vweb7zlcJI

収集済み URL リスト